相続遺言通信

  • ¥0

    無料

相続や遺言の話をわかりやすくお伝えいたします。「読むだけで相続トラブル予防になる」メールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
相続遺言通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年10月28日
 
発行部数
45部
メルマガID
0001636272
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 家庭 > 法律

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 《 相続遺言通信 第55号 平成29年10月28日 》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【相続人以外の寄与分】
現在、相続に関する法律の見直しが行われており、
「寄与分(きよぶん)」についても見直される可能性が
出てきています。

寄与分とは、被相続人(亡くなった方)の財産が減るのを防いだり、
財産増加に貢献したりした相続人がいる場合に、
その相続人に多めに相続させることができる制度です。

現行の法律では、相続人以外の方(例えば、息子のお嫁さんや
娘の旦那さんなど)がどんなに被相続人の介護・事業を頑張っても、
基本的に遺産を相続する権利は全く発生しません。

法律が見直されて相続人以外の方も寄与分を主張できるようになるか
どうかは不透明ですが、いずれにせよ、相続人以外の方に遺産の一部を
あげたいとお考えであれば遺言書(できれば公正証書)を作成して
おかれることを強くお勧めいたします。




【内縁の妻は遺産を相続できません】
内縁の配偶者であることが認められれば、それまで居住していた自宅に
住みつづける権利や遺族年金を受け取る権利などは、日本の制度でも
保障されています。

しかし相続に関しては、法律婚が重視されており、内縁の配偶者は一切
遺産を相続することができません。

「いろんな事情で籍を入れることはできないが、遺産は内縁の配偶者に
相続させたい」とお考えであれば、遺言書を残すべきです。

遺言書を作成しておけば、兄弟姉妹・甥姪などから相続分(遺留分)を
請求されたり、実印を押してもらわないといけなかったりという心配が
なくなります。

ちなみに養子縁組をしていない連れ子も相続する権利は一切ありません
(例えば、母親が後妻であるケースなど)。ご注意ください。




【長岡第五小学校にて講演】
先日、長岡第五小学校区地域コミュニティ協議会さまからご依頼いただき、
「わかりやすい詐欺予防講座」というテーマで講演させて頂きました。

京都府内の特殊詐欺の被害状況や、詐欺の手口、詐欺被害危険度チェック、
詐欺犯が使う心理テクニックなどのお話をいたしました。
講演内容が詐欺被害を一件でも減らすことにつながれば幸いです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■終活セミナー&相談会

◯「シニアなんでも相談会inゼスト御池」
 平成29年11月5日(日)
 時 間:午後1時00分~4時30分
 場 所:ゼスト御池御幸町広場
 行き方:地下鉄「京都市役所前駅」改札を出て西へ
 参加料:無料
 内 容:相続・終活の相談会、チャンバラ、合唱など


◯「相続・遺言・エンディングノート・お墓の終活セミナー
 平成29年11月11日(土)
 時 間:(セミナー)午前9時30分~11時10分
     (個別相談)午前11時20分~11時50分
 場 所:長岡京市中央生涯学習センター4階学習室2
    (長岡京市神足2-3-1)
 行き方:JR長岡京駅から徒歩3分
 参加費:無料
 定 員:20名様
 予 約:セミナーは予約不要、個別相談は要予約


◯「相続・遺言セミナーin音羽病院」
 平成29年11月20日(月)
 時 間:午後1時30分~午後2時30分
 場 所:音羽病院の地下会議室
    (山科区音羽珍事町2)
 行き方:山科駅から巡回バスあり
 参加費:無料
 定 員:20名様
 予 約:要予約
     (音羽地域包括支援センターTEL:075-595-8139)


◯「相続・遺言・エンディングノート・お墓の終活セミナー」
 平成29年11月24日(金)
 時 間:(セミナー)午後1時30分~3時40分
     (個別相談)午後3時50分~4時45分
 場 所:キャンパスプラザ京都2階第3会議室
    (下京区東塩小路町939)
 行き方:JR京都駅烏丸口から徒歩5分
 参加費:無料
 定 員:20名様
 予 約:セミナーは予約不要、個別相談は要予約


◯「シニアなんでも相談会inゼスト御池」
 平成29年12月3日(日)
 時 間:午後1時00分~4時30分
 場 所:ゼスト御池御幸町広場
 行き方:地下鉄「京都市役所前駅」改札を出て西へ
 参加料:無料
 内 容:相続・終活の相談会、チャンバラ、合唱など


◯「相続・遺言・エンディングノート・お墓の終活セミナー」
 平成29年12月9日(土)
 時 間:(セミナー)午前9時30分~11時10分
     (個別相談)午前11時20分~11時50分
 場 所:京都市醍醐交流会館 第1会議室
    (伏見区醍醐高畑町パセオダイゴロー2階西館南)
 行き方:地下鉄醍醐駅おりてすぐ
 参加費:無料
 定 員:20名様
 予 約:セミナーは予約不要、個別相談は要予約


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■編集後記
最後までお読み頂きありがとうございます。

衆院選が終わった直後にこの原稿を書いています。
日本の政治や経済にはがっかりさせられることが多いのですが、
以下のようなアメリカの状況を知ると、どこの国も同じような
ものだとわかります。

例えば、
□経営再建のために公的資金(税金)を投入された大手保険会社が、
 公的資金を受け取った後、自社の幹部たちに約160億円の
 ボーナスを支払っていた。

□リーマンブラザーズが破綻するまで最高の格付けをしていた
 格付け機関が何の責任も取らない。

□化学工場が爆発し、地域住民を多数死亡させた大企業が、
 被害者の救済を全く行わず、自社のイメージを回復する
 広告に大金をつぎ込んだ。

□イラクやハリケーン被害の復興に、政権と関係の深い民間企業
 だけが参入し、ぼろ儲けしている。

□国民の約3割を占めるキリスト教原理主義の支持がほしいために
 政治家が自身のポリシーを捨てて、キリスト教原理主義にすり寄る
 政策(妊娠中絶の廃止、ゲイ(同姓愛者)の権利を認めない、進化論
 を学校で教えない)を唱える(自身がゲイであるにも関わらず、
 政治家であり続けるために、ゲイ弾圧の活動に従事する隠れゲイ議員
 も 多数いるらしいです)。

□果物や野菜が高くて買えない貧困層の子どもたちは、加工食品ばかり
 食べているために、肥満なのに栄養失調という状態。このような
 状況を 変えるためにオバマ夫人が学校給食を改善する運動を行って
 も、加工食品 会社からをお金をもらっている栄養士協会や議員から
 の反対で法案が骨抜き にされてしまった。

□メディアの政治的公平を定めた法律を改正し、政権が特定のメディア
 と結託。 政権を賛美する報道ばかりを流しつづけ、国民をイラク戦争
 支持に導いた。


ため息しか出て来ませんが、このような状況を変えていくには、
私たち一人一人があきらめることなく、少しずつ賢明になっていくしか
方法はないのかもしれません。

これからますます寒さが厳しくなりますが、風邪などひかれませんよう
ご自愛下さい。




【本の紹介】
『坑夫』(夏目漱石 著、新潮文庫)
あまり有名ではありませんが、個人的には漱石の中・長編小説の中で、
ベスト3に入るぐらいに好きな作品です。

☆次のような方におすすめ・・・「珍道中もの・探検ものが好きな方」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「園行政書士事務所」公式ホームページ
⇒ http://s-gyousei.com

▼「京都市西京区桂の遺言専門行政書士」ブログ
⇒ http://ameblo.jp/s-gyousei

▼「園行政書士事務所」Facebookページ
⇒ http://www.facebook.com/sonogyouseisyoshi

▼ご相談、お問い合わせ先メールアドレス
⇒ sono@s-gyousei.com

▼こちらのメルマガの登録、変更、解除
⇒ http://www.mag2.com/m/0001636272.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】園行政書士事務所
       行政書士  園 久典
       電 話:075-925-5374
       携 帯:090-5362-7695
       メール:sono@s-gyousei.com
【※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に
 帰属しますが 無断転載OKです。ご自由にどうぞ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ