こころとカラダを楽にするケアルームreCare

  • ¥0

    無料

毒舌セラピスト?さとりセラピスト?天然?様々な顔を持つリケアのオーナーきみえがお伝えしたい心とからだが楽になるセルフケアや意識の持ち方♪ 心とからだはつながっていて、そのバランスが崩れると病気や症状に現れます。 医学とは違う視点で自分を診ることで分かる本当の原因があるかもしれません。。。 意識を変えることで良い方向へ向かうかもしれません。。。 感情、想い、痛み、不調、ストレス、恋愛問題、家族問題、病気、人生、さとり、、、「生きる」を楽しみませんか?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
こころとカラダを楽にするケアルームreCare
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年01月15日
 
発行部数
47部
メルマガID
0001641011
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

自然療法としてのリフレクソロジーを伝えたい!長浜公恵です。


今日は死の話。

重たい?いえいえ~ぜんぜん!
死のことこそ明るく考えることがこの世を元気に、自分らしく生きる鍵です!

「死ぬことはワクワク(*‘∀‘)」
こんなことを言う人がいます。信じられますか?

誰にでも起こる死。
なのにどうして怖いのでしょうか?

死生観について考えたことありますか?それで人生が変わってくるかも。

死は恐怖なのか?

いいえ、次の楽しいステージへ行くだけです。どうなるか、は行ってみればわかります。とその人はいいます。

そして、知らなくていい。知りたいのはなぜでしょうか?
それはね・・・
そんなことも18(木)のお茶会でお話したいな^^

死よりも執着が苦しみを生む?

やっぱり、死ぬって怖いよね~。

だってそういうイメージがついてる(笑)

誰かが死ぬのを見ているから自分も死にたくないって思う。
誰かが死んで悲しんでいる残された人がいるから自分も死にたくないと思うのかもしれません。
家族を悲しませたくないとか・・・

でも、誰もが死にます。
そして、長生きが本当に幸せかどうかも本人にしかわかりません。本人も分からなかったり・・・

昔から死後はどうなるのか?と各宗教はそれぞれの観点で説いてきました。

例えば、キリスト教などは天国と地獄をつくったり、
浄土真宗やチベット仏教は「死んだら幸せになる」とか、
死んだらだれもが極楽へいくとか、輪廻転生するとか、
いや~色々ですね。

ヨーロッパのケルト民族は楽園である
ティルナノーグ(黄泉の国みたいな)に行けるとして
死ぬことを全く恐れないことで有名です。
死ぬことの恐れがないので彼らと闘った
ローマ帝国の騎士たちはかなりケルト人たちを怖がったと伝えられるほどです。

死後の世界は逝った人が語ったわけじゃなくて(その場合もあるけど途中までだったり)、
そう言って生きることを支えていたのだと思われます。
だから事実かどうかよりも今を生きるために信じるほうが結局は糧となっていたんですよね。。。

誰もが死ぬのになぜこれほど死の話はタブーになっていたのか?
タブーにするから心の準備ができないのではないか?と
個人的には思うんですが最近はデスカフェなどが
広まって死生観を語ることで死への恐怖がなくなるのはとてもいいことだと思います。

なぜ怖いのか?

執着があるからかもしれません。
やり残したこととか心残りとか。(執着って生きているときにあるもので生きているときに苦しめる一番大きなものかも)

でも、やり切った~!と誰もが思える人生を送れるわけではない。
常に心残りになるようなことはあると思うし、年齢によっても違いますよね?

とはいえ、「ワクワクする!」という人だっているんです。
そういう人は決して狂ってしまったわけではなく(笑)、
「自分の使命を全うできてあとは言う事ない」とか「次のステージへ行けると思うから全然怖くない」と言うのです。

そうなんです、、、執着がない。

やり残したことがない、と。ただ今が楽しいって。

いやべつにみんなワクワクになるといいなってことじゃなくて。
ただ同じ人間なのにここまで違うのはなぜでしょう?

こうでなくちゃいけない、とかこれをしたい!と思うから
それが叶わないで死ぬのは嫌だ、となるんです。

これは死ぬとか関係ないですね。。。
じつは生きているときにできるし、
それをやるか否かは結局のところ自分次第。自分の選択しかない。

もしかして、死後だろうが今世だろうが変わらない???(;・∀・)
(今の自分が死後をつくってますからね(笑))

どう生きるか、を試されているだけというか。。。でもただ生きればいいし。

生きる意味も死ぬ意味も考えるだけ無駄(笑)

死んでからどうなる、というのも、生きているときにどうなる、
というのも誰にもわからないんですよね。
でも、それでいい。今を生きればいいんです。
考えない。考えるから何事もうまくいかなかったり、苦しみになる。

確かに「やりたいことがまだあるから」という人は途中で死んだら無念ですよね。

「いつ死ぬか分からないから後悔のないように今やりたいことをやっておこう」と
気づいた人は生き生きと今を生きている。

自分のキモチに嘘も言い訳もせず、正直に生きている。

かっこいいな~。そんな風に生きたいなぁ(*‘∀‘)

私が昔より死ぬのが怖くなくなったのは自分で生きているのではなく、
生かされていることを実感したからかもしれません^^


死生観についても今月のお茶会で少しお話できたらと思います↓↓↓↓↓

★カフェ・プラクティス~気づきのお茶会★
瞑想も行います^^まずはお会いできたら嬉しいです^^
https://resast.jp/page/event_series/28876

親孝行をやり残したと思いたくない人は
介護リフレクソロジーミニ講座
https://resast.jp/events/234652

早速リフレクソロジーを習得して家族をケアしたい方は
2日間のホームリフレクソロジスト講座
https://resast.jp/events/238122

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
心と身体のケアルーム 根津駅1分
心身ケアセラピスト
長浜公恵
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆発行者:ホリスティックスタジオ・リケア 長浜公恵
◆公式サイト:http://hsrecare.com
◆問合せ:ws@hsrecare.com
◆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0001641011.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ