トモのためになった一文

  • ¥0

    無料

日々の読書からためになったと思う一文を紹介していきます

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
トモのためになった一文
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年01月18日
 
発行部数
29部
メルマガID
0001601605
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 読書

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

#1375


「社会のことを知らなければならないのは当然じゃないか」と思われるかもしれません

そうです、当然のことです

しかし、それがなかなかできていないのです

さらに、私がここでいう「社会のこと」というのは、単に新聞を読みましょうということだけではありません

最低限の教養が必要であるといいたいのです

残念ながら、いまの学校教育はテクニックを教えるばかりに力を入れており、教養教育を重視しようとしません



<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4569809189/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4569809189&linkCode=as2&tag=officetomo0e-22&linkId=213fce2038f8e135ee22b05dea08fdd0">7日間で突然頭がよくなる本</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=officetomo0e-22&l=am2&o=9&a=4569809189" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
小川仁志氏著より引用


こんばんはトモです
https://blog.with2.net/link/?1619801
いつも応援ありがとうございます


教養と言われるようになりました


ですが
教養というのはなんとなく
わかったようなよくわからないような感じがします


リベラルアーツなんて言われたりもしますが
さらにわかりにくくなってしまいます


個人的には
教育は縦に積み上がっていくもので
教養は横の繋がりだと解釈しています


学生なら
数学なら数学の勉強を積み上げていきます


それを
英語や国語とリンクさせることが
教養との認識です


これは
まだまだAIにはできない部分でもあります


比喩とか例え話なんかがそうなんだと思います


だって
世の中のことは
それぞれ単体で存在しているわけではありませんから


だから
風が吹けば桶屋が儲かるわけですし
バタフライエフェクトのような
蝶の羽ばたきが嵐を起こすわけです


世界は繋がっているんですから
知識も繋げる必要があると思います


横の知識の繋がりを広げていきたいですね


バックナンバー http://ameblo.jp/office-tomo
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ