稼げる!システムトレードの極意

  • ¥0

    無料

FXシステムトレードの有益な情報を、自動売買プログラマーが技術的知見からメルマガ配信します!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
稼げる!システムトレードの極意
発行周期
週末刊
最終発行日
2017年07月17日
 
発行部数
134部
メルマガID
0001611621
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > FX・外国為替
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
稼げる!システムトレードの極意 (サンプル号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Free-OPtinのプロフィール ⇒ http://www.nkycorp.com/optin
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、Free-Optinです。

このメルマガは、EA開発者であるFree-Optinがシステムトレードの

極意?!や裏話、四方山話を綴りたいと思います。

■自己紹介

 サンプル号ですので最初に自己紹介します。

 ・自動売買プログラマー歴3年
 ・有料自動売買プログラム販売実績(販売中)は以下のとおりです。

【インフォトップ】
  1.うねりPro http://www.info-studies.com/unepro-top/
  2.うねりFX  http://www.info-studies.com/uneri-top/
 【FX-ON】
3.DayBreak https://fx-on.com/systemtrade/once.php?i=3703
  4.カリスマトレーダー ぷーやんの錬金術EA
       http://fxwin0402.blog28.fc2.com/blog-entry-1202.html

 ◇開発中の新システム
 現在は、カリスマトレーダー ぷーやんさん(http://fxwin0402.blog28.fc2.com/)
 とのコラボレーション企画で、M-System(開発コード名)を開発中。
 複数通貨ペアの成績を集計し、合計損益で勝敗を決定したうえでロット数を
 決定する新システムを開発中。

■コラム 自動売買商材の現状

 FX商材は現在飽和状態です。

 様々な自動売買システムが発売されていますが、ユーザのニーズと自動売買の

 特性がマッチしないために、利用者側が困惑する場合が多いように感じます。

 自動売買は短期的に成果がでることが難しく、かなり長期的な視点に立ち、評価

 するものであるにも関わらず、利用者側は短期的な成果を求め勝ちです。

 また、自動売買システムの提供者と、利用者(購入者)の間での自動売買に対する

 スキルのギャップが大きすぎることも、FX商材での揉め事?の原因になっている

 と考えています。

 例えば、EAのバックテストを実施すると、8年くらいのバックテストがPCの性能

 にもよりますがおおむね15分くらいで完了します。

 一年という長い期間がバックテストですと数分で終わってしまいます。

 バックテストでの評価を待つことはできても、実運用での時間の進みは遥かに

 遅いので、長期に運用するモチベーションが保てないのです。

 これは、売る方の商材のランディングページにも問題があると考えています。

 販売している自分から見ても誇大広告が多すぎるのです。

 私の販売ページは自分ですべて作成してますので、逆にアピール度が不足して

 おり、地味になっています。

 それよりも増して、アフィリエイターの存在が大きく影響しています。

 アフィリエイターは、売上が上がるのが第一目標になっていますが、その

 ようなアフィリエイターは今後淘汰されていきます。

 正しい情報を購入者に伝える、本物のアフィリエイターが生き残る時代です。

 ただ単に緩急つけて、厳しい記事を書いたり褒める記事を書くだけでは

 信用されない時代になってきています。

 私は開発者の立場ではありますが、アフィリエイターの知識の無さも問題視

 しています。

 当然、EA販売車は色々批評をされる訳ですが、記事内容の間違いが多いこと。

 しかし開発者は、そういう記事に対して立場上、クレームを申し立てること

 に躊躇しています。(少なくとも私は)

 多くの開発者が同じ思いだと思いますが、結局は、1本売れても開発者よりも

 アフィリエイターへの収入の方が多い場合が多く、開発者は報酬も少なく、

 サポートの労力があり、かつ、心無いアフィリエイターに叩かれる、、とまぁ

 良いことはありません。

 確かに稼げるEAを提供するのはかなり難しいことです。

 相場の様相によっては、大きく取れるときもありますし、損することもあります。

 私は、ナンピンマーチンゲールのEAを主に開発、販売していましたので、

 今回のアベノミクスではかなり酷評を受けました。しかし、実際にはレンジ相場

 であればかなりの確率で利益が出ることも事実でした。

 そこの是非は議論しても明快な答えはないのでここでは割愛します。

 そのため国内のEA開発者は取り巻く環境、報酬面、市場の飽和度などから考えて

 販売から、成果報酬にシフトしつつあります。

 シストレ24やシグナル配信のように、購入者はロジックのサービスを購入する

 形でEA開発者はロジックを提供するような仕組みです。

 このビジネスモデルについては今後このメルマガのコラムで追々解説していきます。


■【連載企画】 FX自動売買 技術テーマ探究!

 初回テーマは、「メタトレーダー5」です。

 ・メタトレーダーとは?

 メタトレーダーとは主にFX取引の自動売買を行うためのソフトウェアです。

 PC上で動作し、証券会社で開設した口座番号をパスワードを入力し、チャート

 を開いて売買を行うことができるようになっています。

 そのメタトレーダーの上で自動売買のプログラムをインストールして売買を

 行うことができるようになります。

 FX取引において利益を得るには、自分のルールなどで為替相場の動きを読み、

 自分なりに予測を立ててトレードする「裁量取引」とFX取引を機械的に行う

 自動売買の2種類があります。

 メタトレーダーは自動売買に必要なソフトウェアだとお考えください。



 ・メタトレーダ4と5

 現在のFX取引で使われているメタトレーダーは、圧倒的に4のシェアが

 高い状況です。機能アップしたメタトレーダ5は2011年にリリースされ

 ましたがほぼ二年が経過しても一向に普及しません。

 それにはいくつかの理由があります。

 1.メタトレーダ4と5で自動売買プログラムの互換性がない(100%動かない)

 2.ポジションの両建てができない

 などです。

 他にも色々と変更点がありますがとくにこの二つは致命的です。

 過去のプログラム資産が利用できないというのは、あのマイクロソフトだって

 やりません。

 それなりに動かなくなるアプリはWindowsの場合多少ありますが、

 メタトレーダー4と5の違いはそんなものではありません。

 プログラマーからすると、まったく別のプラットフォームであると言わざるを

 えません。


 ・プログラマー目線からの移植講座(その1)

 このメルマガでは、初回の技術情報テーマとして、

 プログラマー目線から見た、 EAプログラムの移植講座を

 数回連載したいと思います。

 シェア95%以上のメタトレーダー4からメタトレーダー5へのプログラム

 移植のポイントを紹介したいと思います。

 まず初回のテーマは「代表関数名の非互換の対応方法を紹介します。

=======================================================================

 - 代表関数名の違い【メタトレーダ4と5でココが違う!】

  EAプログラマーとして、なんでこんなところまで変えてくるのか

  意味不明なくらい理不尽な非互換です。

  EAのプログラムはメタトレーダー4の開発言語であった「MQL4」では

  以下の命名規約でした。

  1.EAプログラム起動時に1度だけ呼ばれる関数名

   init()

2.TICKの変化毎に呼ばれる自動売買のメインルーチン

   start()

3.EAプログラム停止時に1度だけ呼ばれる関数名

   deinit()

これが、メタトレーダー5の開発言語の「MQL5」では以下のように

  なっています。

  1.EAプログラム起動時に1度だけ呼ばれる関数名

   OnInit()

2.TICKの変化毎に呼ばれる自動売買のメインルーチン

   OnTick()

3.EAプログラム停止時に1度だけ呼ばれる関数名

   OnDeinit()


  この変更点に気づかずにMQL4のソースプログラムをメタトレーダー5

  でコンパイルすると

   event handling function not found

  というエラーが出ます。

  最初はエラーメッセージからは原因が読み取れず、四苦八苦しました。

  ここまでやっただけで、

  「移植は前途多難だなー」

  と実感しました。

  移植の際には単純に上記の表現に置き換えるだけでOKです。

  代表関数名は「置き換えるだけOK、逆に置き換えないとコンパイルエラー」

  とだけ覚えておいてくださいね。


 以上、サンプル号メルマガはココまでです。

 以降のメルマガでは、「メタトレーダー5のフォルダー構成」の説明を行います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆編集後記

 メタトレーダーをMT5とも略しますが、MovableType5を勘違いすることが

 ありますね。(※MovableType5はブログ作成ツール【CMS】です)

 とある掲示板では、「日産センチュリーがMT対応!」という書き込みがあり、

 「日産自動車の超高級車のセンチュリーがマニュアルミッションを発表!」

 と勘違いした人が多数いたそうです。

 「日産センチュリー証券が、メタトレーダ5に対応した!」というのが

 正しい解釈ですね。

 冒頭にも書きましたが、メタトレーダー5は殆ど普及していませんが

 ようやく今年の下半期から採用するブローカーがぽつぽつとあらわれる

 ようです。膨大なメタトレーダー4のプログラム資産を有効活用するために

 このような移植の技術が今後ニーズが高まってくると思います。

 多くの著名なトレーダーがEAを販売していますが、実は外注に発注して

 作らせた場合が多く、トレーダー自身はプログラムを知らないことの方が

 多いようです。

 そんなに時に移植技術をいち早く押さえていると、移植の技術があなたに

 富をもたらすかもしれませんよ。

 最後までお読み頂きありがとうございました。

 次回もお楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ ご意見・ご感想はコチラから

   発行者: Free-Optin

メール: info@nkycorp.com

Web : http://www.nkycorp.com


 ■ アドレス変更と登録解除はコチラから

   ☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001611621.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ