仕事と育児の両立メルマガ【ANDで考えよう!】

  • ¥0

    無料

本メールマガジン(ANDで考えよう!)は、マーケティング業務に従事し、三児の母でもある筆者が、「仕事と育児の両立」を目指して悪戦苦闘の日々を送るなかで、先輩方から学んだこと、気づいたこと/感じたことについて、組織で働く立場から等身大の思いを発信します。 「仕事と育児を両立させたい」と願う女性だけでなく、そんな女性をパートナー、友人、部下に持つ男性のみなさんにも広く読んでいただき、働き方や女性のキャリアについて考える一助になれば幸いです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
仕事と育児の両立メルマガ【ANDで考えよう!】
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月09日
 
発行部数
66部
メルマガID
0001465670
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年8月9日
「ANDで考えよう!」第264号

■ 職場で出会った人が、生涯の友人になる日

http://think-and.blogspot.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━

◎本メールマガジン(ANDで考えよう!)は

外資系企業に勤務し、三児の母でもある筆者が、

「仕事と育児の両立」を目指して悪戦苦闘の日々を送るなかで、

・先輩方から学んだこと
・気づいたこと/感じたこと

について、等身大の思いを発信しています。


◆ 仕事と育児の両立を希望する女性

だけでなく、

◆ そんな女性をパートナー、友人、部下に持つ、男性のみなさん

また、

◆ 仕事と「何か」を両立させたい方

にも、広くお読みいただき、働き方やキャリアについて考える一助になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最近のできごと】

今を着実に積み上げた先に、開けるもの

----------------------------------
■おはようございます!

先週「人脈はあとからついてくるもの」というテーマで書いたところ、「それでいいんですね、ホッとしました」という趣旨のコメントをいただきました(Sさん、素朴なつぶやき?をありがとうございます!)。

今を着実に積み上げた先に、道が開ける。名刺の数にとどまらない、きちんとした関係性を築くための法則も同じなんですね。


■というわけで、もう少し人脈について思うところを書いてみます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今週のテーマ】

職場で出会った人が、生涯の友人になる日

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■少し前までは「仕事で出会った人」と「プライベートで出会った人」を自分の中で別々の枠に入れてとらえていました。

学生時代の友人や、プライベートの時間で出会った人は「友人」のハコ。SNSでもつながるし、プライベートな連絡先も教えることに何の抵抗もない。

職場で出会った人、仕事を通じて出会った人は、「仕事関係のひと」のハコ。SNSもLinkedInでつながりたいけど、Facebookでつながるのはイヤ。それに仕事以外のことを意見交換するのもイヤ。一定の距離感を保っていたい。

こんな風に分けていたようです。


■でもある程度キャリアを重ねて、「かつての同僚、もしくは上司、後輩」だった人が、職場を離れ、今でもお付き合いが続いている、というケースが増えてきた最近、ようやく気付きました。

「この区分け、なんか意味あるのかな?」と。

未来永劫、お互い今の職場にいるわけではないのです。出会いのきっかけが職場、もしくは仕事関係だった、というだけで、最初からフィルターをかけてしまう理由って何だったんだろう?と。仕事だろうがプライベートだろうが、自分の人生を豊かにしてくれる大切な人であることに変わりはないよね、と。

そう考えたら、なんだか肩の力が抜けてきました。Facebookにも仕事関係者が入ってくるようになりました。だからといって仕事上で何か困ることが起きるわけではありません(当たり前ですが)。

もともと仕事と育児と家事がソフトクリームのミックス味のように入り交ざった生活を送っているのですから、お付き合いする人がまぜこぜになっても、何の影響があらんや。

あれもこれも、全部含めて人生なんだよね、と、ようやく胸にストンと落ちた今日この頃です。


■さて来週はお休みをいただいて、次回配信は8月23日(水)予定です。
皆さま、暑い気候が続きますが、体調に留意しておたがい夏を満喫いたしましょう!

Think AND, not OR.
今週も「AND」で考えましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「いろいろ相談室(仮称)」について

三人の子供を育てながら、外資系企業で管理職を務める筆者(霜月)が、諸先輩方からの教えや、自身の経験からあなたのお悩みに回答します。

仕事と育児の両立にまつわるあれこれ、ワーママを部下に持つ上司の立場からのお悩み、女性の取引先との接し方や、定時で帰社しつつ成果を上げるためのコツ、時間管理術、育児のことなど、ご要望に応じて可能な範囲で助言をいたします。

◎コース形態:
A:1時間 x 5セッション:121,500円(税込み、セッション単価 約25%引き)
B:1時間 x 3セッション:77,600円(税込み、セッション単価 約20%引き)
C:1時間 x 1セッション:32,400円(税込み)

◎時間
平日:11:30-14:00、17:00-18:00のあいだ(面談、もしくはSkypeでの電話会議)
夜間:21:00-23:30の間(Skypeでの電話会議)

詳細は以下メールアドレス宛にお問合せください。
thinkand.info@gmail.com

※仕事と育児の両立で直面する課題は、置かれている環境によって大きく異なります。1回のみのセッションでは、相談者の状況を正確に理解できず、的確な助言をさしあげられない可能性があります。複数回のセッションをお勧めします。

※筆者自身が仕事と育児の両立生活を実践中でもあるため、家族の急病や子供の夜泣き等で、予定していたセッションを急遽キャンセルあるいは中断せざるを得ないという状況が生じる可能性もあります。恐れ入りますが、予めご了承ください。そうした不測の事態が発生した場合は、当然ながら日程を再調整させていただき、お約束の回数全体に影響が出ないようにいたします。

※初回のセッション終了後に「何ひとつ気づきが得られなかった」「なんの役にも立たなかった」と思われた場合は、全額を返金いたします。ご遠慮なくお申し出ください。

※ご相談の内容や分野によっては、筆者が回答するに十分な知見を持ち合わせていない等の理由で、辞退させていただく場合もあります。予めご了承ください。

※個人情報に関する法律等を遵守し、セッションを通じて知り得た依頼者の個人情報ならびに秘密は、個人情報保護の徹底に努めます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者からメッセージとお願い
http://think-and.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html#more

■仕事と育児、仕事と「何か」を両立したい等、本メルマガの内容が役に
立ちそうな方がお近くにおられましたら、ぜひ転送してご紹介ください。

■メルマガへのご感想・ご質問、講演や執筆のご依頼は以下メールアドレス宛にお問合せください。
thinkand.info@gmail.com

■blog「ANDで考えよう!」
http://think-and.blogspot.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2012-2017 Think AND project & shimotsukihazuki all rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ