仕事と育児の両立メルマガ【ANDで考えよう!】

  • ¥0

    無料

本メールマガジン(ANDで考えよう!)は、マーケティング業務に従事し、三児の母でもある筆者が、「仕事と育児の両立」を目指して悪戦苦闘の日々を送るなかで、先輩方から学んだこと、気づいたこと/感じたことについて、組織で働く立場から等身大の思いを発信します。 「仕事と育児を両立させたい」と願う女性だけでなく、そんな女性をパートナー、友人、部下に持つ男性のみなさんにも広く読んでいただき、働き方や女性のキャリアについて考える一助になれば幸いです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
仕事と育児の両立メルマガ【ANDで考えよう!】
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年07月11日
 
発行部数
72部
メルマガID
0001465670
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年7月11日
「ANDで考えよう!」第308号

■ サバイバル能力の衰えを自覚した日

http://think-and.blogspot.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━

◎本メールマガジン(ANDで考えよう!)は

外資系企業に勤務し、三児の母でもある筆者が、

「仕事と育児の両立」を目指して悪戦苦闘の日々を送るなかで、

・先輩方から学んだこと
・気づいたこと/感じたこと

について、等身大の思いを発信しています。


◆ 仕事と育児の両立を希望する女性

だけでなく、

◆ そんな女性をパートナー、友人、部下に持つ、男性のみなさん

また、

◆ 仕事と「何か」を両立させたい方

にも、広くお読みいただき、働き方やキャリアについて考える一助になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最近のできごと】

 はじめての上海

----------------------------------
■おはようございます!

先日、出張で上海をはじめて訪れました。
急きょ決まった出張だったため、滞在時間も28時間と短く、上海を満喫・・・というわけにはいかなかったのですが、いろいろと考えさせられる旅となりました。

今日はそのときに思ったことから、

「サバイバル能力の衰えを自覚した日」

というテーマでお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今週のテーマ】

サバイバル能力の衰えを自覚した日

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 冒頭でも触れたように、先日はじめて上海を訪れる機会に恵まれました。
急きょ決まった出張、かつホテルと目的地までの送迎は会社が手配という状況でもあったため、下調べをほとんどせずに現地に飛びました。

そして焦りました。

英語が思っていた以上に通じないことに。
自分の「サバイバル能力」が衰えていることに。
そして、自分が認識している以上に、日常生活をスマホに依存していることに。


■ まず1つ目、「英語が思っていた以上に通じない」。
正直、これは想定外でした。

というのも、中国人の同僚、あるいは上海オフィス勤務の同僚は、だいたい英語が流暢だから。
また上海といえば、もはやアジアを代表する経済都市の1つという認識も持っていたため、多少なりとも英語が話せれば何とかなるだろうと思っていました。

が、甘かった。

タクシーの運転手さん、ビルの入り口に立っている警備のお兄さん、地下鉄のスタッフさん。
ことごとく英語が通じない。「ホテル」とか「カード」等の簡単な単語もわからない。
そしてこちらは「ニーハオ」「シェシェ(謝謝)」しか分からない。

こんなとき、残された手段は、筆談とボディーランゲージのみ。

あ、もちろんホテルやオフィスビルの中は、ばっちり英語が通じましたので、所得差、教育格差によるものなのだなぁということも肌感覚で理解できてよかったです。


■ 2つ目、「自分の『サバイバル能力』の衰えを自覚したこと」。
これは「これから自分が赴く土地が、どのような環境か」想定をする能力も含みます。

今回は下準備に十分な時間をかけられなかったという状況であったことがあるにせよ、海外に出かけるといえば、出張で行く米国かシンガポール、かつて留学していたパリ、もしくはリゾート地くらい。

初めての土地であっても、だいたい同行者がいたり、現地の知人・友人が案内されてくれることがほとんどだったので、「土地勘もなく、現地で話されている言葉もわからない」という環境にひとりで放り出されたのは、実に久しぶり。筆談とボディーランゲージで乗り切るなんて、実に20年ぶり以上の経験でした。

だんだんサバイバル勘?も戻ってきて、そうした環境を楽しむ余裕も最後の方では出てきたものの、最初は「カンベンしてー;」焦ったことも事実。

誰かが連れて行ってくれる、誰かが何とかしてくれる、というある種の依存心めいたものが自分の中にあったことにも気づかされ、思っていた以上に、心身ともにヤワになっているなぁと実感させられました。


■ そして3つ目、「自分が認識している以上に、日常生活をスマホに依存している」ですが・・・

長くなってきたので、来週に続けます。

あ、いろいろと書き連ねていますが、最後は「仕事と育児」に収束させますので、どうぞご安心を!


Think AND, not OR.
今週も「AND」で考えましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者からメッセージとお願い
http://think-and.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html#more

■仕事と育児、仕事と「何か」を両立したい等、本メルマガの内容が役に
立ちそうな方がお近くにおられましたら、ぜひ転送してご紹介ください。

■メルマガへのご感想・ご質問、講演や執筆のご依頼は以下メールアドレス宛にお問合せください。
thinkand.info@gmail.com

■blog「ANDで考えよう!」
http://think-and.blogspot.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2012-2018 Think AND project & shimotsukihazuki all rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ