デイサービス生活相談員ネットワーク

  • ¥0

    無料

信頼される生活相談員はデイサービスの要です。少数精鋭体制のデイサービスでは、生活相談員の活躍が事業所運営のカギを握ります。 メルマガでは相談業務や事業所運営に役立つ情報や、スキルアップのための講習会案内等をお届けいたします。 また専用サイトと連携し、事業所間の情報交換の中継地点となります。 「他の事業所ではどうやっているの?」「このやり方は間違っていない?」 小さな不安を解消して自信を持って相談業務にあたれるように、生活相談員仲間とつながりましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
デイサービス生活相談員ネットワーク
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年12月10日
 
発行部数
551部
メルマガID
0001616033
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 介護 > 介護施設

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆ 
◇◆ デイサービス生活相談員ネットワーク
◆ http://soudan-in.net/

~ 穏やかな新年を迎えるために ~

12月に入りました。一年の総括の時期です。皆様にはどのような一年でしたでしょうか。
クリスマスやニューイヤーイベントで賑やかな時は、おひとり様には逆に寂しさも際立つ
時でもあります。こういう時こそ、一人一人の方のご様子をよく観察し、きめ細かい
対応をよろしくお願いいたします。

利用者だけではなく、職員同士の気配りもお忘れなく。忙しい時は会社への不満も募る
危険性もはらみます。年末年始のシフトを乗り切るためには、トラブルが起きる前の
「大変だけど、よろしくね」という一言が大事です。
生活相談員は、上の立場でもなく下の立場でもない、板挟み的になることが多いかも
しれません。でも全方向に対応できる強みもあります。

是非是非、利用者やご家族の相談だけではなく、職員の相談にも乗れるような、頼もしい
相談員さんになってください。

少し早いですが、良いお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

◆◇◆ 今号の目次 ◆◇◆

☆ 1 【セミナー】 1月14日(日)介護事業所の生活相談員日曜集中講座【八重洲】
☆ 2 【説 明 会】 1月18日(木)「政策リサーチ」サービス説明会【永田町】
☆ 3 【FB情報】 Facebookページの記事より抜粋(11月10日~12月9日)


◆◇◆
☆ 1 【セミナー】介護事業所の生活相談員日曜集中講座【東京駅3分八重洲会場】
~ 信頼される生活相談員は介護事業所の要です ~ 

生活相談員に特化した、総合的に学ぶ講座です。位置づけやおもな業務をトータルに
学びます。
ベテラン講師が事例を交えて分かり易く説明します。少人数制で個別の質問にも対応
可能です。これから就く方も、すでにご活躍の方にも、必ず役に立つ内容です。

また、総合事業についての理解が必要ということで、地域の動向など事例を含めた
説明もあります。介護保険改定前に、現況を知るために大事なことです。

次回は、3月です。改定前にしっかり身につけるにはぜひ今回のご受講をお勧めいたし
ます。

<内容>
1.介護保険制度
2.介護保険事業
3.生活相談員とは
4.介護サービスのPDCA
5.介護のチームケア
6.介護保険制度と法制度
7.介護給付費請求と利用者負担分徴収
8.リスクマネジメント
9.通所介護事業所に期待される役割

日 時:2018年1月14日(日)10:00~18:30

会 場:八重洲会場(東京都中央区八重洲 1-7-20 八重洲口会館地下会議室)

定 員:20名 

参加費:15,000円(税込)

講 師:NPO法人代表/主任ケアマネジャー・管理者 浜洋子氏
   
申込み・お問い合わせ:株式会社スリービーンズ 080(5504)8235

http://soudan-in.net/index.php?sokusyu-kouza-1day-20180114

↓ セミナーサイト<Peatix>でもお申込みいただけるようになりました。
https://peatix.com/event/330311/view

◆◇◆
☆ 2 【説 明 会】 1月18日(木)「政策リサーチ」サービス説明会【永田町】

「政策リサーチ」は、政府・省庁の会議資料等をネットで検索・閲覧できるサービスです。
法改正の動向などが分かり、事業計画を作成する際に役に立つツールです。

会場は、Yahoo!が運営するコワーキングスペースです。永田町・赤坂界隈を見下ろす
眺めは一見の価値あり。またビジネスパーソンが集まる場所は、パワーをもらえます。
視野を広げたい、いつもと違う経験をしてみたい、そんな動機でもOKです。
参加費は無料ですので、是非この機会に足を運んでみてください。

「政策リサーチ」サービス導入については、無料トライアルやキャンペーン価格など
お得なご案内もあります。

https://peatix.com/event/325914/view


◆◇◆
☆ 3 【FB情報】 Facebookページの記事より抜粋(11月10日~12月9日)
デイサービス生活相談員ネットワークのページ
https://www.facebook.com/dsssnet/

シェア元の記事は削除されている場合があります。ご了承ください。
フェイスブックはほぼ毎日記事を投稿しています。良いね!をよろしくお願いします。

●11月30日に投稿
11月29日の朝日新聞読者の投稿の記事を紹介しました。

入院した経験から、介護職員の労苦を労う内容です。
多くの方の反響をいただきました。

https://www.facebook.com/dsssnet/photos/a.400574253486684.1073741828.400335683510541/723474751196631/?type=3&theater


●11月30日に投稿
そもそも機能訓練にそこまで力を入れる意味が分かりません。
大切なことではありますが、もっと可及的速やかに解決すべきことたくさんあるように
思います。
 
あるいは介護福祉士のオプションで、追加で専門研修を受ければ機能訓練指導員になれたり、
口腔ケアができたり、医療的ケアができたり、縦方向(認定介護福祉士)のスキルアップ
だけではなく、横方向(専門分野の選択肢)の開拓もお考えよし。
元体育教師とか、ジムのインストラクターとか、知識や技術をお持ちの方もいらっしゃると
思います。
 
全国160万人(29年末社会福祉振興・試験センターHPより)の介護福祉士さんの意欲が報い
られ活躍の機会が増えますよう、関係団体のご努力を期待いたします。

シェア元
『郵便局員やヤクルトレディによる「高齢者見守りサービる」のアナログな良さ』
http://diamond.jp/articles/-/145355

●11/6に投稿
福祉の職場の理想と現実の落差が、まじめな人の精神をむしばむという皮肉。
介護の職場も、良い人こそ辞めていってしまうことにため息・・。

シェア元
『通所介護や特養の機能訓練指導員、はり・きゅう師でもOK 半年の経験が要件』
介護のニュースサイト JOINT
http://www.joint-kaigo.com/article-5/pg96.html

●12月2日に投稿
昨日(12/1)の社会保障審議会介護給付費分科会資料が、厚労省HPにUPされています。
これで各事業ごとの改定案は出揃い、来年からは審議のとりまとめに入るという段階です。
 
なんか、聞きなれない用語もたくさん出てきて、なじむのに時間がかかりそうですが。

前回は、要支援のサービスが自治体に振られて複雑化した印象ですが、
今回は、医療・障害福祉が介護サービスに振られて複雑化しそうな印象です。
複合的ニーズに応えることは利用者にとって望ましいことですが、
介護の守備範囲が広くなり、職員はさらに息切れしそうで心配です。

リンク元
『介護給付費分科会審議会資料 /厚生労働省HP』
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000186701.html

◆◇◆ あとがき ◆◇◆

4月の保険制度改定が気になるところかと思います。
とりあえずは、介護報酬は微増の見通しということで、前回のような衝撃は回避
されそうです。
しかしながら人手不足等々の問題は山積。医療や障害福祉との連携という新たな
課題もあり、生活相談員の役割も守備範囲が広がりそうな気配です。
「つなぎ役」の必要性がクローズアップされてきたとき、ちょうど良い立ち位置
なのが生活相談員。都合よく使われるだけ・・というご不満もあろうかとお察し
しますが、ステイタス向上のチャンスでもあります。

来年は、きっと良い年になると信じて、一緒に頑張りましょう!!

デイサービス生活相談員ネットワークも新たなフェーズに向けて、取り組んで
まいります。皆様のご理解・ご協力を引き続きよろしくお願い申し上げます。

◆◇◆ デイサービス生活相談員ネットワーク事務局

電話:080(5504)8235 FAX:03(3906)0968
E-mail info@soudan-in.net URL http://soudan-in.net/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ