鹿野 淳
ID: 0001533013

鹿野淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
鹿野 淳
  • 独占インタビュー
¥648(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001533013

鹿野淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽ジャーナリスト鹿野 淳の書き下ろし原稿が読める新メディア。自身が発行人を務める月刊音楽雑誌『MUSICA』の人気連載のロング対談コラムから、大食いで名を馳せる執念の“食”にまつわる食べ物コラムまで。音楽、食、サッカー、人生…etc. とにかく、鹿野 淳がいま興味のあるトピックについて書き殴ります! 不定期配信という形を取らせていただいておりますが、月の第2・第3水曜日の2回、あとはその月で一番アツい出来事が起こった後に1回、計3回配信いたします。ここでしか読めない記事ばかりですので、ご期待ください!

著者プロフィール

鹿野 淳

音楽ジャーナリスト。1964年生まれ。明治大学卒業後、89年扶桑社入社、翌90年株式会社ロッキング・オン入社。98年より音楽専門誌『BUZZ』、邦楽月刊誌『ROCKIN'ON JAPAN』の編集長を歴任。04年ロッキング・オン退社後、有限会社FACTを設立(現在は株式会社)。06年、編集長として月刊サッカー雑誌『STARsoccer』を創刊し(現在は休刊中)、07年3月、同じく編集長として月刊音楽専門誌『MUSICA』を創刊させ、新たな音楽メディア・フィールドを開始。イベント面では「ROCK IN JAPAN FES.」や「COUNTDOWN JAPAN 03/04」に立ち上げメンバーとして構想段階から関わり、企画/オーガナイズ/ブッキングに尽力し、成功させた。10年からは、東京初の総合フェス「ROCKS TOKYO」のプロデューサーを務め、ロックフェスブームに新たな一石を投じている。

サンプル号
▼第3号
                              2012/07/04
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鹿野 淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」 Vol.3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.【今回の特集】:「ダウンロードの罰則化とリッピング問題、そして音楽ソ
フトのあり方について」鹿野淳×柴那典対談
2.【魔法の料理と大泉洋】:大阪でイタリアンを食べました・ハシゴ3軒目
3.【サカナクション山口一郎と「続きはメルマガで」】第一射・ももいろク
ローバーを撃つ!(3)

----------------------------------------------------------------------
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1.【今回の特集】:「ダウンロードの罰則化とリッピング問題、そして音楽ソ
フトのあり方について」鹿野淳×柴那典対談

鹿野「今回の違法ダウンロード問題については大きく2つに分かれると思うん
だけど。まずひとつは、今までも違法ダウンロードは違反だっていうことは示
してきたんだけど、そこに明確な罰則を出したこと。あと、DVDという映像権
に関して、リッピングというパソコンに映像を取り込む事が禁止されたこと」

柴「そうですね。DVDに関しては、コピーガードを外してリッピングすること
が違法になりました。それから、元々海賊版のダウンロードは違法でしたが、
それに刑事罰がつくようになった、そのふたつですね」

鹿野「しかし現実はもっとこの法案に対して混乱を起こしていて。それは音楽
ニュースが少ないということがひとつ、あとは政治や国会が弱体化していて細
かい調整や仕切りがないままこの法案を通したことがひとつ。そしてここ最近
DVDがだいぶマーケットにも注目されてきた中で、それまで誤魔化されていた
ことがきっちりと明文化されたっていうことが大きいのかなと思う。なんでこ
んなにも今回の法案で世の中が混乱しているのだと思う?」

柴「ひとつには、鹿野さんが言われたように、あまりに拙速で大雑把で無理矢
理なやり方で、違法化・刑罰化の提案が通ってしまったっていう、やり方の無
理矢理さが騒がれている原因にあると思っていて。元々国会に提出されていた
著作権改正法案は、日本版フェアユース規定――それは、著作物の二次使用を
許諾のもと使えるようにする規定なんですけど――それが目玉になるはずの著
作権法改正だったんです。でも、追加・修正議案としてこのふたつの違法化と
刑罰化が突如差し込まれ、それがあっと言う間に通ってしまった。そこへの憤
りがあったのは、おそらく消費税の増税とか原発の再稼動とかいう所謂政治手
法への不満、国民の意思が反映されずに無視されるっていうことの苛立ちがち
ょうどシンクロしていたんじゃないかなと」

鹿野「フェアユースというのは、たとえば僕が誰かの写真を撮る時に後ろにミ
ッキーマウスか何かのキャラクターが写っている、と。そういうことって今ま
で非常に曖昧だったから権利問題になったりならなかったりが不明瞭だったん
だけど、今後はそれがOKだみたいなことだよね?」

柴「そうですね」

鹿野「そういう法案もありつつ、かたやダウンロードに対しては厳しい処置が
持ち上がった。そしてその槍玉に上げられているのが、音楽業界側だったりし
ている。音楽とアーティストのフラットな権利を守ろうとしている業界側が今
回叩かれるのは何故だろう?」

(……続きはメルマガで!ぜひご登録ください!)
ID: 0001533013

鹿野淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
鹿野 淳
¥648(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2013/02/05 鹿野 淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」 Vol.7
2013/01/21 鹿野 淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」 Vol.6
2012/10/09 鹿野 淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」 Vol.5
2012/08/23 鹿野 淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」 Vol.4
2012/07/04 鹿野 淳の「ロックと食なら俺にまかせろ」 Vol.3
さらに以前のバックナンバー一覧