MBA流 大人の学ぶ技術

  • ¥0

    無料

日本最大級の海外MBA統括責任者を務めた著者によるメルマガ。MBAのフレームワークや理論などを応用しながら、社会問題やニュースを分析。またフローパッド(FlowPAD)最新情報、オンラインコミュニティ運営のノウハウなども連載。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
MBA流 大人の学ぶ技術
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年12月28日
 
発行部数
99部
メルマガID
0001595308
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■大人の学ぶ技術 2017/12/28■□
   フローワン代表 若林計志 https://www.flow-one.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
フローワンの若林です。
本日仕事納めの読者の方も多いのではないでしょうか?

フローワンも一応本日仕事納めですが、年末年始も資料を作ったり、
ディスカッションシステム

「FlowPAD」 https://www.f-pad.com/

の公式リリースに向けて下準備をする予定です!

その上、本日スマートスピーカーの本命
「Amazon Echo Dot」が届いた(届いてしまった!)ので、
Google Home君の横に設置して、色々実験するつもりです。

年末年始は、スピーカー三昧になりそうな予感。

▼比べてわかった、Google HomeとAmazon Echoの大きな違い
https://qiita.com/monoqlo/items/6d1b628291a5e3c26c79


◆今号の内容◇
ーコラム「消費者の期待値を下げてがっかりさせない「キャラ戦略」」
ーコラム「ビットコインを巡る仮想通貨の未来」
ー気になるニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム「消費者の期待値を下げてがっかりさせない「キャラ戦略」」
 どらえもんとブレードランナーから考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、ソフトバンクのペッパー君が、ユーザーに飽きられて
首をうなだれている切ない姿をたまに見かけます。

マーケティング的に見れば、人の形をしている分だけ、

「人間と同じぐらい会話ができるんだろう」

という期待値を過剰に高めてしまったがために、そこまで実力が
ないことがわかって、みんな一気に冷めてしまったという状態です。

世界最先端のクラウドAIに繋がるGoogle HomeやAmazon Echo、
IBMのワトソンにしてもまだまだ

「自然に話せる」

には程遠いレベルにあります。

したがって、グーグルやアマゾンが、デバイスを人型に似せないで、
無機質な単なるスピーカーの形状にして発売したことは、

「消費者の期待値をそこまで上げない」

ことで「がっかり度」を大きくしないための戦略として
極めて正しいと思います。

一方、LINEのスマートスピーカー

「クローバフレンズ」が

LINEでオリジナルキャラ「ブラウン」「サリー」を
モチーフにして”可愛さ”を前面に出しているのは
かなり賢いと思います。

http://www.so-ra-no-i-ro.com/entry/clova-friends-news

なぜなら、喋りかけているAIが、かわいいクマさんや
アヒルさんだとわかれば、多少トンチンカンな返答を
してきても

「まあ、クマさんだからしょうがないよね」

と、なぜか笑って許せてしまうからです。

つまり、キャラによってユーザーの期待値を自然に
下げさせることが容易なのです。

______________________________________________________

□AIにキャラを持たせる工夫

もちろん、ペッパーもそこは十分意識して開発されており、
Google HomeやApple Siriが
比較的無感情・無機質な応対をするのに比べ、

ペッパーは「皮肉屋」のキャラを演じて
自虐ネタを言ったりします。

ペッパー開発者の林さんも、メディアのインタビューで

「キャラを持たせた方が、人間のリアクションを予想しやすく
 自然な会話に誘導しやすい」

と答えています。

ただ、やっぱり形状が人型である限りは、ユーザーの期待値を
下げるのに限界があるので、ペッパーのポジショニングには
難しさが付きまといます。

もちろんペッパーはクラウドAIと繋がっているので、
今後バックグランドのAIが賢くなれば、それなりに消費者の期待値に
近づいてくるはず。

そのスピードを上げられるかが、ペッパー君がスクラップ工場行きに
なるかどうかの運命を決めそうです。

______________________________________________________

□ドラえもんとブレードランナー

AIにキャラを持たせる試みは、マイクロソフトの「りんなちゃん」を
はじめ、各社が取り組み始めています。

りんな (人工知能)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%AA_(%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD)

またビデオゲームの「龍が如く」が、本物の俳優・女優をモチーフに
することで、完全な創作キャラよりもリアリティを出すのに
成功していることも、同じ線状にある話です。

▼そっくり!【龍が如く】の登場人物がモデルとなった芸能人に似すぎている
https://matome.naver.jp/odai/2142778015975507501

元をたどれば、ドラえもんでも鉄腕アトムでも、日本のロボットは
キャラを持っていたわけで、案外キャラ付きAIが本格的に社会に
浸透し始めると、最も早く普及するのは日本かもしれません。


AI=アンドロイド(レプリカントと呼ぶ)と人間の混じり合った
世界をいち早く予見し、生命モラルを含めた深遠な問題を描いたのが
1982年公開の映画『ブレードランナー』(原題:Blade Runner)です。

「ブレードランナー」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC


今年10月に公開された

「ブレードランナー 2049」
 http://www.bladerunner2049.jp/roadto2049/

は、人間の生命に関わるさらに踏み込んだ問題を提起していますが、


もともとレプリカントが「人間らしくなる=キャラを持つ」
ための工夫として考案されたのが、

「誰かの記憶を埋め込む」

いう手法でした。

ただ、レプリカント自身が自分の記憶が自分の経験したものなのか、
外から埋め込まれたものなのかわからないために、アイデンティティ
クライシスに陥り、人間と同じように、というより人間以上に
人間らしく苦悩します。

ただ「機械学習」が進むと、AIは本当に自律的に”学ぶ”ようになるため、
より人間的になり、人間が記憶を埋め込まなくてもアイデンティを
持つようになるかも知れません。

その時は、Googleは今のような単なるスマホOSではなく、
まさに本物そっくりの人型ロボット

「アンドロイド」

を発売することになるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム「ビットコインを巡る仮想通貨と未来の学び方」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前にコラムでビットコインについて書かせていただいた
のですが、仮想通貨とそれをベースで支える

「ブロックチェーン」

が来年本格的に様々な分野で存在感を高めそうです。

▼ソニー、教育データを“ブロックチェーン”で認証管理できるシステム
https://japan.cnet.com/article/35105571/

中央監視機構がなく、参加者が相互でデータを持ち合ってデータの
信頼性を担保するブロックチェーン技術は、Eコマースでも
AR、VRでも活用され、インターネット革命の本丸になる可能性が
かなり高そうです。

そのブロックチェーン技術で可能になった仮想通貨
「ビットコイン」も次々と改良版が出てきています。

仮想通貨取引会社大手のビットフライヤーにも、
取引できるコインとして、

ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム、ライトコイン、
MONAコインなどがずらっと並びます。

https://bitflyer.jp/ja-jp

ただどれかが勝者になるのか、それとも企業の
ICO(Initial Coin Offering)によって独自に発行された
仮想通貨(トークン)が主流になるのか現時点ではさっぱり分かりません。

ただし、この手のことは他人事で眺めていても頭に入らないので、
やっぱり身銭を切ってゲームに参加してみるのが一番な気がします。

ちなみに、勉強のために買った十数万円のビットコインは
価格が11倍になりました。ただ今月ズドーンと急落し、
段々回復してきていますが、ボラティリティの高さは相当
激しいものがあります。

でも全く買ってなかったら、こういったニュース自体が
全く気にならなかったはずです。

財務会計を学ぶのに株を買うのは極めて有効です。
海外旅行で現地を体験すれば世界史を学ぶ際に
スラスラ頭に入ります。

それは単なる知識ではなく、経験だからです。

同じように
ブロックチェーンを学ぶには、損しても困らない程度で
仮想通貨を買ってプレーヤーとして参加してするのが
今のところ一番の勉強法です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 気になるニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「米朝開戦の可能性は100%」元外交官がこう断言する理由
→ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53909

(コメント)
あるかないか、というより、いつか、という問題になってきて
います。


◆継続使用率1カ月で数%、「AIスピーカー用アプリ」成功の条件
→ http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/111500149/122500019/

(コメント)
ユーザーがインストールしたのを忘れてしまうのがネック。
スピーカー側から以下に話しかけるかがポイントになりそう。

◆自販機のサンプルが動き回っていたので調査したら頭がおかしくなりそうになった
http://oni-gawara.hatenablog.com/entry/2017/12/23/230602

(コメント)
こういうのを真面目に考える人は研究者向きなのかも。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社フローワン FlowOne Co., Ltd.
mailmag@flow-one.com
https://www.flow-one.com
◎ブログ「大人の学ぶ力」 http://blog.flow-one.com/
◎Twitter: https://twitter.com/wakabayk
◎若林計志 Amazon著者ページ: http://google.gwbg.ws/dzee
▼配信停止はこちら
 http://www.mag2.com/m/0001595308.html#detailbox
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
 AIとブロックチェーンは今後融合していきますので、ますます
 自律的にAIが人格を持ち、人間と共生する未来が到来する時期が
 早まりそうなな気がします。

 それでは、良いお年を!
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ