【美容と癒しの達人デタント幸子】

  • ¥0

    無料

皆さん初めまして 英国メディカルアロマセラピストのデタント幸子です。 私は英国アロマセラピストとして20年になりますが沢山のお客様を施術してきたり沢山のスクール生徒さんを輩出してきましたが、その経験をいかして 女性を中心に勿論男性も皆さんが心と体が元気になる 今までのあらゆる貴重な体験を お伝えしたいなと 思います。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
【美容と癒しの達人デタント幸子】
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年02月25日
 
発行部数
172部
メルマガID
0001609011
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ファッション・美容 > エステ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

まぐまぐ最新号
●*○*●*○*●*○●*○*●*○*●*○*●*○*●*
53号
今年もやって来ました。花粉症の季節です。
花粉症は花粉が引き起こすアレルギーで、2月 3月のスギ花粉が有名で
すが、花粉症を引き起こすアレルギー原は40種類以上あります。
これらの花粉は目や鼻の粘膜に付着します。
目や鼻の粘膜には肥満細胞が多くあります、この細胞がヒスタミン
やロイコトリエンなどの花粉症の症状を起こす部質をを放出するので
目や鼻の粘膜にアレルギーが起こります。気管や気管支にも脂肪細胞は
ありますが花粉は大きいので、気管や気管支には到達出来ずこれらの
アレルギー原因物質にはなりません。

花粉がある一定期間中に、ある量身体に吸い込まれることによって、
始まります。その量は人によって個人差があります、その人の体質
健康状態、環境により変わります。疲れていたり、寝不足が続いて
いたりしていると症状が強く出たりすることがあるのです

去年まで大丈夫だったのに今年は初めて!という方もいるでしょう。
去年より免疫力が下がったことが原因かもしれません。

では,どうしたら良いでしょうか?
症状の緩和の方法は抗カタル作用の精油を吸収したり、芳香浴をしたり
すると粘膜の緩和や分泌物が減り呼吸しやすくなります。
よく使われる精油は
ローズマリー
ペパーミント
ユーカリ
ジャーマンカモミール
ニアウリ     
 などが使いやすいと思います.

目の痒みにはこれらの精油を精製水に0.5から1%ぐらいに薄めて目を
つぶりスプレーすると痒みがおさまります。
あと お腹を温めることが良いようです。お腹はリンパ節が多くあり
そこを温めることでアレルギー疾患にはかなり有効です。
ためして見たら如何でしょうか




下記サイトからアクセスしていただき、無料お問い合わせにて、お気軽にご質問をしてください。
http://kenkiko.jimdo.com/
★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆
いつもお読み頂き有り難うございます。

メールマガジン「美容と癒しの達人デタント幸子」
☆発行責任者:デタント幸子
☆公式サイト:http://ameblo.jp/jdaa1
☆デタントハウス学院:http://detente-house.jimdo.com
☆お問い合わせ:info@detentearoma.com
☆配信を解除される場合はこちらから:http://www.mag2.com/m/0001609011.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ