日中中日翻訳フォーラム

  • ¥0

    無料

中国語・日本語翻訳のプロフェッショナル人材を育成する日本僑報社・日中翻訳学院(東京・西池袋)の無料メールマガジン。中国語の日本語訳、また日本語の中国語訳に関心がある方や、翻訳者を目指す方のための有益で貴重な情報を満載。日本僑報社の翻訳書籍の新刊や翻訳に関する最新情報などをマンスリーでお伝えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日中中日翻訳フォーラム
発行周期
月刊
最終発行日
2017年08月30日
 
発行部数
480部
メルマガID
0001631601
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > その他の外国語 > 中国語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      日中中日翻訳フォーラム 第41号 2017年8月30日(水)発行
       http://fanyi.duan.jp 編集発行:日中翻訳学院事務局
      ------------------------------------------------------
       登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001631601.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編者より

○ 日本僑報社の好評シリーズ「日中中日翻訳必携 実戦編」の第3弾となる『美しい中国語の手紙の書き方・訳し方』がまもなく発売されます(下記参照)。

現ロサンゼルス総領事で中国語に関する著書、訳書も多い、千葉明さんによる著作です。

千葉さんは、この日中翻訳学院でも講師として「手紙の書き方」をはじめ、よりよい翻訳のノウハウについて教えられたことがあります。

日中翻訳学院の人気講師、武吉次朗先生が「これに沿って手紙を書けば中国の友人が驚くに違いない」と推薦される通り、翻訳のプロを目指す皆さんにとって大変役立つ一冊です。

千葉さんのその類まれな語学力と優れた翻訳ノウハウが、余すところなく紹介されています。中国語翻訳のさらなるレベルアップのために、ぜひ本書を活用ください。

○ 今号のメルマガで発表しましたが、日中翻訳学院は、翻訳家の武吉次朗先生が講師を務める中文和訳の通信講座「武吉塾」が来年第20期を迎えることから、記念企画として武吉塾の思い出の文章を募集します!(下記参照)

「武吉塾で学んだこと」「武吉塾と私」「武吉塾の思い出」などをテーマに、武吉塾での学びや出版翻訳で修得した翻訳のあれこれについて受講生の皆さんに寄稿していただきたいと思います。

もちろんテーマはこれ以外でも構いませんので、どんどんご提案ください。応募作は選考を経た上で、1冊の本にまとめて日本僑報社より刊行する予定です。

その作品集は、武吉塾20期の集大成であり、武吉先生への恩返しの表れでもあり、日中交流活動の一環でもあります。

さらには翻訳を学ぶ人たち、後輩たちにとって、これまでにない新しいテキストになるに違いありません。ぜひその貴重な経験を伝えてください。

締め切りまでには、まだ十分な時間があります。多くの受講生からのご応募をお待ちしています!

2017年8月30日

段躍中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1)翻訳必携実戦編3『美しい中国語の手紙の書き方・訳し方』が刊行決定!
  http://duan.jp/item/249.html

2)【受講生動向】『習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン』が発売
  http://duan.jp/item/233.html

3)【日中翻訳学院】中文和訳の通信講座「武吉塾」第19期を10月より開講へ
  http://fanyi.duan.jp/takeyosijuku.htm

4)【日中翻訳学院】「武吉塾」第18期セミナー開催、「私の翻訳体験記」募集開始
  http://duan.jp/news/jp/201708052.htm 

5)【日中翻訳学院】「武吉塾の思い出」原稿を募集します!翻訳必携シリーズで出版化
  http://fanyi.duan.jp/

6)日中翻訳学院の第2回中国語カラオケ会が開催されました(受講生報告)
  http://duan.exblog.jp/25254054/ 

7)【最終案内】段躍中編集長、「永遠の隣人」日中の相互理解テーマに講演へ 9/3
  http://www.npo-asia.org/news 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)翻訳必携実戦編3『美しい中国語の手紙の書き方・訳し方』が刊行決定!
  http://duan.jp/item/249.html

【日本僑報社発】日本僑報社は、現ロサンゼルス総領事で中国語に関する著書、訳書も多数の千葉明氏による『美しい中国語の手紙の書き方・訳し方』を刊行することをこのほど決定した。10月に発売予定。
 日本僑報社の好評シリーズ「日中中日翻訳必携 実戦編」の第3弾となる。同シリーズ2作の著者であり、日中翻訳学院の人気講師である武吉次朗氏は「こんな良書に、もっと早く出会いたかった」「懇切丁寧な解説、すぐに使える用語と約束事」「これに沿って手紙を書けば中国の友人が驚くに違いない」と推薦の言葉を寄せる。

――この本は、「尺牘」(せきとく)と呼ばれる中国語の手紙の構造を分析して日本人向けに再構成し、テーマ別に役に立つフレーズを厳選して、パーツとして活用できるように配置したものです。パズルを組み立てる要領で社交文ができあがるよう工夫を施してあります。近年再び評価が高まってきた文語表現に対応しており、読み解くための中日翻訳はもちろん、自在に書ける日中翻訳にも活用できます(千葉氏)。

日本人にとって、中文和訳よりも一段とハードルの高い日文中訳。しかも中国語で手紙を書くとなると「間違えたら恥ずかしい」と二の足を踏みがちになるが、そんな時にも手元に置けば心強い一冊。
手紙をはじめメールやチャットなどにも使える「美しい中国語」に、さらに自信がつくに違いない。

■ 日中中日翻訳必携 実戦編3『美しい中国語の手紙の書き方・訳し方』
千葉明著、日本僑報社刊
 http://duan.jp/item/249.html 

【著者略歴】千葉明(ちば・あきら)
1959年生まれ。東大法学部卒。外務省中国課勤務後、北京大学、カリフォルニア大学バークレー校(修士)に留学。二回の在中国大使館勤務、国際報道官、法務省入国管理局登録管理官等の後、在米大使館公使、在イラン大使館公使、日本学術会議事務局次長を経て在ロサンゼルス総領事。この間東大教養学部講師(中国語作文)。通訳案内士(英、仏、中)、中国政府ビジネス中国語検定BCTレベル5。
著書に『日中体験的相互誤解』(日中対訳版、2005年)、訳書に『何たって高三!』(2006年、いずれも日本僑報社刊)ほか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)【受講生動向】『習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン』が発売
  http://duan.jp/item/233.html

【日本僑報社発】日本僑報社は、5年に一度の中国共産党大会を目前に控え、中国の発展ビジョンをいち早く知る『習近平政権の新理念 ―人民を中心とする発展ビジョン』をこのほど刊行した。8月上旬より好評発売中!

保護主義の台頭や経済減速で世界が揺れる中、「一帯一路」などグローバルな政策で大国としての存在感を増す中国。2017年秋には5年に一度の党大会が開かれ、中国政治の重要課題に関する決定が行われる。注目されるのが、経済の「新常態」の下で進められる中国の新ガイドライン「六大発展理念」だ。
本書は、人民を中心として推進されるこの六大理念「イノベーション、調和、グリーン、開放、わかち合い、安全」について、習近平政権ブレーンの第一人者である胡鞍鋼氏(清華大学教授)がわかりやすく解き明かす。中国のいまとこれからを知る上で必読の一冊!

■『習近平政権の新理念 ―人民を中心とする発展ビジョン』
著者: 胡鞍鋼(こ・あんこう)、鄢一龍(えん・いちりゅう)、唐嘯(とう・しょう)他
訳者: 日中翻訳学院『習近平政権の新理念』翻訳チーム(代表・高橋静香)
判型: 四六判 192頁
定価: 1900円+税
ISBN 978-4-86185-233-6  9784861852336
注文先: http://duan.jp/item/233.html 
アマゾン: http://qq2q.biz/FcoF

【著者代表紹介】胡 鞍鋼(こ・あんこう)
1953年生まれ。現在、清華大学公共管理学院教授、同大学国情研究センター長。「第13次五カ年計画」専門家委員会委員などを歴任。各種の専門書、国情研究シリーズなど、80冊以上出版。
邦訳に『中国のグリーン・ニューディール』、『SUPERCHINA~超大国中国の未来予測~』、『中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画』、『中国政治経済史論(出版予定)』(以上、日本僑報社)などがある。
中国国家自然科学基金委員会傑出青年基金の援助を獲得する。中国科学院科学技術進歩賞一等賞(2回受賞)、第九回孫冶方経済科学論文賞、復旦管理学傑出貢献賞などを受賞。

【訳者紹介】日中翻訳学院 『習近平政権の新理念』翻訳チーム(代表・高橋静香)
日中翻訳学院は、日本僑報社が2008年9月に設立した、よりハイレベルな日本語・中国語人材を育成するための出版翻訳プロ養成スクール。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3)【日中翻訳学院】中文和訳の通信講座「武吉塾」第19期を10月より開講へ
http://fanyi.duan.jp/takeyosijuku.htm 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中翻訳学院主催の「武吉塾」通信講座は、2017年10月開講の第19期受講生を募集いたします。ご好評に応えて、今期も全15回とします。
毎週、課題文を受講者にメールで送り、受講者は2週間後に訳文を講師あてメールで提出します。講師は丁寧に添削したものを各受講者あてに郵送するとともに、参考訳文と講評をメールで送付します。これを14回くり返し、最終回はスクーリングを計画しています。受講者には修了証書を授与します。

――「翻訳って、実に楽しいですね」「翻訳は、ほんとうに奥が深いのですね」。これは、私が20年以上にわたり各地で主宰してきた翻訳講座に参加した皆さんの、一致した感想です。中文和訳は、語彙を増やすだけでなく、論理的な中国語と情緒的な日本語の違いを知り、「コッテリ中華」の原文を「お茶漬けさらさら」に訳すうちに、背景にある両国文化の違いも勉強できます。そんな楽しみを、ぜひ皆さんにも味わっていただこうと思います――(武吉次朗先生)。

第19期の訳文提出日は、10月3日、10日、17日、24日、31日。11月7日、14日、21日、28日。12月5日、12日、19日。1月16日、23日。2月にスクーリングを開催。以上15回とします。スクーリングに参加できない方には別途特別課題を用意します。

 ご参考までに、第1回と第2回の課題文を掲載します。
○第1回の課題文 http://fanyi.duan.jp/takeyosi1.htm 
○第2回の課題文 http://fanyi.duan.jp/takeyosi2.htm 

参考書は、武吉次朗著『日中・中日 翻訳必携』『日中・中日 翻訳必携・実戦編』と新刊の『日中・中日 翻訳必携・実戦編2』(いずれも日本僑報社)です。
http://duan.jp/item/055.html 
http://duan.jp/item/160.html 
http://duan.jp/item/211.html 

※お申し込み、お問い合わせなど、詳しくは下記をご参照ください。
【主催】
日本僑報社・日中翻訳学院  http://fanyi.duan.jp/ 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15  電話:03-5956-2808

※ 詳細:中文和訳の「武吉塾」通信講座 第19期のご案内
http://fanyi.duan.jp/takeyosijuku.htm 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4)【日中翻訳学院】「武吉塾」第18期セミナー開催、「私の翻訳体験記」募集開始
  http://duan.jp/news/jp/201708052.htm 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中翻訳学院は、翻訳家の武吉次朗先生が講師を務める中文和訳の通信講座「武吉塾」の第18期公開セミナーを8月5日(土)午後、東京・池袋のIKE・Bizとしま産業振興プラザで開催した。
 中国語翻訳のプロを目指す受講生ら30人余りが、通信講座とは趣の異なる武吉先生の“生”の講義に熱心に耳を傾けた。
続く懇親会では、武吉先生を交えて全国各地からの参加者が和やかに交流したほか、来年迎える第20期の「武吉塾」を記念する企画として「私の翻訳体験記」の出版化についても日本僑報社より提案された。

セミナーではまず、武吉先生が「武吉塾」第18期(約4カ月・全15回)の添削を終えての総評として「訳文作成のとき おろそかになりがちなこと」と題して講演した。
その中で、タイトル付けの注意点として「タイトルを工夫する」ことが重要だと伝授。中国語の直訳にとらわれず「本文の内容をしっかり理解した上で、それにふさわしいタイトルを付けるのも、訳者の腕の見せ所」であると強調した。
一例として、直訳では「なぜごみを分別するのか村人たちは気づいた」というタイトルが、工夫次第で「ごみの分別が村民の常識に」「村をあげて取り組むごみ分別」といった、より簡潔でわかりやすい「本文の看板」を付けることができると説いた。

 また「用字と用語にも注意をはらう」として、「武吉塾の訳文添削の基準は、そのまま新聞記事として掲載できること」であるため、新聞記者の日本語ルールブック『記者ハンドブック』などを利用して漢字の意味や表記を理解した上で訳文に使いたい、などと指導した。
 参加者の中からは「普段はうっかり見過ごしてしまいがちな翻訳の極意を教えていただき、とても参考になりました」などの声が聞かれた。

続く懇親会では、和やかな雰囲気のもと参加者たちのあいさつや近況報告が行われた。
その中で、来年は「武吉塾」が第20期を迎えることから、記念企画として「私の翻訳体験記」の出版化について日本僑報社の段躍中編集長より提案があった。これは「私と武吉塾」「私の翻訳体験談」など武吉塾や出版翻訳で修得した翻訳のノウハウについて受講生たちに寄稿してもらい、選考を経た上で、1冊の本にまとめようというもの。
 段躍中編集長は「これまでにもセミナー開催時に、訳者たちから参考になる翻訳体験談を披露してもらった。それらをまとめて弊社の人気書『日中中日翻訳必携 実践編』のシリーズとして出版化したい」と呼びかけた(詳細は下記参照のこと)。

 また、来年の「武吉塾」第20期公開セミナーは、2018年8月18日(土)に開催予定であることが発表された。第20期の節目の会でもあり、中国で縁起のいい数字「8」の並んだ、覚えやすくおめでたい日が選ばれた。
段躍中編集長は「第20期公開セミナーに合わせて、『私の翻訳体験記』出版記念パーティーを開くことができたら」と新たな意欲を語っていた。
この後、参加者たちは武吉先生を囲んで、よりよい翻訳のノウハウなどについて積極的に意見交換を行った。

※「武吉塾」第18期公開セミナー
  http://jp.duan.jp/event/2017.08.05_takeyoshi-18.pdf 
※ 日中翻訳学院
  http://fanyi.duan.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5)【日中翻訳学院】「武吉塾の思い出」原稿を募集します!翻訳必携シリーズで出版化
  http://fanyi.duan.jp/

【日本僑報社発】日本僑報社・日中翻訳学院は、翻訳家の武吉次朗先生が講師を務める中文和訳の通信講座「武吉塾」が来年第20期を迎えることから、記念企画として武吉塾の思い出の文章を募集します。
「武吉塾で学んだこと」「武吉塾と私」「武吉塾の思い出」などをテーマに、武吉塾での学びや出版翻訳で修得した翻訳のノウハウについて受講生に寄稿してもらい、一定の選考を経た上で、1冊の本にまとめようという企画です。
 武吉先生の人気シリーズ『翻訳必携 実践編』(日本僑報社)の第4弾として、来年8月18日(土)に開催される武吉塾第20期公開セミナーに合わせて刊行する予定です。

 応募作が掲載された方には、もれなく作品集を一冊贈呈いたします。
 “翻訳力”を伸ばした武吉塾での発見や、貴重な出版翻訳体験談など、あなたの思い出をぜひご紹介ください。受講生のかけがえのない記憶の共有が、翻訳者全体のレベルアップにつながるに違いありません。
 皆さん、どしどしご応募ください! 募集内容は以下の通り。

■『翻訳必携 実践編4』―「武吉塾の思い出」原稿募集について

◆テーマ:「武吉塾で学んだこと」「武吉塾と私」「武吉塾の思い出」など。
◆対象者:「武吉塾」を何期も受講した人のほか、第18期の新規受講者と19期の新規受講者全員。

◆書いてほしい内容:
 ☆何期を受講しましたか?
☆いま翻訳の仕事をしていますか?   経常的に / 不定期に
仕事の内容:図書翻訳、教育、ビジネス、特許、TV字幕、医療、観光、興行、
その他(       )
☆受講によりレベルアップを実感していますか?
☆いちばんの収穫は何ですか?(具体例をあげて説明してください)
☆受講は、今のお仕事にどのように役立っていますか?
☆もっと訳してみたかったジャンルは何ですか?
☆図書翻訳をされた方は、成功例と失敗例について、ぜひ具体的にご紹介ください。

◆その他の事項:
☆仮名でも結構です
☆最低1000字から2000字をメドに書いていただきますが、オーバーしても構いません。
☆締め切りは、2018年4月10日(火)です。添付ファイルで日中翻訳学院宛に送ってください。
※ 日中翻訳学院 fanyi@duan.jp 
☆応募作が掲載された方には、本書を一冊贈呈します。

以上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6)日中翻訳学院の第2回中国語カラオケ会が開催されました(受講生報告)
  http://duan.exblog.jp/25254054/ 

日中翻訳学院の第2回カラオケ会は2017年8月5日(土)午後、池袋の中国語カラオケ専門店「カラオケパンダ」で開催されました。
今回は公開講座の後ということもあって、3名が飛び入り参加! 合計7名で、皆さん思い思いの歌を歌っていただきました。

参加された皆様からは「中国のPV映像が入ったカラオケ機種で歌ってみたかったので、嬉しかった」
「翻訳学院の人たちと中国語カラオケを歌うことができて、公開セミナー後の楽しみが増えた」といった嬉しい感想をいただきました。

カラオケ後のお食事会については、ご都合つく方が参加いただきましたが、日中間の話題含め和気藹々とした時間を過ごす事ができました。
また第3回目の開催も企画を予定しておりますので、皆様是非ふるってご参加ください!(石川)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7)【最終案内】段躍中編集長、「永遠の隣人」日中の相互理解テーマに講演へ 9/3
  http://www.npo-asia.org/news 

【日本僑報社発】日本僑報社の段躍中編集長は9月3日、東京・千代田区六番町の「主婦会館」プラザエフで「永遠の隣人―日本と中国がお互いに理解できるように―」と題する講演を行います。
 主催は、日本語教育関係の事業を通してアジアの国々について学び、相互理解を深めることを目指す、東京都庁認定NPO法人「アジアの新しい風」。

 経済や民間レベルの交流が近年活発化する一方で、政治的交流の低迷や文化的差異にともなう心理的な齟齬といった様々な課題を抱える日本と中国。しかし両国は、地理的に隣国同士であることが避けられません。
 講演では、この両国における文化や慣習などの異なる背景を理解し、よりよい交流のあり方や、より良好な関係を築くヒントを探ります。

日時、会場、お問い合わせ先などの詳細は、下記の通り(一般参加可能)。
お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。

■アジアの新しい風「第15回総会・講演会・懇親会」のお知らせ
1.日時 2017年9月3日(日)10:30-13:30 (受付10:00-)
2.会場 「主婦会館」プラザエフ 地下2階クラルテ
(JR四ツ谷駅から徒歩1分)http://plaza-f.or.jp/index2/ 
3.参加費 4,500円  ※ 懇親会の軽食ランチ代を含む(立食形式)
学生会員、Iメイト留学生は500円

4.スケジュール
第一部 総会(40分)
議題 2016年度活動と決算報告、2017年度活動計画と予算、役員人事、その他

第二部 講演会
講師:段躍中氏
テーマ:「永遠の隣人―日本と中国がお互いに理解できるように―」

【段躍中氏略歴】
1958年中国湖南省生まれ。中国青年報記者を経て、1991年来日。新潟大学大学院博士課程修了(2000年3月、博士学位を取得)。1996年日本僑報社を創設、340冊以上の書籍を出版。2005年、中国人の日本語作文コンクールを主催。2007年8月、池袋で星期日漢語角を創設。2008年9月、日中翻訳学院を創設。2009年度日本外務大臣表彰受賞。2016年5月、湖南大学客員教授に就任。

 ☆参加者3名に日本僑報社(編集長段躍中氏)発行の本をプレゼントします。

第三部 ランチ・懇親会(13:30まで)
「Iメイト・オブ・ザ・イヤー」の発表、清華大学訪問旅行(5月)の報告など。

5.お申し込み
new-wind2006@npo-asia.org へメールにて(先着80名様まで)。

※ 東京都庁認定NPO法人「アジアの新しい風」公式サイト
http://www.npo-asia.org/
 http://www.npo-asia.org/news 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集・発行:日本僑報社 http://jp.duan.jp/ 
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001631601.html 
★段躍中微博:http://weibo.com/duanjp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ