AstroFifth News FREE

  • ¥0

    無料

著者サイト

天文・宇宙分野のニュースは毎日のようにネット上を流れています。科学の世界はまさに日進月歩ですね。 このメルマガでは姉妹誌「AstroFifth News Weekly(月額100円:税別)」からハイライト記事を選んで毎月1回ご紹介していきます。ご愛読ください。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

☆彡━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AstroFifth News FREE 第37号 【発行日 2016.12.26】(休刊)
━━━━━━━━━━━━━━━☆彡☆彡☆彡☆彡

[休刊のお知らせ]
都合によりAstroFifth News FREE は本号をもちまして休刊します。
ながらくのご愛読ありがとうございました。

━INDEX━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
★彡01:カッシーニが土星の環の内側を通過(12月5日)
☆彡02:準惑星ケレスに氷が存在(12月15日)
☆彡03:ベテルギウスは伴星を飲み込んだ?(12月19日)
★彡 News Weeklyの目次から
★彡 イベント情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★彡01 カッシーニが土星の環の内側を通過(12月5日)

1997年に打ち上げられ、2004年から土星を周回しながら観測を続けているNASAのカッシーニ探査機が4日午後10時9分(日本時間)、土星の環の内側をかすめるように通過した。土星大気の表面からの距離は9万1千キロほどで、一番内側の環Fからの距離は1万1千キロ。その直前の2日と3日に土星の北半球上空から撮影し地球に送信してきた画像には北極の周囲を巡る特徴的な六角形のジェット気流などの詳細な画像が写っている。

カッシーニは11月30日から来年4月22日にかけて北極と南極の上空を通過する周期7日の軌道に入り、土星を20周する際に環の外縁部分をかすめるように通過する。次回の接近は12月11日の予定。

カッシーニは燃料が枯渇して制御不能となる前に土星本体に突入して9月15日にミッションを終了することが決まっている。4月からは最終の観測フェーズに入り、土星表面から1600kmほどまで接近し、環の内側をくぐり抜ける。

NASA/JPL: Cassini Beams Back First Images from New Orbit Around Saturn
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2016-311

NASA/JPL: Cassini Makes First Ring-Grazing Plunge Around Saturn
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2016-308

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆彡02 準惑星ケレスに氷が存在(12月15日)

準惑星ケレスに氷が存在することが探査機ドーンの観測でわかった。

ドーンに搭載されたガンマ線中性子検出器「GRaND」の観測からはケレスの表面近くの地層には水素が多く含まれていることがわかり、地表だけでなく地中にも大量の水が多孔質の岩石に含まれた氷として存在していることを示唆している。鉄やカリウム、炭素の分布から、かつてケレスの表面は水によって浸食されていた形跡がある。これはコンドライトと呼ばれる種類の隕石が水によって変成されていることとも合致する。

ケレスでは鉄と比べて水素の比率がコンドライト隕石より大きい。これはケレスが他の小惑星より大きいために鉄などの重い元素が内部に沈んでしまったか、あるいは太陽系の別の場所で形成されたためである可能性が考えられる。

いっぽうケレスの北極付近にあるクレーターの画像を詳細に分析したところ、太陽の光があたらない零下160度ほどのクレーターの底の部分に明るく輝く点が複数個あることが確認され、赤外線スペクトルの分析から水の氷であることがわかった。水星や月のクレーターの永久影で見つかったのと同様の氷と考えられる。ケレス内部の氷が表面に現れたか、あるいは他の天体の衝突によってもたらされた可能性があるとグループでは考えている。

ケレスの表面で最も目立つオッカトルクレーター内部の中心部にある輝点にはセレリア・ファクラ、その近くの輝点群にはヴィナリア・ファカラエという名前がそれぞれ付けられた。

NASA/JPL: Where Is the Ice on Ceres? New NASA Dawn Findings
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2016-321

IfA: Ice Is Everywhere on the Dwarf Planet Ceres
http://www.ifa.hawaii.edu/info/press-releases/ice_ceres/

PSI: Subsurface Water Shaped Dwarf Planet Ceres
http://www.psi.edu/news/waterceres
http://www.psi.edu/news/cereshydrogen

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆彡03 ベテルギウスは伴星を飲み込んだ?(12月19日)

オリオン座の1等星ベテルギウスは地球から約640光年離れており、太陽の千倍ほどの直径をもつ赤色超巨星である。2009年にはその直径が以前の観測より大幅に縮んでいることがわかり、まもなく超新星爆発を起こす兆候ではないかと考える研究者もいる。

テキサス大学オースティン校の天文学者J. Craig Wheeler氏らの研究グループはベテルギウスの表面の自転速度が秒速15kmと、その巨体にしては早すぎることに着目し、この速度になってから1000年程度しか経っていないであると考えた。そこでベテルギウスにかつて太陽ほどの質量を持つ伴星が存在し、合体によって伴星の角速度が加わったと仮定してコンピューターモデルを構築したところ、現在の自転速度が説明できることを示した。

ハーシェル宇宙望遠鏡で撮影されたベテルギウスの画像には主星から7秒角ほど離れた場所に衝撃波のようなふくらみがあり、グループではこれを主星が伴星を飲み込んだ際の余波かもしれないと考えている。

ベテルギウス表面の振動パターンから内部の構造を探る「星震学」が発達すれば、いずれベテルギウスの内部に取り込まれた伴星の存在が明らかになるのではないかと期待される。

UT-Austin: Famous Red Star Betelgeuse Is Spinning Faster Than Expected
http://mcdonaldobservatory.org/news/releases/20161219

Sky&Telescope: Did Betelgeuse Swallow Its Companion?
http://www.skyandtelescope.com/astronomy-news/did-betelgeuse-swallow-its-companion/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★彡 News Weeklyの目次から

§§§§§§ 第150号【発行日 2016.12.12】§§§§§§
★ カッシーニが土星の環の内側を通過(12月5日)
☆ 暗黒物質の分布は宇宙論予測よりなめらか?(12月7日)
☆ 土星の衛星は意外に若い?(12月7日)
★ ニュースヘッドライン
- AAS: 銀河の膨んだ部分には惑星があまりない?(11月30日)
- NAOJ: ALMA望遠鏡で系外惑星の塵の大きさを測定(12月5日)
- Sorae.jp: HAKUTO参加の月面探査レース インドのチーム・インダスがPSLVロケット契約(12月6日)
- NASA: 植生と大気中の炭素循環を観測する静止衛星を打ち上げ(12月6日)
- Notre Dame: 宇宙第一世代の恒星に手がかりを与える第二世代の恒星(12月6日)
- Sorae.jp: NASA、燃料補給人工衛星「Restore-L」推進へ SSLと契約し2020年打ち上げ予定(12月7日)
- ASTEROIDDAY/United Nations: 6月30日を国際小天体の日とすることを国連が宣言(12月7日)
- Sorae.jp: スペースX、1月初旬にロケット打ち上げ再開予定と公式声明(12月8日)
- Sorae.jp: キヤノン電子が選んだ(?)インド、PSLVロケットの“お買い得”度(12月8日)
- JAXA: SS-520 4号機実験の実施について(12月8日)
- Dunlap/Toronto: アマチュア天文家がパルサー連星の仕組みを観測(12月8日)
- MPIfR: パソコンの解析で近接した中性子連星を発見(12月8日)
- KU Leuven: 近隣の恒星が示す地球の50億年後の運命(12月8日)
- NASA: PinterestとGIPHYでも情報共有を開始(12月8日)
- CXC/MSFC: 驚くべき速度で恒星を生み出している遠方の銀河(12月8日)
- NASA: アメリカの伝説ジョン・グレン氏を追悼(12月8日)
- MyNaviニュース: 【レポート】2021年月への旅 - NASA、アポロ計画以来となる有人月飛行計画「EM-2」
1 有人火星飛行を目指す旅路(12月9日)
- Sorae.jp: 米初の地球周回 ジョン・グレン氏、95歳で亡くなる 向井さんと宇宙飛行も(12月9日)
- Sorae.jp: 「宇宙ゴミ」を減らして未来を救え!こうのとり6号機、画期的な技術を実証へ(12月9日)
- MyNaviニュース: NASAの月探査機LRO、アポロ計画やソ連の月探査機が着陸した場所を特定(12月9日)
- MyNaviニュース: 「こうのとり」6号機、ISSへ - H-IIBロケット6号機が打ち上げ(12月9日)
- Sorae.jp: 「こうのとり」6号機、H-IIBロケットで打ち上げ成功! ISS物資補給やデブリ除去実験へ(12月9日)
- JAXA: H-IIBロケッ ト6号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)の打上げ結果について(12月10日)
- BROWN: 木星形成時期についての新しい考察(12月9日)
- NASA/JPL: ジュノーが12日にふたたび木星をフライバイ(12月9日)
- Sorae.jp: アメリカのヒーロー、ジョン・グレン宇宙飛行士が“ヒーロー”と呼んだ最愛の人(12月11日)

§§§§§§ 第151号【発行日 2016.12.19】§§§§§§
★ 準惑星ケレスに氷が存在(12月15日)
☆ ブラックホールに飲み込まれて輝く超新星(12月12日)
☆ 火星表面でホウ素を発見(12月13日)
★ ニュースヘッドライン
- NRAO: 若い恒星を巡る生まれたての惑星の証拠(12月12日)
- CfA: 南極にあらたな天体観測の拠点(12月12日)
- Warwick: ルビーとサファイアの砂が吹き荒れる巨大惑星(12月12日)
- LSU: LIGOの発見が「Physics World」の今年のブレークスルー賞に選ばれる(12月12日)
- IfA: 太陽の自転にブレーキをかける(12月12日)
- Arizona: 地球のトロヤ群小惑星を探す(12月12日)
- MyNaviニュース: 【連載】宇宙開発秘録 - 夢敗れたロケットや衛星たち
8 空飛ぶ口紅 - 英国初の衛星打ち上げロケット「ブラック・アロウ」(前編)(12月13日)
9 空飛ぶ口紅 - 英国初の衛星打ち上げロケット「ブラック・アロウ」(後編)(12月15日)
- MyNaviニュース: 「こうのとり」6号機、ISSへ到着 - ロボットアームでキャプチャ
(12月13日)
- Sorae.jp: スペースX初の宇宙飛行士輸送、2018年に延期へ 9月のロケット爆発事故影響か(12月15日)
- SISSA: 若くて薄くて活発な銀河の例外種族(12月13日)
- JAXA: 宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)の国際宇宙ステーションとの結合について(12月14日)
- MyNaviニュース: 【レポート】ジョン・グレン元宇宙飛行士が死去 - 米国初の地球周回飛行に成功した英雄(12月14日)
- COLORADO: 地球上層大気に組み込まれた温度安定化機構(12月14日)
- NBI: 若い恒星から噴き出すつむじ風(12月14日)
- TIFR: ある種の中性子星は連続的に重力波を出す(12月14日)
- Sorae.jp: アマゾンCEO設立のブルー・オリジン、巨大ロケット工場をフロリダに建築中(12月15日)
- Sorae.jp: 木星の美しい「真珠」模様 探査機「ジュノー」撮影に成功 巨大な嵐の1つ(12月15日)
- SISSA: 標準理論を超えた「ミニ渦巻」(12月15日)
- GSFC: マイクロレンズ効果で見つかった系外惑星は海王星規模が多い(12月15日)
- NASA: ハリケーン観測衛星を打ち上げ(12月15日)
- MyNaviニュース: 50年前に製造された固体燃料ミサイルの燃焼試験に成功 - 米空軍(12月16日)
- MyNaviニュース: ispace、JAXAと月資源開発に関する産業の創出に向けた構想を検討へ(12月16日)
- JAXA: イプシロンロケット2号機によるジオスペース探査衛星(ERG)の打上げ時刻について(12月18日)
- MyNaviニュース: 【レポート】イプシロンロケット2号機現地取材 - 初の強化型の打ち上げまでもうすぐ! 気になる最新情報をチェック(12月19日)

§§§§§§ 第152号【発行日 2016.12.26】§§§§§§
第152号 【発行日 2016.12.26】
★ ベテルギウスは伴星を飲み込んだ?(12月19日)
☆ ドライアイスが育てる火星の蜘蛛(12月20日)
☆ 銀河系外からのガンマ線に暗黒物質由来の兆候はない(12月19日)
★ ニュースヘッドライン
- HBO: “手のひらサイズ”の人工衛星が拓く宇宙革命!ブームになりつつある超小型衛星に秘められた可能性とは?(12月18日)
- HBO: 【レポート】イプシロンロケット2号機現地取材 - 初の強化型の打ち上げまでもうすぐ! 気になる最新情報をチェック(12月19日)
- Sorae.jp: 月面探査レースのHAKUTO ispaceとJAXAが月面資源開発を共同検討(12月19日)
- TAMU: テキサスA&M大学の研究で銀河の進化論を確認(12月19日)
- STScI/IfA/CfA/MPIA/MPE: Pan-STARRSによる世界最大のスカイサーベイ結果が公開(12月19日)
- WUSTL: ダイヤモンド欠乏は新ドリアス期の隕石衝突を否定する(12月19日)
- JAXA: イプシロンロケット2号機によるジオスペース探査衛星(ERG)の打上げ結果について(12月20日)
- JAXA: ジオスペース探査衛星(ERG)の太陽電池パドル展開及び衛星の愛称について(12月20日)
- MyNaviニュース: 【レポート】ついに運用が始まった欧州版GPS「ガリレオ」
1 GPS依存から脱却し、世界で最も精密な全地球衛星航法システムへ(12月20日)
- Sorae.jp: 日本の月面探査「HAKUTO」、インドのチームインダスと相乗り契約! PSLV打ち上げは2017年12月末(12月20日)
- Sorae.jp: イプシロンロケット2号機、打ち上げ! ジオスペース探査衛星(ERG)で高エネ電子の解明狙う(12月20日)
- MyNaviニュース: JAXA、イプシロンロケット2号機を打ち上げ - ジオスペース探査衛星を搭載(12月20日)
- NRAO: 現行世代の恒星が生まれた時代をVLAとALMAで観測(12月20日)
- Yale: データ主導による系外惑星発見手法を開発(12月20日)
- NASA: 宇宙からのレーザー探査で植物プランクトンの盛衰を調べる(12月20日)
- MyNaviニュース: 【レポート】イプシロンロケット2号機現地取材 - 打ち上げは成功、星空の中に消えたイプシロンの様子をレポート!(12月21日)
- MyNaviニュース: 【レポート】イプシロンロケット2号機現地取材 - 衛星の愛称は「あらせ」、宇宙の嵐に突入して論争の決着を目指す(12月21日)
- MyNaviニュース: 【コラム】どこでもサイエンス-92- 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その1(12月21日)
- 日経ビジネスOnline: 宇宙開発の新潮流 ネット人口倍増へ、孫正義氏衛星に1400億投資 混沌と活気が混在する「衛星コンステレーション」(12月22日)
- HBO: 宇宙の宅配便「こうのとり」6号機、打ち上げ成功!宇宙開発と人類の未来を背負った日本の挑戦(12月23日)
- OAO: 天文学コミュニケーションイベント2018を日本で開催(12月23日)
- NASA: ピアース・セラーズ宇宙飛行士を追悼(12月23日)
- HBO: ソフトバンクが10億ドル出資する宇宙企業「OneWeb」ってなんだ!?(12月24日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★彡 イベント情報

★ 東京12月30日
コミックマーケット91
東京ビッグサイト 12月29日(木)~31日(土)(宇宙関連は主に30日)
http://www.comiket.co.jp/
コミケット91の宇宙クラスタ向け同人誌
https://togetter.com/li/1055245

★ 東京 〜1月9日
森美術館「宇宙と芸術展」
ガリレオ・ガリレイの天文学手稿、チベット曼荼羅、流星刀、江戸時代の貴重な天文学資料など
森美術館 7月30日~2017年1月9日(月・祝)
http://www.mori.art.museum/contents/universe_art/

★ 三鷹1月21日
アストロノミー・パブ2017年1月
「ベテルギウスは なぜ爆発しないのか?」
三鷹ネットワーク大学 1月21日 (土) 18:30~20:30
受付期間 12月6日(火)午前9時30分~1月4日(水)午後5時
受講料3,000円 定員 25人(抽選)
https://www.mitaka-univ.org/kouza/D1650700

★ 金沢1月24日
金沢法人会1月定例研修会
的川泰宣『はやぶさ』の軌跡 ~21世紀を生きる技術者の夢~
石川県地場産業振興センター 1月24日(火)13:30〜15:00(要事前申込)
http://kanazawa-houjinkai.or.jp/seminar/2016/12/19/830/

★ 京都2月11日
第10回宇宙ユニットシンポジウム
「宇宙にひろがる人類文明の未来2017ー宇宙における持続可能な社会基盤の構築ー」
京都大学百周年記念時計台記念館 2月11日(土)〜12日(日)
http://www.usss.kyoto-u.ac.jp/symposium10.html

★ 向日市2月18日
特別天文講演会 「世界の金星探査と日本の挑戦」
金星探査機「あかつき」プロジェクトマネージャ 中村正人氏
向日市天文館プラネタリウム室 2月18日(土)午後1〜2時(開場:午後12時40分)
定員 80名(先着順)
http://www.city.muko.kyoto.jp/i/kurashi/tenmonkan/event/1460861973535.html

━編集後記━━━━━━━━━━━━━━☆彡

「AstroFifth News Weekly」のダイジェスト版として2014年1月からお送りしてきた「AstroFifth News FREE」は、誠に勝手ではありますが、個人的な事情により現在のようなスタイルでのメルマガ編集が難しくなってきたため、今回の臨時号をもちまして休刊となります。

みなさまのメールアドレスは当面ご登録されたままとなりますので、次回、新たなサービスを開始する際にはこちらのメルマガをもってご連絡手段とさせていただきます。

またTwitterアカウント @AstroFifth でもおりにふれ情報発信をしていきたいと考えています。

みなさまご愛読どうもありがとうございました。また、いつかどこかで。

───────────────────────────────
発行者:ふぃふす☆すたあ管理人
編集:AstroFifth News編集委員会
Twitter:@AstroFifth
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001624681.html

────────────────────────────☆彡
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
AstroFifth News FREE
発行周期
月刊
最終発行日
2016年12月27日
 
発行部数
132部
メルマガID
0001624681
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ