バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

  • ¥0

    無料

ラッセルの著書に出てくる英単語/熟語等について,複数の例文をあげるとともにその例文が載っている(またその例文の前後の文章を読むことができる)ラッセルのポータルサイトへのリンク情報(URL)を掲載することにより,ラッセルの思想及び英語の一端にふれていただく。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2017年07月27日
 
発行部数
103部
メルマガID
0001623960
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英単語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)の英語」
      n.1105/3650(2017年07月27日 木曜日) [2013/12/21 創刊]
                  !
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 ポータルサイト公式メマガ: http://archive.mag2.com/0000220241/index.html
R英単語・熟語_総索引: http://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366: http://archive.mag2.com/0001626338/index.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: http://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:http://archives.mag2.com/0001626338/20170322060000001.html
 ラッセル関係電子書籍一覧: http://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: http://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本メルマガは,「バートランド・ラッセルに関するメルマガ」の姉妹誌です。
 通勤時間にあわせ原則として毎朝午前6時に自動配信します。(日曜休刊)

 当面,ラッセルが使用している英単語・熟語等について,ラッセルの著書から複数
 の用例(例文)をご紹介していきます。読者と一緒に育てていきたいと思っていま
 すので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせくだされば幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
      いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
      ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,どのような作業を行
      った後であれ,とにかく最初にクリックしたアマゾンの商品ページが,
      ラッセルのポータルサイト上にあるアマゾンの個別商品のリンクであれ
      ば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学の
      ラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
R英単語熟語 virulent (adj.)【 猛毒のある;毒気を含んだ;悪性の】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ virulent (adj.)【 猛毒のある;毒気を含んだ,敵意に満ちた;悪性の】

* virulence (n):毒性;毒々しさ;しんらつさ

 http://russell-j.com/beginner/reitan-v024.htm

<用例1>
And unless an international Government is previously established, the
children of different countries will be taught a virulent form of patriotism
which will make it nearly certain that they will exterminate each other
when grown up.
[そして,国際政府が前もって作られているのでなければ,いろいろな国の子供たち
は,敵意に満ちた愛国心を教えこまれるであろうことから,それによって,おとなに
なったら,互いに殺し合うようになるのは,ほぼまちがいないだろう。]
 出典:ラッセル『結婚論』第21章「結論」
     http://russell-j.com/beginner/MM21-040.HTM

<用例2>
To diminish the virulence of these passions is, therefore, an essential of
human progress. .
[それゆえ,こういう感情の毒々しさを減らすことが,人類の進歩の要件である。]
 出典:ラッセル『結婚論』第18章「優生学」
     http://russell-j.com/beginner/MM18-110.HTM

<用例3>
Though all such financial begging is always awkward and distasteful, we only
occasionally met with unpleasantness and only once with virulent
discourtesy.
[そのような資金援助の無心(物乞い)は,全て常にぶざまで嫌なものであるが,我々
が不愉快な目に会ったのはたまにしかなく,敵意にみちた無礼な仕打ちを受けたのは
たった一度だけであった。]
 出典:ラッセル『自伝』第3巻第4章「ラッセル平和財団」
     http://russell-j.com/beginner/AB34-120.HTM

<参考1>
a virulent type of flu
[悪性のインフルエンザ]
 出典:『京大学術語データベース 基本英単語1110』p.240

<参考2>
virulent criticism / virulent nationalism
 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.

=================================

<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0716MD955/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0716MD955&linkCode=as2&tag=russellj-22&linkId=5127f36e491a0a26f16a22c184ec5af7">『ラッセル英単語熟語1200』(バートランド・ラッセルの英語)</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=am2&o=9&a=B0716MD955" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
 ■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
 ■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
 ■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ