タイで走る!マラソン情報

  • ¥0

    無料

タイを中心にマレーシアや香港、日本などで開催されるトレイルレース、ロードマラソン、ヴァーティカルランなどに出場した感想、レース情報など。大会のほか、マラソントレーニングやランニングについて

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
タイで走る!マラソン情報
発行周期
レースの後日に発行します
最終発行日
2015年02月15日
 
発行部数
30部
メルマガID
0001541072
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > その他スポーツ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

RUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUN

    タイで走る!マラソン情報  93号

                  2015/02/15

RUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUN

★バンコク近郊県の国立公園側で開催されたハーフマラソン

3か月ぶりくらいにロードのレース、
ハーフマラソンに参加してきました。

バンコクから約100km離れたサラブリー県にある
プラプッタチャーイ寺で開催されたミニ・ハーフマラソン。

トレイル練習をしているナムトックサムラン国立公園の
入口に位置し、トレイルではないですが、是非参加しようと思った次第です。

バンコクからバスで行き、国道からバイクタクシーでお寺へ行くと、
会場が広場にありました。

前日に申し込んで参加できてしまうところがすばらしい。

どういう訳か3kmファンランにされてしまったBIBナンバー。
何も言ってないけど、勝手に3kmにするなよ…みたいな。
まあ、タイですから。
夕方、無料の食事を食べるときに、ハーフに変更してもらいました。
ハーフの出場料金は300バーツ。

テント泊の場所がプラプッタチャーイスクールの敷地。

何度も通りかかって目にしてましたが、
ここに泊まることになるとは思いもよらず。


校舎の会議室内にテントが張られてました。
校舎前にテントを張り、1泊しました。

学校にはトイレもシャワー(水浴び場)もあり、
元々、宿泊できるように考えられてるのかもしれません。

夕方、無料の食事がありました。

バジルリーフ炒め、グリーンカレー、キャベツと豚の角煮。
肉なしにタイ料理は考えられないかのようです。
仕方ないので、覚悟して食べました。

19時頃には寝てしまい、途中起きたものの、
3時までぐっすり寝ました。

バンコクから100km離れてますが、ちょっと寒い。
東京都心と八王子やあきる野市の違いに似てるかも。

テントの中で寝袋の上に寝たのですが、
床がタイルで固く、ちょっと体が痛かったです。

バンコクから持ってきたご飯を食べ、
テントを撤収し、軽くストレッチ後、会場へ。

荷物を預け、寒い中、豆乳をいただいたりしてスタートを待ちます。
やはりバンコクから近いからか、日本人も何人か見かけました。
それにしても寒い。

まだ暗い中、5:30にスタート。
暗いからどこ走ってるのか良くわからず…。
軽いアップダウンがあったように思います。
7kmくらいで折り返し、スタート地点近くまで戻り、
今度は国立公園の方へ向かいます。

この辺から明るくなり、公園へは何度も行ってるので、
フィニッシュまでの距離が見えました。

走ってる途中思ったのは、段々、走るのが辛くなってきてるな~と。
足も何だか痛いし、ロードには向かないんじゃないだろか、など。

それでももうすぐなので頑張って走ってフィニッシュすると
年代別5位のカードを渡されました。
フィニッシュタイムは1:32と普通。
ハーフのタイムはさっぱり伸びません…。

初めての入賞は5年くらい前のハーフでしたが、
一度何とか1:30を切ったことがあるだけ。

フィニッシュ後は汗が冷えて寒くなりそうなので、
すぐに着替えます。そんなに汗もかいてませんでしたが…。

荷物預けでバッグを貰い、着替えてから食事へ。

ピンク色に染められたライスヌードル。
ちまきっぽいもの、エッグヌードル、
中国のセロリとウインナーのヤムサラダ

タイとかラオスとかにある昔風のコーヒー。
砂糖やミルクを入れないと飲めません…。
寒いから飲みましたが。

さらにお粥をいただきました。
チキンナゲットをお粥に入れて食べると美味しかったです。

会場ではコルゲートの歯磨き粉を配布していたり、
来月開催予定の大会の宣伝などがありました。

アイスクリームもありました。
寒くてとても食べられたものではなかったですが、
皆さん結構食べてました。

チャオグアイという仙草ゼリーの飲み物、
ポップコーン、かき氷。
体を冷やすだけでなく、ランナーの食事とは思えないものが並びます。
フルーツ、コーラやジュースなどもありました。

しばらくして表彰式が始まりました。

黒い衣服をまとい、目の部分だけ見えてる人たちがいました。
コスチュームの賞もあったようです。
忍者のつもりかもしれませんが、
どうもモスリム国の殺人予告の人が脳裏に浮かびました…。

タイ人で日の丸の鉢巻きをしてる人などもいらっしゃいました。

自分の表彰の順番がきました。
皆さん、ステージに上がり、国王の肖像画の前で一礼します。
自分もキャップをとり、軽く会釈を。
ピザ屋の配達か宅配便のドライバー程度だったもしれません。

ステージでいつも写真を撮られますが、
どこで使われているのか、見たことがないです…。
記念にほしいんですが。

表彰が終わり、会場を後にします。
大会が終わったら、いつものトレイルコースでゴミ拾いウォーキングを
しようと思ってたので、国立公園の方へ。

タイでは最近、外国人のみ入場料金があがりましたが、
マイナーな公園なので、そんなものはなく無料で入場。

公園に向かう途中、頑張って走っている人たちを見かけました。
スースー(タイ語で頑張って)と声援を送りますが、
スースーでは力が抜けるような気がしてなりませんw

公園のトイレに行き、着替えて、トレイル入口へ。

パークレンジャーの建物に荷物を置き、
入賞したことをちょっと自慢し、トレイルへ。

最近、ニュースでタイの主要ダムは水位が下がっていて
厳しいような話でした。
ここは主要ダムではないですが、やはり水位が下がっていて
島が見えたりしました。

トレイルは落ち葉が多く、ゴミがさっぱり見当りません。
滝と名のつく公園なのに水がない時期だからか人も来ないから
ゴミもでないようです。

折角なので少し走ってみたりして。
やはり、ロードより楽しい。

帰り、丁度昼時になり、レンジャーの人がバス乗り場近くまで
車で送ってくれました。

たまにロードを走るのも良いものですね。
新しいロード用シューズ買おうかな~。

大会会場や食事の写真はブログにアップしています
http://thai-marathon.seesaa.net/article/413739613.html

☆--写真でみるタイ料理--☆
http://thai.i-frontierasia.com/thaifood/

☆元五輪代表・森隆弘の水泳スピードアップ・プログラム
http://swimfaster.seesaa.net/

☆--柔軟性とダイエット効果のあるランニング--☆
http://nobi-running.seesaa.net/

☆渡邉高博の膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~
http://kneesupportrun.seesaa.net/

RUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUN

   メルマガ「アジアで走る!トレイルラン情報」
   
・ 発 行 者 トレイルアジア
・ ブ ロ グ http://thai-marathon.seesaa.net/

RUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUNRUN

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 
◎タイで走る!マラソン情報 のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001541072/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ