潜在意識から、敏感な子ども大人の個性が輝くメール

  • ¥0

    無料

敏感な子ども(HSP・HSC)は、親が育てづらく、子どもも不登校になったり、「私(僕)なんか生きていてもいいの?」と自信を失いがち。 でも敏感な個性は、本来子どもが幸せになるためのもの♪ 悩みや問題は「このままでは違う!大切なことに気づいて!」というサインなので、それに気づくと、親も子どもも、本来の自分らしさを生かして、お互いにもっと幸せになっていけます。 本当はとてもステキな敏感な個性の生かし方を、あなたと子どもの潜在意識をほわっと変えるダウンロードもお付けして、金曜日(不定期)にお届けしますね。                子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
潜在意識から、敏感な子ども大人の個性が輝くメール
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年06月30日
 
発行部数
464部
メルマガID
0001636894
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは、岡田 奈美子です。(今回は、早めに配信させていただいております)


今日のテーマは「宇宙意識の敏感ちゃん・君が、地球でしあわせになるために。
一人でがんばらず、潜在意識を使ってみよう♪」


HSP・HSCなどの敏感ちゃん・君は


とても細かく人の気持ちを感じて、周りの人たちを天使のように元気づけたり、癒したりします。


なのに、自分をしあわせにするのは、ちょっと(かなり)苦手><。


すごいところもあるのに、ものすごく弱いところもあるという凸凹のために、発達障害と思われることもあります。
(こういう敏感な子を、クリスタルチルドレンやエンパスと呼ぶ人たちもいます)


こんな敏感ちゃん・君ですが、すごく優しくて傷つきやすく、そして意外と頑固。


「あなたの気にしすぎ」「大丈夫だよ」といっても、ナットクしません。


もっと大好きな人たちと一緒に深く心のやりとりをして「ここに生まれてきてよかった♪」と感じたいのです。


でも、育てる親はけっこう大変です。今までの常識が通じなくて、子育てに疲れることも><。


なので今回は、敏感ちゃん・君を育てる上で、疲れたときのカンタンな癒しワークをお伝えします。






癒す方法は色々ありますが、今回は「マイルームワーク」をご紹介します。


やり方は


1、あなたが居心地よくて守られている♪と思う、大好きなところ(外でも、部屋でも)にいる自分をイメージします。


ふだん自分にかまっていない方ほど「私が大好きなところって?うーん、思いつかない><」となります。


日ごろから「私が好きで、落ち着くところってどんなのかな?」と探してみるといいですね。


よし、探そう♪という思いが、あなたと子どもを、より高いしあわせへ導いてくれます。


2、その場所をイメージしたまま「あ~、ここにいると心が落ちつくな」「安心する♪」とほんわりした気持ちを感じてみる。


(自然と笑みが浮かんだり、涙がでることもありますが、まったく何も感じなくてもOKです)


「私は、守られているから、安心だわ」という感覚のままで、日常生活にもどってください。


できないときは、たとえば肩の力を抜くなど、体の力を抜いてみてください。


脱力しづらい場合は、一度体に力をぎゅっと入れてから抜くとやりやすいです。


深くゆるめられると、自律神経にもいい効果がありますよ。


こんなカンタンなことでも、結果に執着せずほんわりと続けると、心の疲れは軽くなるし、潜在意識だって変わります。


「変えなくちゃ!」「がんばらなくちゃ!」と力をいれる必要はないんです。


潜在意識が変わると、今までの言動を変えたくなっていきます。


そして実際に言動を変えていくと、少しずつ現実は変わるのです。






潜在意識のワークというと


わざわざ静かな時間をとる必要があるように思うかもしれませんが、


ちょっとした合間(スーパーのレジで並んでいる時など)にできます。


「自分と子どものこころのケア」をむずかしく思う必要はありません。


ほんの少しの習慣をすることで、私たちはより幸せになっていけるのです。


でも生きていると色々あるので、また凹むことだってあります^^。そうしたらまた自分の軸に戻ればいいのです。


自分の軸にもどることを習慣にすると、凹むこと自体がへってきたりします。


効果のでやすい方に共通するのは「結果に執着しすぎず、プロセスを楽しみながらできる」こと。


私はいつ結果がでるかとても気になり、イライラする時もありますが^^、そういう時こそワークをします。






問題解決には、ワークをした後のように、ゆるんでゆったりとした心がとても大切です。


ゆるむことに慣れていない場合、ワークも一人ではいきなりできないと思いますので


「できなーい!」「うまくいった感じがしない!」と落ちこむことはないんです。


自転車にのるようなもので、はじめからできる人はいなくて、毎日少しずつできるようになっていけばいいんですよね。






ワークショップでは


潜在意識についての簡単なレクチャーと、こころ・からだへのアプローチワークをします。


レクチャーでは、宇宙意識で生きる敏感ちゃん・君が生きづらい原因と


からだとこころへの潜在意識のアプローチがなぜ効果的なのかについてお話しします。


潜在意識のことは、まだほとんど知られていません。


でも潜在意識って、私たちの心のこと。


誰にでもあるものなので、誰にでもできるものなのです。


潜在意識のアプローチは、意外とカンタンで、地道なもの。


「え~、こんなので効くの?」な印象もあるでしょう。


そのくらいカンタンだけど、奥深いものです。


魂レベルの高い人や、感覚が女性的な人は、はやく自然と使えるようになることが多いです。


(頭で考えナットクしてから受け入れるタイプの人は、ちょっと時間がかかる場合が多いです。
でもお子さんのことになると、すぐ受け入れられるケースもあり、一概には言えないですが)






敏感ちゃん・君は、高性能の空気清浄機のようなものと、よくお伝えしていますよね。


高性能だからフィルターが細かい、だからつまりやすい(しんどくなりやすい)のです。


「弱い」ということではなくて、「フィルター掃除を毎日する必要がある」ということ。


ワークショップでは、潜在意識のフィルター掃除や自分の軸をつくるワークを一緒にして、学びます。


効果については、人それぞれのペースがあるので「絶対に〇〇になります!」と言うのは正直むずかしいです。


潜在意識へのアプローチで「学校に行けなかった子が、行けるようになる」こともあります。


でもそれは決して「親が不安になりたくないから、子どもに学校へ行ってほしいという親の望みを叶える」こととは違います。


逆に、潜在意識へアプローチしたから


「もうこんな学校にムリして行く私はまちがっている!」とはっきり子どもが思うようになるかもしれません。


つまり「公立学校へ行くこと」が、人生の流れにない子は、今の学校に行くのが本当にイヤになる出来事が起こり、その子に合った生き方へシフトしていきます。


潜在意識のアプローチは、まだほとんど行っている所がないようなので、


皆さまの期待や疑問もあるかと存じます。


私自身、潜在意識のアプローチを学んだばかりの頃「これで明日から、もう自分の敏感さで悩まなくてすむんだ!」という過大な期待(笑)と


次の日の「すぐ変わらない~><」というガッカリ感を体験したので^^


あえてこういう言い方をさせて頂きました。


その人のこころの状態などにより、変化がポンッとくることもあれば、じわーっと時間をかけてくることもあります。
(私は両方体験しましたことが、これからも両方あると思います。)


発達障害については「人の気持ちがわかりづらい」「衝動が抑えられない」等の特性がある為、それに合ったトレーニングや関わりをお願いいたします。






ワークショップの詳細ですが、11月12日(日)11時~14時(帰る時間が遅くならないようにしていますので、お昼は、レクチャー中におにぎり等簡単なものでお願いします)


場所は、横浜の関内(かんない)駅から徒歩1分の場所(ビルにはエレベーターがなく、階段になります。もしサポートが必要な場合は、お気軽にお伝え下さい。お互いさまルールで皆でサポートし合いましょう♪)


費用は、おひとり様       19,000円
    2名さま(ご家族の方) 19,000円+半額9,500円 = 28,500円
(3名様まで半額になり、その場合38、000円です)


キャンセルは、1カ月前(10月11日)まで無料、10月12日より11月4日まで料金の10%、11月5日より前日までは50%、申し訳ないのですが当日は全額です。


ご参加には、子どもは小学生以上のお子さんならどなたでも。(レクチャーでは“魂”や“体と心はつながっている”等の言葉を使います。全部はわからなくても、感覚として理解できれば十分だと思います)


保護者なしでのご参加の場合、高校生以上でお願いします。それ以下のお子さんの場合は、ご相談に応じます。


レクチャーには、なるべく図や絵を使ってわかりやすくします。(一部、小学生には理解しづらいかもしれませんが、頭で考える大人より、感覚で理解する子どもの方がわかるともいえます)


(潜在意識は、大人より子どもの方が深くつながっている場合が多いのです)


大人の方のご参加には


・目でみえることがすべてではないと感じる方
・「すっぱくて赤い梅干」といわれて、すっぱくて赤い梅干がイメージできる方(なんとなくできる程度で大丈夫です^^)


潜在意識のカンタンなワークをしますので、この2点を参加条件とさせて頂くことをご了承下さい。


からだのワークでは、少し体を動かしますので、短いタイトスカートのみ避けて下さい。
(運動神経のよさはまったく必要なし^^)


小学生未満のお子さんの参加は無料です。


その場合、椅子がないので、保護者の方の膝の上か、床の上にヨガマット(部屋にあります)を敷いて座るという形になります。


ただしワークショップ中、他の方の妨げになる行為がある場合は、まずは私たち皆で「静かにしてね」とお願いして、どうしても聞けない場合は、退席をお願いする場合があります。ご了承下さい。


10名以下の少人数でしますので、わからないことがあれば、その場ですぐ聞いてくださいね。


ワークショップの前後に、横浜で個人セラピーもさせて頂きます。(日時は決まり次第、お知らせいたします)


ご予約・お問い合わせはこちらから。(ご予約は、今日6月30日(金)20時から、先着順になります)
https://hsp-hsc.com/contact


今回、私の伝え方で、至らないこともあると思います。


ご不明な点・ご質問などがありましたら、お気軽にお伝えください。


セラピーを受けられた方の割引の件ですが、お支払い後にセラピーを受けた場合の返金など事務作業が複雑になることがわかり、申し訳ありませんが、皆さま同一とさせて頂きます。ご了承下さい。


ではまたお会いしましょう。今日もありがとうございました。

            
            子どもメンタル研究所 岡田 奈美子


・セラピーについてはこちらから。
http://hsp-hsc.com/therapy-fee/

-------------------------------------------------------

・敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法(ブログ)
http://ameblo.jp/yamato-mental


・問題?いいえ、才能です♪今どきの敏感な子の個性が輝くHP
http://hsp-hsc.com/

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 
         (小学校・中学校スクールカウンセラー)

-------------------------------------------------------

このメルマガを読んだご感想・「こんなことが聞きたい」など
お声を聞かせていただければ、嬉しいです。

こちらのメールに返信していただければ、私に届きます。

お子さんのこと等の個人情報はかならず省きますので、
いただいたご感想は、メルマガやブログで
ご紹介させていただくことがあります。ご了承くださいませ。

掲載不可の場合はその旨お書き添え下さい。

ご質問には、ブログからお答えいたしますね。

このメルマガの配信中止をご希望の方はこちら↓
(今までステキなご縁をありがとうございました)
http://www.mag2.com/m/0001636894.html

--------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ