デイサービス生活相談員ネットワーク

  • ¥0

    無料

信頼される生活相談員はデイサービスの要です。少数精鋭体制のデイサービスでは、生活相談員の活躍が事業所運営のカギを握ります。 メルマガでは相談業務や事業所運営に役立つ情報や、スキルアップのための講習会案内等をお届けいたします。 また専用サイトと連携し、事業所間の情報交換の中継地点となります。 「他の事業所ではどうやっているの?」「このやり方は間違っていない?」 小さな不安を解消して自信を持って相談業務にあたれるように、生活相談員仲間とつながりましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
デイサービス生活相談員ネットワーク
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年10月10日
 
発行部数
552部
メルマガID
0001616033
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 介護 > 介護施設

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆ 
◇◆ デイサービス生活相談員ネットワーク
◆ http://soudan-in.net/

~ 29年度下半期スタート!あ・と・半年。何が変わるか要チェックです ~

菊花の候、皆様方には良い季節をお楽しみのことと思います。「菊」は日本らしい
美しい花。この時期のあいさつで「菊」を使えるのが実は密かな楽しみです。

ノーベル賞や、秋の褒章の受章者発表など、文化的な関心事が集まる時期でもあります。
ご利用者様との話題にも事欠かない、飽きない秋です。

さて、介護業界がまたザワザワし始めました。来年度改定の介護報酬について、月2回
の社会保障審議会(介護給付費分科会)で話し合われています。

年内におおよその骨子が固まり、年明けに精査されて公式発表は3月ぎりぎりの見込み
です。

衆院選やら介護保険制度改定やら、心落ち着かないことも多いかと思いますが、
自然界は良い~~季節です。一日一日をどん欲にお楽しみください。

◆◇◆ 今号の目次 ◆◇◆

☆ 1 【認定講座】 11月4日(土)職場環境向上支援員認定講座【渋谷】
☆ 2 【セミナー】 11月26日(日)介護事業所の生活相談員日曜集中講座【八重洲】
☆ 3 【お得情報】 中央省庁の情報がネットで手に入る「政策リサーチ」
☆ 4 【FB情報】 Facebookページの記事より抜粋(9月10日~10月9日)


◆◇◆
☆ 1 【認定講座】 職場環境向上支援員認定講座<ESサポーター>【渋谷】

シニアの仕事力向上と働く場の創出に取り組む、一般社団法人日本元気シニア総研の
認定講座です。全講座修了の方に、認定資格「職場環境向上支援員」が付与されます。
年齢・経験等、受講資格は問いません。どなたでもご受講いただけます。

職員定着や利用者獲得のためには、介護職員が笑顔で働ける環境整備が先決です。
国も職場意識改善やメンター制度の導入など、「働きやすさ」のための助成も行って
います。本講座ではメンターとしての役割も学びます。
介護事業所運営のマネジメントや営業センスなども、総合的に理解する講座です。

管理者、生活相談員、経営者の方のもお勧めです。

今回ご参加の方には、特典で「職場環境向上宣言」ののぼり旗を進呈します。
事業所の魅力をアピールする一助にお役立てください。

<内容>
・ES(職員満足)とは
・働きやすさと働きがい
・職場環境整備のポイント
・介護保険制度の基本
・介護事業の魅力や役割り
・変容する介護業界
・介護のチームケアー
・対人援助職に求められる資質
・介護サービスのPDCAと書類作成・管理
・コミュニケーションスキル
・介護における接遇
・メンターとしての役割り
 
日 時:2017年11月4日(土)9:30~16:30(90分×4講座)

会 場:渋谷区文化総合センター大和田 学習室2
(東京都渋谷区桜丘町23-21 JR渋谷駅西口改札から徒歩5分)

定 員:30名 

参加費:20,000円(税込、認定登録料込)

講 師:一般社団法人日本元気シニア総研 研究委員 八久保宜美
   
申込み・お問い合わせ:株式会社スリービーンズ 080(5504)8235

http://eslabo.net/index.php?seminar20171104


◆◇◆
☆ 2 【セミナー】介護事業所の生活相談員日曜集中講座【東京駅3分八重洲会場】
~ 信頼される生活相談員は介護事業所の要です ~

生活相談員に特化した、総合的に学ぶ講座です。位置づけやおもな業務をトータルに
学びます。
ベテラン講師が事例を交えて分かり易く説明します。少人数制で個別の質問にも対応
可能です。これから就く方も、すでにご活躍の方にも、必ず役に立つ内容です。

<内容>
1.介護保険制度
2.介護保険事業
3.生活相談員とは
4.介護サービスのPDCA
5.介護のチームケア
6.介護保険制度と法制度
7.介護給付費請求と利用者負担分徴収
8.リスクマネジメント
9.通所介護事業所に期待される役割

日 時:2017年11月26日(日)10:00~18:30

会 場:八重洲会場(東京都中央区八重洲 1-7-20 八重洲口会館地下会議室)

定 員:20名 

参加費:15,000円(税込)

講 師:NPO法人代表/主任ケアマネジャー・管理者 浜洋子氏
   
申込み・お問い合わせ:株式会社スリービーンズ 080(5504)8235

http://soudan-in.net/index.php?sokusyu-kouza-1day-1126


◆◇◆
☆ 3 【お得情報】 中央省庁の情報がネットで手に入る「政策リサーチ」

大手企業が法改正のタイミングで、新しい商品やサービスをリリースできるのはなぜ?
と、思われたことありませんか。大手企業は情報をいち早く入手し、それに合わせて
企画開発しています。
今まで、大手企業や研究機関等にしか導入されていなかった情報サービスが、1ライ
センスから利用できるようになりました。

ただ今、15日間無料トライアルキャンペーン中です。さらに、ネットから申し込み
の際、下記のクーポンコードを入力していただくと、月額利用料金が1年間半額に
なります。

https://five-seasons.wixsite.com/seisaku-research

クーポンコード: 生活相談員ネット


◆◇◆
☆ 4 【FB情報】 Facebookページの記事より抜粋(9月10日~10月9日)
デイサービス生活相談員ネットワークのページ
https://www.facebook.com/dsssnet/

シェア元の記事は削除されている場合があります。ご了承ください。
フェイスブックはほぼ毎日記事を投稿しています。良いね!をよろしくお願いします。

●9月11日に投稿
成果だけに着目するのは医療的考え、経過を大事にするのが介護的考えだと思います。
そもそもデイサービスの目的は、機能訓練などによる自立支援のほか、
日常生活上の世話や孤立感解消、レスパイトケアも含まれます。
リハビリ特化とうたっていても、デイではその辺は十分行ったうえでの機能訓練。
理学療法士さんだけが働いているわけではありません。
 
「リハビリ?やってみようかな」とやる気になっていただくところからがデイの
取り組みです。

シェア元
『通所介護の「リハビリ特化型」実態は?(JOINT)』
http://www.joint-kaigo.com/article-4/pg1012.html


●9月18日に投稿
凄すぎます。下げた頭があがりません。
 
「できない」と諦めることが、どれだけ傲慢なことか自省します。

シェア元
『つぶやく95歳 内海桂子師匠(NHKNEWSWEB)』
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0915.html

●9/27に投稿
ここで言うチームリーダーは、
1.高度な技術を有する介護の実践者としての役割り
2.介護技術の指導者としての役割り
3.介護職チーム内のサービスをマネジメントする役割り
が明記されています。
1.の高度な技術は、認知症、医療的ケア、終末期の看取り、障害特性が挙げられています。
2.の指導者の役割は、介護技術の指導・伝達、介護職員の能力を引き出す支援、
とされています。
3.のマネジメントは、サービス提供の管理、介護職員のフォロー、他職種との情報連携、
チーム内のサービス質改善・向上など、実務能力とコミュニケーション能力、
さらには問題解決能力を要する内容になっています。
もちろん、そのための研修体制を用意することが厚労省の仕事になると思いますが、
認定介護福祉士講座までいかないにしても、
プラス数十時間の研修義務が発生する気配・・・。

シェア元
『介護福祉士をチームリーダーへ、離職防ぐ 賃金増も検討(朝日新聞デジタル)』
https://www.facebook.com/dsssnet/insights/?section=navPosts

●9/28に投稿
文中の『資格を取得すると「指摘が多くなり、厳しくされるようになった」』は、
ツラいところ。
 
介護に関わらず一般的に、(体力的に)重労働=職位の低い人が担う、という認識があり
ます。
資格を取ったり職位が上がれば上がるほど、カラダはラクになる。というのが一般的です。
しかし、介護については、知識や技術を磨くほど、命に係わる大事な部分である身体介護
に従事する、という理解になります。
そこを汲み入れたキャリアパスを作ることが大事なのだと思います。

シェア元『介護福祉士の9割が不満 資格を取っても勤務先カーストは下のまま
(キャリコネニュース)』
https://news.careerconnection.jp/?p=41123

●10/3に投稿
環境が変わることで身心に異変をきたすことを「リロケーションダメージ」と呼ぶそうで
す。
入院等による、おもな機能低下を5つに整理しています。
【1】筋力低下
【2】関節・骨の拘縮
【3】心臓(頻脈、動悸など)
【4】肺(呼吸機能の低下、肺炎のリスク)
【5】腸の蠕動運動の鈍化、腸閉そく
そのほかにも、脳への刺激が減ることによる認知機能の低下や、床ずれ、体力低下、
血液うっ血による血栓など、周辺症状も含め、病気は治っても全体的な心身の状態は悪く
なるという矛盾が起きていると、警告しています。

シェア元『入院したら病気になった!高齢者が陥りがちな5つの機能低下とは(週間朝日』
https://dot.asahi.com/wa/2017092900015.html


◆◇◆ あとがき ◆◇◆

良い季節です。ガーデンテラス席でのランチや、ピクニックなど、開放的な雰囲気での
食事はまた美味しく感じるもの。デイのリビングもいつもと少し配置を変えて、外の風を
感じながら食事する、というのもお勧めです。


◆◇◆ デイサービス生活相談員ネットワーク事務局

電話:080(5504)8235 FAX:03(3906)0968
E-mail info@soudan-in.net URL http://soudan-in.net/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ