名古屋TOEIC道場メルマガ

  • ¥0

    無料

著者サイト

名古屋英語特訓道場のメルマガです。990点満点講師が、TOEICの予想問題、TOEIC公開テストの難易度、TOEICの勉強法などをお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号


(このメルマガ内の広告はまぐまぐにより自動挿入されるもので、名古屋英語特訓道場とは一切関係ありません。)

読者の皆様

こんばんは。

--------------------------------------------------------------------------------------------
【7月28日~9月6日】海外の難民の若者に無償英語教育を行うため、

  日本では指導できません。受講希望の方はお早めに!
--------------------------------------------------------------------------------------------

今日5月21日は、愛知県名古屋市にある中京大学名古屋キャンパスで第220回TOEIC®公開テストを受験してきました。

さて、今回の試験の難易度は以下のように感じました。
(過去1年間のTOEIC®公開テスト対比)
Part1: 難
Part2: やや難
Part3: 普通
Part4: 普通
Part5: 普通
Part6: 普通
Part7: 普通
※今回何種類の問題が使われているかはわかりませんが、名古屋で受験された方は同じ問題にあたっていると思います。

Part1は、難しめでした。
正解の選択肢に難しい表現が入っていたわけではないのですが、間違いの選択肢が正解に近く紛らわしくつくられていたと思います。

Part2も、難しめでした。
市販の本によく書いてあるテクニック通りに解くと、間違う問題がありました。

Part3は、普通でした。
設問の順番と会話でヒントを言う順番が一致していない問題がありました。

Part4は、普通でした。
リスニングとしては難しめの単語が2つありました。
1つ目は解く上では関係ない単語でした。この単語は、日本で勉強していると、かなりレベルが高い人でも知らない可能性が高いと思います。逆に、海外によく行く人は、それほど英語レベルが高くなくても、よく触れる単語だと思います。ちなみに、過去に英検1級の語彙問題として出たことがあります。
もう1つの難しかった単語は、問題を解く上で必要だった表現です。この単語の1つ目の意味は知っている人がいるかもしれませんが、今回は2つ目の意味で使われていて、その意味を知っていたかどうかが鍵でした。

Part5は、普通でした。

Part6は、普通でした。
助動詞の使い方を聞いている問題がありました。TOEIC®TEST としてはかなり珍しいです。

Part7は、普通でした。
NOT 問題で、小文字で not と表記されている問題がありました。
また、Part 5 の正解がずばり書いてあった箇所がありました。
それから1か所、文法的に間違いの文が含まれている文章がありました。言いたいことは通じていて、問題を解く上でも関係ないのでいいと言えばいいのですが、文法的に厳密に言うと間違いです。私が添削すると、赤が入ります。

今日できた方もできなかった方もぜひぜひ英語の勉強を継続してくださいね!


--------------------------------------
990点満点講師を独り占め
名古屋英語特訓(旧名古屋TOEIC道場)
http://nagoya-eigotokkun.com/
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
名古屋TOEIC道場メルマガ
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年05月21日
 
発行部数
141部
メルマガID
0001594037
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > TOEIC/TOEFL

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ