放送作家 吉村智樹の「まぬけもの中毒」

  • ¥0

    無料

『VOWやねん』『VOWやもん』など関西版VOWシリーズの著者であり、街のヘンなものが気になって気になって仕方がない放送作家、吉村智樹がお届けする腰砕けな日常コラム。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
放送作家 吉村智樹の「まぬけもの中毒」
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年01月01日
 
発行部数
442部
メルマガID
0001529310
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 日々のできごと

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆──☆★☆

「まぬけもの中毒」

▼アーカイブ(過去の配信分すべて読めます)
http://archives.mag2.com/0001529310/

☆★☆──☆★☆

あけましておめでとうございます。
昨年中はたいへんお世話になりました。

皆様にお力添えをいただき、なんとか新年に漕ぎつけることができました。
本当にありがとうございます。

ここ数日ずっと考えていたのですが、我々の仕事はとどのつまり

「誰かにとって圧倒的に痛快で、胸をすくもの、スカッと爽快にカタルシスになるもの、ガス抜きになるものを書くことに尽きるなあ」

と思う次第であります。

2018年はよりいっそう、どっちつかずではない、切れ味が鋭く、右に左にもおもねらず、誰にも差別なく、べたべたしておらず、しのごの言わず、言い訳をせず、誰もマウンティングせず、反面卑下もせず卑屈にならず、内輪受け一切なしで、常に清新な気持ちで、遠慮なくメーター振り切り、読んで「ぱかっ」と目が開く、ミントのごとき清涼で爽やかで、かつ豪快な、そんな取材記事をお届けしてゆきたい所存です。

当然、誰かにとって痛快であればあるほど、誰かにとっては不快でしょう。

それはもう、仕方がないですよね。
万人に喜んでもらおうなんて無理。
それができると考える方が傲慢なのだから。

「僕はこの人を、この人たちを、このムーブメントを、この人たちの考え方を愛しているんです」と記事で明確にすればするほど、愛していないものがくっきり浮かびあがる。
それはもう仕方がないし、むしろ望むところ。

今年も愛する人々にスカッとしていただきたく、取材を繰り返します。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして、言い訳はしません。
2017年内に納めねばならない記事を3本も取りこぼしています。
すみません!

そういうわけで僕の2017年の仕事納めは1月6日、2018年の仕事始めは1月3日からになります。

あれ?

またこんな調子で、新しい一年が始まります。

☆★☆──☆★☆

2018年の幕開けに、三が日の隙間時間に、こんな記事はいかがでしょう。

僕はNTTのニュースサイト「いまトピ」にて毎週、関西のユニークなお店や人、シーンを紹介する連載をやっております。

今回は2本。
まずは「心斎橋のシンデレラ姫」が語る「2018年をハッピーに過ごす秘訣」。

大阪の心斎橋を歩いているとしょっちゅう目撃するあの猛烈ドレッシーな超熟美魔女。
その正体は?
お会いして、お話をうかがい、彼女の「ハッピー」についての考え方に、深くうなずかされました。

▼記事はこちら
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5495.html

そしてもう1本。
「くだらないアートを作り続けて25年。現代美術二等兵の『駄美術』の世界」

リーゼントになった不良だるま、鉄アレイになったこけし、など「駄美術」を作り続けて25周年というアートユニット「現代美術二等兵」を取材しました。

膨大な数のあほらしいものに囲まれていると、ここちよい脱力感に包まれ、「大人だってふざけていいんだ」とすがすがしい気持ちになり、こころの澱が剥がれ落ちるデトックス作用があるように思いました。
それどころか得体のしれない勇気さえもらえる気さえするのです。

▼記事はこちら
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5459.html

■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■
ライター/放送作家
吉村 智樹 Tomoki Yoshimura拝

LINE:tomokiyoshimura

メールフォーム(新しくなりました):
http://tomokiy.com/tomoki/mail/

facebook:
https://www.facebook.com/tomoki.yoshimura.9

Twitter: 
https://twitter.com/tomokiy

instagram:
https://www.instagram.com/tomokiyoshimura/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ