臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)

  • ¥0

    無料

臨床催眠療法で博士号を持つ日本では数少ない臨床催眠療法家が誤解されやすい催眠療法、ヒプノセラピーの真実を語ります。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年05月20日
 
発行部数
21部
メルマガID
0001583122
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

~臨床催眠療法博士が語る~

催眠療法(ヒプノセラピー)

――――――――――――――――――――――――――― 第1号(創刊号)

はじめまして、発行人の臨床催眠療法博士です。
これからメルマガを発行することにしました。

私は2000年11月に催眠療法界の重鎮クラズナー博士設立の大学・大学院、
American Institute of Hypnotherapy の博士課程を修了し、
Doctor of Clinical Hypnotherapy (臨床催眠療法博士)という
博士号を取得した日本の数少ない催眠療法家です。

さて、催眠療法というものは一般に誤解されやすい高度な療法です。
また同時に、知ったかぶりの何もしらない見掛け倒しの素人でも、
それらしいことをいかにももっともらしく語れる事案でもあります。

そうした催眠療法を一つ一つ、ほぼ週に一度、分り易く簡明に、
長文にならないように、時間をかけないですぐ読めるように
配信することにしました。
配信間隔は狭くなったり広くなったり変動するかもしれませんが
ご了承願います。

また、途中から購読される方のためにも、復習のためにも、
時折、以前の内容を振り返ることもあるでしょう。

また、私のホームページ上には今後、
バックナンバーを見れるように整えます。
http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



さて、まず最も基本的なことからお話します。
催眠に入ると意識を失うのだと心配されてる方がいます。
あるいは眠ってるのと変わらないので心配だと。
そして何も分らない状態だから何されるかわからない、と。


実のところ、催眠状態というのは意識はきちんとある状態です。
何かの数値等で決められる状態ではありませんので、
実際上、明確な定義というものはありませんが、
意識がない状態では決してありません。

もし、気絶していたとするなら、それは気絶であって、
催眠ではないものを取り違えていたことになります。

もし、眠っている状態でしたら、あなたは毎朝目覚めた時に、
催眠にかかっていたという認識があるはずですよね?

実は、意識は催眠中でも鮮明なものなのです。
ですので、あなたは催眠中、普段と何ら変わりなく、
周囲のすべてを普通に認識することができます。

それは意識ですが、一方、体の状態は、というと、
催眠療法で用いる催眠状態では眠っている状態と
ほとんど変わりはありません。

これは体の状態です。

この違い、分かりますね?

大切なのでもう一度言います。

(催眠療法で用いる)催眠状態では、
体はリラックスしていて眠っている状態と言えますが、
一方、意識は、普段とは変わりなく、鮮明にあります。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:URL未定
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ