ID: 0001607880

鎌仲ひとみの動画メルマガ"カマレポ”

  • まぐまぐ大賞2016
¥515(税込)/月 初月無料!
毎月 8日(年末年始を除く) 今月0/1回(最終 2017/04/08)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
ID: 0001607880

鎌仲ひとみの動画メルマガ"カマレポ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』『六ヶ所村ラプソディー』など核や被ばくの問題を入口に、人の命や暮らしについて見つめるドキュメンタリー映画を世に送り出し続けている鎌仲ひとみ監督。
2014年秋公開予定の新作『小さき声のカノン』に先駆けて、“カマレポ”として、いち早く取材レポートをお届けします。福島やチェルノブイリなどの最新の取材や、監督の最新コメントなど、ここでしか読めない動画と文章を月一回配!
また、メルマガの購読料は、新作の製作資金となります。ご支援何卒宜しくお願い致します!

サンプル号
--------鎌仲ひとみ公式 動画メルマガ------------
---------------2013.06.08 6月号---------------
   
(サンプル)
------------------------カマレポ vol.00”-------


新作 スタート です!

初めてメルマガを配信することにしました。
これまでTwitterやFacebookなどで発信してきましたが、
新作を撮影し、完成させていく途中で、
いろいろと考えることや得た情報をある程度まとまった量でお届けしようと思います。

新作映画は「小さき声のカノン-選択する人々」と今、仮のタイトルをつけてあります。
このまま最後までこのタイトルになるのか、途中で変わるのか、まだ解りません。
私のドキュメンタリー映画をつくるスタイルは、
あらかじめ決め込まないという事です。
現実や現場に対して、予測不可能な部分や、自分自身の気づきを大事にしたいからです。
現場はいつも混沌としていて、多面的であり、多様な視点で見つめることが可能です。
映画を作る監督として、私自身の視点は確実にそこにあるのですが、
私自身を超えた「何か」がそこにあることも排除したくないと思っています。

監督 鎌仲ひとみ




======================================
◆contents

1.旅するカメラ
鎌仲ひとみからのメッセージや日々の現場を通したレポートを連載していきます!

2.カマレポ
  新作『小さき声のカノン』から取材中の動画をいち早く配信!

3.Q&A
上映会やホームページに寄せられた質問や疑問に監督が答えていくコーナーです。

4.お知らせ
鎌仲作品の上映情報、自主上映会、講演会やトークイベントなどの情報をお届けします。

5.編集後記

======================================


------------旅するカメラ------------

《映画製作の作法》

「六ヶ所村ラプソディー」という映画を作っていた時、「六ヶ所村通信」というビデオレターをだしていました。
映画が完成する前に中身をばらしていくという手法をとり始めたのはここからです。
これはやがて「ミツバチの羽音と地球の回転」のDVDレター、「ぶんぶん通信」に続いていきました。

映画の完成には長い時間がかかります。
また、完成した本編には取材でカメラを回した全部の素材からほんの一部だけを切り出して編集します。
例えば「六ヶ所村ラプソディー」は200時間分の素材からおよそ2時間の本編が、
「ミツバチの羽音と地球の回転」では350時間を2時間15分に編集しました。
映画は時間の流れと物語の流れがとても大事なので、
素晴らしいエピソードがあっても割愛することが多いのです。
加えて、マスメディアが伝えないために、
本来は多くの人が知るべき事が知られていないという現実があります。
いち早く情報を出していくことで、問題への周知がすすんでいくという効果もあります。

《世界は変わった・・はず》

第二次世界大戦という世界中を巻き込んだ戦争は歴史にはっきりと線を引いて、
戦争前、戦争後と区別をしなければならないほど価値観や社会のあり方が劇的に変わりました。

今回、3.11に起きた東日本大震災、それに伴って起きた東京電力福島第一原発事故は日本の歴史にまた、
新たな線を引いたと思っています。
原発事故の影響に関してはいくつかの大きな誤解が意図的に生み出され、流布しています
その一つは「福島」という地域限定の表現によって、
あたかも事故の影響が県境で止まったかのような印象を与えていることです。
これは被害の過小評価につながります。
確かに高線量の地域は福島県内に集中していますが、
宮城、栃木、茨城、千葉、東京、神奈川にもホットスポットは点在しています。
加えて、海への多種多様な放射性物質の流出は世界的な規模の海洋汚染を今ももたらし続けています。
ですから、私たちはより広い視野で今回の事故の影響を捉えなくてはならないと思います。
空間的、物理的な被害の全貌は未だ、見えていません。
それらを解明しようする努力と、一方で反対に隠蔽し、ごまかそうとする力が同時に存在しています。
宿命的に放射性物質が持っている「解りにくさ」があり、
実態を明らかにしていくには相当の困難が伴うことを知らねばなりません。
果てしない闘いが続いていますし、長く続くでしょう。

新作はこの空間的な広がりを背景に、そんな汚染のある環境で生きる私たち、
つまり人間にフォーカスしていきます。
1945年に引かれた、戦前と戦後を分ける線。
その戦後を生きてきた日本人が大事にしてきた価値観が今回の原発事故で問い直されています。
その問いは深く、私たちの内面にまで届いている、そう思います。そこに光をあてていくと、
これから私たちがどうやって生きていくのか、ヒントが見つかるような気がしているのです。

旅するカメラ、「カマレポ」は空間的にも人間の内面へも旅をし、
その途中の気づきを皆様と共有していきたい、という思いから始まりました。
どうぞ、おつきあい、よろしくお願いします。

鎌仲ひとみ


======================================

-------カマレポ!! --------

今回はこれまでは通信と題して発表してきたものを「カマレポ」、つまり「鎌仲のレポート」と名付け、
ネットで配信することにしました。毎月、一回これから配信してまいります。
ゆくゆく本編に入るものもあるかもしれません、入らないかもしれません、
しかし、なるべく早く知ってもらいたい重要な情報を優先的にお届けしようと思っています。
まずはお試し版です。お試し版は無料です。今回は私自身が福島県二本松からレポートしています。

動画リンク
http://www.youtube.com/watch?v=romLQiS4q0M

カマレポ 始動!

======================================

----------Q&A------------

Q.厳しく大変な場面に取材で立ち会うことも多く精神的にも肉体的にも、大変だと思いますが、
どのようにコンディションを保ってらっしゃるのですか?(40代、女性、東京)

A. 実はけっこう無理をしてヘトヘトになったりもしています。
(トホホ)肉体的には信頼する治療師さん(鍼とかテルミーとか)に機会を見つけてお願いしています。
日常的には「野口整体」の活元体操を夜寝る前にやるようにしています。
(これも時々サボってしまいますが。)
精神的には、やはり友人やスタッフ、支援して下さる方々に助けられています。
他愛ない話しをして笑った後にはストレスも少なくなっているような気がします。

イラク取材以来、修羅場をくぐり抜けてきて、そのたびにちょっとずつ図太くなっている所もありますね。
いろいろあるけど、自分で決めたこと、何があろうとこっちの道にいくぞ〜とお腹で決めているので、
その初心に立ち返ったりですね。あと自分の中の負の感情をクリーニングすることにしています。
これはイメージ療法の応用です。例えばさわやかな緑の風とか、透明な水とかでその負の感情を洗い流し、
吹き飛ばしていくようなイメージがとても効果があると思っていますよ〜。
後、お家では二匹の猫にも癒されています。
(鎌仲ひとみ)


======================================

------------お知らせ------------

☆鎌仲ひとみ監督の公式ホームページができます!
鎌仲ひとみ公式サイト:www.kamanaka.com
7月上旬に正式オープン予定!

☆『小さき声のカノン-選択する人々』キックオフイベント開催!
 6月8日(土) @早稲田奉仕スコットホール
 open 18:00 start 18:30~ /charge ¥1,000(税込)
 出演者:鎌仲ひとみ、中沢新一、亀山ののこ、長谷川ういこ

新作の製作中の映像公開!スペシャルゲストによるトークを予定しております!
詳しくは、こちらのHPへ
http://68kickoff.jimdo.com/

☆『六ヶ所村ラプソディー』の全国同時上映、『六ラプ again』もいよいよクライマックス!
『六ラプagain』HP→http://rokkasho-rhapsody.jimdo.com/

☆講演会&トークイベント情報
<6月>
8日(土)【トーク・イベント】早稲田奉仕園 スコットホール(東京都新宿区)
9日(日)【上映+トーク】福井県教育センター
15日(土)【上映+トーク】喜多見東地区会館(東京都世田谷区)http://p.tl/kZor
22日(土)【トーク】全労連会館(東京都文京区)

《監督講演依頼》
■マネージャー:小原(こはら) happykoara3◆ybb.ne.jp(◆には@が入ります。)

===================================

------------編集後記------------
今回、初めてのカマレポを制作するにあたって、オープニングを武隈善子さんにやっていただきました。
かつて世田谷ものづくり学校で「ミツバチの羽音と地球の回転」を上映してくださったご縁です。
とてもプロフェッショナルな仕事ぶりで私たちはこのオープニング、
とっても気に入っているのですが、皆様はいかがですか?
武隈さんも子供を持つ母親です。
そして、そのオープニングの音楽は「ミツバチの羽音と地球の回転」と
「内部被ばくを生き抜く」の音楽を担当してくださったShing02さんに再びお願いしました。
武隈さんとShing02さんのコラボが実現したわけです。実はスタッフの声も入っています!
カマレポの中味が厳しい現実であろうと、私たちはこの世界に生きて、何か明るいものや光を求め続けていく存在です。
でもいつも肩に力を入れているのではなく、前向きな気持ちを持って現実に向き合いたいと思っています。
無理にそうするのではなく、たとえ、落ち込んでもいいじゃない、と思っています。試練は成長のチャンスですから。
どうか、いっしょに私のカメラと旅を共有してくださいね。
(kamanaka)
ID: 0001607880

鎌仲ひとみの動画メルマガ"カマレポ”

¥515(税込)/月 初月無料!
毎月 8日(年末年始を除く) 今月0/1回(最終 2017/04/08)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2017/04/08 鎌仲ひとみ監督 カマレポno.46 Spin off from Canon -カノンエピソード
2017/03/08 鎌仲ひとみ監督 カマレポno.45 《3.11から丸6年、そして7年目へ。》
2017/02/08 鎌仲ひとみ監督 カマレポno.44 《 「自主避難者」への住宅提供打ち切り問題 》
2017/01/08 鎌仲ひとみ監督 カマレポno.43 《個がメディアになる時代に》
2016/12/08 鎌仲ひとみ監督 カマレポno.42 《放射能から子どもを守る会@やちよ》
さらに以前のバックナンバー一覧