新米社労士ドタバタ日記 奮闘編

  • ¥0

    無料

この日記をお読みくだされば、社労士及び社労士事務所の固いイメージが一変するかもしれません。 新米社労士が日々の業務・社会のルール等に悩み・悪戦苦闘する様子を中心に、笑いあり、涙あり、なるほどありの社労士事務所の日常を、ノンフィクション、フィクションを交えて綴ります。 水曜日のお昼休み、くすっと笑いながら、皆でお楽しみください。 主人公26才男性、フリーター。たまたま本屋で、「社労士で年収1,000万円稼げる本」を読み、必死に勉強!!ギャンブル気分??で試験にチャレンジ、運良く見事合格!! 無事に?社労士事務所に勤めることは出来たが・・・

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
新米社労士ドタバタ日記 奮闘編
発行周期
週刊
最終発行日
2018年02月21日
 
発行部数
1,118部
メルマガID
0001508350
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 仕事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

新米社労士ドタバタ日記 奮闘編
NO.293  発行日 平成30年 2月21日(水)

 主人公26才男性、フリーターの新米幸多(しんまい こうた)。
たまたま本屋で、「社労士で年収1,000万円稼げる本」を読み、必死に勉強!!
ギャンブル気分??で試験にチャレンジ、運良く見事合格!!
無事に?社労士事務所に勤めることは出来たが、
今までのフリーター仕事とは打って変わり、業務の細かさと責任感に戸惑う毎日。
はてさて、これからどうなることやら?や

笑いあり、涙あり、しんどい中にも遣り甲斐と楽しさありの社労士事務所の日常
を知っていただき、職場のご参考に、そして社労士に興味を持って頂ければ、
嬉しいものだと思い、メルマガを始めました。


「いい・『職』・充」が365日楽しくなればいいなぁ・・・と願います!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 ときどきボスや先輩の打合せに同行する。
就業規則の打合せに同行するときが、一番長時間。たまに朝から晩まで打合せを
することがある。それも、何日も…。
市販やネットや書籍から拝借して、ちょいちょいと訂正すればできあがり、
なんてことを言う社長にお目にかかったことがあるが、それは恐ろしいことだ。

 今回は、就業規則の中の退職の条項での話・・・。


T社社長「就業規則は、担当に任せっきりで詳しくなくて・・・。
     お手柔らかにお願いします。
     今回、無期転換ルールに絡めて、他も見直ししたいんです」


深田GL「はい、こちらこそよろしくお願いします。
     変更案を持って来ていますので、よろしくお願いします」


T社社長「ありがとうございます。
     ところで、『従業員の定年は満60歳とし、
     定年に達した日直後の賃金締切り日をもって自然退職とする』
     とあるんですが、この自然退職って何ですか?
     単なる『退職』ではダメなんですか?」


深田GL「単なる退職でも悪くはないですが、
     自然退職って言葉は聞いたことはありますか?」


T社社長「どこかで聞いたような気もあります」


深田GL「退職って言うと、一般的に『自己都合』による退職だったり、
     『解雇』だったりしますよね」


T社社長「そうですね。他にもあるんですか?」


深田GL「退職を大きく分類すれば、『会社都合退職』と『自己都合退職』に
     となります。
     しかし、会社都合でも自己都合でもない退職もあります。
     その場合、『自然退職=自動退職=身分の喪失』ということになるんです」


T社社長「はぁ、そうなんですか。そういうのを自然退職っていうんですね」


深田GL「会社側、労働者側いずれの意思による退職でもないってことです。
     ですので、本来は、退職届も不要ですし、会社からの通知も不要です」


T社社長「『自然退職』って何ですか?って聞かれたら
     どう説明して良いのかわからなかったけど、
     なんとなくわかったよ。説明できそうだ。

     それに、定年は自然退職と書いておいた方が良さそうだね。
     他にも自然退職と記載した方が良いケースもあるのかな?」


深田GL「そうですね。他には、
     1.定年退職
     2.雇用契約満了
     3.本人の死亡
     4.休職期間満了
     5.無断欠勤(音信不通)が続いた場合
     などがありますね」


T社社長「定年退職以外にもいろいろあるんだね」


深田GL「一般的に当然の出来事として退職となるようなケースが
     自然退職となります。
     退職届がいらない、通知が要らないといっても
     これらについての定めをしっかりと就業規則・雇用契約書などに
     記載したり、ルールを労働者へ周知しておかないと、
     やはりトラブルになりますね」


T社社長「そっかー、やっぱりルールをつくって、
     就業規則などに記載しておかないといけないってことだね。
     就業規則に記載する項目は他にもあるの?」


深田GL「就業規則にmどこまで書くかにもよりますね。
     たとえば
     ・定年年齢
     ・定年退職日
     ・継続雇用制度
     ・再雇用制度の対象者
     ・退職の種類
     ・退職願
     ・行方不明者の退職
     ・自己都合退職
     ・休職期間満了
     ・解雇の種類
     ・解雇が有効になるための条件
     ・普通解雇
     ・期間雇用者の契約期間満了による退職
     ・懲戒解雇
     ・業務引継
     たくさんありますが、こういったことにも触れておかないといけませんね」


T社社長「休職の場合も自然退職にすれば良いんだね」


深田GL「そうですね。本来、従業員は労働契約に基づき労働を
     会社に提供する義務があります。
     その労働を提供することが出来なくなり、
     会社に休職期間という一定期間の猶予をもらったにも係らず、
     労働を提供出来ないので、『自己都合退職』扱いが妥当と考えます。

     しかし、従業員側からみると、休職期間満了による退職は、
     自己都合とは違いますから、むしろ解雇だと思う人もいるでしょう。
     実際、解雇という表現を使っている就業規則に出会ったこともあります。

     トラブルを避けるために『自然退職』という言葉を使うのがおすすめですね」


T社社長「ふーーん、そういうものなんだね。
     その『自然』っていう二文字がものを言うようで、いろいろ考えさせられるなぁ」


深田GL「ハローワークに提出する離職票の離職理由としては、
     『休職期間が満了による自然退職』
     と書けばいいでしょう。

     トラブルにならないためには、会社側で休職命令通知や
     休職期間満了通知をタイミング良く渡しておくのが良いですね」


T社社長「うつになる人も多いと聞くから、
     ルールはしっかり決めないといけないなぁ」


深田GL「それから、無断欠勤が続いたり、行方不明の人についても
     自然退職の規定は有効ですね。
     この場合、規定を入れておかないと、
     裁判所への公示送達が必要になります」


T社社長「裁判所への公示送達って?
     あの、裁判所に貼り出している書類のことですか?」


深田GL「そうです」


T社社長「ひぇ~、あんな手続きをしないといけないなんて大変だよ」


深田GL「『自然退職とは、会社側の意思表示、
     従業員の意思表示がなくても、
     就業規則所定の事由を満たせば、労働契約が終了する扱い』です。
     上手に利用すると良いですね」

                            (つづく)

=================================
* 「行方不明者への対応」とは *
=================================
●質問
 ある従業員が突然失踪してしまい、無断欠勤を続けたまま1ヵ月が経ち
ます。携帯電話にも出ませんし、自宅のアパートや実家に連絡してもまっ
たく所在がわかりません。会社としてはやむを得ずこの従業員を退職扱い
にしようと考えているのですが、法的に注意すべき点などを教えて下さい。

●ポイント
 行方不明の労働者に対して解雇の意思表示をするためには、裁判所で公
示による意思表示という手続きを取る必要があります。また、就業規則で、
無断欠勤が長期間続いた場合は退職扱いとする旨、定めておくことも有益
と考えられます。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構
http://www.jil.go.jp/rodoqa/07_jinji/07-Q19.html

==================================
 今週の新米からボスへ一言
==================================
 僕も自然な退職ってなんだろって思っていたんですが、単なる退職と書く
のと、意識して「自然退職」という言葉を使うのと意味合いが違ってくるん
ですね。
退職というと、定年退職、自己都合退職、会社都合退職、勧奨退職、早期優
遇退職とか円満退職とかそういのしか浮かばなかったですけど、また、切り
口が別のものですね。僕も、上手く活用できるようにしてみます。

==================================
~私と家族、親のために~ * 介護離職防止セミナー *
==================================
 いま、40歳50歳代の在職が、介護を原因に危なくなっています!
どうすれば、介護離職を防げるのか?
いざというときのために早めに準備をしておきましょう。

日 時:2018年2月24日(土)13:30~15:00(セミナ-)
            15:00~16:30(座 談 会)

場 所:株式会社アレナ セミナールーム
京都市山科区四ノ宮泓2-1
TEL 075-584-6620 FAX 584-6630

参加費:500円(座談会は、おやつ代200円)

定 員:先着16名まで(定員になり次第締切)

講 師:厚生労働省 介護プランナー 池田少折
    ・社会保険労務士、産業カウンセラー
・マンダラエンディングノート ファシリテーター
   
主催 : AWR「もうひとつの働き方 もうひとつの生き方 コミュニティ 協議会」
    京都市山科区四ノ宮泓2-1 イケダ労務管理事務所内
    担当:池田 Email:info7@ro-mu.jp  http://www.awr.or.jp
    TEL:075-584-6640   FAX:075-584-6630

~介護難民を つくらない!~
「介護生活アドバイザー」の認定資格を取得しませんか?
AWR「もうひとつの働き方もうひとつの生き方コミュニティ協議会」は 、
人生100歳時代、多様な選択肢を皆様と一緒に考え、実現します。

==================================
~私と家族、親のために~ * エンディングノートづくりセミナー *
==================================
 メジャーリーグベースボールのエンゼルスと契約した大谷翔平選手が
夢を叶えるために使ったシートを利用し、ご自分やご家族の人生計画づくりの
ノウハウとスキルを身につけましょう!
あなたの集大成の成就も夢ではありません\(^o^)/

日 時:2018年3月4日(日) 9:30~12:00

場 所:同上

参加費:500円

講 師:マンダラエンディングノート
    認定講師 藤原優子 氏
   ・魔法の質問認定講師
   ・NPO法人認定プロフェッショナルキャリアカウンセラー
   ・浄土宗清浄華院カウンセリング研究会認定心理カウンセラー

主催 : 同上

==================================
平成29年度「講師養成講座」(実践編) 主催者: 滋賀県販売士協会
==================================
平成29年度「講師養成講座」
~講師に必要な知識とスキルを習得する~(実践編)

今回のテーマ:すべての商品の価値をきめる〇〇〇の力って?
        マーケティングとは

日  時:平成30年 3月 7日(水)18:30~21:00(受付開始:18:00)

場  所:イケダ労務管理事務所 「多様な働き方コミュニティ」ルーム
     京都市山科区四ノ宮泓2-1  TEL 075-584-6640
     JR山科駅、地下鉄東西線山科駅から三条通東へ徒歩9分
  京阪京津線四ノ宮駅から南へ徒歩3分(四ノ宮交差点 北東角ペットショップ東隣)

参加費:各回
    滋賀県販売士協会正会員および賛助会員:1名 1,000円
                上記以外の方:1名 2,000円
    ※各回完結につき1回ごとの参加は可能

講 師:イケダ労務管理事務所 所長 池田少折(滋賀県販売士協会 理事)

※今回は、小学生でもわかる平易な表現で学べる、日本一のマネジメント塾「成功塾」
的「価格決定の7法則」がゲットできる、守備範囲の広いお得な講師養成講座です。

※ご参加希望の方は準備の都合上前日までに、滋賀県販売士協会事務局まで
メール(下記アドレス)で下記項目をご記載の上ご連絡ください。
info@shiga-hanbaishi.com

件名を「講師養成講座」でお願い致します

1. お名前
2. ご住所
3. 電話番号
4. メールアドレス

また、電話でのお申し込みも承っております。TEL:077-526-1100

==================================
 作者より
==================================
◆この日記についてご意見・ご感想・異論・反論・苦情等をinfo7@ro-mu.jp
 までお待ちしております。メルマガ内容への質問でも結構です。
◆まぐまぐ読者さんの本棚 http://www.mag2.com/wmag/osusume/formにも、
 ご投稿及びご紹介をお願いします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんな社労士事務所みたことないっ!!
発 行 元:イケダ労務管理事務所
発行責任者:所長 池田 少折
所 在 地:〒607-8034 京都市山科区四ノ宮泓2-1
TEL:075-584-6640 FAX:075-584-6630
HP:http://www.ro-mu.jp/
配信停止希望の方は、http://www.mag2.com/m/0001508350.htmlまで

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

もうご登録くださいましたか?
↓ ↓ ↓ ↓
☆【人事労務管理&経営術向上】スマイル新聞
http://www.mag2.com/m/000160331
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ