看護師が創っている健康新聞

  • ¥0

    無料

看護師3人がそれぞれ勤めている病院で 月に1回 発刊、掲示している手作り新聞。 難しい話ではなく、心と健康を主にした 楽しい新聞です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
看護師が創っている健康新聞
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年04月16日
 
発行部数
132部
メルマガID
0001640765
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

**********************

  「看護師が創っている健康新聞」


看護師が手作りで病院に発行掲示している新聞

**********************


2018年 4月16日

みなさま おはようございます

真紀です。



rockinon.comより

ライブを見ると、21%幸福感が増加して

この幸福感は寿命を延ばすようで

ライブを見ると寿命が延びる という記事がありました。

心は楽しいとか嬉しいとかあたたかい状態であることが

健康にはものすごく大事だということだと思います。


最近は、企業でも職員が幸せだと売り上げが上がるという

結果があるため

職員の幸せにする企業のあり方という討論もされています。


健康のために 心を幸せな状態にすることに

私達はもっともっと真剣に取り組んでもいいと思います。

幸せの努力ってなんだか楽しそうですね。


今号は私、真紀の

笑う門に福来新聞3月号を

お届けします。


真紀HP   https://warai555maki.amebaownd.com/

真紀ブログ http://ameblo.jp/warai555maki/



==与えることが、自分を幸せにする====

独リューベック大学などの研究チームは、

スイス・チューリッヒにある研究室で

被験者50人を対象とする実験を行った。


実験では、気前の良い行動を取った後の被験者らに

自分自身の幸福度を自己申告させた。 


その結果、被験者らは一様に、

与えることは快感を覚える経験だと述べた。


同時に、気前の良さに関連する脳の部位が、

幸福感に関連する別の部位の反応を誘発したことが、

MRIスキャンで明らかになった。


研究チームは

「気前の良さと幸福が、個人の充足感を高めるとともに、社会的成功を促進する可能性がある」

と論文に記した。


その一方で研究チームは、

「日常生活においては、気前の良さと幸福の間の関連性が過小評価されているため、

(他者のために)使うことの恩恵が見過ごされている」としている。

(AFP BBニュースより)



利他について、自分の立場を高めるため。

生存のカギとなる要素である同族的な協調と団結が育まれるとしたものや、

見返りに何かが得られることを期待しているからにすぎないという考えがあったらしいが、

答えはシンプルに

人のためになることは、ただ幸せ。そして気持がいい。

人の生理反応だと思いました。




ーーー感情は感染するーーーー

カナダのカルガリー大学医学部の博士研究員が主導した研究で、

マウスを数組のペアに分け、

それぞれ1匹だけに軽いストレスを与えた。


両方のマウスの脳を調べたところ、

ストレスを受けたマウスは

記憶と情動反応を司る脳領域、海馬の神経細胞に変化が生じていた。


その後、ペアを一緒に過ごさせ、

ストレスを与えていなかったマウスを調べたところ、

その脳にはパートナーと同様の変化が見られるようになっていたという。

また、マウスの雌に限って逆の反応もみられた。

ストレスがかかったマウスを集団に入れると、

ストレスが緩和された。

これらの結果が人間にも当てはまるかどうかはまだわからないということだが、

マウスと人間のストレス回路は非常によく似ているということから、

人もそうである可能性は高いと思われます。(Forbes JAPANより)



―――編集後記―――

最後までお読みいただきありがとうございます。


誰かのためになることが、自分の幸せだった。


その生理反応があるということは

人がどう生きれば、自然なことなのか

わかります。

なんとなく世の中、自分のためにならないことは

損なことのようになってますが、

身体の反応はそうではなかった。

人は善か悪か?

という小難しい議論もありますが

どっちにもなれる自由があるけど

身体が気持ちよくて、心のすっきりする方を

選ぶ方がいいに決まってますよね。


しかも

感情が伝染するかもしれないなら

自分が幸せだと、周りの人も幸せにもなる

自分の幸せが人の幸せで、それがまた自分の幸せ

という幸せが周りだす、増えだす

ということもできるわけで

心はどう使うか

心の力は可能性に満ちています。

だから 人の可能性もいっぱいです。



次回は来月

笑美さん新聞4月号をお届けします。

お楽しみにお待ちください。


関東地区では 私真紀の 「笑いと健康教室」の 出張おこなっています。

下記メールまでお気軽に 相談いただければうれしいです。

warai555maki@yahoo.co.jp






ご感想 お意見は、お気軽にご連絡ください


warai555maki@yahoo.co.jp

*********************
メールマガジン 「看護師作成の健康新聞」

☆発行責任者  真紀

☆公式サイト
  
真紀HP   https://warai555maki.amebaownd.com/


真紀ブログ http://ameblo.jp/warai555maki/




笑美ブログ http://profile.ameba.jp/yui-ma-ru021ebisusama/



優愛 HP http://yuuai-love.sakura.ne.jp/genki-web/kenkoutop.html

優愛ブログhttp://yuuai-love.jugem.jp/



☆問い合わせ 0001640765@mag2.com 

☆登録・解除  http://archive.mag2.com/0001640765/index.html
































メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ