トモのためになった一文

  • ¥0

    無料

日々の読書からためになったと思う一文を紹介していきます

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
トモのためになった一文
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年04月25日
 
発行部数
27部
メルマガID
0001601605
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 読書

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

#1431

この伝説は、空海が奇跡を起こしたという話だけを伝えているのではありません

それよりもむしろ、強運の秘訣を教える伝説として捉えたほうがいいのではないかと、私は考えています

世の中には、ステータスがある人にだけいい顔をして、そうでない人には見向きもしないような人がたくさんいます

しかし、そういう人は未来永劫、運が開けないのです

この青年のように、見かけを問わず誰にでも分け隔てなく親切にしていると、必ず良いご縁がめぐってきて、やがて運が開けていくものです

それが人生というものだと思います

お金はお金持ちが、才能は才能ある人が持っていますが、縁は誰もが結ぶことのできるものです

だから、誰にでも親切にしている人のほうが、良いご縁に恵まれるのです


<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4594075355/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4594075355&linkCode=as2&tag=officetomo0e-22&linkId=c7e309380746b6693632a479ba171faf">歴史が教えてくれる日本人の生き方</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=officetomo0e-22&l=am2&o=9&a=4594075355" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
白駒妃登美氏著より引用


こんばんはトモです
https://blog.with2.net/link/?1619801
いつも応援ありがとうございます


出世払いと言われます


最近では
逆の意味で使われているように思います


そもそもの意味は
未来ある若者に対しての援助などのことです


今は
現時点では何者でもないけど
出世したら返すみたいな表現となっています


そもそもの立ち位置が変わってしまっています


ただ
本来の意味の出世払いとは
投資に近い部分があるわけです


また
こういった投資だったり
出世払いだったりは
縁から生まれてくるものだと思います


だから
自分にメリットのある人は大切にして
メリットのない人にはそれなりの扱いするようなこともあります


忙しい現代での
優先順位はあるでしょう


ただ
見返りを求める時点で
苦しい道を選択しているように思います


人それぞれ
価値観も違うわけですから
プレゼントを外したりしてしまいます


これは
フィードバックに当てはまります


先方にとっては
すごいフィードバックでも
受け取る側によっては変わってきます


たしかに
ビジネスもフィードバックも
ある意味等価交換です


各々の価値観が違うわけですから
不平等に感じることも出てきます


見返りを求めすぎないようにしたいですね


バックナンバー http://ameblo.jp/office-tomo
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ