相続遺言通信

  • ¥0

    無料

相続や遺言の話をわかりやすくお伝えいたします。「読むだけで相続トラブル予防になる」メールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
相続遺言通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年09月25日
 
発行部数
45部
メルマガID
0001636272
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 家庭 > 法律

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 《 相続遺言通信 第54号 平成29年9月25日 》

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■遺言で注意すること
「妻にすべての遺産を残したい」
「世話をしてくれた妹に遺産をあげたい」
「遺産の一部を寄付したい」
といった希望を遺言書で実現しようとされる方は多いですが、
遺言書を書く際は注意が必要です。

「万が一、妻のほうが早く亡くなったときはどうするのか」
「妹のほうが先に亡くなったり、認知症になったりした時はどうするのか」
「どこに寄付をするのか、寄付先の団体は寄付を受け付けてくれるのか」
「遺産の売却や解約などの手続きは誰が実際に行うのか」
など、将来相続が発生したときに残された家族が困らないよう、
遺言書で細かく指定しておく必要があります。
(例:妻が先に死亡している場合は財産を姪に譲る、
もしものときに備えて遺産を譲る相手を妹の長男にしておく、
寄付先の団体に事前説明や確認を前もってしておく等)

「うちは財産がそんなにないから」
「うちの家族は仲が良いから」
ではなく、将来の負担を減らしてあげるために遺言書作成をご検討下さい。




【自筆証書遺言と公正証書遺言】
「公正証書は手間も費用もかかるから自筆でよい」
と考える方がまだまだ多くいらっしゃいます。

しかし、自筆で遺言書を作成すると相続人の負担が増えてしまいます。

自筆の場合、遺言書を家庭裁判所に提出し「検認(けんにん)」という手続き
(相続人全員に呼出しの通知が届き、手続は約1か月半~2か月かかります)
を行う必要があります。

また自筆証書遺言は、全文を自分の手で書き、自分で長年保管する必要があります
(公正証書遺言は公証役場が全て代書してくれますし、原本を保管してくれます)。

そして自筆証書遺言は公正証書遺言に比べてトラブルになる可能性が高いです。

「本当に本人の書いた字か?」
「同居していた長男が無理やり書かせたのではないか?」
「書き間違いや書き漏れがあり相続手続きで使えない」
などの問題を抱える自筆証書遺言を実際にたくさん見てきました。

あとで揉めてしまったら元も子もありません
(裁判にでもなれば大変な負担と費用が相続人にのしかかります)。

遺言書は、自分のためだけでなく、残される人のためにも「公正証書」で
作成して下さい。




■「終活相談会」スタートから1年
京都市役所前の地下街「ゼスト御池」で毎月「シニアなんでも相談会」を
開催しているのですが、今月でスタートからちょうど1年となりました。

手弁当で行っているイベントなので、出演していただく方々との調整や
チラシ作成・告知など大変な部分もありますが、いろいろな方と知り合う
ことができました。

高齢者施設をまわっておられるシニア合唱団の方々、チャンバラショーを
して頂いている「チャンバラ刀剣舞」の皆様、アコーディオン演奏と昭和歌謡
などを披露して頂いている楽団「コトノハ」の皆様、セラピードッグを広める
活動をされているNPO法人の方、チンドン歌謡「蛍座」の皆様。

もし、この通信を読んでおられる方の中で「是非紹介してほしい」という
ご要望がございましたら、おつなぎいたしますので園まで気軽にご連絡下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■終活セミナー&相談会

◯「シニアなんでも相談会inゼスト御池」
 平成29年10月1日(日)
 時 間:午後1時00分~4時30分
 場 所:ゼスト御池御幸町広場
 行き方:地下鉄「京都市役所前駅」改札を出て西へ
 参加料:無料
 内 容:終活相談会、チャンバラショー、合唱タイムなど


◯「相続・遺言・エンディングノート・お墓の終活セミナー」
 平成29年10月14日(土)
 時 間:(セミナー)午前9時30分~11時10分
     (個別相談会)午前11時20分~11時50分
 場 所:キャンパスプラザ京都5階第2演習室
    (下京区東塩小路町939)
 行き方:JR京都駅烏丸口から徒歩5分
 参加費:無料
 定 員:30名様
 予 約:セミナーは予約不要、個別相談は要予約


◯「相続・遺言セミナーin音羽病院」
 平成29年10月23日(月)
 時 間:午後1時30分~午後2時30分
 場 所:音羽病院の地下会議室
    (山科区音羽珍事町2)
 行き方:山科駅から巡回バスあり
 参加費:無料
 定 員:200名様
 予 約:要予約
     (音羽地域包括支援センターTEL:075-595-8139)


◯「相続・遺言・エンディングノート・お墓の終活セミナー」
 平成29年10月27日(金)
 時 間
(セミナー)昼の部:午後1時30分~3時40分
      夜の部:午後6時30分~7時30分
(個別相談会)各回セミナー終了後に開催
 場 所:京都アスニー3階第3研修室B
    (中京区聚楽廻松下町9-2)
 行き方:JR円町駅から徒歩10分
 参加費:無料
 定 員:各回30名様
 予 約:セミナーは予約不要、個別相談は要予約


◯「シニアなんでも相談会inゼスト御池」
 平成29年11月5日(日)
 時 間:午後1時00分~4時30分
 場 所:ゼスト御池御幸町広場
 行き方:地下鉄「京都市役所前駅」改札を出て西へ
 参加料:無料
 内 容:終活相談会、チャンバラショー、合唱タイムなど


◯「相続・遺言・エンディングノート・お墓の終活セミナー
 平成29年11月11日(土)
 時 間:(セミナー)午前9時30分~11時10分
     (個別相談会)午前11時20分~11時50分
 場 所:長岡京市中央生涯学習センター4階学習室2
    (長岡京市神足2-3-1)
 行き方:JR長岡京駅から徒歩3分
 参加費:無料
 定 員:20名様
 予 約:セミナーは予約不要、個別相談は要予約


◯「相続・遺言・エンディングノート・お墓の終活セミナー」
 平成29年11月24日(金)
 時 間:未定
 場 所:未定
 参加費:無料
 予 約:セミナーは予約不要、個別相談は要予約


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■編集後記
最後までお読み頂きありがとうございます。
今年7月末時点での京都府内の特殊詐欺の被害状況が発表されていました。

昨年の同じ時期と比べて詐欺被害の発生件数は94件→170件(76件増)、
被害金額は約5億3千万円→約2億2千万円(約3億円減)となっています。

1件ごとの被害額は減ったものの、詐欺被害件数自体は増えているという事が
わかります。また犯行手口は、架空請求詐欺が64件と最も多く、次いで
オレオレ詐欺48件、還付金等詐欺47件となっています。

昨年と比較すると、還付金等詐欺の件数が最も増加しています。

詐欺の被害者も詐欺にあうまでは「まさか自分が詐欺にあうはずがない」と
思っていた方々です。

相手はだますプロです。

こちらを冷静な判断ができない状態にし、誰にも相談できない状況を作り、
パニックが収まらない間にお金をだまし取ってしまう方法を熟知しています。

「詐欺は自分にも来るものと考える」
「自分ひとりで解決しようとしない」
「不審な電話がかかってきたら必ず自分以外に人間に相談する」
「相談する相手を今のうちに決めておく」
「電話の声だけでは識別できないと考える」
「詐欺師ほど警察や役所などといった立派な肩書をかたるものだと知る」
といった心構えが詐欺被害の予防に役立ちます。是非実践してみてください。



【本の紹介】
『教誨師』(堀川惠子 著、講談社)
死刑確定囚に寄り添い、宗教という側面から改心に導く活動を
何十年にわたって行ってきた僧侶を取材したノンフィクションです。

死刑制度に賛成か反対かはひとまず置いて、現実に何が起こっているのか
を知ることは大切ではないかと思います。

死刑囚の生い立ちをみると、そのほとんどが親の愛情を受けていないと
いう共通点があることに強い印象を受けました(第一回城山三郎賞受賞作品)。

☆次のような方におすすめ・・・「重厚なノンフィクション作品に興味のある方」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「園行政書士事務所」公式ホームページ
⇒ http://s-gyousei.com

▼「京都市西京区桂の遺言専門行政書士」ブログ
⇒ http://ameblo.jp/s-gyousei

▼「園行政書士事務所」Facebookページ
⇒ http://www.facebook.com/sonogyouseisyoshi

▼ご相談、お問い合わせ先メールアドレス
⇒ sono@s-gyousei.com

▼こちらのメルマガの登録、変更、解除
⇒ http://www.mag2.com/m/0001636272.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】園行政書士事務所
       行政書士  園 久典
       電 話:075-925-5374
       携 帯:090-5362-7695
       メール:sono@s-gyousei.com
【※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に
 帰属しますが 無断転載OKです。ご自由にどうぞ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ