おんがくっちゃおー通信

  • ¥0

    無料

「みんなで音楽楽しみ隊」グループ企画の音楽サークル「おんがくっちゃおー」。「一期一会の体験型アンサンブルサークル」をコンセプトに、年齢、プロアマ、男女問わず、参加者誰もが楽しめる音楽提供を目指して活動中。そんな「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフによる「おんがくっちゃおー」情報や、その他楽しい音楽情報をお届けするメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
おんがくっちゃおー通信
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月19日
 
発行部数
38部
メルマガID
0001632891
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 情報(その他)

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「おんがくっちゃおー通信」

音楽グループ「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフが楽しい情報をお届けするメルマガです♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんは~。
「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフ、メルマガ配信担当の大内です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今号の内容はいかがでしたでしょうか?よければ感想をお聞かせください。
http://clap.mag2.com/音楽グループ「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフが楽しい情報をお届けするメルマガです♪

Vol.210 【「ラ・フォル・ジュルネ2018」】【極力ダラけたいのは人間の本能?】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんばんは~。
「みんなで音楽楽しみ隊」スタッフ、配信係の洋美です!

5月もあっという間に後半(@_@)!

先週のおんがくっちゃおー通信では、ゴールデンウィークに行って参りました、音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」のレポの予定を急きょ変更しましたので、今週書こうと思いまーす!

・・・と、張り切って書こうとペンを取ると(文字打ち始めると)

?なんだっけ・・

すっごく感動したアーティストのコンサートが観れて、これは良かった!

と、感動したのは覚えてる。

そして、私はこの日、昼間の仕事の事情で、超早起きだったので、睡魔との戦いが本当にムチ打たれている程の辛さだったなー、、

とか、

やはり時間が少し経ってしまうと、かなりザックリとした記憶に落ち着きつつあるヽ(;▽;)ノ

感情や体感面ばかりがいつまでも印象に残り、

今年は、あまりまともなレポートが書けません(>_<)!

悪しからず(^人^)

------------------
♪「ラ・フォル・ジュルネ2018」
------------------

ラ・フォル・ジュルネは、

主にクラシック音楽の祭典、クラシック音楽と非常に関連性が高い世界各国の民族音楽も含め、ワールドミュージックも多いです。


テーマを決めて、あらゆる角度から音楽を楽しむ、という切り口は、

「おんがくっちゃおー」のコンセプトととてもよく似ている考えですね〜(あつかましい考えの私(*^_^*))


ここ近年のテーマを見ると、

「PASSION」熱情
「ナチュール」自然と音楽
「ラ・ダンス」舞曲の祭典

今年のテーマは

「モンド・ヌーヴォボー」新しい世界へ

でした。

私は、最終日の5月5日、フィナーレ初体験もとても楽しみにしておりました♪

事前に有料のコンサートのチケットをいくつか友達が取っておいてくれたので、

そこを中心に本日の動きをみんなで計画してみる、という流れとなりました。


3日間で、451公演、出演者2458人、来場者は43万2千人\(◎o◎)/!

有料コンサートもあれば、無料コンサートもありました。

遊び方も自由♪


少し、横ヤリな話を挟みますが、

先週も書きましたが、前日に大内さんもご来場したそうです。

有料コンサートのチケットを予め取っていたわけではなかったそうなので、

会場内の各ブースの音楽を聴いて楽しんだみたいですね〜

現代音楽が好きな大内さんは、「武満 徹」特集のプログラムがあって、それは聴きたかったな〜、

等とおっしゃっておったり、

途中、ラフォルジュルネを抜け出し(笑)

周りのビル中に展示されているお花の装飾がいっぱいのピアノで、少し弾いてきた、という楽しみ方をしてきたそうな。

?あれ?

肝心な、ラフォルジュルネの話はヽ(;▽;)ノ

いや、正確には、先週おんがくっちゃおーのグループ電話ミーティングの時に、もっと演奏の感想を話していた気がしますが、

・・・忘れてしまいました(^_^;)

スミマセン(>_<)


私はというと、

一つめは、モーツァルトやショパンの協奏曲を聴きました。

ここで眼を見張ったのは、指揮者がピアノを弾きながら指揮をする「弾きふり」

ピアノは正面に置かれ、鍵盤が全部客席に見える、という配置

以前大ヒットしました「のだめカンタービレ」

単行本持ってる方、17巻76ページからの数ページ、千秋先輩が弾きふりしているシーンがあります。

今一度ご確認をd(^_^o)

座ったり立ったり、手もしなやかに鍵盤の上や頭上を行ったり来たり、

自由に優雅に飛び跳ねる動きは、まるでお魚さんみたい\( ˆoˆ )/〜♪

そんな部分にも見惚れる素晴らし演奏!


いえ、正直に言いましょう


座ったり立ったりする為、椅子はよく使われる重厚感のあるコンサート椅子ではなく、簡易的なものだったので、

プロはどんな椅子だって弾けちゃうのよね〜

なんて、後で皆んなと話していた記憶は残っているので、勿論ながら音楽は圧巻!

だった、ハズなのですが、、


正直に言いましょう


時間が経った今、はっきりと記憶に残っているのは、優雅な弾きふり姿

演奏よりも「弾きふり」の印象が上回ってしまってる今日この頃(^_^;)。。


二つめのコンサートは、伝統ロマ音楽を奏でるグループ「Gipsy Way(ジプシーウェイ)」

ヴァイオリニストは、超絶技巧で世界的に名を馳せている「パヴェル・シュポルツル」

スライド奏法ガンガン響かせ、余裕のある超絶技巧は、もうオモチャで遊んでいる様にしか見えないヽ(;▽;)ノ!!

スゴすぎる!

ビオラもチェロも普通お目にかかれない様な奏法やアレンジが満載だったり、

ツィンバロン、という楽器は実に魅力的!

全員の素晴らしい技巧もさる事ながら、ジプシーウェイのアレンジが本当に魅力的!

素晴らしい!!


MCは全部英語でしたが、

ヴァイオリニストのパヴェルさんが、

私は英語しか話せないから、言葉の違うチェロのアレクサンドルとは、10年一緒にいるのに未だに会話ができない、、

なんて話は面白く、

なかなか笑いを取るところが演奏とのギャップで、またどんどん惹き込まれてしまう


演奏が終わると、興奮を抑えきれないスタンディングオペーションと、鳴り止まないブラボー!!の嵐

本当に素晴らしい演奏を聴かせていただきました!

終了後のロビーでは、皆んなが興奮でどよめいていたのも、余韻が感じられて更に幸せ感を味わえましたが、

「最初にあの青いヴァイオリンを観た時には、なめとんのかい!と思ったけど、一音めを聞いた瞬間、さっきの無し無し!
って思ったものね!」

と、興奮覚めあらずに話しているキレイ系女子のグループの会話がふと聞こえてきたのは面白かったな〜

皆さまにも少しおすそ分け致しましょう (^_-)-♪

↓ジプシーウェイの演奏
https://m.youtube.com/watch?v=wM40THAp104

↓なんか凄い
https://m.youtube.com/watch?v=JVRvqn2b1qE


「ラ・フォル・ジュルネ2018」のHP
https://www.lfj.jp/lfj_2018/


------------------------
♪ 極力ダラけたいのは人間の本能?
------------------------
それにしても、、

今回私は超早起きだった為、元から心配のタネだった「睡魔」と言う名の魔物との戦いが、 もう一つの物語として出来上がりました(笑)

一つめのコンサートを終えると、もう吐き気がするほどの体調の悪さ

徹夜明けの様な身体の不調が耐えられません(>_<)!

遊び時に、生まれて初めて「リタイア」しようかな、という気持ちになりました。


えー信じられない、遊びにリタイアなんて、、

と自分にびっくり、、

強行的に続行?
リタイア?

をウロウロとさまよっておりました。

幸いにも、

間に美味しい食べ物を食べた事、
ジプシーウェイの素晴らしい演奏が聴けた事

は一役買い、少しの間眠気が無くなった、という奇跡も起きました。

しかし、長くは持たず、

最終公演のファイナルは長引き、22時半を回り始めました。

今度は私だけではなく、周りの友達たちも、

あ、落ちた(笑)
あ、こっちも落ちた(笑)

と、次々と睡魔にやられていきました。

ファイナルという、3日間の集大成に相応しい素晴らしい超絶技巧が炸裂しているのにも関わらず、、


です(^_^;)


今回ファイナル観るー!と、皆んなで楽しみにしていたのに、

有楽町駅に向かう中、みんな無言(笑)

帰りの電車の中で、

あ〜なんかもうファイナルは、昼間に疲れた後はダメだね〜、

あんなに楽しみにしていたのに疲労感と眠気で台無し、

なんか笑っちゃうね〜

来年はまた昼間に戻そうか(^人^)と話しながら、

パパに迎えに来てもらうー!

と、みんな旦那さまに速攻連絡を取り始めておりました。


こんな出来事があった後日、


私は他の友達に、

遊び中で、リタイアしようかな、と思うなんて、今までになかったなー

と話していたら、


友達曰く、

それってさ、いつもは家族同士でリタイアしていた、ってことじゃないの?

とのご意見に、

2人でハッ!!

ある一つの見解が見えてきた


昔は仲間達とよくバーベキューしに行ったり、旅行行ったりしてたけど、

いつの間に休日の遠出やパワフルな遊びは家族やパートナーとしか行かなくなったよね〜

うんうん!ホントだ!

でも何故だ?

家族がいると制限が多いから行けない、
たまには思いっきり友達同士で遊びにいきたいよ〜、

なんて皆言ってるけど、

実は違うのかも。

仲良し家族同士でも遊びに行ったり旅行に行ったりしてたけど、

やはりそんなに長い期間は続かず、いつの間に家族単位になって行ったよね、

ほんとだ、そう言えば。


それは何故か、、


疲れるから(^_^;)


楽しく遊んでいても一日の後半になると疲れも出てきて、ダラけたくなる

でも休日だから気持ちよくダラけたい(笑)

だから休日は、そんな甘えが気兼ね無く出来る家族やパートナーと過ごす時間に、結局はなって行っちゃうんだろうね

どこに出かけても、疲れたら家族やパートナーだったらその場でリタイア出来る気軽さ、

そうか、何か凄くわかる気がする

例え休日に友達同士で遊びに行っても、早く帰りたくなったり、

家族がいると自由が効かないよね〜、なんて放ちつつも、

帰れば真っ先に子供をギュッとしたりして、

結局は、知らず知らずの内に、そうやって癒されていたり疲れを取ったりしてるんだろうね〜

そうかそうか、だから旦那さまも、自分の家で、自分にとっての寛ぎ空間を築き上げようとするし、

それが出来ないくらい奥さまや子供の領域が強く幅を効かせていたら、

ここには帰らなくなるんだろうね〜

ホントだホントだ

いや〜、休日は、いつの間に家族やパートナーとしか過ごさなくなる、なんて、今まで全然気付かなかったけど、

本当にそうですね、

人間は皆、疲れたらダラけたい
ダラけられる場所にいたい、
ダラけて翌日の英気を養いたい

という本能的な力が人間関係を作っているんだな〜

そう思うと、家族への感謝や幸福感て凄く湧いてきますね〜(*^_^*)♪

なんて、

今年のラフォルジュルネ体験は、

音楽への印象よりも、こんな後日談のインパクトの方が強かった(・ω・)ノ

これも人間の自然な本能故の話かな(^_-)-♪


----------------------------------

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
来週もお楽しみに! 失礼します m(__)m

----------------------------------

今号の内容はいかがでしたでしょうか?よければ感想をお聞かせください。
http://clap.mag2.com/jigaecouje


今後の「おんがくっちゃおー」の予定

5月27日(日)14時~16時
6月17日(日)14時~16時
7月22日(日)14時~16時

会場:県南生涯学習センター音楽室(ウララビル5階)  ※駐車場は6階です。
参加費:一般500円 小学生100円(0歳~幼稚園まで無料)

予告無しで来て頂いても歓迎ですが、事前に問い合わせ頂いた方がスムーズです。

更に、コンサートでの演奏、通常も含め運営全般に関わって頂く「サークル会員」も随時募集中です。

サークル運営、こんさーとやイベントの運営、もちろん演奏に興味ある方は下記ホームページからお問い合わせください♪


「おんがくっちゃおー」とは?
http://shimadahiromimusic.com/ongakuccyao/info1.html

メールマガジンサイト「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎おんがくっちゃおー通信
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001632891/index.html?l=tux0325a74

◎おんがくっちゃおー通信
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001632891.html?l=tux0325a74



今後の「おんがくっちゃおー」の予定


「おんがくっちゃおー」とは?(島田洋美先生のブログより)
http://ameblo.jp/hiromin-s/entry-11458717867.html

メールマガジンサイト「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ