Mini花の心に届く花の言葉

  • ¥0

    無料

著者サイト

フラワーアレンジメントやフラワーエッセンスなど花の力で毎日を快適にすごす方法をご紹介します。 花は本当はいつも語りかけてくれています。そんな花の言葉をみなさんにわかりやすく伝えるメルマガです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

こんにちは!ここ足立区興野は今日は店の前にレジャーシートをひいて日向ぼっこしたくなるような天気です。
それでも朝晩がまだ肌寒かったり温度変化についていけず体調をくずしてしまうかたも少なくないと思います。
私はスギ花粉よりそのあとのヒノキだかブタクサだかの花粉で顔がぐちゃぐちゃです。

さてもうすぐ母の日ですね。今年は5月第二日曜5月14日が母の日です。
皆さんは母の日ができた由来をご存知ですか?

実は20世紀初頭のアメリカで生まれたものだそうです。
きっかけは、当時フィラデルフィアに住むアンナ・ジャービスという女性です。
彼女の母親は南北戦争中兵士たちを救援・看護し続けた人でしたが、1905年5月になくなりました。
アンナは亡き母をしのび、世の母親に感謝を表す記念日づくりを思いたちました。
周囲の力もあり1908年5月10日、アンナの母が長年教鞭をとっていたウェストバージニア州グラフトンの教会で
「母の日」を祝う会が催され、アンナは母が好きだった白いカーネーションの花を祭壇に捧げ、
出席者にも白いカーネーションをくばりました。。

亡き母を偲ぶ心から始まった「母の日」の輪は、やがて米国全土に広がり、
ついには1914年、ウィルソン政権下の連邦議会で5月の第2日曜日を「母の日」と定める法律が可決され、
翌1915年の施行によって初めて国家規模で認められた「母親のための記念日」となりました。
同年、日本でも青山学院大学のアレクサンダー教授によって
初めて「母の日」を祝う行事が紹介されたと伝えられますが
一般には戦後の1947年、米国に倣って5月の第2日曜日を「母の日」と制定されたと言われ、
以来、全国的な行事として知られるようになりました

当初は母親が健在な人は赤いカーネーションを、
母親が故人である人は白いカーネーションを自分の胸に飾っていました。
それが、やがて母親本人にカーネーションを贈る習慣へと変化していったのです。

お母さまがなくなってしまったから私には母の日は関係ないと思うかたもいると思いますが
実は母の日はなくなったお母さまにお花を手向けるほうがはじまりなのです。

そして今「母の日参り」の習慣を広める動きがあります。
今年になって母の日参りのCMも目立ってきました。
日本香堂のCMです。ビジネス的にお線香を売る会社としていいところきたなあと思いましたが
この一本の赤い糸を動かせてつくった動画をみて私涙がでました。
https://www.youtube.com/watch?v=GtPPvrvedfo&feature=youtu.be

私の母は健在ですが少しずつ少しずつ関係が変わってきています。
もちろん全く変わらない部分もあります。
お客様でも親子で来るかたもいますのでその面白いやりとり。
70過ぎの方でこの店にきて亡くなった自分のお母さんがどんな方かたくさん聞かせてくださる方。
それぞれの関係性はありますがおおよその母と子の関係をこの動画すごくよく表しています。
よかったらお時間のある時にでもごらんください。

「時間」というお皿の上で繰り広げられる母と子の壮大なドラマ。
優しさや感謝だけでなく時に憎しみ・恨みのような感情を持たざるおえないこともあるでしょう。
しかしお互いの誕生と死、そして死さえもこえそこに現れるものはなんでしょう。
目の前に見える(見えた)現実ドラマのセリフにまどわされることなくしっかり見たいと思います。

では珍しく宣伝です。
お母さまが健在の方も亡くなられた方もお花を贈りたいと思ったときは
ぜひフラワーショップMini花をご利用ください。
フラワーアレンジメント・プリザーブドフラワー・鉢物取り扱っています。
仏壇用のプリザーブドフラワーの写真はLINE@やホームページにのせますので
そちらもごらんください。
なお送料は一律1080円で全国に発送いたします。
詳しくはメール・LINE@のトーク・ホームページからお気軽にお問い合わせください。

[LINE@友達追加]
https://line.me/R/ti/p/%40agr9779k
[ご注文]
       https://minika.jimdo.com/ご注文フォーム/
       
[メルマガの感想・お問い合わせは]
mini87@only.ne.jp
[ H P ] Mini花のあなたに贈る花の力
     http://minika.jimdo.com/
[ブログ] Mini花の花の声が聞きたくて☆
     http://ameblo.jp/miniminika/
[店舗] フラワーショップ Mini花
    足立区興野1-11-3
    0358885080
    
Mini花の心に届く花の言葉
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001573430.html
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
Mini花の心に届く花の言葉
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年04月24日
 
発行部数
52部
メルマガID
0001573430
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ