基礎から中級へ追いつく英単語・イディオム

  • ¥0

    無料

英語の基礎レベルからなかなか抜け出せない方は必読!基礎から中級レベルで必須の英単語・イディオムを記憶に残る方法で定着させます。ぜひ覚えてほしいポイントは「暗記カード」としてまとめます。目標は大学受験のセンター・中堅私大レベルです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
基礎から中級へ追いつく英単語・イディオム
発行周期
隔週(1日・15日)
最終発行日
2017年11月15日
 
発行部数
3,069部
メルマガID
0001608200
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英単語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017. 11. 15 vol. 82
       『基礎から中級へ追いつく英単語・イディオム』
            http://butandthen.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◇◇◇◇ もくじ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
1 問題 =^_^=
2 解説
3 ねこちゃんBBS 姉妹メルマガとHPの紹介
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

=^_^= おはようございます、『基礎から中級へ追いつく英単語・イディオム』発行
人のねこちゃんです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 問題 =^_^=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

空欄に適切な名詞を入れなさい。

★基礎レベル★

1. bear[keep, have] ~ in ( ) ~を心に留める

2. set[put] ~ in ( ) ~を動き出させる

3. put ~ into[in] ( ) ~を軌道に乗せる

4. bring[carry, put] ~ into ( ) (法律)を実施する

★中級レベル★

5. put[set] ~ to ( ) ~を働かせる


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 解説 =^_^=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回同様「他動詞+目的語+前置詞+(冠詞)+名詞」のイディオムで、名詞の部分
を空欄にしました。

★基礎レベル★

1. bear[keep, have] ~ in mind ~を心に留める
空欄にはmindが入りますが、ここでは「心、精神」ではなく「記憶」という意味で
あることに気をつけましょう。「~を記憶に留めておく」です。したがって動詞はbear,
keep, haveとすべて「状態動詞」になります。2.から5.は「動作動詞」です。

2. set[put] ~ in motion ~を動き出させる
move(~を動かす、動く)の名詞形motion(動き)が入ります。set[put] A in Bで
「AをBの状態にする」というイメージです。「~を動く状態にする」から「~を動
き出させる」となります。

3. put ~ into[in] orbit ~を軌道に乗せる
「軌道」はorbitです。「~を軌道の中に置く→~を軌道に乗せる」なので、わかりや
すいイディオムですね。

4. bring[carry, put] ~ into effect (法律)を実施する
effectは多義語ですが、「(法律の)実施」という意味があります。2.と考え方は同じ
で、bring[carry, put] A into Bは「AをBの状態にする」とまとめられます。直訳す
れば「(法律)を実施された状態にする」です。

★中級レベル★

5. put[set] ~ to work ~を働かせる

前回出てきたput A to B(AをBの状態にする)の形で、Bの部分に名詞work(仕
事)が入ります。to workをto-不定詞と取らないように注意しましょう。「~を働く
状態にする」が直訳です。setも同じ構文を取ります。他動詞+A+前置詞+Bで「A
をBの状態にする」となるのは2.~4.と共通です。

ポイントを「暗記カード」として以下にまとめておきます。

暗記カード ↓

★基礎レベル★

■bear[keep, have] ~ in mind ~を心に留める
= remember ~
このmindは「記憶 = memory」。

■set[put] ~ in motion ~を動き出させる

■put ~ into[in] orbit ~を軌道に乗せる

■bring[carry, put] ~ into effect (法律)を実施する
come[go] into effect, take effect (法律が)実施される
take effect (薬が)効く

★中級レベル★

■put[set] ~ to work ~を働かせる

─────────────────────────────────

派生語も見ておきましょう。元になる単語を一番上に置きます。

★基礎レベル★

4.

effect 名詞 影響、効果、結果、(法律の)実施、趣旨、意味
ef(外へ)+fect(作る) 「作り出されたもの」が語源。

effective 形容詞 効果的な
effect+ive(形容詞語尾)

effectively 副詞 効果的に
effective+ly(副詞語尾)

─────────────────────────────────

今日出てきた英単語の関連事項をまとめましょう。

★基礎レベル★

1. mind
Out of sight, out of mind. ことわざ 去る者は日々に疎し。
このmindもやはり「記憶」です。

4. effect
cause and effect 原因と結果、因果関係
「趣旨、意味」のeffectを含む表現は盲点。
to the effect that ~ ~という趣旨[意味]の[で]
to this[that] effect この[その]趣旨[意味]の[で]
effectとaffectの区別
品詞の違いが重要。
effect 名詞 影響、効果、結果、(法律の)実施、趣旨、意味
affect 動詞 ~に影響を及ぼす

─────────────────────────────────

お疲れ様でした。 =^_^=


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 ねこちゃんBBS  姉妹メルマガとHPの紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回は12月1日発行予定です。
またねー。 =^_^=

このメルマガについて質問・感想・意見があれば、メールでどうぞ。お待ちしていま
す。↓
eng@butandthen.com


■『基礎から中級へ追いつく英文法』 
英語の基礎レベルからなかなか抜け出せない方は必読!英語の核になる英文法を少量
ずつていねいに学習していきます。発行は月2回(1・15日)。ぜひ覚えてほしいポ
イントは「暗記カード」としてまとめます。目標は大学受験のセンター・中堅私大レ
ベルです。
無料。
まぐまぐ!とmelma!で発行しています。
http://www.mag2.com/m/0001623719.html
http://melma.com/backnumber_40414/
携帯用はこちら http://mobile.mag2.com/mm/0001623719.html


■ねこちゃんの英語HP
http://butandthen.com/
英語イディオムを様々な方法で整理しています。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
『基礎から中級へ追いつく英単語・イディオム』
ねこちゃん =^_^= eng@butandthen.com
HP http://butandthen.com/
発行システム まぐまぐ! http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001608200.html
携帯用配信中止はこちら http://mobile.mag2.com/mm/0001608200.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ