みんなで市民度あっぷ!

  • ¥0

    無料

市民度あっぷ!を目指すNPO法人「ど・あっぷ!」が発行するメルマガです。世の中のちょっとしたどあっぷ!的テーマについてのコラムやシティズンシップ教育についての話、また私たちの活動としての教材、教育実践などについてもお知らせしていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
みんなで市民度あっぷ!
発行周期
月刊
最終発行日
2015年07月18日
 
発行部数
18部
メルマガID
0001632263
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

<勉強会「海外の事例から考えるこれからの日本の主権者教育の意義と課題」>

選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が、
参院本会議で可決、成立しました。
国政選挙では来年夏の参議院選挙から18歳・19歳約240万人の有権者が
新たに誕生します。
これを受け、主権者教育の重要性も問われるようになってきました。
政府は有権者としての自覚を養う「主権者教育」を充実させる考えを示す一方、
自民党文部科学部会では、職員の「政治的中立」を確保するため、高校教員の
政治活動を制限し、違反した場合には罰則を科すよう求める内容の提言を近く
政府側に提出する事なども報じられ(7月3日)、教育現場での混乱が予想されます。

そこで、主権者教育の先進的海外の最新事例を西野氏にご報告いただきながら、
18歳選挙権引き下げに伴う、主権者教育の意義と課題、そして我々NPOなどが
行えるサポート等を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

■テーマ:「海外の事例から考えるこれからの日本の主権者教育の意義と課題」
■日時:2015年8月1日(土)15:30~17:30
■開場:神奈川県民サポートセンター 703号室
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html
■定員:15名
■参加費:無料
■主催:NPO法人ど・あっぷ!
■お申込み:https://ssl.kokucheese.com/event/entry/317697/

※西野偉彦(Takehiko Nishino):NPO法人Rights副代表理事 【略歴】
1984年東京都生まれ。明治学院大学法学部卒。(公財)松下政経塾修了。
青年会議所(JC)等と連携し「若者の社会参画」を推進しつつ、国内外の教育現場を
訪問し、政治的リテラシーや社会参画意識を育む「シティズンシップ教育(主権者
教育)」を研究実践。2011年度、神奈川県立湘南台高校シティズンシップ教育
アドバイザー(校長委嘱)に就き、「総合的学習の時間」を活用した授業プログラム
「模擬議会」の立案に参画。民間シンクタンクに勤務する傍ら、2014年4月より、
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程に進学。鈴木寛教授(現文部
科学大臣補佐官)のもとで、「高校生の政治的リテラシー」について研究中。
2014年9月、2000年に結成され「18歳選挙権」を推進してきたNPO法人Rightsの
「ドイツスタディツアー」に参加、2015年6月より同法人副代表理事。論文
「18歳選挙権に伴う主権者教育に関する研究~ドイツの事例を参考にして~」
で「第34回昭和池田賞」受賞。
専門はシティズンシップ教育(主権者教育)。NHK、日本テレビ、TBS、朝日新聞、
読売新聞、毎日新聞、産経新聞、ロイター通信、AFP通信に出演・掲載。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ