子どものチカラで大人”も”輝く ~コヂカラ・ニッポン~

  • ¥0

    無料

子どもの教育と、企業や地域の発展を、一緒に進めている団体「コヂカラ・ニッポン」のオフィシャル・メルマガ。 企業や地域などの「実社会」に具体的な役割を担って子どもが参画。すると子どものチカラ(コヂカラ)は自然に伸び、同時に実社会はコヂカラを借りて成長できる。 団体の代表が、PTAやNPO活動を通じて得た「子ども教育」の経験と、グローバルなビジネス活動を通じて得た「実社会」での経験の両面を見据えたうえで、「これからの子ども教育と、企業や地域の発展」について、熱く語ります。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
子どものチカラで大人”も”輝く ~コヂカラ・ニッポン~
発行周期
週刊
最終発行日
2012年10月26日
 
発行部数
175部
メルマガID
0001473850
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

-^
-^-^-
-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^

◆ コヂカラ・ニッポン http://www.kodikara.org/

   大人が輝く 子どものチカラで
   子どもが伸びる 社会に役立つことで

-^-^-^-^- 2012,10,26-^-^-^-^- 第24号 ^-^-^-^-^



コヂカラ・ニッポンの川島です。

広がる教育格差。
親の収入が、子どもの未来を決めてしまう。

そんなことに疑問を投げかけ、解決策を提示していくセミナー。
僕のNPO仲間である「夢職人」の岩切代表が、
ファシリを務め、開催されます。

概要は以下の通りです。
ご関心ある人は、是非!!

━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「学校外教育バウチャー」で教育格差は解決できるのか?
~すべての子ども達の教育機会を保障する新しい仕組み~

講師:一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事 今井悠介氏

申込フォーム → http://bit.ly/QtPGLh

2012年11月3日(祝)19時~21時@江東区亀戸文化センター
produced by NPO法人夢職人 http://yumeshokunin.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━

「日本は、生まれる前から子どもの将来が決まってしまう国」

そんな話をアナタは信じられますか?

ユニセフ(国際連合児童基金)が2012年にまとめた報告書によると、
日本の子どもの貧困率は14.9%でした。先進国35カ国中9番目に高い貧困率です。
これは日本の子どもの7人に1人が相対的貧困状態にあることを意味します。

また、親世代の経済状況は、子どもの進学状況や職業にも影響し、
「貧困の世代間連鎖」を生み出してしまっています。

教育の機会が保障されている日本で、なぜ、そんなことが起こるのか?

学校教育の機会がすべての子ども達に平等に与えられているのに対して、
教育費用が多額にかかる日本では、学校外教育の機会
(塾・予備校、スポーツ、音楽、文化活動や様々な体験の機会)は
家庭の経済的な事情に左右されます。

日本には経済的な理由で、学校外教育の機会を十分に得ることが
できない子ども達がいます。そして、それが子ども達の教育格差となり、
低学力、低学歴の子ども達を生みだします。
そのような子どもたちは将来的に安定的な職業に就くことが
できない場合が多く、次世代にまで経済的困窮が連鎖するのです。

今、この教育格差を解決する有効的な仕組みが脚光を浴びています。

2011年3月に起こった東日本大震災の被災児童の教育機会を支え、
2012年7月より橋下徹氏が市長を務める大阪市で教育政策として開始され、
現在、注目を集めている事業モデル「学校外教育バウチャー」。

学校外教育バウチャーは、一体、どのような仕組みで、
本当に教育格差を解決する画期的な方法となり得るのか?

自身も小学生の時に阪神淡路大震災を経験し、
現在、関西、東北、関東と各地を飛びまわり、
「学校外教育バウチャー」の仕組みを仕掛ける若きチャレンジャーである
一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事 今井悠介氏を
お招きし、この仕組みについて、じっくりとお話をいただきます。

立場や役割を越えて、子どもたちを想う
たくさんの方々のお越しをお待ちしています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ セミナー概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日程:2012年11月3日(祝) 19:00~21:00

◆場所:江東区亀戸文化センター 第1研修室
http://www.kcf.or.jp/kameido/kameido_map.html
・JR総武線「亀戸」駅北口より徒歩2分
・東武亀戸線「亀戸」駅より徒歩2分

※迷われた場合は、下記の携帯までご連絡下さい。
(NPO法人夢職人:080-5020-8822)

◆定員:50名程度

◆対象:
・「学校外教育バウチャー」や教育格差に興味関心をお持ちの方
・NPO/NGOや社会起業などに興味関心をお持ちの方
・子どもや教育に関するお仕事をされている方、また目指されている方
・これから被災地や子ども分野でのご支援・CSRをお考えの方 など

◆参加費:

一般:2,000円/学生:1,000円

◆主催:NPO法人夢職人

◆プログラム:

18:30 開場・受付開始

19:00 講演開始

「学校外教育バウチャー」で教育格差は解決できるのか?
~すべての子ども達の教育機会を保障する新しい仕組み~
講師:一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事 今井悠介氏

20:10 休憩

20:20 トークセッション

会場の皆さまにもご意見・ご質問をお寄せいただき、
皆さんと共に一緒に考えを深めていく場にしたいと思います。

21:00 閉会

21:30 懇親会(別途参加費:3,000円程度)

講演会より場所を移って行います。ご歓談をお楽しみ下さい。
講演中に感じた疑問点や不明な点などを直接お話いただけます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 登壇者
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 講 師

一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)

代表理事 今井悠介 http://www.cfc.or.jp/

1986年生まれ、神戸出身。小学2年生のときに阪神・淡路大震災を経験。
2005年に関西学院大学社会学部に入学。在学中、
NPO法人ブレーンヒューマニティーにおいて不登校関連事業部代表を務める。
不登校の子どもの学習支援を行う大学生講師養成システムの構築や、
不登校の子どもを対象とした富士登山・海外ワークキャンプ事業等の
新規事業開発に携わる。
2009年、大学卒業後、株式会社日本公文教育研究会に入社。
同社池袋事務局に配属。直営学習教室の指導者や、
地区の教室コンサルタントを経験。学校外教育の現場に携わる中で、
子どもの持つ可能性の大きさと教育の地域・世帯間格差を知る。
2011年7月に一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン設立
のために同社を退職し、代表理事に就任。現在に至る。

◆ ファシリテーション

NPO法人夢職人代表理事 岩切準 http://yumeshokunin.org/

1982年東京生まれ。人情に溢れる東京の下町に育ち、
高校時代は地域の子ども会活動をサポートする
「ジュニアリーダー」に従事。その後、大学時代に教育、
福祉、心理に関する様々な団体で活動経験を積み、
大学在籍中(2004年)に「夢職人」を設立。2008年に法人化し、
「特定非営利活動法人夢職人」の代表理事に就任。
これまでにのべ3000人以上の子どもや青少年の成長支援に携わる。

東洋大学大学院社会学研究科社会心理学専攻修士課程修了。
NEC社会起業塾第6期(2007年度)修了。
ゴールドマン・サックス教育社会起業家・
NPO支援プログラム(2009年度)修了。
Panasonic NPOサポート 課題解決プロジェクト/
NPOマーケティング研修(2010年度)修了。
「被災者とNPOをつないで支える合同プロジェクト」(つなプロ)
宮城県南部・最北支部長(2011年度)。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 申込方法
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

締切期限までに下記のメールフォームより必要事項を
ご記入のうえ、事前にお申込ください。

♪ 申し込みフォーム: http://bit.ly/QtPGLh

♪ 締 切 : 10月31日(水) 19:00まで

※定員となり次第、締切とさせていただきますのでご了承下さい
※参加申込後のキャンセルなどについては、事務局まで直接ご連絡下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 主催/お問い合わせ先 】
NPO法人夢職人(担当:野城・仲田)
〒136-0071 東京都江東区亀戸9-6-15-201
TEL/FAX : 03-5935-7302
E-mail : info@yumeshokunin.org

【 団体関連リンク 】
ホームページ : http://yumeshokunin.org/
ブログ(活動日記) : http://yumeshokunin.seesaa.net/
Twitter : http://twitter.com/yumeshokunin
facebook : http://www.facebook.com/yumeshokunin

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

発行; コヂカラ・ニッポン
HP ; http://www.kodikara.org/
Mail; info@kodikara.org

会員募集 http://www.kodikara.org/boshu.html

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/





発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001473850.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ