笠雄二郎
ID: 0001578581

テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ

笠雄二郎
¥4,320(税込)/月 初月無料!
毎週 日・火・木曜日(年末年始を除く)
PC・携帯向け/テキスト形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001578581

テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

90年のバブル大崩壊も大天井の2日後に売り
日本でただ一人儲かった私が
(証拠はホームページに掲載)
株式相場に不可欠なテクニカル・チャートの
トレンドをお伝えします

中国大相場の07年のペトロチャイナも高値の1日違いで買値の10倍以上で利食い。一部実戦記もHPに残っています

独自にカスタマイズした、欧米のトレーダー好みの、5種類のテクニカル・チャートを組み合わせ、
日経平均の天底やトレンドをズバリ判断。
個別株は業績相場の時だけ。

火木日発行です。
発刊以来、相場の上げ下げをほとんど的中させています。

著者プロフィール

笠雄二郎

小学校6年に初めて株を買いました。
1984年から本格的に投資を始め30数年で、

株でやられたのは1987年のブラック・マンデーの年だけです。
ほかに、ゴールドなど商品相場は苦手で、やられましたが、
ブラック・マンデーの教訓を生かして、テクニカルの研究に没頭・邁進してきました。

1989年にUNIXのコンピューターでテクニカルの研究の第一段階を完成させました。

儲かってない人の言うことと、
チャート法でも独自の工夫・改良もできない人の言うことは、
聞かないほうがいいと思います。

一目均衡表のような、どうにでも解釈できるものは、絶対に使いません。
その点は欧米のヘッジファンド・マネジャーと同じ姿勢です。

一生かけてでも、年金替わりになる相場のスキルを磨いてください。

サンプル号



────────────────────
テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ 2015/11/29
────────────────────
vol.0512

1990年代の世紀の大暴落でも儲かった私が、
テクニカル・チャートのメルマガ発行日時点での現状を、お伝えし
ます。
ウリカイの指示は書かないこともあります。
相場の対処や結果は、自己責任でお願いします。相場の基本的なこ
とはブログでご返事しますが、個々の相場の質問には、お答えでき
ません。

● 月火で相場は一休みかどうか決まりそう

  タイトルの上の文章と、ブログは必ずお読みください。
  相場にムリはなさらないでください。
  相場は臆病者が勝つ世界です。勇敢なだけの人は負けます。
  http://blog.goo.ne.jp/3chart
----------------------------------------

やはり、重いですね。相場は継続して上に行きたがっているけど重
いです。現物225は木曜が19992円、金曜が19994円ま
で。先物は20010円まで。

タッチして終わりという読みどおりの展開です。だから、どこで降
りるかは、その人の性格にもよるし、情勢にもよりますので、一概
に書くことはできません。

http://www.mag2.com/p/news/126534
海外でアベノミクス終焉論が出ているのは、以前からちらほらあり
ましたが、アベノミクスの知的論拠であるノーベル賞受賞者クルー
グマンが、10月20日のニューヨークタイムズに敗北宣言コラム
を書いて、決定的になったようです。

私は当初からあり得ない話だと言い続けてきましたが、お札をジャ
ブジャブ刷って、行き場がないから経済は良くならないけど株だけ
騰がるというのは、否定はできない事実なので、追認も否定もでき
ず困っていました。でも、大物のクルーグマンが敗北宣言したのだ
から、どうやら、欧米の投資家は酔いが覚めたかもしれません。

週足が確定したので復習しておきます。
チャートAの日足短期線は金曜は反転下落です。引けが悪かったか
らです。でも、大した下落ではないです。中期線はずっと横ばいで
す。
週足は、短期線も中期線も続伸です。

チャートBは買いトレンドが消えて、途中で揉み合っています。や
はり、テロ以来、ちょっとイレギュラーになっていて信用できませ
ん。

チャートCは揉み合いです。
チャートDは底値確定のままです。
チャートEは新しい奴ですが、ピークを越えたかもしれないと言っ
ています。わずかですが。萌芽は萌芽なので無視はできません。

総合すると、
チャートAは、短期戦の角度が鈍化も、まあ同じ。 
            →日足短期線が反転下落。
チャートBは、買いトレンド消滅。   →同じ。
チャートCは、普通に揉み合い。    →同じく揉み合い。
チャートDは、超長期の底打ちサイン出ました。  →同じ。
チャートEは、そろそろ天井近し。   →天井過ぎたか?

とううことで、短期的な動きをするAの日足短期線は一時的な下
落の可能性を言っています。ただし、ここで横へ行けば、上の横
ばいですので強いです。ですから、週明け月曜に上げるか下げる
かは影響が大きいです。

B、C、Dはあまり変化はないです。Eはそろそろ逃げたほうが
良いということです。ですので、金曜の20000円タッチが逃
げのチャンスだったかもしれません。

私は前回号で書いたように、木曜に2万円に3回タッチしにいっ
て売り逃げました。金曜は新たな買いも売りもせず、見ていまし
た。木曜と金曜午前が最高の逃げ場だったようですね。

週明けに225が強くてAの日足短期線が横へ行けば、まだ、日銀
の努力で日経平均ETFを買い続けるから、上への挑戦は続くでし
ょう。225が弱いと、ちょっと、19800円あたりにシコリが
できて、また戻り売り要因になります。日銀の敵も増えます。

週明け月火で決まりそうです。月火で相場は一休みかどうか決ま
りそうです。もちろん、その決定のまた延長戦もあり得ますが。

ひょっとすると、外国人が冷めていて、20000円近くで売っ
ているのかもしれません。彼らは現物で売らずに先物やオプショ
ンを絡ませるので、なかなか手口はばれません。アベノミクスか
ら逃げるなら売っている可能性は否定できませんね。

ともかく、そういうクルーグマンの話を見つけたので、2万円台
固めをしないと、次の買いはできませんね。前からそう言ってい
ますが、これで相場の流れと、アベノミクスの評価と、上値の重
さが、話として合致しますね。上へ行くには台固めの確認、下へ
行くにはスルスル下げ始めたらアベノミクス終焉ということです
か。今までは上方向の方針は書いてきましたが、これで下方向も
読めてきて、上方と下方と、両方の方針が決まりました。揉み合
いなら、短期戦やりながら傍観です。

チャートDが底値確認しているので、一気の急落はないでしょう。
重い重いと言いながらジリ下がりならあり得るかと。上に行くなら、
ほんとうに2万円台固めの確認してからという姿勢が必要ですね。

NYは揉み合いでした。トルコ情勢は、アメリカが中立と言って
いるから、大きな拡大にはならないでしょう。先週のNYは毎日
揉み合いでした。円ドルも揉み合いでした。材料難ですねえ。ト
ルコの戦線拡大はないでしょう。爆撃したり下から撃ったりでし
ょう。

イメージングは大事です。自信を養成しないと、ドシンと落ち着
きません。落ち着かないと判断を誤ります。ピーター・リンチと
かの本を読んだら、その人になり切ってください。歩くときもお
茶を飲むときも、名刺交換で、「ピーター・リンチです」と言い
間違えるくらいでいいです。人間は、なり切ったものになるので
す。私はピーター・リンチだから、なぜか巧くいくと思い込んで
ください。失敗するんじゃないかと思っていると失敗します。

------------------------------------------------------
●「ブログ」に書くときの、今回の暗号
カイ:京都
中立:名古屋
売り:東京
(2015/11/29, 11:00)
───────────────
発行者 ・・・ 笠 雄二郎
http://blog.goo.ne.jp/3chart
http://potofoo.jp/serabi#serabi
※ 無断転載、複写、著作権侵害は法により禁止されています。
───────────────



ID: 0001578581

テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ

笠雄二郎
¥4,320(税込)/月 初月無料!
毎週 日・火・木曜日(年末年始を除く) 今月10/13回(最終 2017/05/23)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2017/04/30 テクニカル・チャート 2017/04/30
2017/04/27 テクニカル・チャート 2017/04/27
2017/04/25 テクニカル・チャート 2017/04/23
2017/04/23 テクニカル・チャート 2017/04/23
2017/04/20 テクニカル・チャート 2017/04/20
さらに以前のバックナンバー一覧