漢方でHappy Life

  • ¥0

    無料

いつまでも健康で美しくありたいと思うのは、人として変わらぬ願いです。幸せで豊かな生活を送るためにも心と体のケアはとても大切です。何か特別な事をしなくても、ほんの些細なきっかで生活が大きく変わります。このメルマガで東洋医学の視点から、幸せなヒントを掴んでください。

   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
漢方でHappy Life
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2013年05月19日
 
発行部数
9部
メルマガID
0001576645
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 東洋医学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
      ☆漢方でHappy Life☆  2013年 5月 19日
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
薬剤師の加藤です。
このメルマガは、まぐまぐに登録していただいている方へお送りしています。
この場をお借りしまして、ご登録いただきましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ・ニュース………………… 梅雨
 ・特集…………………………………丹田呼吸法 
 ・編集後記 


■ ニ ュ ー ス ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

沖縄は梅雨に入り、連日のように雨・・・
今日も、日曜日だというのに雨・・・

こう毎日雨だとテンションが下がってしまいますね。

梅雨の時期は、水分代謝が悪くなりやすいです。

湿度が高くジメジメしているため、汗として発散しにくくなり、
体に水を貯めやすくなります。

また、冷たい物を食べ過ぎて胃腸を冷やすことも水分代謝を
低下させてしまいます。

水分代謝が低下すると、余計な水分が溜まり、
体がだるい、食欲がない、めまい、頭痛、吐き気などの症状が出やすくなります。

また、体に溜まった水が鼻に影響すると鼻炎になったり、
肺に影響すると喘息、気管支炎になったりします。

ですから、梅雨の時期は、水はけをよくするような食べ物を積極的に
食べたほうがいいです。

沖縄のように、高温多湿では、冷やしながら水はけを良くする
ウリ科の食べ物・・・
つまり、ニガウリ(ゴーヤー)、キューリ、ヘチマ、瓜、トウガンなどがいいですね。

沖縄以外の地域で、それほど気温が高くない場所なら、
温めながら水はけを良くする生姜、ネギ、らっきょう、紫蘇などを食べるといいですね。

もちろん、梅雨の時期は、胃腸の低下を引き起こしやすので、
冷たい物、甘いもの、脂っこいものの摂りすぎは控えた方がいいですね。

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

前回は、呼吸の重要性について書きました。

呼吸の字が意味するように、
呼吸はまず「吐く」ことからはじまります。

しかし、

いきなり沢山の空気を吐こうとしても、簡単にはできません・・・

上手に吐くには、細く長く息を吐くことが大切です。

1回あたりの吐く量を多くしようとしないで、
少量ずつ、
時間をかけて
吐くようにすると、
自然に深く吐くことができます。

そこで、お薦めの呼吸法があります。


それが、


「丹田(たんでん)呼吸法」


です。


丹田とは、ヘソの下3cmくらいの下腹部で、
別名気海丹田(きかいたんでん)と言われ、
体の気の集まるところ、
元気の源が丹田です。


この丹田を意識して行う呼吸が
丹田呼吸になります。


色々なストレスで頭がいっぱいになってしまうと、
気の流れが悪くなり、上半身で停滞してしまいます。

そこで、

丹田を意識することで、頭で停滞した気を下におろして、
気の流れをよくしてあげるのです。

西洋文化では、脳を体の中心として考えますが、
東洋文化では腹=丹田を中心とした文化です。

腹が立つ、腹黒い、腹がすわる・・・
など、よく聞いたり話したりしますよね。

これは、昔から日本人は、
感情や思考は腹で行っていると考えていたからです。


余談になりますが、


西洋は、自殺をするとき銃をどこに向けますか?

「頭」ですよね・・・

では、日本人は?

侍の時代は・・・「切腹」ですよね。

このように見ても、
いかに、日本人は「腹」を大切に考えていたかがわかると思います。



少し脱線しましたが・・・



丹田呼吸ですが、
これは腹筋と横隔膜を使った深い呼吸で、
基本は腹式呼吸です。


ただし、


腹式呼吸は息を吐ききるとおなかがへこみ、
息を吸ったときにおなかが膨らみますが、
丹田呼吸では意識を丹田に集中しているため、腹はさほどへこみません。

丹田(へその下約3cm辺りの下腹部)に意識を集中させ、
ゆっくりと長く息を吐ききってください。

息を長く吐くことで副交換神経が優位になって気持ちが落ち着きます。

この呼吸法は坐禅の呼吸法です。

丹田呼吸法は、必ず座って行わなくても大丈夫です。

仕事の休憩時間に椅子に座ったまま、
または、歩きながら、横になりながらでも丹田呼吸はできます。

心と体のバランスを調えるためにも、
丹田(たんでん)呼吸を毎日の生活に取り入れてみてくださいね。


■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

今回はいかがでしたでしょうか?

呼吸法はとても大切です。

なにげなく、毎日行っている呼吸が、
美容と健康の大きな鍵を握っています。

丹田呼吸は、ぜひ毎日行ってください。

丹田を意識しながら、長く吐く呼吸を行うだけで、
気の巡りがよくなり、リラックスできます。

それでは、また次回のメルマガも楽しみにしてくださいね。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
発行者情報
加藤 悟
連絡先:katohsatoru@gmail.com
フェイスブック:http://www.facebook.com/katohsatoru
Fc2:http://lifestyle3106.blog.fc2.com/
アメブロ:http://ameblo.jp/sk-3106/
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ