メルマガで111ちゃん!

  • ¥0

    無料

"好きな事で生きていく"事は可能なのか!? DL同人のアフィ・ゲーム制作でなんとか食っていけてる111ちゃんと一緒に考えていきましょう(アフィリエイトの報酬月15万・今までの同人ゲーム売上3000本以上)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
メルマガで111ちゃん!
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月20日
 
発行部数
184部
メルマガID
0001553231
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > アフィリエイト

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------筆者(111)プロフィール------------------------
1985年、3月25日生まれ。
今は千葉市に在住。

2003年頃からRPGツクールでフリーゲーム製作、以後TonyuSystem、
ツクールVXへとツールを渡り歩く。
最近はJavaScriptでブラウザゲーを作ったりも。

2009年から同人ゲームサークル九条の会として活動。
http://bit.ly/1Pb1voY
[ゆきゆきてモンスター軍]は当時かなり珍しかったエロSRPGとして
それなりにヒット。

しかし最近の収入的な本業は、感想ブログのアフィな様子。
一日だいたい2000~3000ユニークアクセス。
http://bit.ly/17Ssx2X

これはそんな111ちゃんの活動メルマガである。
連絡はこちら:

ホームページ
http://bit.ly/17Ssx2U
ツィッター
http://bit.ly/17Ssvbj
メール
pinasu@infoseek.jp
gayoygauosuouasoa@gmail.com

---------------------------------------------
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
メルマガで111ちゃん! 第262号

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
もくじ
 ・週刊111の活動
 ・読者コーナー
  ・web拍手返信
  ・ツィッター界の反応
 ・本文
・エミリアコラムコーナー
・メルマガアンケート
_________________________

□□□□【週刊111の活動】■■■■■■■■■■■■■■■■■■

~~今週、ブログに書いた感想(製品版の作品のみ):

[スクールドットファイト]
http://bit.ly/2vSigAR
ジャンル:横ACT
サークルさん:おけゆ亭
書いてくれた人:なめかさん

古い例を挙げればスパルタンX風、
なめかさんにとっては初めての[ねこよくじょう]
http://bit.ly/2sNZ0mj
以来、本格的なアクションとしては初の感想でした。

ACTは主人公周りの挙動から紐解くと色々気付きやすいかも、
ここは明らかに作者的にも力を入れた所だと思う…などなど自分も推敲したり。
RPGにしろACTにしろ、「一般的にはこうだけど、今作ではこう」ってのを軸にして
考える所が多くて、やはり場数を踏んでるってのが大きいのかな…と改めて思いましたね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

111ブログでは、感想記事を書いてくれる人を探しています!(お金もちょっと出ます)
ぜひお気軽に連絡を…
http://bit.ly/1O8xf0z

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

□□□□【読者コーナー】■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●webメッセージ返信

今週はQがなかったよ。

メッセージフォームはここ:
http://bit.ly/1eAEE5F


●ツィッター界の反応

「111 メルマガ」でエゴサーチの結果です。
みんなもどんどんつぶやこう

■■先号の感想
> 今週の111さんのメルマガも勉強になりますね。
> 私には分かりませんけれども、まずは生活の糧としての同人レビューサイトをさらに確固たるものとすることが至上命題で、
> ゲーム制作などもそれの強化という意味で捉えた方が良いのかなという気がいたします。
>
> DLチャンネルさんの方は以前「核となる常連さんが生まれるかが重要」と述べましたが、それが達成しつつあるというのは喜ばしいと思っております。
> 常連のいない店は潰れてしまいますのでね。新しい人材の開拓と常連の定着の両輪が必要な気がします。
> 「既に販売停止した作品まとめ」良いと思います。
>
> 音声作品の制作について、アドバイスを頂き、ありがとうございます。参考にさせて頂きます。2万文字をバイノーラルだと予算8万円程度でしょうか。
> プラス絵を絵師さんに2〜3万円程度で依頼すると。過去作で声優さんへの依頼をした経験はあります。ちなみに内容はラブラブがっつり18禁です。(爆)
>
> steamさんの方は、いよいよ本格的に動き出したみたいですね。
> 廉価とはいえ、35000DLはインパクト大きいですね。ヌードパッチもかなり売れているようで。「ついに始まった」という感じですね。
> Web上での画像の暗号化は知りませんでした。cryptoJSですか、なるほど、なるほど。
http://bit.ly/2vSP5xu
http://bit.ly/2vSDVJe
http://bit.ly/2vStK7p
http://bit.ly/2vS7evz

例えば同人レビューサイトとして競争に勝つこと、それを目指すこと……はある意味ハッキリしていて
(取り組み自体は)難しくない、
そういう意味では早く動けて効果を実感しやすいのかも知れません。
ただ懸念なのは、同人エロゲだとほとんどDLsiteのアフィに依存する事で、
今はアフィ率10%ですが、これを何かの拍子に減らすわよ、廃止するわよとならないとも限らない……
そんな心細さから別口の収入を企みたくなるのですね。
生活の糧としてはまあ、売上の上下はありますけども、一番下限の時でもとりあえず
生活していける額はあるので、模索していきたいなと…。
(そんな事いって、今週もゲーム公開には漕ぎ着けられませんでしたが…)

風見さんの音声作品はがっつり18禁のバイノーラルですかっ!
良いですね〜、何かこう、こっ恥ずかしくなるような物を期待しておりますっ……!
自分の趣味を充足させる、これぞ同人という気も致します。

steamへの挑戦、いよいよ機運が盛り上がりつつあるかなという気がします。
今は商業レベルですが、まあツィッターとかでぶいぶい言わせてる個人作家辺りが
乗り出すのも時間の問題かなと…。
既存の作品がある訳ですし、動く時は本当にあっという間だと思います。
むしろそうなってハードルが上がる前の今こそ、
我々のような弱小エロRPG作家のラストチャンスかも…
(そう思って九条さんに話を振ったら「登録が分からねえ」との事でした。
うんまあ、自分もやってないけど…、ググればだいぶ情報も出てくるようになってない?
後は野となれ山となれの覚悟だよ…たぶん…)

cryptoJS、理論上はクライアントサイドでの暗号化できますから…
何か社内プレゼンにでもお役立て下さい…っ!(?)

> 今更今週の111氏のメルマガ話、アンケートが面白いですね。私も同人に限らず積みが多くあります。
> DL購入サイトを使い始めて、そして大幅値引きなキャンペーンというのに出くわしてね、そりゃホイホイカートに放り込むよねという……
> 未クリアゲームの方が余裕で多いでしょうね、アカンですなw(続
>
> そういや、某チャットの方で「基本CG枚数の基準値高くなってない? 製作中のやつも枚数増やさないと駄目なのか、むむむ(意訳」
> みたいな話題ありましたが、この辺、111氏とかに売り上げとの相関関係とか調べてほしいかもだ、参入予定の人としても(オ
http://bit.ly/2vSn3m2
http://bit.ly/2vSBuq2

先週の、割引で購入→買ったままプレイしない……という結果は驚きでしたね。
売れ筋のゲームは売れてるから売れるんだ、という数の理論をまた一つ知った気に。
白くない猫さんも心当たりあり、ですか……!

それとまぁ、「基本CG枚数の基準値高くなってないか」ですが、
既にこの手の話題は2013年ごろの2chとかでも言われてて、
『基本枚数1枚で50~100円換算、1000円の作品なら基本CG10~20枚』
とかいう基準ですよね。
その頃から自分は愚かしい話題よと思っていて、
自分もかつて謎の”論”カテゴリで書いたりしました。
2013年6月の記事ですね。
http://bit.ly/2vSvFJt

で長ったらしいんで一言でまとめると、
「枚数が重要じゃなくて、その枚数でどんな経験をできるかが本質」
ではないかと。
だってそうじゃないですか、基本CG100枚って言ってもドヘタな絵だったら意味無いし、
それなら現役ソシャゲ絵師の基本CG10枚の方がよっぽど心動くという物ですよね。
でもドヘタな100枚は100枚なりに、3分間に一度はエロが入ります、
妹ヒロインが20人居ます、みたいな立ち回りが可能になるんですね。

そもそも基本CG自体は少なくても、差分をたくさん用意されるサークルさんもいて、
これがエロRPGという形式では、淫乱度での段階変化とか、
基本CGよりしっくり来る場面もあったりする。

”そうは言っても買う側は、枚数とかスペックで見てるよ”というのも購買行動の半分くらいでは
あるかなと思うのですが、
買う側のスペック思考に合わせると、結局は制作側のダンピングを進めるだけではと。
あっちは20枚だ、じゃあこっちは25枚だ……、
ユーザーに比べられてる時点でダメというか、それは良くないなぁと思いますね…
(しかしまぁ、そうやってスペックを弁えつつ数ヶ月に一つリリースするようなのが、
「割に稼げる」ってのも分かりますが…。面白くはないですけど……)

「基本CG枚数の基準値、高くなってないか」に戻ると、そりゃ競争が激しくなるほど
全般にそうなるのは自然の摂理ではないかと。
なので見るべきは、競争が激しくなっているか…だと思います。
これは年間のリリース数(と母体の売上の大きさ)なんかでおおよそ掴めると思うのですが、
ただごく最近でいうと、なにかヨガチカの活動が減って来てるんですね、
これは意外と大きい影響があるかもね…なんて思ってます。
一週間に1,2本くらいは出してましたから、少なくともその枠がぽっかりと空く可能性も。

まぁでも…既に市場には過去の作品数が十分ある状況、
新作が魅力的じゃないと、そもそもその時、セールに入ってるものを買うのでは…?
という懸念もありますね。

■■steam戦線

> ONEONE1のダークエルフのヒストリアは現在steamspy48,000DL以上、18禁パッチも本家、english版合わせると1000DL近く。
> 順調に売り上げが伸びている。そして、まだDLデータが出ていないけれど、一昨日steamで没落令嬢も販売開始している。
>
> ディーゼルマインは面白いデータが出ていて、「女子校生サクラの貧乏奮闘記」約14万5000本に対して、「牧農物語~クロレ・アルカのHな奮闘記~」は1万本。
> 違いは価格が8ドルでセールも参加していないこと(たぶん)。それと自社パブリッシャーであること。
>
> 英語翻訳はレビューを見るとSakuraGameよりマシだけどネイティブからすると違和感を感じるレベル。とすると、SakuraGameも中国国内で宣伝をしている可能性がありそう。
> steamで中国市場は無視できない。下記ページを見ると、steam売上率は中国が米国に次いで17%の売上率を誇っている。日本は1%。
> SakuraGameも母体が中国なので、そちらへの翻訳は問題ないはず。
> http://bit.ly/2vSDYoo
http://bit.ly/2vStKUX
http://bit.ly/2vStLZ1
http://bit.ly/2vStNQD
http://bit.ly/2vSBvKC

さたけるさんの、めちゃくちゃ価値あるツイートです。
先号もお伝えした通り、SteamでエロRPGのエロ抜きが売れてるぞー…というお話ですが、
でもそれより僅か前、他にも商業サークルで同じ事に挑戦してる所はあって、
じゃあそれらがどうなったか、気になりますよね。

で結果としては、他パブリッシャーに任せた安い作品が14万DL超え(!)である一方、
自社発、ある程度の価格で売った作品は1万DLに留まってると…。

女子校生サクラの貧乏奮闘記のsteamページ:
http://bit.ly/2u3SFXz
牧農物語~クロレ・アルカのHな奮闘記~のsteamページ:
http://bit.ly/2u4cM8j

これはパブリッシャーが中国市場での積極的な宣伝をしたのも勝因か……? と。
DLsiteで日本人だけ相手にしてると気付きにくい事ですが、
ざっくりと中華圏、英語圏、あと南米みたいな所もかな…、
それら最低でも数億のユーザー層に効果的に働きかけられるよ、ってノウハウを持つ組織は
大きな意味を持つのでしょうね。
日本人からしたら「redditとか4chとかで宣伝すればいいんやろ?」
くらいの知識ですが、もうそれでは全然届かないような諸々があるのでしょう。

この結果を見ると、”自社発では少し辛いか”という結論も出る訳で
(それでもDLSite基準からしたら売れてると思うんですけどね)
Steamでの成功法則を知り……、戦い方を決めて臨みたい所です。

ちなみにダークエルフのヒストリア、そして続く没落令嬢ですが、
当サークルさんのツイートによると
> (Steam版)Dark Elf がもう少しで6万本。
> (Steam版)The Heiressが約2万6000本を達成しました。
> http://bit.ly/2vSFC9J
http://bit.ly/2vSFCGL

とまで伸びたという事で、なかなかの儲かり具合と言っても、過言ではないかな…と。
没落令嬢→The Heiressのsteamページ:
http://bit.ly/2vSFF5p

これもパブリッシャーはSakuraGame。

(実はサークルさんから先週メールを頂いたりしたんですが、
普通に時候の挨拶などを交わして、どうもどうもと別れたのでした…、
「どうやって登録したの?(あるいは知り合ったの?)」
くらい聞けば良かったね……、すまねえっす…)

しかし他の作品は軒並み好評なのに、
[牧農物語~クロレ・アルカのHな奮闘記~]だけは8ドルで、
レビューの評価点が”賛否両論”になるんだね、価格に関してかなりシビアなのか。
今週はこの状況を憂いた記事も見かけました↓

> 【ニュース】昨今のインディーゲームの価格は安すぎる?SteamSpy管理人が、市場に見合わない価格設定を懸念
> http://bit.ly/2vSvKNh
> http://bit.ly/2vStQvN
http://bit.ly/2vSDYEU

>> 最近リリースされたインディーゲームの平均価格は8.72ドルであり、
>> セール時には4.63ドルまで下がってきているにもかかわらず、
>> 平均のダウンロード数では過去最低の2万1000本まで下がっている
>>
>> ダウンロード数がふるわなかったとしてもある程度の収益を確保できるような価格にするべき

ここでもやはり競争の激化とダンピング、どこかで見掛けたような光景が…。
(というかSteamこそ、その端緒というか急先鋒ですからね)

同じ結論を1年前にも111が有料コラムで言ってるというのにだ。
すごい黄色評価ですよ、畜生。時代が早すぎる。(別に大した事ない結論だからでは)
[割引キャンペーンを逆手に取って、クリエイティブな創作を]
http://bit.ly/1TtVkha

せめて競争で有利になるよう、今週見掛けたノウハウ系のページも貼っておきましょうか↓↓

> [商品名や色で見るSteamゲームの傾向は?―海外の独自統計データ | GameBusiness.jp
> http://bit.ly/2vSrtcw ]面白いデータ。
> 色や明度に関してはある時期からちょうどいいバランスが見つかってるっぽいねえ。
http://bit.ly/2vSL4JL

> ゲームのトレーラーでやってはいけない14の誤り|福嶋 美絵子(はらぺこ翻訳者)|note(ノート)
> http://bit.ly/2vSu7Pk
http://bit.ly/2vSoLE4

そうだった、外人(白人系?)たちは統計大好きというか、
「こういう色合いなら何%の効果が」「こういうタイトルなら」
くらいまで分析して積み上げやがるもんなあ、
それが結局はお金を持ってる人を動かす材料になって、マネーの戦争に勝ちやがるもんなあ、
竹槍を手に、俺たち日本人はどれだけやれるだろうか……
そういう島国根性では、大規模な資本主義ビジネスシーンで勝てないのであろうか…。

少なくとも現状ではSteamーエロRPGに関しては一日も二日も我々に長がある、
と言えそうではありますが。
(アニメコミニュティと何となく地続きなのが良いのかな…)

エローン大君さんも少しSteamの話題には乗っかっておられました。↓
> そういやDLチャンネルのトークでちょびっと、Steamでの販売価格と同人としての販売価格の差異やら、
> 売りもののはずのエロパッチを(おそらく海外の)ユーザが作品コミュニティで配布するやら、なんかちょっと怖い話が。
> 価格についてはパブリッシャーがアレなんだと思うけど、コミュニティは……
http://bit.ly/2vSM28V

なぬっ、DLチャンネルのトークで?
ちょっと該当のトークを探せなかったのですが、steam本体は割れないけど
エロパッチは割れる(コミニュティページ、見たらエロシーンのスクショ全貼りとかされてたなあ…仁義ねえのかお前らには)
エロRPGのエロ抜きなんて面白いものじゃないだろうに、
何十倍もの売上の差は、まさかそういう事なのか? とか思ったり…。

外部サイトのエロパッチに関しては、パブリッシャーとかも知らんがなだろうしね…。
どうしても山師的な収入ウハウハに目が行くけど、
パブリッシャーとかに頼らずとかも考えると、
これはブラジルに日本人街を作るような気持ち、長年の根気強い仕事こそが必要なのかも知れないね…。

■■フリゲ畑など
> 第1回2分ゲーコンテストが始まりました!応募作品はこのアカウントの「いいね」を見て下さい。投票はこのアカウントの「ツイート」を見て下さい
> 投票期間は1週間です。全部で9作品、お気軽にプレイ、投票してみて下さい!
http://bit.ly/2vSFN4Q

遂に2分ゲーコンテスト始まる。
(ただ作品を探すのに、いちいちツィッター検索しないといけないのは辛い…
投票ページに、作品URLとスクショあっても良いと思うんですが。
手間を減らして持続可能にする、URLは数年後とかに安全とは限らないって理念も分かるんですけどね…。
ともかく、toggerかモーメントにまとめられたページは欲しい気がします。

*なぜかDLチャンネルにまとめが作られるのでした…、ユーザー主導って事かなあ。
これ次回もDLチャンネルで行くの?
http://bit.ly/2vT2Jkq )

自分は、三つ目がみえる、避けるアクションゲーム、空に輝きは見えず、
sdew、地獄の沙汰も麺次第、スリークライマーズを遊びましたね…。
なかなか奇態な作品が集まった感じがします。
さすが短編ゲー、そしてフリゲらしい。

そしてそう、[空に輝きは見えず]はこのメルマガから?
白くない猫さんが参加されたSTGなのでした。
応募一日過ぎていましたが、滑り込み? セーフが認められた模様。良かったです。↓

> 2分ゲー参加してよかったわん、マジで
> (後でブログで記事にでもしようと思ってるけど、とりあえずこれだけは言っておきたかった)
>
> 3分ゲーの系譜というのを特別に考えてなかったというか、そもそも3分ゲー自体の歴史みたいなのを実感できてなかったというか……
> あ、このイベントに至るまでの人とか物事の歴史みたいなのがあったんだな……
> 注目する人もその界隈に普通にいるようなイベントだったんだなぁ……みたいなね、今更だけど
http://bit.ly/2vSKX0w
http://bit.ly/2vSn5KG

ふふ…今に至るまでの流れを感じましたか…!
トリアコンタンさんもかつての3分ゲーの常連でしたが、
今やツクMVのプラグイン神みたいな扱いですものね、そこに歴史はある。

> ほう、2分ゲーコンテストか…。
http://bit.ly/2vSXlOk

次回を見据えてるのかな、エロ方向でかなり有名な絵師さんも
アイデアを練っておられる? 様子。
(ただすぐさま行動する方だから、次回を待たずにちゃっちゃと公開するかも…)

海から山からと、次なる強豪はもう押し寄せて来てるのだ…(?)


あ、web上でウディタやツクールを遊べる、最近では自作エンジンも手掛けてる…という、
技術力は確かにあるのだけど、割とイリーガル的な気配と謎さから
今いちメジャーになれないPLiCyが

> ■PLiCy公式webマガジン「じぷマガ!」2017.08.13■
> ⇒ http://bit.ly/2vSvLAP
>
> ●新作フリゲ12作品を紹介!
> 物語×放置SLG『ノレイーダの酒場』
> 育成SLG『にみにっつ』 ホラー探索ADV『夕暮れ叙事詩』 他
> #gamedev http://bit.ly/2vSBvdA
http://bit.ly/2vSKRGc

こういう”公式マガジン”って取り上げ方をするのは嬉しいだろうなー、と思いましたね。
(ちなみに[にみにっつ]は2分ゲー参加作品でもある)
ツクールもかつては毎月、インターネットコンテストパークとかあったんじゃが……。

持続する文化というものがある。


あ、先号、3DのRPGが作れるスマイルビルダー製のを2つあげましたが、
今週もまた一つ来てました。↓
[くえすと&クエスト3D ~しょーとショート 女冒険者シーナ編~]
http://bit.ly/2vStRjl

あと他にもこんなツイートを見つけたり。
グラフィック一つでぐっとエロRPGらしくなるなあ…。↓

> オートマッピング化が大体完成したのでかなり探索RPGっぽくなった( ー_ー)φ
> あとはコピペすればいいので、これからダンジョンを沢山作っていこうかな #SMILEGAMEBUILDER
http://bit.ly/2vSFBmb

うーん、やっぱコントラクションツールとして欲しくなる…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

□□□□【本文】■■■■■■■■■■■■■■■■■■

自作ゲームは…、英・中国・韓国語切り替えが出来るように頑張ってましたよ。
スマホの上に多言語対応である、なんて壮大。

Google翻訳を使うのだけど、一度に訳せるのは5000文字までだし
おまけにゲームで読み込みやすいよう一行ずつ配列データにしていて、それが大体1000個くらいある。
これを手動でやってたら一言語、数時間は覚悟しなきゃいかん…
という事で、自動化を試みたものである。

(111のツイート)
> selemiunでどんどんブラウザが自動で動いてgoogle翻訳をコピペしていくのはなかなか壮観。
>
> 人間にはとてもむりな勢いで翻訳されていくのだ
http://bit.ly/2vSEOBx
http://bit.ly/2vSEQt9

selemiunという、ブラウザの操作を自動で行うライブラリがあるのですが
それをrubyで動かし、ファイル読み込む→Google翻訳にコピペ→訳された物をファイルに書き込むという一連をプログラムでやる。
まあ機械特有の操作の速さでエラーが返ったり、色々な調整に少し戸惑ったものの、今は順風満帆に動いてくれて、
日本語ファイルを読ませたら大体1時間ちょっと、自動でブラウザがカタカタ動いてくれますね。やったぜ。

全然関係ないけどこれ多分、そもそもブラウザを同梱するElectronでも出来そうな気がする、
そしたらアプリとして配布できるな。
「日本語ファイルを読み込ませたら、Google翻訳を自動でがーっとやってくれるアプリ」。
Steam参入もあるし、割と需要ありそうな気はするが、まああんまり大体的にやってると怒られそうな気配もする。
(GoogleのAPIをプログラムで叩けば簡単なんだけど、これは有料なので…。
一応Microsoft Bingにも翻訳APIはあって、こっちは無料なんだけど、精度は悪いらしい)


ひさしAppの本は読み終わりましたので、次はこんなkindle本を買いました。
[アダルトRPGの作り方(合冊版): システムの考え方、イベント・キャラ・アイテム例、サンプルシナリオについて]
http://amzn.to/2vSijwx

ただこれは……。
(自分のツイート)
> 読んでるが想定してる状況がごく狭い上に、そこに当てはまらない物への押しつけ的否定の姿勢にイライラだぞい!
>
>「エロRPGの価格ボリュームは300~1000円」「長時間のものは好まれない」とかでううーんとか。
> 「エロRPGとは主に女主人公のものを指す」=ん? BFだと男主人公の方が必然的に多くね、とか
> まあ要は、村一つで完結するよーな、ADVチックなミニRPG的な辺りなんだね
http://bit.ly/2vSvM7R
http://bit.ly/2vSSpsD
http://bit.ly/2vT2N3E

ただ読んでて一つ利点なのは、自分は感想書きとしてシステムがある所から考える、
いわば正解を逆順で紐解くのだけど、この本は創作者として、
「こういうシチュで、こういうエロがあったら良いよね」という本来の発想順で
戦闘中エロ・敗北エロ・戦闘後のイベントエロを考えており、その思考を覗けるのは面白いか。
まぁまだ全然初めの方なので…、気長に。

というツイートをしていたら、なんとくいん丸さんからリプライ頂けました。↓

> @gamecome111 これ前に読んだんですが、完全に女主人公前提だったのは確かに違和感ありましたね。
> まあ制作初心者が、エロRPGのキャラ設定やシチュエーションをある程度網羅するには良い本なのかもしれません。
http://bit.ly/2vSKYS8

(くいん丸さんほどの方でも、情報収集を絶やさないのか…)
初心者向けという感は否めない。
でもそこをきちんと長い文章で綴ると、やっぱ体裁は整うもんだなあと…。

kindle本まだ2冊めですけど、何が売れて、売れないか。見極めたいものです。

そんなくいん丸さんのエロRPGの構想…!↓
> 今後エロRPG作るなら、ルナドン系というか太閤立志伝みたいなやつを作りたい。
> キャラを多くするなら3Dとの相性もいいし。でも作業量はえげつないなw
http://bit.ly/2vSL0te

太閤立志伝……! 名作ゲーですよね。
自分の強みを正確に分かっておられますし、くいん丸さんは偉いなあ…。


あ、DLチャンネルですが、
まとめ記事内からリンクされた作品は、作品の「アンテナ」に記載されるんですね。
初めからあった機能なんですが、今回の「購入した作品について書いたら300ポイント」キャンペーンで割とみんな、
短いまとめをぽんぽん投下されてるので、だんだん機能を果たしつつあるかも。

参考になるかは分からないですが、ゆきゆきてモンスター軍のアンテナ…↓
http://bit.ly/2r2F9lx

作品アンテナ→それを言及したまとめ記事への流入も考えられそうな、
サイクルが機能しつつあるのを感じました。
(ただ現在、肝心のアンテナへの導線が極薄なんだけど……)

あと、こういうまとめ。

カワイイ絵なのにHで背徳感があるR18ゲーム! - DLチャンネル みんなで作る二次元情報サイト!
http://bit.ly/2vT2Qwm #DLチャンネル

タグ分けされないような細かい性癖とか、絵柄でのキュレーションが
アンテナに付属するってのは嬉しいよなと。

”似た絵柄”って事なら、流行りのディープラーニングで出来ないかって思うんですが、
二次絵に嗜好も絡むと難しいんでしょうね、
そういう意味でDLチャンネル…、やってる事は、
機械では類推できないような細かいタグ付け・振り分けに
安価で人的なリソースを多大に費やしてやってる、って見方も出来るかなぁと。

まぁトークとかもあるので…、
何かもう一歩、まとめじゃなくコンテンツ的な寄る辺も欲しい所かな。
まだまだ変化の途中な気がします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
_________________________

ゆきゆきてモンスター軍の絵師、九条影魅李阿(エミリア)さんが当メルマガに寄稿です。
影魅李阿さんのブログ:
http://bit.ly/17SsxQk
_________________________
□□□□【エミリアコラムコーナー 262回】■■■■
書くことが特にないから、友人に見ろと進められた動画でも貼るだわ。

【ゲーム芸人フジタの挑戦第12回】「スーパーマリオブラザーズ2」(任天堂)
http://bit.ly/2vSubi2

勧めた理由はマリオ2と亀ゼリーである
マリオ2は以前ネコバズーカでもクリアしたぞと、写真と共に描いたのだが、私がクリアしたというのは捏造で
友人がクリアしたのを撮っただけである。
ウッフィーの金が全てやもマリオ2の攻略本から撮っただけである。

あんなもんクリアするほうがおかしいのである。

10分の動画だと言われたので、その時間の長さで、クリアできなくて死んでるじゃないかと思ったが
単に早くクリアしてる動画だった。

あと亀ゼリーも食べてた。

私も亀ゼリーを買ったが、まだ食べてないですわ。



そしてやはりゲームはかなりうまい、覚えてクリアする時代があったのだと確認する
ゼビウスなど、異常に難しいゲームも話しながらやる、根源的なゲームの楽しみ方である。

ゲームのプログラムと言うか、ゲームの肝の部分で楽しませる工夫が、たしかにあったなあと思い出すのだ
単に敵の動きだけでゲームを面白くする
ゲームは自機を動かすものだという認識が肝だと思った。

動かすのが面白い初の設計だから飛んだり跳ねたりする、もうそういうゲームは無いのだ。

2分ゲーですらそういう精神は失われている。

STGの2作くらいではないか
すぐ終わるというのではやはりSTGが強い。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
_________________________

(111のコメント)
_________________________

何やフジタ、この小汚い芸人は…と思ったが、そのプレイは華麗であった。
確かに実況動画的な囃し立てではなく、腕が上手いから見る、
超人的だから目が離せないという、今や珍しいストロングスタイルかも知れぬな

むしろ2分ゲーコンテストについてエミリア氏はもっと語れよ、と思ったら
4本くらいしかプレイしてなかったらしい。
てめえ……

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●メルマガアンケート
「webメッセージ送るのは、ちょっと気が引ける…」という方の為に、
毎回、本文にちなんだ投票アンケートを設けてみようと思うよ

投票でそっと意思表示してみてね…!

・前回のアンケート
「マイナー同人エロゲを買う時はどんな時ですか」
http://bit.ly/2vOGFK3

売れるゲームは黙っていても売れる、ではマイナーゲームの立つ瀬はあるのか…!?
という質問でしたが、まあエロゲですし、やはり一番強いのはニッチ性癖か(珍しいシステムとかもここに入るのかな)
知り合いだから…のパーセンテージの多さが世界の狭さを感じさせて辛い、
そして同じ割合で感想サイトというのも非力…。

結局、「まず自分で知って、判断したい人」がほとんどなのかなと、
逆に言えばそういう吟味する人が購入層のメインだからこそ、
マイナーと呼べる数しか売れないのでは…と思っちゃいますね。
売れ筋に多いと聞く「買ったけどプレイしてない」みたいな事は、けして起きなさそうな雰囲気。

マイナーたる理由を色々と考える訳ですが、早い話、売れ線の流通に乗ってないからマイナーなんだ…
という、爪も立たないような断絶。
これは解決しない問題なのか…。

お前の感想サイトがその流通の一つを担えば良いじゃん、そしてマイナゲームを紹介すれば良いじゃんというのが一番の近道な気もしますが、
どっこい、マイナーゲームの感想ばかり書いてると見る間にPVとか売上が落ちるぞという…
私もこの資本主義の中では石ころの一つなんや…、すまん、すまんやで…。


今回のアンケートは、
「割引キャンペーンのせいで、新作を買うことが減った?」
http://bit.ly/2vS7k6p
奮ってご投票下さい…!

4択に留まらない場合は、メッセージフォームで。↓
http://bit.ly/1eAEE5F

---------------------------------------------

今週も読んでくれてありがとうございます。

111メルマガではQ(質問)を募集してします。
twitterでリプライするか http://bit.ly/17Ssy6N
メールなら pinasu@infoseek.jp 
もしくは、web拍手のフォームを使ってください。
http://bit.ly/1eAEE5F
---------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ