『特許を斬る!』知財経験34年 ・・・ 愚禿の手記

  • ¥0

    無料

大手企業で数多くの訴訟やライセンス交渉を担当した知財と法務のエキスパートが、実体験から得た教訓を分かり易く語り明かします。話題のニュースや事件を経験者独自の視点で捉え、知的経営のあるべき姿を追究していくメルマガです。 事例も豊富で、企業戦略や人材育成にも役立つ、一味違う面白い手記を是非ご覧下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
『特許を斬る!』知財経験34年 ・・・ 愚禿の手記
発行周期
不定期
最終発行日
2016年05月25日
 
発行部数
164部
メルマガID
0001622149
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 法務・特許

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  『特許を斬る!』・・・愚禿の手記

      ~ 未来を切り拓く知財価値の創造マガジン ~

                     第88号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今回のお題は・・・
 
1) 高級ブランド時計 vs. パロディ時計

       - 『フランク三浦』商標取消事件に想う -

2) 編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは。 特許の仕事で散々苦しめられた愚禿の手記です。


少し前の話になりますが、

スイスの高級ブランド時計(商標:フランク ミュラー)と
日本のパロディ時計(商標:フランク三浦)が、

登録商標の有効性を巡って知財高裁で争っていた事件の判決
が確定しました。

事件の概要は、次の通りです。

日本のパロディ時計販売会社が、「フランク三浦」の名称で出願
した商標が登録されました(2012年)。

これに対して、老舗の高級ブランド時計会社は、自分が
持っている商標(フランク ミュラー)に類似していることを
理由に、登録無効の審判を請求しました(2014年)。

これを受けて、特許庁は、高級ブランド会社側の意見を是認
して一旦登録された「フランク三浦」の商標を取り消したの
です(2015年)。

しかし、この取消しに納得がいかないパロディ時計会社は、
取消しは不当だとして、知財高裁に訴えました(2015年)。

結果、この事件を担当した裁判官は、「フランク三浦」と
「フランク ミュラー」に類似性はなく、かつ、1本100万円も
する高級時計と1本4000~5000円の時計とを消費者が混同誤認
することもない、として「フランク三浦」の商標を認める逆転の
判決を下したのでした。

この判決については、メディア各紙が取り上げ、多くの専門家が
ネットでも公評しています。

なお、フランク ミュラー側は、この高裁の判決を不服として
最高裁へ上告したようです。

一見すればパロディだと分かる時計の名前に対して、何故、
そこまでムキにならなければならないのでしょうか?

むしろ、笑い飛ばして放置しておいた方が、自分の宣伝にもなるはず
なのに、是が非でも商標の取消しに固執する高級ブランド会社の狙い
とは、一体何なのか!

これを探るべく、フランク ミュラーのHPを覗いてみました。

そこには、フランク・ミュラー氏の時間の哲学とも云うべき、
凄まじいまでの「時への情熱」が紹介されていました。

彼が産み出した歴代の時計の数々は、デザインから組立、そして
装飾に至るまで、全てが斬新で独創的なアイデアと技術の結集と
いえます。

また、拘り抜いた複雑な機構のムーブメントに関する特許も
数多く取得しています。

まさに、天才時計技師と呼ぶに相応しい感性と閃きの持ち主
といっても過言ではないでしょう。

しかし、そんな天才が、機能・性能共に雲泥の差がある一介
のパロディ時計の名前に何故ムキになるのでしょうか。

漫画界の天才、手塚治虫は、無断で出版された粗悪な中国
の物真似漫画を見て、これでは余りにも読者が可哀想だと
云って、

訴えるどころか、自らペンを持って書き直したという話が、
先日の「クイズやさしいね」で紹介されていました。

これって、国民性の違いなのでしょうか? 否、どうも
それだけではなさそうな気がします。

今回の「フランク三浦」商標事件で、波風を立てているのは、
ミュラー氏本人ではなく、FMTMディストリビューション
リミテッドという商標管理会社なのです。

この会社が、自身の功績にするため、ミュラー氏の意思とは
関係なく事を起こしたのではないか・・・

フランク・ミュラーの名誉を守るという大義名分のもと、実際は
会社の実績と利益を上げることが目的だったのではないかと邪推
して見たくなります。

もしも、本当に「フランク三浦」のパロディ時計が商売上邪魔な
のであれば、商標取消しではなく、商標侵害(不正競争防止)で
訴えるのが普通だと思います。

しかし、商標侵害で訴えるには金と時間と準備がかかるので、
手っ取り早く商標取消しという手を使ったのではないかと
勘ぐりたくなる事件です。

因みに、商標管理会社のターゲットになった「フランク三浦」
時計には、「完全非防水」とか、「高さ2cm以上からの落下は
保証対象外」といったパロディ的要素が満載されています。

ただ、パロディ商品を作るのなら、本物に対する尊敬の念を
どこかで、何らかの形で伝えて欲しい気がします。


それでは、また。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 編集後記

フランク ミュラーの時計でお気に入りは、「クレージー アワーズ」
(高価すぎて手に入れることはできませんが・・・)。

普通、時計の文字盤は数字の「12」を頂点にして「1~11」までの数字
が右回りに順序良く並んでいますが、この時計の文字盤の数字は、

「8」を頂点に、1、6、11、4、9・・・という風にランダムに並べられ
ていて、時刻に併せて時針が文字盤の上を飛び回るような作りになって
います。まさに、時空を超えた超クレージーな時計です。

この類稀なる大胆な発想には、心底脱帽です(参った)。


発信者:知財法務コンサルタント 堤 卓一郎 (元企業知財法務部長)
      プロフィール:http://oxiaip.com/legalandipconsultant.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ご意見・ご感想はこちら mail to: t-tsutsumi@oxiaip.com
            (送付時に@マークを小文字に変換してください。)

■知財に関するご相談はこちら (教育、講演、セミナー等も承ります)
 mail to: info@oxiaip.com
     (送付時に@マークを小文字に変換してください。)

――【PR】――――――――――――――――――――――――――――――

★★★ 学生特許取得講座(堤流びっくりアイデア育成法)★★★
 
就活や起業に役立つ特許を取ってみませんか?
長年の経験で得たノウハウに基づく画期的なアイデア育成法で応援します。
     
    挑戦者は、こちら  ↓↓
      http://oxiaip.com/oxiashukatsujuku.html
――【PR】――――――――――――――――――――――――――――――

★★★ 発明発掘セミナー(企業様対象) ★★★
    
   埋もれている特許、隠れている特許をプロの眼と独自の探索法で
見つけ出します。「へぇ~、これが特許になるの!」と驚かれる
ことでしょう。折角の財産を無駄にしないように!

詳細は、こちら → http://oxiaip.com/hatsumeihakkutsuseminar.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆発行:OXIA綜合知的財産事務所

◆OXIAホームページ → http://oxiaip.com/

© 2014-2016年 All rights reserved. 無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ