「週末はBeatlesになるカラオケ大会」

  • ¥0

    無料

Beatlesに特化したユニークなカラオケ大会です。一緒に盛り上がって楽しみましょう!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
「週末はBeatlesになるカラオケ大会」
発行周期
月刊
最終発行日
2013年03月17日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001597488
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 洋楽

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=========================================

        ☆★☆ 「週末はBeatlesになるカラオケ大会」 ☆★☆
                  創刊号

=========================================
「週末はBeatlesになるカラオケ大会」事務局、メルマガ発行担当の片岡です。
Beatlesが好きだけど、会社や友だちのカラオケで歌うのはちょっと気が引ける、という方、
Beatlesだけのカラオケ大会に参加してみませんか?

創刊号の内容です。

●Beatlesを歌う3つのポイント
●イギリス観光情報
●イギリスでのボーカルレッスン、オープン・マイク・ナイト
●日本でBeatlesを堪能できる場所
●次回大会予告
●編集後記

==========================================

●Beatlesを唄う3つのポイント

 今回は朝の情報番組の天気予報コーナーで流れているHere Comes The Sunです。
主催者のFUJIYANさんより解説いただきます。

アルバム『ABBEY ROAD』に収録された、George Harrisonの名曲の1つ。

♪ポイント1

前作『ホワイト・アルバム』から、Georgeはそのフラットな歌い方から、蚊のなくような声を震
わせて、抑揚を極端に付けた新しい唱法を取り入れた。この曲は、長かった冬が終わり新しい春
の訪れの感激を、1番から徐々にテンションを上げることで表現している。

このGeorgeの唱法を意識して唄うことが最大のポイントである。

♪ポイント2

当時、交通事故を起こし入院していたJohn Lennonは、レコーディングに参加していない。
従って、3声のボーカルは、下:George(主旋律)、中:George、上:Paul McCartneyとなってい
る。CD音源からよく聴き取れる上のパートはGeorge。Paulのパートは更に上ということだ。これが
かなり高域なので、もし1人でコーラスを付ける場合は、Georgeの中パートにするのがバランス的
にもいい。

♪ポイント3

この曲をカラオケで唄う、コーラスを付ける、オーディエンスとして唄う、又は聴く、どの場合に
おいてもマスターしておきたいのが、間奏部の手拍子だ。

これがかなり独特なリズムを刻んでいる。

全員がバッチリ揃えばとてもかっこイイんだけど、1人でも狂うとバラバラになって曲をぶち壊して
しまう。だから、手拍子を入れるのは遠慮した方がよい?

とんでもない!

完全にマスターしてBeaカラに臨もうではないか。例えトチってしまったとしても、それはそれで実
は楽しいものである。たかがカラオケ、積極的に楽しもうとする気持ちが、場を盛り上げるのだ。

されどカラオケ、やっぱりここはバッチリ決めてみようではないか(^^)
余談だが、ギター抱えて唄うことを推奨するBeaカラでは、この曲などはぜひトライして欲しい。
弾ける人は弾きながら唄う。弾けない人だって、ギター抱えてエア・ギターで唄いたい。
カポがあれば最高。ちゃんと7カポにしよう。分かる人には、それだけでウケること間違いなし!


●イギリス観光情報

◇Beatles のことなら何でも揃っている博物館 ~Beatles Story (Beatles ストーリー)~
Beatlesの歩んだ軌跡をたどってみませんか?Beatlesとゆかりの深いアルバートドック内にあり
ます。リバプールが生んだ世界的なバンドBeatlesの誕生秘話から世界の頂点に立つまでの、ま
さにBeatlesの歴史がまるごと詰まった博物館です。「リビングヒストリー」のナレーションは
ジョン・レノンの妹ジュリアが担当しています。日本語音声付なので、英語が苦手な方でも安
心して聞けます。館内のギフトショップではBeatles関連のグッズなら何でも揃っています。日
本では買えない掘り出し物を見つけてください!また、少し疲れたらスターバックスで一休み。
もちろん店内はBeatlesがテーマになっています。

アクセス:ロンドンから電車で約2時間、リバプール・ライムストリート駅から徒歩15分
営業時間:12月25日、26日以外は年中無休、9:00時~19:00(入館は17:00まで)
URL: http://www.beatlesstory.com/ (日本語の旗をクリックすると、日本語ガイドのPDFファイ
ルが開きます)

◇マダムタッソー蝋人形館 
イギリスが世界に誇るBeatlesはもちろん、イギリス中のセレブに出会える!蝋人形館なんてただ
の人形の館でしょ?なんて思っているアナタ・・・。ここは世界で最初にできた蝋人形館です。
Beatlesがベッカムが、さらには往年の名女優ヘプバーンまでがアナタを待っています!もちろん、
ロイヤルファミリーも!名物の「恐怖の館」は必見!?かも。ロンドン観光に行った記念&お土
産話には最高の場所です!

アクセス:地下鉄ベーカーストリート(Baker Street)駅下車。徒歩3分。
メリルボーン・ロードをリージェンツパーク駅に向かって進むと、左手にあります。

営業時間:(月-金)9:00-17:30、(土日)9:00-18:00
URL: http://www.madametussauds.com/London/About.aspx


●イギリスでのボーカルレッスン、オープン・マイク・ナイト

イギリスには当日飛び入りで参加できるパフォーマンスステージがあります。Beatlesを歌いたい
人は、ステージをお探しいたしますので、いつでもメールください。


●日本でBeatlesを堪能できる場所

東京なら小岩駅にあるジョニー・エンジェル。ときどきBeatlesライブを開催して
います。スケジュールはこちらでご確認ください。

◇総武線小岩駅「ジョニーエンジェル」http://www.lr-bros.com/johnnyangel/index.html

また、3月にはWanna be祭というBeatlesなりきり祭りが開催されます。Beatles
ファンが一堂に会すイベントです。BeatlesトリビュートバンドNo.1のThe Fab Fourが来日
します。詳細はこちらよりどうぞ。http://www.pia.co.jp/wannabe/


☆次回予告

『第99回 週末はBeatlesになるカラオケ大会/大阪大会』は、諸事情により延期となりました。次
回は東京にて5月5日(日)を予定しています。詳細が分かり次第ブログにてお知らせいたします。

=============================================

●編集後記

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ようやく暖かくなり、布団から出るのが億劫で
なくなってきたのではないでしょうか?すべてが動き出す季節です。3月中旬あたりから、カラオケ
ルーム「カラオケの鉄人」を運営している会社、株式会社鉄人化計画さんがSNSを開始しました。カ
ラオケ仲間を探したいと思っていらっしゃる方にはうれしいサービスですね。洋楽だけを歌いたい、
アニソンなど、特定のジャンルだけを歌いたいという仲間を探すには最適なサービスではないでしょ
うか?私共もこのサービスを大いに利用したいと思っています。

=============================================

メールマガジン「週末はビートルズになるカラオケ大会」

☆発行責任者:片岡聡子
☆公式サイト:http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/
☆問い合わせ :satokokataoka777@gmail.com
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001597488
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ