潜在意識から、敏感な子ども大人の個性が輝くメール

  • ¥0

    無料

著者サイト

敏感な子ども(HSP・HSC)は、親が育てづらく、子どもも不登校になったり、「私(僕)なんか生きていてもいいの?」と自信を失いがち。 でも敏感な個性は、本来子どもが幸せになるためのもの♪ 悩みや問題は「このままでは違う!大切なことに気づいて!」というサインなので、それに気づくと、親も子どもも、本来の自分らしさを生かして、お互いにもっと幸せになっていけます。 本当はとてもステキな敏感な個性の生かし方を、あなたと子どもの潜在意識をほわっと変えるダウンロードもお付けして、金曜日(不定期)にお届けしますね。                子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

こんにちは、岡田 奈美子です。


今日のテーマは「発達障害じゃないの?


うちの敏感ちゃん・君 上から目線で心配です!」です。


はじめに「敏感ちゃん・君」の特徴を。


・こころがピュアで、まっすぐ
・人の気持ちをハートで感じる
・人との境界線が薄くて、柔らかい
・年齢にあわず、人生の叡智を知っている
・古い価値観に合わない
・職人肌で、完璧主義
・さみしがり屋
・争いごとを好まない
・平和主義
・悪口など、重いエネルギーが苦手
・天使のように優しくて、愛らしい
・頑固
・意外と自分の意見・気持ちがちゃんとある
・(弱そうでも)上から目線
・本物・一流がわかる
・深い洞察力がある
・科学では説明できない、不思議な力があることも
・深いこころのコミュニケーションができる


・大人は、そういう子どもの言動がよくわからない!


上の特徴がいくつ当てはまれば、というものではなく


色々なタイプの「敏感ちゃん・君」がいますよ、ということです。


発達障害の特性とは似ているようで、やっぱり違います。
(両方ある子もいます)





今、HSC・HSPやエンパス(人の気持ちがわかる能力の高い人)、


スピリチュアルな分野では、


クリスタルチルドレン・インディゴチルドレンなど


言葉が色々あるので、


「こっちには当てはまるけど、こっちには・・・?」


「うちの子、どこまでがHSCで、どこからがエンパス・・・?」とややこしいです。


スピリチュアル系は、まだ科学的でない分、誤解も多い。


でも、今の敏感な子どもたちを前にして


まるっきり不思議なことを語らないで、


子どもを理解したり、愛したりは、もうしづらいのが現状ではあります。


(が、私はできるだけスピ系の言葉を使わないようしていきます)








専門用語の分類は、


学者や研究者にお任せして、


「その子・その人にしかない敏感さを生かして、


しあわせに人生を送る」ことにエネルギーをを注いでもらえたら、と思います。







「上から目線」


感じ悪く聞こえますか^^?


「なまいき」というイメージがありますよね。


でも、「敏感ちゃん・君」の上から目線


よく聴くと


ものすごく当たっていて、的確です^^。


「いじめって、気持ちが弱っている人がするものだよね。


そんな人に注意したからって、解決する?」と聞いてくるのも、こういう子。


「学校の研修会の講師、一緒にしない?」と勧誘したくなるほどです^^。


「大人だって、子どもに不安をぶつけてくるのに


どうして子どもがそれを言うと、怒られるの?」とか。


大人しくて、優しいタイプの敏感ちゃん・君だって


こころの奥では


「真実をみる力」をもっています。


口に出さない、または口に出せないだけ。





今までの大人の「上から目線の人」は


本当は弱いから


強く見せようとして


威張る。


そういう心理的構造をもった人でした。


でも


敏感ちゃん・君は


もともとある魂の性格


魂というのが、スピリチュアルに聞こえるのであれば


「生まれつきの心の性格」と言ってもいいです。


そのレベルがとても高いのです。


だから


自然とわかってしまうのです。


普通にわかるから、言っているだけ。





ひねくれているから


愛されていないから


しつけができていないから


ではないのです。


そういう心配をして、「なんとか直そう」と関わっても


あまり効果はありません。


「この人、わかってくれないんだな・・・」と


傷ついて落ち込んだり、反抗したりして、逆効果です。



でも


「わかるからって、何でも言ってもいい」のとは違いますよね。


「死にたいのなら、死なせてあげればいいのに。


止める人は、その人の後の人生、責任もてんの?そんなの偽善者じゃん」なんて発言をして


大人を慌てさせるのも、こういう子。


大人しい子も、意外とこういう思いを一人で抱いていたりします。


でも、そこまで感じる感性があるからこそ


「ここは言わない方がいいな」とか


「ズバッと言いすぎないように配慮しよう」


こういうルール(思いやり)は覚えてほしいもの。


自分の敏感さを、もっと生かすためにも。


この時は、あとで納得のいくまで、本気の深い話し合いをしました。






敏感ちゃん・君は


たっぷり愛を注がれ、大事に育ててもらっている子がとても多いのです。


だからこそ


こころの本音を正直に感じ取り


口に出せるのだといえます。


そして


「いじめ」・「悪口」など、重いエネルギーには免疫がありません。


陰にまわってヒソヒソ


本人のいないところで、コソコソ


こういうことが苦手です><。


たとえ自分のことじゃなくても、耐えられません><。


不登校の原因にもなることが。






上から目線のわりに


世間ずれしていなくて


純粋で、むしろ世間離れしているところがあります。


たとえるなら


小さな仙人が


いまいち人間の世界で


自分の力、どう使っていけばいいのかわからない!


こんな印象があります。






物事の本質がわかる「上から目線」の敏感ちゃん・君には


無理やりその能力を抑えようとするのではなく


「なるほど、本当にその通りだね」と十分、一緒に深く感じ合うことが大事です。


「話を聴いてあげる」のではなく


むしろ「こちらが学べる」という感じ。


そのあと


その子がそれを表に出すかどうか


いつ出せばいいか


本人が納得いけるようにしていけばいいのです。





高いレベルのこころをもっているからこそ


できることはいっぱいあるし


できないことだっていっぱいあるから。


それは、みんなお互いさま。


笑って


許しあったり、話し合ったりする世界を


みんなで一緒につくっていけばいいんですよね。





この社会で


敏感さを生かして生きるためのワークショップを


11月12日(日)11時(~14時)に


横浜で開催します。


・頭でわかる   敏感さを使いこなすための 潜在意識の話


・こころでわかる 敏感さを生かして生きるための心のワーク


・からだでわかる 敏感さを生かして生きるための体のワーク


少人数でしますので


ご参加して下さる方の知りたいことも


お聞きしながら進めます。


個人セラピーも同時期に横浜でいたします。


お申し込みは


また追ってご連絡させていただきます。








4・5・6月のスケジュールをアップさせていただきます。


<4月> 28日(金)10時~ 


<5月>

 1日(月)13時~ 
12日(金)10時~ 
19日(金)13時~  
20日(土)10時~ 13時~
26日(金)10時~ 13時~


<6月>

 2日(金)10時~
 9日(金)13時~
16日(金)13時~ 20時~


以降は随時、付け加えていきます。


セラピーは、対面(家庭訪問も含む)・電話・スカイプでしています。


11時~や夜間(~21時)、他の曜日など、ご希望がございましたら、お伝えくださいね。


できる範囲で、対応いたします。(対面は11時~のご希望が多いです)


お問い合わせ・お申し込はこちらから
http://hsp-hsc.com/contact/







潜在意識によく効く、今日のこころのダウンロードです。


「私(と子ども)は、正直に自分の本音を感じることができる」


「私(と子ども)は、問題を起こすことなく、自分の気持ちを周りと分かち合える」


これができるようになりたい方は、こころのなかで「はい」や「受け取ります」と言って下さいね。


あなたに合ったペースと量が、あなたの潜在意識にしみ込んでいきます。


「いらない」と思う方には、入らないので、自由に選んでくださいね。


「潜在意識」と「実際の日々の行動」がセットで


現実が変わってきます。


ではまたお会いしましょう。

             
            子どもメンタル研究所 岡田 奈美子


・セラピーについてはこちらから。
http://hsp-hsc.com/therapy-fee/

-------------------------------------------------------

・敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法(ブログ)
http://ameblo.jp/yamato-mental


・問題?いいえ、才能です♪今どきの敏感な子の個性が輝くHP
http://hsp-hsc.com/

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 
         (小学校・中学校スクールカウンセラー)

-------------------------------------------------------

このメルマガを読んだご感想・「こんなことが聞きたい」など
お声を聞かせていただければ、嬉しいです^^。

こちらのメールに返信していただければ、私に届きます。

お子さんのこと等の個人情報はかならず省きますので、
いただいたご感想は、メルマガやブログで
ご紹介させていただくことがあります。ご了承くださいませ。

掲載不可の場合はその旨お書き添え下さい。

ご質問には、ブログからお答えいたしますね。


--------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
潜在意識から、敏感な子ども大人の個性が輝くメール
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年04月21日
 
発行部数
379部
メルマガID
0001636894
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ