差がつく!市役所面接試験対策

  • ¥0

    無料

市役所で10年間勤務した知識や経験をもって面接試験に臨みたいと思いませんか? 市役所職員採用試験の面接試験合格に向けて、市役所内部を知る立場から、他の受験生が知らない知識や情報を提供しながら、他の受験生に「差」をつけて勝つために、実務上からの多角的で深みのある考え方を提示していきます。 問題演習の形式で、スキマ時間に「差がつく」面接対策しちゃいましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
差がつく!市役所面接試験対策
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年02月19日
 
発行部数
497部
メルマガID
0001576409
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 就職 > 面接・自己分析

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□□□□□□□□□□

差がつく!
市役所面接試験対策
H30. 2.19
   ◇第282号◇
上司より部下・後輩

□□□□□□□□□□

こんにちは。
市民に役立つ仕事をする人材を市役所職員に送り出すメルマガ「差がつく!市役所面接試験対策」です。

今月は、合格・内定者を対象に、最初からスーパー職員として同期に差をつけて突っ走れるよう、ヒントをご提供したいと思います。
もちろん、これから受験しようとされる方にも、面接官に対し即戦力アピールにつながる内容であることは、言うまでもありません。

----------

メンター「スーパー市役所職員としていいスタートを切るためのヒントを、極意というカタチでご紹介しています。」

「極意とかエラそうに言ってますけど、ホントにこんなんで、スーパー職員として上から一目置かれる存在になれるんすかね?」

メンター「ところであなた、なんでスーパー職員になりたいんですか?」

「えっ、何を今さら。あなたがスーパー職員を目指せって言うから。いきなりハシゴ外さないでくださいよ。」

メンター「前回の極意をお教えしても、まだ人から言われたことを鵜呑みにするんですか?」

「や、そうじゃないですけど、自分でさんざん『スーパー職員』って吠えておいて。講座でもメルマガでも、スーパー職員として評価されると、仕事がやりやすいってあれだけしつこく繰り返してたじゃないですか?」

メンター「誰があなたを『スーパー職員』と評価するんですか?」

「それは、これも講座やメルマガで言われているとおり、顧客=面接官=上司っている図式ですよね?」

メンター「確かに、あなたを採用するのは、市役所や市民を代表して面接官が判断し、その面接官は4月からはあなたの上司になる、ということですが、上司に対してだけアピールすればいいんでしたっけ?」

「『Win-Win-Win』だから、市民からも役に立つと評価されないとダメでしたね。」

メンター「そうですね。むしろ、市民の方を重視すべきです。」

「そりゃそうでした。市民のための公務員でした。」

メンター「そう言っちゃうと、なんか台無しな感じがします。面接の場の紋切り型じゃないんだし。市長からお褒めの言葉をいただくのと、市民からお褒めの言葉をいただくの、どっちが嬉しいかってことです。」

「正直、市長かな。」

メンター「正直でよろしい。ホンネはそうでしょう。しかし、仕事の上では、市長に褒められるよりも市民に褒められることを優先しなさいってことです。」

「講座の中でいっていた、ヒエラルキーに囚われるなってことですか?」

メンター「そうです。よく覚えていました。外では上を向いて歩けばいいですけど、役所の中では上を向いて仕事をしてはいかんのです。」

「出世したい気持ちを抑えなければいけないんですか?」

メンター「違います。出世したいなら、上ばかり向いてちゃダメってことです。」

「ちゃんと市民の方を向けと。」

メンター「違います。市民は下ではありません。」

「揚げ足取りですねえ。ちゃんとわかってますよ。まず市民ファースト。その次が市長。」

メンター「確かに、市長の方針や重点施策を理解しておくことは重要です。でも気持ちは、まず自分の部署の自分の仕事を固めること。」

「そうですね。1年目はまず足元ですね。2年目、3年目と、少しずつ上というか大きいことにチャレンジしていく感じですかね。」

メンター「自分自身の仕事の守備範囲を深めて広げるという意味ではそうです。しかし、上を意識するは逆です。むしろ下を意識してください。」

「下?」

メンター「1年目は周りがみんな上司か先輩ですから、上を意識するしかないんですが、2年目以降、後輩や部下ができたら、むしろ甲は後輩や部下に気に入られるよう意識してください。」

「えっ、上司よりも部下、先輩よりも後輩、ですか?」

メンター「そうです。そのとおりです。上にはヘコヘコ、部下や後輩には『上から』な職員に、スーパー職員はいません。部下や後輩を守って頼られ、はじめてスーパー職員です。」

「上司によく思われなくてもいいんですか?」

メンター「逆に部下や後輩から疎んじられてる人物を、上が良く思いますか?部下や後輩に頼りにされるというのは、これすなわち、上司としての必須の条件じゃないですかね。」

「なるほど。上にばっかりいい顔してる職員よりも、部下や後輩から頼られている方が、評価されるってわけですね。」

----------
差がつく!
市役所面接試験対策
Copyright@2012-2018 採用前市役所職員研修センター(株)大谷場教育研究所 All Rights Reserved.
本メルマガの内容は発行人の個人的な見解であり、試験の結果には一切の責任を負いません。
■メルマガ発行システム「まぐまぐ!」
http://www.mag2.com/
■このメルマガはの登録・解除は
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
■採用前市役所職員研修センター公式サイト
http://pre.siyakusyo.net/
■採用前市役所職員研修センターFacebookページ
https://facebook.com/siyakusyo/
■差がつく!市役所面接試験対策公式サイト
http://siyakusyo.net/
■ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://ameblo.jp/super-siyakusyo/
■お問い合わせ
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため"@"の前にワンスペースあけていますが、実際はスペースをつめて入力ください)
----------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ