看護師が創っている健康新聞

  • ¥0

    無料

看護師3人がそれぞれ勤めている病院で 月に1回 発刊、掲示している手作り新聞。 難しい話ではなく、心と健康を主にした 楽しい新聞です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
看護師が創っている健康新聞
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年10月16日
 
発行部数
134部
メルマガID
0001640765
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

**********************

  「看護師が創っている健康新聞」


看護師が手作りで病院に発行掲示している新聞

**********************


2017年 10月16日

みなさま おはようございます

真紀です。


日本人は右脳が育ちやすい文化背景を持っているそうです。

場の空気を読む 風の音や植物の色の変化に季節を感じることがそれです。

ところが、IT化は左脳領域を使うため

脳を使う範囲が狭くなっているそうです。

意識てきに、人と接する、自然を感じることが必要なようです。

もともとは、右脳を使う文化があるのは、ありがたいことですね。

見えないけどある、人や自然の気持ちをくんで、感謝できる

見えないものに、命、魂を感じることが自然にできるのだと思います。

大事にしたいものだと思いました。



今号は私、真紀の

笑う門に福来新聞9月号を

お届けします。


真紀HP   https://warai555maki.amebaownd.com/

真紀ブログ http://ameblo.jp/warai555maki/



====太陽をイメージ=====

冬は人種、文化に限らず体重と睡眠が増加傾向になるそうです。

眠気や体重が増加するのと同時に、

「人と会うのが面倒」「何事もおっくう」など

抑うつ症状が一緒に出現する「冬季うつ」があります。


その原因は日照時間と言われています。

視覚として光を見ている感覚以外の非視覚作用は脳で様々な働きをしています。

生物リズム調整、覚醒作用、抗うつ効果、自律神経調整、糖代謝調整で

光の物を見る以外の働きはすごいです。

室内照明だけでなく、太陽が人に大事ということがわかります。


でも天候がいい時ばかりではありません。

そんな時いい方法があります。



イメージしたことと実際に体験したことは脳のなかでは

同じという原理です。


目を閉じて次のことをイメージします。

あなたは、自宅の庭で好きな時間帯の太陽の光を全身に浴びています。

どんな気持ちがしますか?

そのまま30秒ほど、その心地よさを感じていてください。


身体緊張が少しゆるんでくると、今の気持ちも変化していきます。


脳のなかでは、イメージすることと

実際に体験していることが同じということは、

脳は身体に信号を出すので、

太陽など気持ちのいいことをイメージするのはすごい効果があって、

その逆だとダメージということになります。


私達の想像力は想像を超えるものです。

そして、私達は光を受け取ることと、

作りだすこと両方ができるということだと思います。

人間ってすごいですね。


(参考 ナショジオ プレジデントオンラインより)



===不安は妄想=====

出家僧、草薙龍瞬さんによれば、

妄想は頭の中で考えること。

過去を思い出す、将来を想像することなどで、

「不安」とはマイナスの事態を想像している状頭で

考えているだけなので、「妄想」です。


だから、あれこれ考えているうちに不安を感じてきたり、

うまくいかない気がしてきたときは、

まず「妄想が湧いている」と客観的に理解します。

不安に打ちかとうとか、

ヤル気をムリに駆り立てる必要はありません。

頭の状態を冷静に「理解する」のです。

不安がある(失敗するかも。この先どうなるのだろう?評価を下げているのでは?)

→わたしは妄想している。

これは妄想状態である(とはっきり理解する)

大切なのは、「妄想は妄想にすぎない」と客観的に理解して、

それ以上に「反応しない」(真に受けない)ことです。

(参考 東洋経済オンラインより)


頭は考えることより、いいことをイメージして想像しているのがいい使い方ですね。



―――編集後記―――

最後までお読みいただきありがとうございます。


医学博士の加藤俊徳先生も

悩みとは脳がどうどうめぐりをして疲弊することである

と著書にあります。

過去や未来ではなく

今、自然の音や大地の大きさ、太陽のあたたかさ

そして人の笑顔

を感じることが

脳にも心にもいいですね。


次回は来月

笑美さん新聞9月号をお届けします。

お楽しみにお待ちください。




関東地区では 私真紀の 「笑いと健康教室」の 出張おこなっています。

下記メールまでお気軽に 相談いただければうれしいです。

warai555maki@yahoo.co.jp






ご感想 お意見は、お気軽にご連絡ください


warai555maki@yahoo.co.jp

*********************
メールマガジン 「看護師作成の健康新聞」

☆発行責任者  真紀

☆公式サイト
  
真紀HP   https://warai555maki.amebaownd.com/


真紀ブログ http://ameblo.jp/warai555maki/




笑美ブログ http://profile.ameba.jp/yui-ma-ru021ebisusama/



優愛 HP http://yuuai-love.sakura.ne.jp/genki-web/kenkoutop.html

優愛ブログhttp://yuuai-love.jugem.jp/



☆問い合わせ 0001640765@mag2.com 

☆登録・解除  http://archive.mag2.com/0001640765/index.html





























メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ