しあわせに生きるための「トラウマ心理学」

  • ¥0

    無料

長年の心理療法の現場での体験で、たくさんのクライアントさんが目の前で見せてくれた心の奥底の流れと私自身が直視した自分の心の奥底の流れ・・・。 その経験から独自にはっきりとわかった心の法則があります。それがわかってくると、本来の純粋なありのままの自分に戻って、自分らしい自分が望む人生を生きることができるようになります。 また、人間は肉体のみで生きるものではなく、「心」、「体」、「魂」として存在するものです。 この人間の統合的、多元的な存在としての部分にも焦点を当てて、『しあわせに生きるための「トラウマ心理学」』としてお伝えさせていただきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
しあわせに生きるための「トラウマ心理学」
発行周期
不定期
最終発行日
2017年10月27日
 
発行部数
113部
メルマガID
0001589610
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

しあわせに生きるための「トラウマ心理学」

★☆━━━━━━ 2017年10月27日 第13号

こんにちは。心理セラピストの大賀康弘です。

『しあわせに生きるための「トラウマ心理学」』第13号を配信させていただきます。

一人でも多くの人がありのままの自分らしくしあわせに生きられるようになることが、
世の中が平和になっていく一番の近道にもなります。

このメルマガが、ほんの少しのきっかけにでもなれればいいなあと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のテーマ『天のエネルギーとつながる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のメルマガは、もしかして宗教的に捉えられてしまうかもしれない内容ですので、最
初にお伝えしておきたいことがあります。私はどの宗教にも宗教的な組織にも関係してお
りません。ここに書いている内容は(今までも同じですが)、あくまで私が個人的に自分の
直感と感覚で感じたことを率直に書いているだけです。


今まで、何人もの本を出版されている方や講演会やセミナーを数多くされているある程度
名が通っている方にお会いさせて頂いてきました。その私自身の経験でいいますと、本を
読んでよかったと感じた人ほど、なぜかお目にかかって、その人柄やエネルギーを感じて
みると本の印象とは違う人が多かったです。

ある人は、生き方に関する本がベストセラーで、現職の肩書きも大変立派で、名前も通っ
ていてたくさん著書を出されている方でした。お目にかかると人柄は誠実で一生懸命な好
感の持てる方で、後ろにおられる守護霊さん(突然の流れでゴメンナサイf(^_^;))からも
「みんなをよりよくしよう!!」というよい思いが強く伝わってきました。

しかし、それが「これこそが善だ!」という感じのすごく強制的なエネルギーでしたので、
思わず、「人間には自分で体験を選択する自由意志があるので、強制するのはやめてほし
い!」と心の中で思いました。この時に私に見えたイメージは、その人の守護霊さんから
天女の白い羽衣のようなやわらかい布がふわふわと幾重にもなって、会場の一番後ろまで
いってその場にいる全員を包んでいるものでした。よりよいものであり、やわらかく心地
のよいものでも、人の自由意志を阻害するものは押しつけでしかないということを学びま
した。

またある人は、自分が人体実験者になって超常的な現象を論理的に研究している人で、著
書からはよい研究者だなあと感じていましたが、お目にかかると、この人の奥からはもの
すごくにごった危ないものを感じました。

こんな感覚はこの時にしか感じたことがないのですが、その人のエネルギーを感じるとエ
ネルギー自体がずっと離れた他の空間、次元へとつながっていて、その次元にいる存在た
ちは魑魅魍魎という表現がピッタリな感じのとてもおどろおどろしい存在で、私が気づい
たことを察知して「見たな~!!」という感じで私の方へ来ようとしました。ビックリして
すぐに感じている感覚を遮断し閉じると、こちらには来なくて安堵したことを覚えています。

世界は目に見えるものだけでなく、見えないほんとうに様々な存在や次元へとつながって
いることに気づかされた出来事でした。このように、その人に直接お目にかかかることで
感じた経験は色々ありました。

その中で逆に、この人は本物だなと強く感じた人は今までに二人おられます。

お二人とも私が心理の仕事を始める前、25年ほど前の同じ頃に存じ上げた方でした。な
ぜか面白いことに、お二人ともに今年はじめてお目にかかりました。

お一人は、姫乃宮亜美(ひめのみやあみ)さんといわれる方です。

セミナーに参加させて頂いて伝わってきたエネルギーは、ものすごくやわらかく、同時に
強く、「愛」のエネルギーが届きました。まったく強制的な感じはなく、人々をありのまま
誠実に愛する無条件の愛のエネルギーでした。姫乃宮さんは「聖母意識」と表現されていま
すが、天、高次のエネルギーとしっかりとつながられているとても素晴らしい方でした。

ネットでは『姫乃宮亜美公式サイト グレースファウンテン』というサイトを開かれてい
ます。毎日更新されているエッセイが無料で読めます。エネルギーが乗った毎回素晴らし
い内容です。ご興味がある方はご覧下さいませ。

もうお一人は、立花大敬(たちばなだいけい)さんという方です。

この方は、最初講演テープを知人からもらい聞いていると、何と力の抜けた我欲のまった
くない人だろうと驚きました。著書も何冊も買って読みましたが、本からはやわらかい、
やさしいエネルギーが伝わって来ました。講演会に参加させて頂いて直接伝わってきたエ
ネルギーは、男性ですがやはりやわらかい、やさしいエネルギーでした。

立花さんは、有名進学校の教員をされていましたが、教員になる前は定職に就かず禅の修
行をされていて、42才の時に行き詰まり、伊勢神宮で「私はこれから自分のために生き
ることをやめます。何か、どんなに小さなことでも構いませんから、神様のためになるよ
うな役割をお与え下さい。もし、"お前には神のための役割など果たせないよ"とおっしゃ
るなら、わたしはもう生きている意味がないので、すぐにでも命を取り去って下さい」と
お祈りした途端、天と地を結ぶエネルギーが出現して、自分がその中にいるという不思議
な体験をされてから生きづらさが一気に消えて、大変難解な禅の本もスラスラと内容がわ
かるようになったそうです。

今年、この立花さんが『開運!まいにち神様』という本を出されました。古くから伝えら
れている祝詞(のりと)の大祓詞(おおはらえのことば)についての本でした。すぐに読んで
みて、私は祝詞も神道(しんとう)にも余り興味がありませんでしたが、あの立花さんが勧
められているので声に出して唱えてみました。すると、なんだか心地のいい感じがしまし
た。私の場合、数日唱えていると、なんだかわかりませんが確かにエネルギーが上がって
来ていい感覚になりました。この感じは自分の心がよろこんでいる時の感覚でもあります。

古くから伝わる祝詞はいくつか存在するようですが、毎日神社で唱えられている祝詞は大
祓詞だけで、天皇が儀式の時にあげるのもこの祝詞だそうです。

これは人間の罪、穢れ(けがれ)を払うための祝詞ですが、私はトラウマも罪、穢れだと感
じています。トラウマ的捉え方では、罪は「自分が悪い」という自分で持った罪悪感ですし、
穢れ(=氣枯れ)はそのため「自分を愛せない」ことからの生命力、エネルギーの低下だと感
じています。

実は私たちの魂は、この罪、穢れさえも味わって体験しようとこの地上に降りてきたので
すが、そこにはまり込んでしまって抜け出しにくくなってしまったのだと感じています。

このメルマガや私のブログにもよく書いていますが、今地球の波動がより軽やかなものへ
と急激に変わろうとしています。ですから、人間が早く罪、穢れやトラウマや囚われから
抜けて、自分から軽やかになることを望む人(自由意志で望まない方もおられます)は、ど
んどんと軽くなっていった方がいい時が来ました。

ただ、人それぞれに思想、感覚、感性または地球での体験項目が違いますので、それぞれ
の人に対応するために、軽やかになるための様々な方法が世に存在しています。しかし、
それでも軽やかになっていくスピードが遅いので、どうも天(大いなるエネルギー、大自
然のエネルギー、宇宙エネルギー)がいよいよ動き出して、人々がより早く軽やかさを取
り戻すためのサポートをはじめたように祝詞を唱えていている時に感じました。

元々我々は天と一体(天の一部)でありましたが、様々な体験をするためにそこから分離し
てきたと感じています。これは立花さんも同じことをおっしゃっています。

ですので、天は我々の魂の親だといえます。今、この魂の親が「いつもどんな時もすべて
を愛しているよ」と、我々にさらに強く、無条件の愛を送ってくれています。しかし、こ
の世には自由意志がありますので、天は強制的につながらせようとはしないのです。

よりつながりたい人は、まずは、ただつながりたいという思いを持つといいと思います。
そして、行動したいと感じるなら、大祓詞を唱えてもいいですし、神社に参るのもいいで
すし、ただ心の中で天に向かって「よろしくお願いします」と伝えるだけでもいいと思います。

大切なことは、やってみたいと感じる方法、あるいはやってみるとうれしい、心地いいと
感じた方法をとればいいのです。もう時代が変わったので、例え、苦しみから逃れるため
にはじめたことだとしても、それが心から楽しくよろこびを感じられることなら、それを
行うことで人生はよりよい方向に向かうようになりました(^_^)

とにかく、よろこんだもん勝ち、みたいな流れになってきた感じがします。でもそれは、
「心の奥から純粋に感じるよろこび」という限定が付いていますが・・・。

土に足を着けて、アーシングして大地、地球とつながり、やりたいやり方で天とつながり、
そして天と地の間で、自分が心から楽しくよろこびを感じられることを自分のために行っ
ていると、どんどんとよりよい流れに乗っていけます。

自分のためにと自分を心地よくすることに意識が向かない、それを自分に許せない、ある
いはその方法がまったくわからないという方は、自分が受けたいと思うセラピーで、まず
自分を癒して下さい。

どうも、時代は少し急いでいるように感じます。あせらず、一人一人がしたいと思うやり
方でどんどんと軽やかになっていきましょう!!

あなたのおしあわせをお祈りいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天とつながろうとした時、あるいは神社に行った時などに大切なことは、「すがる」のでは
なく「つながる」を意識することだと思います。「心地よい、楽しい、よろこぶ」という感覚
は、「すがる」からは出て来にくくて、「つながる」からは出てくる感じがしますよね。

「すがる」は不安、怖れ、愛されたい(満たされたい)から出るものだと思います。多くの人
は、本物と感じる人や物を見つけた時には「すがる」という傾向が強いと思いますが、「す
がる」のではなく、その奥にあるものを感じてそれに「つながる」といいと思います。本物
の人でいうと、ただその人のそばに行って安心するために「すがる」のではなく、その人が
言われていることに「つながり」それを実行するということだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~*~お知らせ~*~
2018年度トラウマ統合療法セラピスト養成講座を開催します。
ご興味のある方は、以下のサイトをご覧下さいませ。
http://blog.goo.ne.jp/qx0210/e/f1d58489848dae01874461b60f7fec34
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★発行責任者
ホリスティック・セラピー研究所 大賀 康弘

★公式サイト http://holistic-ti.com/
★ブログ http://blog.goo.ne.jp/qx0210
★メール info@holistic-ti.com

★個人セッションをご希望の方は、
http://holistic-ti.com/annai.htm をご覧下さいませ。

★配信停止はこちらから
http://holistic-ti.com/merumaga.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ