ハウスドクターの住宅診断レポート

  • ¥0

    無料

ハウスドクターとは、住宅診断を専門にするスペシャリストです。 建築経験35年の1級建築士、住宅性能評価員の国家資格を有するほか、北海道住宅検査人(001号)・BIS(北海道特有の断熱技術者)の資格も有しています。 これまで1200件の住宅診断の実績があり、この住宅診断をもとに最適なアドバイスを致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ハウスドクターの住宅診断レポート
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年10月10日
 
発行部数
112部
メルマガID
0001626698
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > 一戸建て

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

~~ハウスドクター宮下の住宅診断レポート~~~~~~~~
こんにちは、宮下です。

私には月末という感覚がなく
もう10月も一週間が過ぎてしまいました。
メルマガをアップしていない、言い訳です(^^)

先月末、5年継続して札幌弁護士会から
ご依頼を受けております、
司法修習生の住宅問題についての
講師をさせて頂きました。

その中で必ず、お話するのは
「現象と原因は違う」です。

現象だけを捉えて
どんどん進んでしまうと
とんでもないことになってしまいます。

そして最後の締めにも必ず、お話するのは
建築の専門家も入れて、やりましょう
という事です。
解決は必ずしも裁判だけではありません。
あくまでも裁判は最後の方法です。


では、そうならない為の
「住宅診断レポート第47弾」

今回のテーマは
「リフォームトラブル」
http://www.espas.biz/info/detail.cgi?number=404
リフォームトラブルでも特に大きな問題になるのは
「雨もり」です。
原因、浸入口を特定できないでやってしまうと
直らないケースが多いです。

現象だけを診て、簡単に判断して
安易に改善方法を決めてしまうのは危険です。

私は雨もりの専門家ではありませんが
相談件数は多いです。

雨もりを直すのはとても難しいです。
経験と知識からある程度の推定は可能です。

しかし、確定させるには解体が必要です。
私の場合は改善工事の監理もさせて頂いています。
雨もりの原因は1つだけでないこともあり
とても難しい工事になります。

雨もり、すがもり、結露は似たような現象が出ます。
原因を特定して改善方法を決めますが
この現象をどう判断するかで、方法がまったく違います。

更に寒冷地では「凍害」という現象がありますが
この現象を理解していないと
何度、改善しても直ることはありません。
北海道のような寒冷地でも意外と
凍害を理解できない方がいます。

そして、リフォームトラブルで多いのは
突然の訪問販売のような売り込み営業。

外部から見て、
「外壁がボロボロですよ?」
「軒天井が落ちてきていますよ?」

このような情報は一応は受け取りましょう。
でも、初めて会う人の話をどこまで信用できますか?

その情報で驚いて
ついつい、工事まで依頼してしまうケースは
トラブルになる場合が多いようです。
私のところへはそのようなトラブル相談もあります。

10年来のお客様から、ご相談がありました。

「外壁が傷んできていますから、張替えましょう」と
数件の知らない業者から云われ、心配になったようです。

後日、お伺いすることになり
実際に見ても、何の問題もありませんでした。

もっとも10年前に外壁の改修監理をさせて頂いたお家です。

また、10年来の違うお客様から
「軒天井が落ちてきますよ。
原因は屋根ですから、屋根を張り替えましょう」と
通りすがりの業者さんから云われたそうです。


「屋根の造り方がおかしいから、屋根の板金を剥がして
 下地から直さないとダメだ」と
専門的な話を聞いて、心配になったようです。

後日、お伺いして見ると
確かに軒天井の一部がボロボロで落下しそうでした。

私の結論は
「原因は屋根ではなく、外壁の納まりです」
屋根は一般的な造りで大きな問題はありません。

現在、外壁の改修の監理をさせて頂いております。
改修監理には工事費以外に別途、費用が掛かりますが
これで軒天井の問題は解決します。

そんな事例が以下です。
http://www.espas.biz/info/detail.cgi?number=405

私のような相談できる専門家がいて、良かったと
とても安心されて喜んで頂きました。

私はこのようなトラブルを未然に防ぎたくて
始めた仕事です。

リフォームを目的にしていません。
家の困りことを解消するのが目的の住宅診断です。


私のホームページにはたくさんの診断事例が掲載させています。
ご参考になれば、幸いです。
http://www.espas.biz
また、友人、知人の方にもご紹介して頂ければ、幸いです。
ちょっとでも、気になることがあれば、お気軽に電話、FAX、メールで
ご相談ください。少しでも、悩みが解消されれば、嬉しいです。

電話:011-788-2059
FAX:011-788-2063
メールアドレス:espas@myad.jp
(メールに写真を添付して頂けると助かります)

緊急でお急ぎの方は直通の携帯

090-7640-4684までご連絡ください。
電話に出ない場合は留守番電話に伝言して頂けれると
折り返し、ご連絡させて頂きます。

◎メールマガジン「ハウスドクター宮下の住宅診断レポート」

◎メールマガジン発行責任者:ハウスドクター宮下
◎公式ホームページ:http://www.espas.biz
◎お問い合わせ:espas@myad.jp
◎ブログも不定期ですが、投稿しています:http://espasbiz.hatenablog.com/
○facebookもやっております。ご興味のある方は検索してみてください。
●メルマガへの解除: http://archive.mag2.com/0001626698/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ