おんがくっちゃおー通信

  • ¥0

    無料

「みんなで音楽楽しみ隊」グループ企画の音楽サークル「おんがくっちゃおー」。「一期一会の体験型アンサンブルサークル」をコンセプトに、年齢、プロアマ、男女問わず、参加者誰もが楽しめる音楽提供を目指して活動中。そんな「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフによる「おんがくっちゃおー」情報や、その他楽しい音楽情報をお届けするメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
おんがくっちゃおー通信
発行周期
週刊
最終発行日
2017年09月15日
 
発行部数
34部
メルマガID
0001632891
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 情報(その他)

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「おんがくっちゃおー通信」

音楽グループ「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフが楽しい情報をお届けするメルマガです♪

Vol.173【おんがくっちゃおー対談:おおうちさん】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんばんは~。
「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフ、配信係の洋美です!

------------------------------
♪ おんがくっちゃおー対談
------------------------------

はい!先週からお届けしております「おんがくっちゃおー対談」

「音楽」について、老若男女、様々な方と対談したお話をこの「おんがくっちゃおー通信」でも、少しおすそ分けしたいと思います♪

しばらくの間は、おんがくっちゃおーのメンバーさんの対談を中心にお届けしたいと思います。

今回は、おおうちさん!

おんがくっちゃおーでのメンバーだったり、作曲家としてのお話だったり、自分に向き合う音楽だったり、

こちらから質問を用意しなくても、たくさんのお話が出てくるのですが、どのお話を厳選するか悩みました。

今回はクラシックについて語っていただいた事を中心にお届けします(^_^)!


~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

♪小さな頃から関わってきている音楽だと思いますが、おおうちさんにとって音楽とはどんな存在でしょうか

【おおうちさん】
一言で言うのは難しいけど、一生やっていくんだろうな、という意味では、今の時点で言うならば、ライフワークという感じなのかな

純粋に、好きという感じだけでやっているのとも違うんで



♪子供の頃に接していた音楽、学生の頃に勉強していた頃の音楽、仕事として接している音楽、何か共通して、音楽に対してこれは変わ

らないなと思う部分はありますか?

【おおうちさん】
今、それを探り中で、音楽をやる上で一番大事にしたい部分ってなんだろう

何年か前から、子供の頃から聞いていた頃の音楽を聴き直してみてみる、ということを自然とやっていますね



♪仕事としての音楽、子供の頃から親しんでいた音楽、何か違いはありますか

【おおうちさん】
子供の頃は、ただ好きな事を楽しんでやっていただけ

自分の好きな音楽が必ずしも仕事になるわけではないし、クライアントさんの要望、ジャズ弾いてくれ、ディズニー弾いてくれ、となる

わけで

子供の頃好きだった、クラシックでは、中学生の頃はショパンが好きでしたし、あと、現代音楽では、武満徹、高校生の頃はバンド音楽

に目覚めて、ヘビメタルから聴き始めたりしましたのですが、

そういう音楽を、ジャズ弾いてくれ、ディズニー弾いてくれ、という方々の前で弾くわけにはいかないですからね、

仕事となるには、割り切りも必要だと感じてますが、

でもそれも難しいことだな~とも思ってます。


♪嫌いな音楽とまではいかないけど、個人的にはそんなに興味を持っているわけではない、という音楽の依頼が来た時、どうなんですか

【おおうちさん】
始めの頃、娘に曲を作って欲しい、という依頼がありまして、

娘さんが好きな椎名林檎っぽい曲を作る事となり、

椎名林檎のCDを聴いたり、バンドスコアも見たりして研究しました。

結果、完全に椎名林檎が歌うだろう、という曲に出来上がったのだけど(^_^)!、顧客満足度的には100%喜んでもらえたんです。

知らない曲は、聞いているうちにだんだんはまっていく事もあるし、

嫌い、っていうのはないかな

やっぱり知らないより、知っていたほうが良いし、

色々知りたいという

今まであまり話してきてはないですがが、実はもともと負けず嫌いなんです。

話していて、自分が話に乗っかっていけないというのがすっごく悔しい


今日なんかはアリアナグランデ、ジャスティンビーバを聴いたり、


♪珍しい!


【おおうちさん】
EXILEとか、E-girlsとか、、


♪ふっと耳に入る曲って自分の好みの部分があったりしますが、普段スルーしてしまう様な知らない曲を聴く機会があったときは、何を

聴いてますか

【おおうちさん】
分析的になっちゃいますね。少なくともボーッと聴くということはないですね

コードとか、メロディーラインとか、アレンジどうなってる、とか

こういうリズムはどうやったら作れるんだろうな、とか

今日聴いたアリアナグランデも、3曲目、4曲目まで聴くと、日本ではヨナ抜き音階じゃないですけど、シとファを避けてるな、みたい

な、これは意図的なんだろうか、無意識なんだろうか、そういう部分が日本に受けているのかな、とか、


カリスマ性以外にも音楽的にもちゃんと受け入れられる部分があるんだろうか、ちゃんと分析してみようかな~、とか(笑)、

そういう気分にはなりますかね



♪現代音楽ご出身のおおうちさんが考えるクラシックの未来というものは、どうお考えですか

【おおうちさん】
日本のクラシック、というと、なかなか難しい、部分があると思うんです。

クラシックの本来の魅力をしっかり感じて、日本で馴染みのある音楽として聴かれる風になるのは、今後も無いんじゃないか、というか

クラシックで良い演奏家さん、指揮者ですとカラヤン、アシュケナージはピアニストでもありますけど、自分が中学の時にはまったのは

ショパンコンクールでグランプリ取ったブーニン、やっぱり海外の演奏家さん達になってしまう、

日本で注目されている、話題を呼んでいる、というと、ヴァイオリニストの五嶋龍さん、ピアニストだと、フジ子ヘミングさん、辻井伸

行さん、

どの方も、海外でもコンクールで優勝していたりとか、日本に留まらず海外でもたくさんコンサートをやっていて良い評価をいただいて

いたりするのだけど、日本では、どうしても、テクニックというよりかは、話題性、というか、

本来持っている素晴らしいテクニックという部分を知らないで、聴いている方も多いのではないでしょうかね


楽しめているのだから良いとは思うのですけれどね、


西洋の音楽なので、どうしても日本で馴染まないのではないか、とも思うのです。

日本で、本来持っているクラシックの魅力というものをどう出してくべきた、と考えた場合、まだまだ考えていく必要があるし、後に糸

口が見つかってきたとしても、それをプロの音楽家として日本でどうしてこう、というところまでいけるかどうか、というのもまた難し

いところですね


♪日本のクラシックの諸先輩方で気に留めている方はいらっしゃいますか

小澤征爾さんはすごい方だな、と思います。

好きな演奏家さんは、と言うと、90代というご高齢で亡くなられた朝比奈隆さん、ピアニストだと、高橋悠治さん、高橋アキさん、

友人では、榎本玲奈さん、もっと有名になってくれるといいなと思いますね。

テクニックの部分であんなに安心して聴ける安定感は抜群なので、また海外のコンクールでもグランプリを取っていますし、古典も弾き

ながら、現代音楽とかコンテンポラリーミュージックも弾けて、色んなジャンルの音楽も好きで、

そんな部分も評価されていってくれたら嬉しいなと思います


♪私も、榎本玲奈さんは、作品に対して、魂の消化をきちんとされている方だな、と感じています。
インタビューしたくなってしまったので、今度、話しておいてください(笑)

【おおうちさん】
あ、はい!


♪クラシックというのは、需要が少し少ないジャンルで、そんなクラシックを私たちにとっては職業としている部分なのですが、コンス

タントにお金を稼ぐ仕事として考えた場合、どう思っていますか


【おおうちさん】
一般の方に向けた楽曲を通して、自分の演奏を充分知ってもらってから、そこに少しずつ自分の好きな音楽の演奏を入れていく、とか、

もしくは、自分の好きなものを中心にやっていく、それをお客さんが多かろうと少なかろうと関係なくやっていってる方もいますし、

又は、完全に自分の好みなどは捨てて、仕事だと割り切ってお客さんの好きなものだけをやる、

それはそれで、悪い姿勢だとは思わないですし、お金払ってコンサート聴いてくれる、CD購入してくれる方々に喜んでもらう、という

のは、それも一つの仕事の向き合い方だとは思います。


♪日本という部分だけで考えて、昔よりかは、今のクラシックの音楽家の方が様々な方面での活動を通しての仕事を考えている方が多く

なったと思いますけれど、おおうちさんはどうですか

【おおうちさん】
自分は、クラシック以外の音楽も含めて様々なジャンルの音楽に携わっていく事になるとは思いますけれど、今後どういう方向性でやっ

ていくかは、まだわからないですね


♪誰に向けて作ったり演奏していたりしているのか、という部分に関しては、どうお考えですか

【おおうちさん】
仕事としては、クライアントさん、お客さんに向けてというのはそうですが、

自分個人として、向き合う音楽というのは、どちらかというと、今は、周りの人がどうか、より、自分はどうか、を占めています。

聴いてくれる人が多かろうと少なかろうか、先ず自分がどれだけいいものができるのかどうか、が第一。


仕事としても、今度ボランティアですが、幼稚園演奏行きますよね


♪はい、行きますね
(リピーターとして”おんがくっちゃおー”に再依頼が来た幼稚園コンサートをしに、おおうちさんと美千代さんと私の3人で今度伺う

予定になっています)

【おおうちさん】
お客さまの満足のためが第一は当然ですが、その次に来るものとして、その場で、どれだけ自分が良い演奏が出来るか、良いパフォーマ

ンスが出来るか、が大事に考えていることですね


♪ずっと大切な曲ってありますか?

【おおうちさん】
子供の頃から、というのは無くて、コロコロ変わりますけど

度々、今でもふと思い出す曲というのは、大学時代に聴いたthe yellow monkey の"so young"という曲

自分は、結構、歌詞をよく読み込むのですけれど、人生の重いことをサラって言ってしまうと言うのがあって、それをガンガンなロック

というわけではなくて、昭和歌謡のようなテイストが入っていたりするので、それが情緒的で尚更グッときたりします

最後のサビの歌詞がいつもグッとくる部分


終わりのない青春 それを選んで
絶望の波にのまれても
ひたすら泳いでたどりつけば
また何か覚えるだろう

誰にでもある青春 いつか忘れて
記憶の中で死んでしまっても
あの日僕らが信じたもの
それはまぼろしじゃない ない! ない!

SO YOUNG!!

最後に、so youg!と、叫ぶんですけどね

自分にとっての青春は、その頃、大学時代

特別濃かった思い出がある、というよりも、人生って何だろう、と東京都内をぶらぶらとひたすら歩いていた様な6年間、7年間だった

うまく言えないですけれど、そんな自分の青春と照らし合わせて聴いた時に、

あの頃やっていたことは間違えではないし、今そこにしがみついてしまう時もあるし、絶望の波ということでもないですけれど、先より

今、みたいだったり、もっとあの頃みたいに生きたい、と思ってみたり、色々ありますけれど、そういうのも決して無駄ではないし、そ

ういうのもまた人生懐かしむ時が来るんだろうなとも思おます。


この曲の詩そのものが答えになっていたりもするので、

大事にしている曲、so young、そしてこれからも大事にしていく曲でしょうね。

興味のある方は是非聴いてみてください!


♪近々の活動で、何か告知はありますか

【おおうちさん】
9月17日(日)Xジャパンのコピーのライブをやります!

ピアノ一台でバンド音楽全部やります(笑) 要するに、ピアノとボーカルのみで、

場所:茨城県堺町のBarサウンドインアシベ
時間:20時~


♪面白そうですね!おんがくっちゃおーでもご一緒のバンビさんと2人でやるんですよね(^_^)
是非みなさん、お時間にご都合がつく方は足をお運びくださいネ~♪

たくさんの話があるので、今日はとりあえずクラシックの話を中心とした対談となりましたが、また別の話での対談もしましょう!

【是非ぜひ!】

では、おおうちさん、今日はありがとうございました~


~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

おおうちさん、ありがとうございました!

私の作業時間が足りなくなってしまった事で、惜しくも入れられなかった話としては、

♪この世に音楽がなくなったら

おおうちさんは、何かになるそうです(笑)

続きは、いつの日かの音声でお楽しみください♪

また、別の話としては、

♪アーティストのグループとしてのソロの話・・・
♪アーティストのプロの仕事としての姿勢 
♪日本の商業音楽の話
♪メルマガについて、ブログをコンスタントに書くことについて、などの話
♪おんがくっちゃおーの話

など、いろいろありましたが、本当に載せきれませんでした(^_^;)

最後の方に、the yellow monkey の"so young"の話が出ました。

この曲は「青春」という言葉をよく使っています。

おおうちさん自身も、この「青春」という言葉を何度も使われておりました。

今が見えない時、自分にとっての青春の頃に思いを馳せたりすることってあります。

それは、あの頃ってよかったな~、という思い出に浸るというよりか、その頃のエネルギーや感性、感じていること、考えていること、

って、本来の自分に非常に正直で近い。

だから、あの頃の思いは自分に取って決して間違えではないし、今や今後においても重要な指針になったりもするのですよね~

そして、今もあの頃の自分の様に、信じたり感じたりしたい、と思ったりもしますよね。

本当に良い曲です。是非、皆さんも聴いてみてくださいネ♪



【次回の対談は、シニア世代の岡安さん(女性)】

60代から始められたピアノ。2年間で、とても美しく演奏することが出来るようになった「エリーゼのために」を初めて発表する発表会が、おおうちさんのライブと同じ日ですが、9月17日にございます。

場所:茨城県 イオンモール3Fイオンホール
時間:14時10分(20分間ですので、時間前後も多少あるかもしれません。早めに入られると良いかと思います)


岡安さんと、おおうちさん、時間はずれてますので、音楽のハシゴもいいかも知れませんね~(^_^)♪


---------------------------------

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
来週もお楽しみに! 失礼します m(__)m

----------------------------------

今号の内容はいかがでしたでしょうか?よければ感想をお聞かせください。
http://clap.mag2.com/jigaecouje



今後の「おんがくっちゃおー」の予定
9月24日(日)14時~16時
10月29日(日)14時~16時


会場:県南生涯学習センター音楽室(ウララビル5階)  ※駐車場は6階です。
参加費:一般500円 小学生100円(0歳~幼稚園まで無料)

予告無しで来て頂いても歓迎ですが、事前に問い合わせ頂いた方がスムーズです。

更に、コンサートでの演奏、通常も含め運営全般に関わって頂く「サークル会員」も随時募集中です。

サークル運営、こんさーとやイベントの運営、もちろん演奏に興味ある方は下記ホームページからお問い合わせください♪


「おんがくっちゃおー」とは?
http://shimadahiromimusic.com/ongakuccyao/info1.html

メールマガジンサイト「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎おんがくっちゃおー通信
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001632891/index.html?l=tux0325a74

◎おんがくっちゃおー通信
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001632891.html?l=tux0325a74
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ