バートランド・ラッセルの言葉366

  • ¥0

    無料

メルマガ「ラッセルの英語」の姉妹誌です。「ラッセルの英語」の方は,英語の学習に資するように,ラッセルの英文で使われている英単語・熟語・フレーズや構文等に注目していますが,「ラッセルの言葉366」ではラッセルが言っている内容に注目し,ご紹介していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
バートランド・ラッセルの言葉366
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2017年07月27日
 
発行部数
62部
メルマガID
0001626338
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
      n.1150 (2017年07月27日/ 木曜日)[2014/1/28創刊]

 バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 公式メールマガジン: http://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: http://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: http://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: http://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: http://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作
  からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'
  に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
  読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありま
  したら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるい
      は,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由で
      ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックした
      アマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品
      のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入
      入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.)
      収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッ
      セル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『権力』(Power, 1938) 第6章 むきだしの権力 n.26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第6章 剥き出しの権力 n.26

 この間題の本質は,時折,誤解されている。(即ち)思考において(頭のなかで)
,理論家にとって,反抗のための十分な動機を与えないように思われる統治形態(政
治形態)を発見するだけでは不十分である。現実に生みだすことができて,しかも,
さらに、革命を鎮圧(抑圧)することあるいは防止することが可能な忠誠心を起こさせ
る統治形態(政治形態)を見つけだす必要がある(のである)。これは実践的な政治
(的)手腕(practical statesmanship)の問題であり,その問題のなかで(は)、関係
する民衆の全ての信念や偏見を考慮に入れなければならない。(世の中には),任意
のほとんどの集団は国家機構を掌握するやいなや政治的宣伝によって国民一般を従わ
せる(黙従させる)ことができる,と信じている人々がいる。けれども,この説には
,明らかに限界がある。国家宣伝は,近年,インドや(一九ニー年以前の)アイルラ
ンドに見られるように,国民感情に反する場合には無力であることがわかってきてい
る。国家宣伝は、強い宗教的感情に反する場合も,普及させることは困難である。ど
の程度まで,またどれくらいの期間,そのような国家宣伝が多数者の利益に反しても
普及させることができるかは,いまだ,疑わしい問題である。けれども,国家宣伝は
,着実に効果的なものになっていくことは認めなくてはならない。それゆえ,(民衆
の)黙従を確保する問題は,政府にとって次第に容易なものになりつつある。以上提
起した(諸)疑問は,後にもっと詳細に考察しよう。今のところ,そうした疑問は心
に留めておくことだけにしておこう。

Chapter VI: Naked Power, n.26

The nature of this problem is sometimes misapprehended. It is not sufficient
to find, in thought, a form of government which, to the theorist, appears
to afford no adequate motive for revolt ; it is necessary to find a form of
government which can be actually brought into existence, and further, if it
exists, will command sufficient loyalty to be able to suppress or prevent
revolution. This is a problem of practical statesmanship, in which account
must be taken of all the beliefs and prejudices of the population concerned.
There are those who believe that almost any group of men, when once it has
seized the machinery of the State, can, by means of propaganda, secure
general acquiescence. There are, however, obvious limitations to this
doctrine. State propaganda has, in recent times, proved powerless when
opposed to national feeling, as in India and (before 1921) in Ireland.
It has difficulty in prevailing against strong religious feeling. How far,
and for how long, it can prevail against the self-interest of the majority,
is still a doubtful question. It must be admitted, however, that State
propaganda becomes steadily more effective; the problem of securing
acquiescence is therefore becoming easier for governments. The questions
we have been raising will be considered more fully at later stages; far
the present, they are merely to be borne in mind.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/POWER06_260.HTM

====================================

<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&index=aps&keywords=%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89366&linkCode=ur2&tag=russellj-22">「ラッセルの言葉366」</a><img src="https://ir-jp.amazo
-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />好評発売中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ