音楽プロデューサー山口哲一のエンターテック・ニュース・キュレーション

  • ¥0

    無料

日本No.1のエンターテック・エバンジェリスト山口哲一が、1週間のニュースやブログ記事などから、国内および海外の音楽、テクノロジー、ビジネスに関係するトピックスを寸評付で紹介します。特に重要なニュースは、俯瞰した視点から、しっかり解説。音楽関連ニュースに加えて、コンテンツビジネスやメディアの動きもピックアップ!ニュースの裏までわかります!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
音楽プロデューサー山口哲一のエンターテック・ニュース・キュレーション
発行周期
週刊
最終発行日
2017年09月12日
 
発行部数
580部
メルマガID
0001620824
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 文化・芸能

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆ ―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆――
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
山口哲一(音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト)
週刊:エンターテック・ニュース・キュレーション vol.161
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆――
◆information
●アーティストマネージメントに関する書籍を9/15に刊行します!
『ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務 答えはマネジメント現場にある!』
著:脇田敬、監修:山口哲一
http://amzn.to/2ucN6Tk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【はじめに】
 ベネツィア〜ウィーン〜リンツと回って、インプットしてきました。
 簡易的旅日記は、instagramを観てください!
 https://www.instagram.com/yamabug/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━─━─━─━─━─
【今週の目次】
◆山口的ニュースピックアップ
◇山口関連情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━─━─━─━─━─
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
________________________________________________山口的ニュースTOP5 (9月12日付)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
※先週のニュースから山口が気になった極私的ランキングを解説付きで!

<第1位>
● 高品質360度ライブ配信を手軽に実現 ハコスコが事業者・アーティスト向けサービス発表http://www.moguravr.com/hacosco-live/
VRは高画質のヘッドマウントディスプレイ(プレステVR,HTC VICE、Oculus Rift)とスマホ活用の簡易版と2方向で可能性がありますね。スマホ活用型ではコンテンツとユーザーをトータルに捉えているハコスコに注目しています。

<第2位>
● アマゾンのAlexaが音楽ニュースに対応。AIスマートスピーカーだけでは見えてこない「Alexaスキル」の可能性
http://jaykogami.com/2017/09/14366.html
 スマートスピーカーと音楽ビジネスの今後の関係性を示唆する良記事。

<第3位>
● 「音楽教室を守る会」とJASRACが対立.著作権料を巡る第1回口頭弁論
https://japan.cnet.com/article/35106939/
 こういう不毛な訴訟は、日本の社会的損出だと思います。以前書いたブログも再掲します。
「誰がJASRACをカスと呼ばせるのか?〜状況整理と幾つかの提言」
http://yamabug.blogspot.com/2017/06/jasrac.html?spref=tw

<第4位>
●IBMとMIT、共同でAI研究機関を設立へ。2億4000万ドルを投資 https://japan.zdnet.com/article/35106983/
 日本にとって脅威だなと思います。AI作曲の最適解も出てきそうな座組です。

<第5位>
● “無人宅配”目指す「ロボネコヤマト」エリア拡大 DeNAとヤマト運輸が実証実験
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/11/news069.html
 宅配だけにとどまらない日本型イノベーションが出現する可能性を感じます。大いに期待!

<And More>
● Facebookの音楽戦略でカギを握る「動画」とYouTubeの存在。レコード会社に数億ドルを支払う準備をする理由
http://jaykogami.com/2017/09/14357.html
 音楽に対する還元率が低いことが問題視されているYouTubeに対抗馬が増えるのはよいことですね。

● パナソニックとNTT「高臨場感パブリックビューイング」を実証実験
https://japan.cnet.com/article/35106960/
 オリンピックに向けて、もっとも力が注がれている分野ですね。コンサートなどにも応用可能です。

● ドローン業界栄枯盛衰。2017年は、戦略的提携の年。
http://www.drone.jp/news/20170911162130.html
 ドローンの現状が理解できる良記事。

●ユーザーの為に音楽業界をシンプルに変える!クレオフーガ社長 西尾氏インタビューhttps://sogyotecho.jp/creofuga/
 クレオフーガは伸びていますね。注目です。

●ビットコインは「雑所得」と国税庁。税理士と取引所の見解は https://japan.cnet.com/article/35107021/

 政府が関与するくらい存在が大きくなっているということかなと。

<番外編> 
● ダルビッシュ有、メジャー史上最速で1000奪三振! 128試合目で達成
https://full-count.jp/2017/09/09/post83316/
 素晴らしいですね、音楽家も続いてほしいです。

●「1万円札廃止論」に注目 やめたらどうなる? 提唱者に聞いた
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/08/news052.html
 日本の現金主義は、さすがに少し是正しないと経済にマイナスだと思います。

※ 気になるニュースはツイートでキュレーションをしていますので、Twitterもチェックして下さい!
https://twitter.com/yamabug
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
________________________________________________山口的活動情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ニューミドルマンデイ2『音楽未来予測』 〜「デジタルコンテンツ白書」Bonus Track&「ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務」解析〜】
長いイベントタイトルですいません><
要するに、「デジタルコンテンツ白書2017」と「ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務」2冊の刊行を記念した無料イベントです。
白書については音楽部分の執筆に関わってくれたニューミドルマンラボ有志が調査の過程で気になったこと、白書に書ききれなかったことを発表する「ボーナストラック」的内容です。
後半は、インディペンデントなアーティストマネージメントについて造詣が深い、Tunecore野田くんと、フリクルの海保くんをお招きして、すぐに役立つ話を織り込もうと思っています。
11月から始まるニューミドルマン養成講座の説明会も兼ねた、てんこ盛りの内容で、かつ無料です!
是非、いらしてください!!
申込はpeatixで↓
http://peatix.com/event/299853


【プロ作曲家育成「山口ゼミ」10月期募集開始しました!】
山口ゼミ4つの特徴
1.現役バリバリの講師陣
2.徹底して実践的
3.コーライティングが身につく
4.作曲家仲間ができる
結果が出ている講座です。プロの作編曲家を目指す友人知人にご紹介ください。http://tcpl.jp/openschool/yamaguchi.html

●【VALUにアカウント作ってみました!】
こういう仕組みをアーティストが使うのは、だいぶ先でしょうが、今予見し得るファンクラブのゴールはこの辺です。自分を晒して体験するのが、新種のサービスに対する僕のスタンスです。
ただ、いろんなことがよく変わらず始めてます。優待設定もしてみました。自分のソーシャルな価値をビットコインでマネタイズするっていう意味になるんですよね?拒否感がある人に説明するのは難しい出来事だな。僕も正直違和感はありますが、挑戦です
https://valu.is/yamabug

●アーティストマネージメントに関する書籍を9/15に刊行します。アマゾンで予約開始!
『ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務 答えはマネジメント現場にある!』 著:脇田敬、監修:山口哲一
http://amzn.to/2ucN6Tk
 アーティストマネージメントというのは音楽ビジネスの要ですが、これまでその具体的な職域について書いた本はありませんでした。本著は、僕の長年の盟友である脇田敬が、これまできちんと言語化されていなかった、音楽分野の「アーティストマネージメント」の考え方と実務について、微に入り細に入り解説している画期的な本です。僕は監修という立場で関わっています。
リットーミュージックのNEW MIDDLE MAN BOOKSの第二弾で、脇田くんいわく拙著『〜最終講義』の位置づけだそうでで、確かに未来を見据えた後に足元を見て、「今の具体」をまとめた本になっています。
 音楽ビジネスを志す人、関連ビジネスを手がける方、メジャー、インデュー問わずミュージシャン自身に意義のある本で、おすすめです。現在音楽業界で仕事している人は、こっそり読んで、新入社員にプレゼントしてあげてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
________________________________________________Post Script
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日付変更線を超えていたので、発行が火曜日になったのはご容赦ください^^
 今回の出張は、主に美術展の視察です。現代美術が当たり前のようにテクノロジーを取り入れるようになって、僕が提唱しているエンターテックとの境目がなくなっています。メディアアートとエンターテックは、立ち位置、出自が違うだけで、ほぼ同じものを指していると言って良いでしょう。そんな問題意識で、ベネツィア・ビエンナーレと、アルスエレクトロニカに参加できたことは、非常に意義深かったです、今後はもっと積極的にネットワークを作って行きいと思っています。
 簡単には総括できないので、まずは旅日記をインスタで見えてください。質問あれば受付けます!
 https://www.instagram.com/yamabug/
______________________________________________________________________
<著書>
●アマゾン著者ページはこちら。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E5%93%B2%E4%B8%80/e/B0050GYFFK/
『新時代ミュージックビジネス最終講義』(リットーミュージック)
『10人に小さな発見を与えれば1000万人が動き出す』(ローソンHMV)
『最先端の作曲法・コーライティングの教科書』(リットーミュージック)
『とびきり愛される女性になる。恋愛ソングから学ぶ魔法のフレーズ』(ローソンHMV)
『プロがDAWで曲を』(リットーミュージック)
『世界を変える80年代生まれの起業家』(スペースシャワーブックス)
『プロ直伝!職業作曲家への道』(リットーミュージック)
『ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略』(リットーミュージック)
『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<連載コラム>
『ビジネスパーソンのためのエンタメ業界入門』(WEDGE infinity)
http://wedge.ismedia.jp/category/entertainment
『来月、流行るJポップ』(CREA web)
http://crea.bunshun.jp/category/culture-006/
『WEB版 職業作曲家への道』(Rittor Music)
http://rdm.ne.jp/column/melodist
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━─━─━─━─━─
___________________________週刊:エンターテック・ニュース・キュレーション
___________________________WEEKLY:ENTER-TECH NEWS CURATION

【まぐまぐ ID:0001620824】

発行     山口 哲一
編集     Bug corporation [ http://yamabug.blogspot.jp/ ]
Copyright(C) Bug corporation All rights reserved.
毎週月曜日発行

ご意見ご感想は[ mailto:yamabug7@gmail.com]まで

◎バックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001620824/index.html

このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ