有名企業社長解任から5年 40オトコの自己再生とビリオネア再挑戦の道

  • ¥0

    無料

「日本の文化を世界へ」を目標にエンタテインメントとメディアの世界で日本を騒がせてきました。今度の舞台は上海です。世界ナンバー1都市へと成長する街に美と文化を花開かせます!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
有名企業社長解任から5年 40オトコの自己再生とビリオネア再挑戦の道
発行周期
日刊
最終発行日
2012年10月03日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001488970
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > ベンチャー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

▼第34号
-------------
2012/10/03
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Majestic Real Press
上海に愛を! 日本に未来を!!
Vol.34

※週刊以上日刊未満のペースで配信させていただきます
───────────────────────────────────
「日本の文化を世界へ」を目標にエンタテインメントとメディアの世界で日本
を騒がせてきました。今度の舞台は上海です。世界ナンバー1都市へと成長す
る街に美と文化を花開かせます!
───────────────────────────────────
1.成功の摂理(その6)

北京人(プチブル)と民工(プロレタリア)の溝にこそ、反日暴動の真相があ
るという記事が日経ビジネスOnlineに載っていました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20121001/237503/?P=3

親が地方から出てきて、都会で差別を受けながら必至に働き、一人っ子を育てた。
子供は高学歴だが所得は少なく、結局ブルジョワにはなれない挫折を味わう。
彼らは第2世代農民工と呼ばれ、2億人もいる。不満を山盛り抱え、シンセンや
北京郊外の工場で働いている。

この第2世代農民工こそが反日暴動の主人公で、プチブル北京人は彼らの行動
をひどく蔑視している。

といった内容。
不満を抱えた2億人の第2世代農民工が今後の中国をリードするようであれば、
中国および日中関係の未来は暗いとも指摘しています。

毛沢東がプロレタリアの不満をバックに紅衛兵を組織し、ブルジョワ狩りをし
た文化大革命と背景がダブって感じられて恐い気がします。

さて、これを打開するには、どうすればいいか考えてみましょう。
僕が思うに、ソフトバンクの孫正義のようなタイプの成功者が中国にどんどん
出てきて第2世代農民工に生き生きとした職場を与え、そこからまた次の孫正
義が次々に現れてくるようなサイクルを生み出すのが理想ではないでしょうか。

日経ビジネスOnlineの記事には、チワン族の女性が北京で這い上がっていく事
例が載っています。孫さんのお婆さんの話を思い出します。

孫さんの祖母は韓国人で、佐賀県に渡ってきた。猛烈な差別を受けながらリア
カーで豚のエサにする残飯を運び孫さんの親を育てた。孫さんは幼稚園のころ
祖母のヌルヌルするリアカーに乗っていつも遊んだ。
孫さん自身も在日韓国人差別を受け、韓国に誇りを持ち続けた祖母と、韓国嫌
いになっていく自分との心の板ばさみを痛感していた。
そんな孫正義がアメリカに渡り、帰国してソフトバンクを作った。

チワン族のお母さんと、孫さんのお婆さんがダブります。

資産を持たない若者が中国の都会で起業するのは、日本と比べても高いハード
ルを超えなければなりません。
第2世代農民工が夢を見られる社会インフラも全くといってよいほど整備され
ていません。
孫さんのようなビジネスマンが、矢沢永吉のようなミュージシャンが、プロレ
タリア(第2世代農民工)から生まれる流れをつくりたいですねぇ。

中国は製造の場であるのか、消費の場であるのか?
製造=第2世代農民工、消費=プチブル、という構造を超える新しいパラダイ
ム作りに僕も貢献したいと思います。

発行者:Majestic Real Associates
http://shanghaimagic.blog.fc2.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ