1分で人気教室になれる! 生徒募集の教科書

  • ¥0

    無料

ホームページを作って、生徒数が5倍になったカルチャー教室があります。 その方法を知りたくはありませんか? このメルマガは、カルチャー教室を運営されていらっしゃる方で、つぎのようなお悩みをお持ちの方にオススメです! 1.ホームページやブログをやっているけど集客に結びつかない。 2.生徒募集にネットを活用したい。 3.ホームページを検索の上位にヒットさせたい。 0円から始められる、「カルチャー教室のためのネット集客術」をわかりやすく丁寧に書いて行きます!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
1分で人気教室になれる! 生徒募集の教科書
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月08日
 
発行部数
154部
メルマガID
0001399112
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > ネットマーケティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは!

教室集客の専門家、増地 崇志です。



本日のメルマガは、いつもと異なり

九州北部大雨で被害に遭われた方々に
お悔やみをお伝えするものになります。



お時間がおありの方は、
ぜひ、おつき合いいただければ嬉しいです。





このたびの九州北部大雨により
被害に遭われた方々に、

謹んでお悔やみ申し上げます。



大雨による被害が最小限となりますよう、

1日も早い復興および
日常が戻りますことを、


行方不明の方が一刻も早く
発見されますよう、


そして残念ながら
お亡くなりになられた方々のご冥福を、


心よりお祈り申し上げます。






ちょっと話は変わるんですが、
二週間くらい前のことです。



You Tubeでたまたま
「3年B組金八先生」を見つけたんですね。


それで毎晩、観てたんです。




それで、あるシリーズで

生徒の一人の命が危ぶまれる
シーンがあったんです。


病院の集中治療室で
意識不明の状態なんですね。




そのことを金八先生が、

他の3Bのクラスメートに伝えた後
こう言うんです。




「祈ろう」



意識が戻って、また元気になって
学校に来れるようにと、

3Bのクラスメートに
「祈ろう」と呼びかけたんです。





今回の九州での災害をニュースで
見たとき、

ふとこのシーンのことを
思い出しました。





自然災害などに見舞われたとき、

私たちができることって
「祈る」ことなのかなと思います。



もちろん被災地に趣き、
復興のための活動をする方もおられます。

物資などの支援をされる方もおられます。



しかし、さまざまな事情で
それらができないこともあります。




だとするなら、ともかく今いる場所から
「祈る」ことが、小さくとも

私たちができる支援ではないかと
思うんです。




祈る。


そして私たちは、
今ある日常に感謝をして生きる。




私たちひとりひとりが幸せを感じて
生きることが、

被災地への支援に、
勇気づけになると信じて。






このメルマガの読者の方の中にも
被災された方がいらっしゃるかもしれません。


被災されて、このメルマガが届かず
読むことができないかもしれません。




だからせめて、これをご覧くださった
読者の方には、

被災地に向けて祈っていただければ
有り難く思います。




よろしくお願い致します。






本日は以上になります。


おつき合いくださり、
いつも感謝しております。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ