ID: 0001558451

NZラグビー通信 プレミアグレード

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
¥864(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001558451

NZラグビー通信 プレミアグレード

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビーショップ NZラグビーオンラインが通常版のメルマガでは語らないプレミアムなラグビーニュース、コーチング情報、裏話、NZのラグビー事情などをお届けします。
購読者がNZラグビーオンライン会員の場合は月に一度、会員ポイント500ポイントをプレゼントしますので、実質340円で購読できるお得なメルマガです。

サンプル号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NZラグビー通信 プレミアグレード

サンプル号 >> 2012/00/00

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 はじめまして、ラグビー用品専門店NZラグビーオンラインが通常版のメルマガ
では語らないプレミアムなラグビーニュース、コーチング情報、裏話、NZのラグ
ビー事情などをお届けするメルマガです。

※サンプル版ですの一部はコーナー紹介だけになっております。

【サンプル号の目次】

 1.今週気になるラグビー的な話題
 2.ラグマガの人気コーナー「技術をひもとく」をひもとく
 3.NZ最新コーチング情報
 4.ラグビーグッズPick Up!
 5.櫻井番長 Give 'em the axe!
 6.NZ留学体験記
 7.ラグビーQ&A
 8.プレゼントコーナー
 9.シャチョウのちょっと言わせてよ。
 10.ポイントバックエントリーコーナー!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


1.今週気になるラグビー的な話題。


──メルマガ担当のモリがちょっと気になったニュースやとっても私的な観点で
ラグビーについて思ったことを書く無料メルマガの拡大版!

【オールブラックスvsアイルランド!】
 過去2週にわたってトップニュースで騒いできたテストマッチシリーズがいよ
いよ始まりました。オールブラックスのメンバーは先週の30人から選ぶならこう
なるよねって感じではあります。僕の好きなハイランダース勢はからはホアと
アーロン・スミスがスターティングで、ベン・スミスがリザーブです。
ウィップーはHAKAの為だけに呼ばれたと言われても納得してしまう部分があ
る今季の出来ですけど持ってる経験値は世界でもトップレベルですから出てきた
らやっぱり上手だねってことになるとは思いますけどね。

かなりどうでもいいけど、後半ベン・スミスが出てきてアーロンが下がらなけれ
ば3人スミス達成!ちなみにこれまでオールブラックスに選ばれたSmithさんは
アーロン・スミスを入れて13人。もちろん3人同時スミスとなれば新記録。これ
までは前ABアシスタントコーチのウェイン・スミスとブルース・スミスが1983
~1984に何度か2人で出場してるのと、2011年のフィジー戦でベン・スミスとコ
ンラッド・スミスがキャップをゲッツ。楽しみだねスミス祭り。
でもってアーロン・スミスが下がらないでカーターとクルーデンが交代したら
マナワツダブルアーロンも達成だね。ふふふ。

メンバーはこんな感じ。
1ウッドコク 2ホア 3フランクス弟
4レトリック 5ホワイトロック3
6ヴィト 7リッチー 8リード
9アーロン・スミス 10カーター様
12SBW 13コンラッド・スミス
11サヴェア 14ザック 15ダグ
16エリオット 17フランクス兄 18アリ 19トムソン 
20ウィップー 21クルーデン 22ベン・スミス

さて、ハンセン率いる新生オールブラックスはどんな試合をしてくれるかな?


【今週のハイランダース情報】
 今週のニュースはトムソンがレトリックとぶつかって鼻折ったけど大丈夫って
いうよくわからないニュースから。もうスーパーマンすぎて何が何だか・・・。

あと、明日ダニーデンで行われる南島vs北島のドリームマッチに南島ラグビーの
魂といわれる男(俺調べ)ラトリッジが南島のキャプテンとして頑張ります!ち
なみに北島のキャプテンはメアラムの代わりにブルーズのキャプテンをしている
ルーク・ブレイド。二人のキャプテンの共通点はお父さんがオールブラックって
こと。二人ともオールブラックスとは縁がないけれど、こういう形でオールブラ
ックの血は受け継がれています。血は伝統、伝統は文化。NZのすごいところで
す。僕もラトリッジみたいな見た目じゃないカッコよさのある選手になりたいで
す。
しかし、オタゴ救済マッチという事情はあるにせよ、近年はABのセレクション
マッチのポッシブルズとプロバブリーズの試合が無いのでこういうのはいいよ
ね!オールブラックスのセレクションマッチってなに?って方も多いと思うので、
それについては機会があれば今度書くかも。


※サンプル版です。実際の配信ではもっともっと多様な情報をおとどけします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


2.ラグビーマガジン人気コーナー「技術をひもとく」をひもとく!


──このコーナーではラグビーマガジンの人気連載「技術をひもとく」コーナー
で紹介されているトピックを、世界の最新コーチング理論に基づいてセカンドオ
ピニオンを提案したり、よりわかりやすく分析解説するコーナーです。


今回はラグビーマガジン 4月号 No.475号より引用します。


<<<アタックに於いてゲインは何より優先されるのだろうか?>>>

”センタークラッシュで、中央のラック。天理はここから左にボールを出して再
び左中間にラックを作って、次に右へボールを出した。
ボールの動きは同じ幅の中で、右→左→右と振り戻しを続けている。ゲインはほ
とんどなかった。”

”※写真7 左端から右に運んだボールを左に戻し、さらに右に戻る攻撃では相
手守備を振り切れない。クィックは順目が基本だろう”

※ラグビーマガジン 4月号 No.475号 127ページより引用


講師の林氏は、左、右、左という振り子のようなアタックではほとんどゲインし
なかったとあり、ゲインするために、クイックは順目と断言している。
クイックに攻めるというところに異論はないが、そもそも一つ一つのアタックで
ゲインすることが、何より優先されるのであろうか?

当り前の前提としてディフェンスは「オフサイドラインより後方でポジショニン
グする」というルールがあるために、ゲインすること、クイックにボールを出す
ことは重要であるが、「前にパスをできない」というルールがあるために走るよ
り速くボールを前に運ぶことはできない。
そのため、ゲインされ速くボールを出されたとしても攻める方向がわかれば先回
りしたり、そこを目指してポジショニングしようとする。

逆に考えると一回のアタックでそれほどゲインできなくても素早く連続的に振り
子のようにアタックすることでディフェンスは攻められるポイントに先回りして
集まってしまうというふうに考えれないだろうか。
ディフェンスは振り子アタックされるとその周辺に集められ、逆サイドに大きな
スペースを作ることができ、逆サイドのスペースを使う布石として、振り子アタ
ックを使う。
いわゆる振り子アタックで崩して、オープンアタックで仕留める。

天理大学がこれを意図していたかは別にして、シックスネーションズではイタリ
アが、スーパーラグビーではニュージーランドのチーフスがこれに似たアイデア
でアタックしている。特にチーフスは今季このスタイルで大躍進を遂げている点
には注目したい。


【今回のまとめ】
 意図してディフェンスのほころびを作るためには相手のポジショニングを一か
所に集める事は効果的であり、その為の振り子アタックでは必ずしもゲインを必
要としない。
ゲインを目指すことや順目のアタックを否定するわけではないが、アタックには
様々な形があり、画一的に、「ゲインすべき」「クイックは順目」と決めつける
のは正しいと言えないのではないだろうか。

文:ラグビーコーチ 井上正幸

【井上正幸プロフィール】
大体大出身。卒業後大阪でクラブチームを創設。整形外科の医療機器を売る傍ら
2008年から週に1回学生たちをコーチング。豪州コーチング資格保持。
twitterを利用して積極的にコーチングについて議論を展開中。

twitterアカウント: https://twitter.com/orthoinoue


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


3.NZ最新コーチング情報


──このコーナーは、僕達と十数年来の友人でありNZでコーチとして活躍中の
NZ RUGBY LINKS代表の竹内克さんが、NZで取り入れられている最新のコーチン
グ方法、ラグビーの考え方、NZでのラグビーの在り方などを紹介してくれる
コーナーです。

※記事は本誌でのお楽しみに。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


4.ラグビーグッズPick Up!


──NZラグビーオンラインの店長キタズミがおすすめのラグビーグッズを紹介す
るコーナーです。

※記事は本誌でのお楽しみに。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


5.櫻井番長 Give 'em the axe!


──NZ在住のスタッフである櫻井番町が最近NZで話題になっていることや、
身近に起きた出来事、NZと日本のちょっとした違いなどなど普段の生活目線でお
届けします。


こんばんは、番長という肩書は?ですが、櫻井です。

不定期かもしれませんが、ニュージーランドの首都ウェリントンよりお送りいた
します!

ニュージーランド(以下NZ)についてはどれくらいご存知ですか?
ラグビー好きの方々はNZがどんな国か知っている人が多いと思いますが、実は結
構日本で”NZに住んでいます”なんて言うと、

【1】「いいねー、南国は暖かいところで!」
【2】「あー、オーストラリアの!」

この2つは大概言われます。地理をちゃんと勉強してればわかるっちゃわかるこ
となんですが、急に会話に出てくるとみんな直感で答えてくれるのでこういう事
がおおいのかな?

【1】の南国について。
確かに南国にあるのですが、南国すぎちゃって。ちゃんと四季があるのです。し
かし、ここウェリントンでは一日のうちに、天候が激変することがよくあり、ウ
ェリントンには1日のうちに四季があるなんて言われたりもします。あとウェリ
ントンは風がとても強く、Windy Wellingtonともよく言われます。冬になるとよ
く雨も降るのですが、風が強い日に重なると、それはもう日本で言う台風みたい
な状態になります。風の通り道なんて木が斜めに生えています。これがウェリン
トン。
また、風が強いため傘を使う人が極端に少ない町でみんな平気で濡れて歩きます。
日本から来た人たちは皆この光景にびっくりするみたいです。自分はもうかれこ
れ日本と同じくらいこちらに住んでいるのでなれちゃいましたが。。。
逆に日本に帰ったときに、普通の人より傘を持たない、使わないようで驚かれま
すね。

【2】について。
うーん、確かにオーストラリアには近くて、国旗も良く似ているんですけどね
~。。。もちろん違う国ですから!!!

そうそう、この似た国旗で一つ。
日本でも最近話題になってきているシェアハウスというのがあると思うのですが、
呼び名は違えど実はNZではこれ当たり前!(NZではこのシェアハウスのことをフ
ラットと呼び、同居人のことをフラットメイトと呼びます。)昨年のRWCの時に
友人のフラットメイトが$2ショップ(日本で言う100均)で国旗を買ってきて、
外からも見えるように窓に貼っていたそうです。愛国心ですな。
翌日一緒にTVで試合を見ているとそのフラットメイトが突然”SH@@@@@@T"と叫び
窓に貼った国旗に走り引き剥がしたそうです。友人がびっくりして「どうし
た?」と聞くとフラットメイトが”これAUSの国旗じゃないか!!!NZじゃな
い!!!”って激怒していたそうです。よーくみると星の数がどうも多かったと
かで。。。

というわけでこちらにもしっかり四季があり日本と似ているのですが、日本は北
半球、NZは南半球にあるので、季節は逆になります。はい、今こちらはとーって
も寒いです!まさにラグビーシーズン真っ盛り。
こちらはラグビーシーズン真っ只中なんですが、やーっと待望の物が手に届きま
した。自分がNZに来てからずっとお世話になっている”Wellington Football Cl
ub"(ラグビークラブです。)にウェリントンに来たことのある人なら誰しも知
っているであろう"Kazu Restaurant Group"と弊社が共同でジャケットのスポン
サーにつきました。今夜はそれを持ってクラブチームまで行ってきますよ!
えっ、でもなんでシーズン中に?と思う方も居るかもしれませんが、こっちでは
シーズン始まってからスポンサーがつく事も多く結構良くあることなんです。
クラブチームレベルでスポンサーが付くイメージもわかないかもしれないんです
けど、そこはラグビー王国。レストランやバーなどがお金を出してくれてウェア
を作ったりして、チームメイトたちはそこに飲食しにいくのは当たり前の風景な
んですよ。
みんな気に入ってくれるといいな~~~

それではまた!


※タイトルの「Give 'em the axe!」とは櫻井番長、シャチョウ、メルマガ担当
モリがNZで所属していたNZ最古とも言われるクラブチームであるウェリント
ンクラブのHAKAの中に出てくる言葉です。
鎖につながれ、斧を抱えたライオンが斧で鎖を断ち切るシーンがエンブレムにな
っていることが由来でウェリントンクラブに所属したメンバーはAXEMENと呼ばれ
ます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


6.NZラグビー留学体験記

──NZへのラグビー留学経験者の体験談を紹介します。

※記事は本誌でのお楽しみに。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


7.ラグビーQ&A


──ラグビーをプレーしていて不思議だったこと、見ていてわからなかったこと、
ラグビーにまつわる気になったことを教えてください。全力で調べてお答えしま
す!当店に対する疑問や質問、ラグビービジネスについての疑問などなんでもO
Kです。

質問はこちらまで→mailmag@rugbygoods.com

※記事は本誌でのお楽しみに。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


8.プレゼントコーナー


──月に一度のプレゼントコーナー読者が増えれば増えるほど豪華になるはず!?

※記事は本誌でのお楽しみに。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


9.シャチョーのダークサイドつぶやき。


──シャチョウのオザワがどこからか聞いてきた裏話などブラック気味だけど、
ぎりぎりグレーゾーンへの飛ばしパス的な話題を書きます。


さーいよいよ始まりました、有料メルマガ!
サンプル版はお楽しみ頂けましたでしょうか?

まだ始まったばかりですので、色々と不具合等、あるかもしれませんが、
どうぞ暖かい目で見て頂ければ、幸いです。

という訳で、記念すべき第一回の、シャチョーのブラックメルマガは、
「ラグビー界の意味不明なSHOP事情」!

皆さん、ラグビー用品は何処で買いますか?
今の時代はインターネットの普及で、日本全国、何処に居てもお買い物が出来ま
すが、ちょっと前までは夏の菅平とか、各県大会会場、花園なんて感じだったの
では?
あとは、学校に売りにくる行商とか?出入りのスポーツ店とかですかね?

ハッキリ言って、ラグビーに限らずですが、路面店のスポーツ店は、今後、厳し
いのでは?というのも、すでにラグビーに限っては、メーカーと小売店の間の卸
問屋がほぼ、機能してませんし、肝心の大きなメーカーも「ラグビー」に対して
完全に消極的。。。
なのに、日本には、日本独自のラグビーメーカーが存在するんですね!

凄い!と思う反面、そのメーカーは独自SHOP、直接販売で売り上げを作り始
め。。。

完全に小売店軽視。。。。

このままだと、折角、ワールドカップが日本で行われても、全体の収益の30%と
か40%とか言われている、グッズの売り上げは見込めませんね。。。
だって、ワールドカップのオフィシャルグッズは当然、日本のメーカー、ブラン
ドじゃないから、皆さん売りませんよね?

という訳で、来るべき日に、総合ラグビーSHOPのNo.1になるべく、弊社は他の
皆様とは別路線で、来る物拒まずの精神で売っていきますよ~
(取り扱い商品、募集中です!笑)

まあ、逆にうちには卸さないとか、今後はうちを通して仕入れろ!とかの
圧力には、全力で戦いますが。。。。

という訳で、今回は軽く?業界知られていない現状を書いてみました~
本誌では、もっと「ブラック」かも?お楽しみに~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

10.ポイントバックエントリーコーナー!

──月に一度のエントリーで読者様に500ポイントを還元。
下記のURLへアクセスして会員ID、このメールマガジンを登録しているメール
アドレス、今月のアクセスキーを記入してエントリーするだけ。毎月忘れずにエ
ントリーすれば実質340円でメールマガジンが読めるお得なサービスです。

【今月のアクセスキー】*************

↓↓↓エントリーはこちらから↓↓↓
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
http://rugbygoods.com******************
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

※ポイントはエントリー月の翌月15日までに加算いたします。

※記事は本誌でのお楽しみに

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【NZラグビー通信 プレミアグレード】

発行者:NEW ZEALAND RUGBY ONLINE
発行日:毎月5日、15日、25日

【本店】http://www.rugbygoods.com/
【Yahoo!ショッピング店】http://store.yahoo.co.jp/rugby/
【NEW ZEALAND RUGBY ONLINE 東京店】東京都台東区柳橋1-13-5-4F
(JR浅草橋駅向かい側、カツ丼チェーン店の入っているビル4階)
http://www.rugbygoods.com/infomation/tokyomap.html#info13

 Copyright (C) 2012 M&Y PLANNING SERVICES Co., Ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ID: 0001558451

NZラグビー通信 プレミアグレード

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
¥864(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2016/03/25 NZラグビー通信 プレミアグレード No.131
2016/03/15 NZラグビー通信 プレミアグレード No.130
2016/03/05 NZラグビー通信 プレミアグレード No.129
2016/02/25 NZラグビー通信 プレミアグレード No.128
2016/02/15 NZラグビー通信 プレミアグレード No.127
さらに以前のバックナンバー一覧