建築遺産ギャラリー

  • ¥0

    無料

歴史的な建築物を学習してみよう!建築デザインの範囲はとても幅が広く、日頃から興味をもって接することが大切です。世界遺産の文化遺産を中心に紹介していきます。 このメールマガジンは、 ●近代建築史 ●西洋建築史 ●日本建築史 ●東洋建築史 の建築物を紹介していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
建築遺産ギャラリー
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年10月17日
 
発行部数
470部
メルマガID
0001633940
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆建築遺産ギャラリー◆◇◆――――――――――――――――――――

□ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届けいたします。購読は無料です。
□建築遺産ギャラリー10月号外をお届けいたします。

◆◇◆目次――――――――――――――――――――――――――――――

1.お知らせ
2.西洋建築史
3.近代建築史
4.日本建築史
5.東洋建築史
6.配信案内

◆◇◆お知らせ――――――――――――――――――――――――――――

☆メールマガジン『建築遺産ギャラリー』をご購読ありがとうございます。
 http://www.kenchiku-gallery.com/

 このメルマガは7月31日(月)までの配信にて一区切りし、また、2017年の
 11月頃より再開させていただきます。

◆◇◆西洋建築史―――――――――――――――――――――――――――

☆西洋建築史 様式の年代・代表的な建築物を覚えよう!
 http://www.kenchiku-gallery.com/seiyo/

 バロック建築・ルネサンス建築・ゴシック建築・ロマネスク建築・
 ビザンチン建築など。また、世界遺産に登録されている文化遺産も掲載して
 います。

◆◇◆近代建築史―――――――――――――――――――――――――――

☆近代建築史 設計者と代表的建築物を覚えよう!
 http://www.kenchiku-gallery.com/kindai/

 近代建築史の建築物を紹介しています。近代の時期に建てられた建築物。
 日本では西洋の建築様式や技術が伝わった幕末期以降の建築物で洋風の意匠
 を取り入れたものを指します。

◆◇◆日本建築史―――――――――――――――――――――――――――

☆日本建築史 代表的な建築物と年代を覚えよう!
 http://www.kenchiku-gallery.com/nihon/

 日本建築史が学問として成立するのは明治時代以降です。最初期の日本人
 建築家辰野金吾はロンドン留学の際に「日本の建築にはどのような歴史が
 あるか」と聞かれて何も答えられず、自国の建築史研究の必要を感じました。

◆◇◆東洋建築史―――――――――――――――――――――――――――

☆東洋建築史 特徴と代表的建築物を覚えよう!
 http://www.kenchiku-gallery.com/orient/

 東南アジアの国々、カンボジア、タイ王国、ベトナム、マレーシア、ラオス
 インドネシア、ミャンマー、フィリピン、台湾、韓国などの世界遺産を中心
 に掲載しています。

◆◇◆配信案内――――――――――――――――――――――――――――

□メールマガジン『建築遺産ギャラリー』 since 26.05.2014 
□登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001633940.html
□発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
□建築遺産ギャラリー: http://www.kenchiku-gallery.com/

◆◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ