「ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40」メルマガ★おしゃべり詰め合わせ

  • ¥0

    無料

著者サイト

40代以上の女性たち向け「ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40」が発行するメールマガジンです。「どうする?Over40」のメンバーたちがバックヤードで交わす会話をもとにお届けする楽しいおしゃべりを不定期配信。反響の大きかった記事について、テレビ番組や雑誌、流行について思うことなどを、40代以上の女性の目線から語ります。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

 どうする?Over40★おしゃべり詰め合わせ     2017年5月25日号
 
 
                                    
             http://dosuru40.com/              
        Facebook  ◇ http://www.facebook.com/dosuru40      
□■―――――――――――――――――――――――――――――――■□

4月に2回にわたって配信した「地震のときの避難」について。naoさん、いま
ねえさんからメールをいただきましたのでご紹介します!

メルマガは、こちらからお読みいただけます。
「地震のとき、この猫どうする?」
http://archives.mag2.com/0001603861/20170404100000000.html
「地震のとき、人間どうする?」
http://archives.mag2.com/0001603861/

               ┌┐┌┐
               └■└■

■naoさん

地震の特集ありがとうございます。平島さんの生の声を聴けたのはよかったで
す。体験した人にしかわからないことや切迫感があって、自分だったらどうす
るか時間がたつとすぐに危機感が薄れてしまうので、思い立った時には備えな
くては、と思います。

阪神淡路大震災の時も、東日本大震災の時も、避難所では子ども、障がい者、
ペット、性的マイノリティの方々がとても不自由な思いをしたとの報道があり
ました。決してマイノリティではないはずの女性たちも、工夫すればもう少し
どうにかなるのにうまくできなかったことがたくさんあったと聞いています。

東日本の震災後、東日本大震災女性支援ネットワークというのが立ち上がり、
神奈川県の女性相談員向けの研修で取り上げたことがありました。その時いた
だいた資料に「こんな支援が欲しかった!現場に学ぶ、女性と多様なニーズに
配慮した災害支援事例集」があります。
HPからダウンロードもできます。(文末を参照ください)

みなさんがお住いの地域にも防災班のようなものがあると思いますが、その班
長や自治会長に女性の方はいらっしゃいますか?女性の視点がないと避難所や
支援物資の分配などでかなり困ったことが起きる可能性があるそうです。

大きな災害があると、女性や子どもに対する性被害が増えます。避難所で見知
らぬ男性の横で寝るようになる、着替えをのぞかれる、仮設住宅や災害復興住
宅は便のよいところには作られないので街灯が少ない暗い道を女子高生が歩い
て帰って来なくてはならなくなるなどの困りごとが出てくるのですが、皆が大
変な思いをしてるんだ、という圧力で声を上げづらくなるようです。

物資も大切ですが、近所の人達と力をあわせて。たくさん工夫して乗り切らな
くてはならなくなることへの備えも大切になるのかなと思います。

★「こんな支援が欲しかった!現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災
害支援事例集」
http://risetogetherjp.org/?p=2189

■いまねえさん

ウェブマガジン毎回楽しみにしています。

東海地震が騒がれてはや数十年、その間相次ぐ東海以外で起きている大地震の
被害に明日は我が身といいつつ、その時はやみくもに非常用品を用意して、そ
れで満足してあとは忘れちゃう、そんな繰り返しです。実際、被害を体験され
た方のお話を伺いたい、人それぞれだと思うけど、そのそれぞれのお話を伺い
たいと思っていました。

人間編とその前の猫編、どちらもなるほどという思いと、そうだよねという納
得と我が家はペットは飼っていないのですが、変な言い方だけど猫とかペット
とか飼われている状況って、乳幼児をはじめとする子どものいる環境と通じる
なと思いました。自分の身以外に庇護すべき存在があるという意味で。。トイ
レや餌のことは人間もペットも共通ですもんね。。

車の購入に関して「避難できるか」という着眼点はなるほどと感心しました。
避難の足ではなく避難所としての観点!我が家も寝泊りできるとか、人や荷物
を収容できる空間という視点は車選びの要素です。ただ普段、車は夫が乗っ
ていること、さらに夫が単身赴任ということもあり、もしものとき私の避難場
所としての車は期待できないです。

でもいつどこで被災するかわからないのは誰も同じですね。自宅で被災するか
職場か外出先か。。一人でふらっと出かけることも多いし。
そうすると平島さんの言われるようにすべては「運」。。

備えあれば憂いなしとはいえど、その備えが無効になる可能性もある。でも万
一のときひょっとしたら役に立つかもしれない、これはもう賭けの一つ、言い
方をかえると掛け捨ての保険と同じでしょうか。

日進月歩で地震被害の情報も進化します。私は大きな地震が一度来たらそれで
終わると思っていました。ところが実際は本震より大きい余震がきたり、数年
以上余震が続いたり、揺れも数秒どころか数分単位続く可能性もある。ほんと
うに「なってみないとわからない」

その中でも皆さんの体験談が目から鱗の知識であったりするのでこのようなお
話はいろいろ伺いたいですね。

最後に、質問させてください。

平島さんが寝室に用意している避難用の洋服というのは、どんなものを用意さ
れていますか?季節によって見直ししています?下はズボン、さっとはけるよ
うなウエストゴムかな?衣類の素材としてこれは重宝、あるいはこれは重くて
適さないなどありましたか?

「つぎに起きたとき、その困っている方へ」できることをつないで応援してい
く、この言葉が沁みました。お話うかがえてよかったです。ありがとうござい
ます。

               ┌┐┌┐
               └■└■

いまねえさんにいただいた質問は、平島さんにお尋ねしました。お返事を頂き
ましたのでそのまま掲載させていただきます。
               

■平島さん

いまねぇさん、こんにちは! ご質問ありがとうございます。そして「これ機
に」では器のご注文を誠にありがとうございました。その後、活躍は続いてお
りますでしょうか??
※これ機に http://dosuru40.com/bessatsu/41350/ 

では、さっそくお答えしたいと思います!

寝室に用意していたものは、下はデニム(一般的なジーンズでボタンにチャッ
ク)それと、下着、靴下、上は綿の長袖でした。季節が春頃だったのでかさば
るものはなく、身動きしやすい服装です。

洗濯機を貸してくれるお宅に週に2度ほど行って洗濯していたので洗いやすい
物を選んでいましたが、季節柄そこはやりやすかったです。ウエストゴムは…
…どうやらわたしは持っていないです!そこはなんでもいいのだと思います。
素材も季節で違う気がしますがわたしはきっと春以外でも同じデニムだった
と思います。

デニムでも他の素材でも自分が1番動ける服、であることが大切な気がします。
避難所やなんかは人目につくので、わたしはデニムかなと思います。着の身着
のままで逃げてきた、という以外、やっぱりわたしは……うん、デニムを選
ぶと思います。それと玄関にはスニーカーを置いていました。

避難用バッグに入れている服も同じようなものでした。別のデニムを1本。

寝室に用意していたのは数カ月だけで、今はすっかり元の生活に戻りましたよ。
もしも同じような事態になったならばと考えますと経験があるので頭が急速に
働きさっと準備できるだろうなと思いますが・・揺れや壊れの具合によります
し、自宅に居ないかもだし、自宅に入れないかもですし!

けれど、シュミレーション的なものはなさってみていいと思います。旅に行く
前に「〇泊だからどれをどう着る?」みたいなことです。洗えるか?とか、か
さばるか?とかを考えるのは大切かもしれません。

1年経ったいま準備しているのは、お水・少しの缶づめやカップ麺、くらいで
す。先日(5/11)も次の日(5/12)も揺れましたが、喉元過ぎればなんとやら
でしょうか、またもやこの言葉を使ってしまいますが「運だ」と思っているの
で細やかなことはもうしていません。

この「運」というのは、経験したからこそ思うことで「運」で片付ける?と
いう御意見ももしかしたらあるやもしれませんが経験したからこそ、そう思い
ます。そして、なんとなく「覚悟」が出来ている気がします。

いまねぇさんの痒い所に手が届く答えになっているでしょうか!?また追加質
問があられましたら、メルマガにでも月まちのメールへでも何なりと!

ご質問ありがとうございました!

月まち  平島
               ┌┐┌┐
               └■└■

naoさん、いまねえさん。丁寧に読んでくださり、内容の濃いメールをくださ
って本当にありがとうございます。このテーマを企画し、提案してよかったで
す。

地震に関するメルマガはメンバーのなかでも、実用的かつ、内容も濃く永久保
存版かもと反応が良かったです。これも真摯にかつ具体的に質問に答えて下さ
った平島さんのおかげです。この場を借りて深く感謝致します。有難うござい
ました。『なんとなく「覚悟」が出来ている気がする』昨年10月に震度6弱を
経験した私も同じ思いです。非日常に備えた日常を手堅く過ごしたいです(権)

こちらもご覧ください。平島さんのお店はどんどん素敵になっていますよ。
★平島さんのお店「月まち」:http://www.tsukimachi.net/
★オバフォーでこんな企画をしました。
これを機に熊本・月まちさんの器を買ってみませんか(略して「これきに」)
 (コメント欄に「器が届いた。うれしい!」の写真と声がたくさん)
 http://dosuru40.com/bessatsu/41350/


               ┌┐┌┐
               └■└■
┌┐
└■ 公式ツイッターやっています!
毎日日々更新しているツイッター!!中の人も曜日で変わっております。
https://twitter.com/dosuru_40

┌┐
└■ こちらも募集してます。
毎日掲載の「カレー記念日」。カレー短歌、熱烈にお待ちしています!
→  http://dosuru40.com/category/curry-kinenbi/


┌┐
└■先週・今週の「どうする?Over40」
読み逃した記事はありませんか。こちらから、どうぞ♪

■カリーナさんの新連載「(人生フルーツを見て)夫婦というレッスン」
http://dosuru40.com/husband_and_wife_lesson/48577/
<第1回> 「人生フルーツ」を見て。

■こちらもカリーナさん「今週のどうする?Over40」
http://dosuru40.com/bessatsu/48997/
由緒ある温泉地にも見つけた「空き家問題」

■はらぷさんの「なんかすごい」神田祭りだ、江戸っ子でぃ!!
http://dosuru40.com/nankasugoi/48907/
神田祭に行く

■月亭つまみの「帰ってきたゾロメ女の逆襲」つまみさんの本紹介!嬉しいな!
http://dosuru40.com/zorome-comeback/48756
【月刊 切実本屋】VOL.1 「中年だって生きている」

■まゆぽさんの「あの頃アーカイブ」スミコさんのフサさんへの想い。
http://dosuru40.com/ciritoria-archive/48741/
エピソード11★小僧のフサさん。

■ミカスの今日の料理・昨日の料理  今回はゴマ愛があふれてるミカスさん。
http://dosuru40.com/mikas-cooking/49021/
更なる偏愛 : 大根と鶏もも肉の甘辛煮

■【おしゃれ会議室】「特別編集 眉毛に取り組む」
http://dosuru40.com/fashionable-meeting-room/eyebrows/48628/
総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介 あれもコレも網羅してます

■「いどばた」飼ってみたい動物はいますか?
http://dosuru40.com/concierge-san/48926/
今週はミキティママが開店してお待ちしております♪

■れこさんの「着まわせ!れこコレ」れこさん、最愛ポールに逢えたのです。
http://dosuru40.com/reco-fashion-collection/48565
ポールデンウィーク

■植松さんの「50代、男のメガネは…」。ホントに世界は素晴らしい。
http://dosuru40.com/glasses-of-50sman/49048/
アイスコーヒーの季節に、サッチモを思う。

■ハラミさんの「コレ、入るかしら・・・?」本当にむちむち可愛いですよね。
http://dosuru40.com/fashion-size/48823/
vol.39 若いってすばらしい



*========*========*=======*=======*=======*=======*
★ご感想やご意見、なんでもお気軽に
http://form1.fc2.com/form/?id=889434 までメールをお送りください。
*========*========*=======*=======*=======*=======*
★「メルマガ★おしゃべり詰め合わせ」は、
『まぐまぐ!』から配信しています。 http://www.mag2.com/
配信中止はこちらからどうぞ http://www.mag2.com/m/0001603861.html
*========*========*=======*=======*=======*=======*
★そのほか各種お問合せは、
題名を「メルマガ」として
http://form1.fc2.com/form/?id=889434 までメールをお送りください。
****************************************

★「どうする?Over40★おしゃべり詰め合わせ」は、
「ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40」http://dosuru40.com/
が運営しています。無断転載は、ご遠慮ください。
ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40. All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
「ウェブのほぼ女性誌 どうする?Over40」メルマガ★おしゃべり詰め合わせ
発行周期
不定期発行です。
最終発行日
2017年05月25日
 
発行部数
841部
メルマガID
0001603861
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 文化・芸能

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ