かみさまとのやくそく

  • ¥0

    無料

映画「かみさまとのやくそく」の自主上映会情報を中心としたメールマガジンです。 全国各地で自主上映会が開催されていますので、直近約1週間の上映情報を掲載。また監督の上映会レポート、参加者のご感想などを載せていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
かみさまとのやくそく
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年07月19日
 
発行部数
1,504部
メルマガID
0001641065
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > 映画館・上映情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
    2017.7.19発刊   Vol.0146


★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

いつも大変お世話になっております。

先週のメルマガで、特殊能力を「人前で出してはいけない」と、
お母様に言われて育ったため、授かった才能を自然に発揮することに
抵抗があったことに気がついた、
というご感想をご紹介させていただきました。

ご感想をシェアしてくださったのは、ヒーラーの武藤多絵さんです。

武藤さんが、新バージョンの「かみさまとのやくそく」を
ご覧になられたことがきっかけで、幸せを求める想いに無意識にブレーキをかけてしまう
お母さんへのある感情について、アファーメーション(自分自身に対する肯定的な宣言)
をつくってくださいました。

彼女のメルマガで公開してくださったものですが、特別に武藤さんのご了解をいただき、
メルマガの文章とともにご紹介させていただきます。

###

先日、荻久保則男監督の作品「かみさまとのやくそく」のニューバージョンを、
観させていただきました。

3年ほど前に公開されたオリジナルバージョンは、小さなお子さんたちの
お話が印象的でした。

生まれてくる前の、お空にいたころの記憶、過去世の記憶のお話が、とても
興味深かったです。

今回のニューバージョンには、新たに、人はこの世界に、どのような目的を
持って生まれてきたのか、というテーマを探求するパートが、加えられています。

実は、それを観ていて、とても大事なことに、気づきました。

赤ちゃんは産まれる前、お空の上から、自分のお母さんのことを、観ています。
そして、自分が産まれたら、お母さんを、幸せにしてあげるんだ~と、ワクワク
しながら、産まれてきます。

生まれた瞬間は、お母さんは、確かに笑顔で、嬉しそう。でも、だんだん、
自分が大きくなるにつれ、お母さんが不幸せそうになっていったら、どうでしょう。

お父さんや、おばあちゃんのグチを、聞かされたり。言うことを聞かないと
叩かれたり、大きな声で、怒鳴られたり。

あんなに笑顔だったお母さんが、どんどん、怖い顔になっていったら・・・。
もしくは、「私は何て不幸なの」と、お母さんが涙を流していたら・・・。

子どもは、自分を、責めます。「あんなに幸せにしてあげたかった、お母さんを
幸せにできないなんて。私は、何て無力なんだろう」と。

そしてこの思いが強いと、自分自身が幸せになることを、制限してしまいます。

女性らしさを発揮することをセーブして、なかなか結婚しないように、したり。
結婚しても、旦那様をホメたり、感謝せずに、夫婦仲をわるくしたり。
赤ちゃんを、授からないようにしたり。わざと、豊かにならなくしたり。

「お母さんを幸せにできなかった私には、自分だけ幸せになることなんてできない」
「幸せになる資格なんて、ない」と思い込んでしまうのです。

この思い込みは、ミルフィーユのように、何重にも重なる、他の思い込みの
一番下の方に入っています。

なのでなかなか、気づかないと思います。しかも、思いが強い分、強力です。

このメールを読んで、胸がザワザワするのなら。あなたにも、この思い込みがあります。
なので、こんなアファメーションを、ご自身に言ってあげて
みてください。

----

私は産まれる前、お空の上から、お母さんを観ていたね。そして、

「今度はあのお母さんのところに、行こう。あのお母さんが、大好き。
お母さんを、幸せにするんだ」

と決めて、この世界に、やってきたよね。

私を命がけで産んでくれたお母さんは、私を観て、本当に、嬉しそうにして
くれた。それを観て、私も、ここに来てよかったと、幸せだったよね。

でも、いつからか、お母さんの表情は曇り、幸せそうでは、なくなって。

お父さんのグチや、おばあちゃんのグチを聞いたり。私が、お母さんの思った
通りにできないことを、悲しんだり・・・。

その様子を見て、私は、こう思った。私は、わるい子だ。お母さんを幸せに
できないなんて。

そう思い込んで、自分が幸せになることを、制限したよね。

でもね、もう、いいんだよ。お母さんにはお母さんの学びが、あるの。
お母さんが不機嫌だとしても、それは私のせいでは、ないよ。

私にできることは、お母さんに命がけで創ってもらった身体を通して、
生きる喜びをたくさん、体験すること。

女性として、この世界に産まれた幸せを、たくさん、受け取ること。
愛する人たちから愛され、私も、皆に愛を発信して、愛にあふれる世界を楽しむこと。

そして、この幸せは、お母さんに命がけで産んでもらったお蔭と、感謝すること。

これからは、そんな風に生きていって、いいよ。私は幸せに、生きていくよ。

----

細かい表現は、ご自身でピン!と来る言葉を足していただいて、大丈夫です。

この思い込みを持っていらっしゃる方は、結構、多いと思います。読んで、
どこかザワザワする感じがしたら、アファメーションをぜひぜひ、ご自身に
言ってあげてくださいね。

#####(引用ここまで)

子どもの頃の無念な思いを知らず知らずに引きずって、私たちは成長しているのかもしれません。
頭の中ではお母さんと自分自身は別人格なのだから、
お母さんの不機嫌は自分が原因ではないとわかっている場合でも、
お母さんを笑顔にするというミッションは無意識に継続されている・・・。
だから、知らず知らずのうちに残念な思いが残り、積もっていく・・・。

でも、武藤さんは「生んでもらったことに目を向けましょう」と、
まずお母さんの愛をうけとめることにフォーカスします。

私が笑えば、お母さんも笑顔になる!
私は、お母さんに無条件で愛されているのだから。
お母さんに無条件で愛されていなかったなら、私はここまで生きてこれなかったのだから。
自分自身の肉体が無条件の愛の証明そのものなのだから。

生まれてくる前に決めたミッションには、「人の役に立つ」と同時に、
「人からいただいた愛を、喜びとともに受け入れる」学びの要素もあるのではないか?
と、感じるのです。

ものすごく寂しいとき、辛いとき、孤立を感じているとき、
愛から遠ざかっている自分に耐えきれないとき、
どうかご自身の腕を、脚を、両の手のひらを見つめてみてください。
そして、ご自身の身体に触れ、肉体の存在を感じてください。

あなたは愛を受けて育ってきた、無条件の愛の存在そのものです。
だから、あなたに注がれた愛はあなたの中で、
あなたが育ってきた年月とともに肉体として成長している。
自分自身を大事にするとは、人からいただいた愛が自分自身を作っていることを
改めて意識し、いただいた愛に感謝することなのかもしれません。

武藤さん、素敵な愛のメッセージをありがとうございます。

武藤さんのブログはこちらです。
http://ameblo.jp/taebrightlight/

いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。

「かみさまとのやくそく」監督:荻久保 則男


★-- 映画の感想 
《渋谷・アップリンクでの上映に参加された方》

◇この映画を人に薦めたいと思いますか?
1.そう思う
なぜか? 気持ちが楽になったから

◇映画の感想、イベントの感想

実は、ゴールデンウィークに娘が亡くなりました。
母親(私)を嫌い絶縁状態のままでした。
その時私たち両親は関西へ旅行中でした。

亡くなる数時間前に、京都から亀岡に行く山陰線のトンネルの中で
私(母親)だけが青い光を見ました。
サイキックな友人に話したところ、人は死ぬときに青い光になって母親の体内に戻るのよ
と語ってくれました。
今回映画を観て、すみれちゃんが『生まれる前は青い光だった』と語る場面に納得しました。

加藤夫妻のトークの時に上映会の際 検視官の方が様々な亡くなり方をされたご遺体をみて
『この人はこんな人生で良かったのか?』と虚しさを感じる毎日だったのが、
この映画を観て『どんな人生でもどんな終わり方であっても、
これで良いのだと思えるようになった』とおっしゃったと話されたことに安堵いたしました。

娘は一年前に30歳年上の連れ合いを病気で亡くして後をおっての自死でした。
34歳の人生でした。

ただ、ひとつの救いは何人ものサイキックな方から娘は寿命だったと云われたことです。

長々お読みくださいまして、ありがとうございます。



★-- オーダーメイドのリクエスト上映会受付中!!

<皆様のご都合のよい日時にて上映会を行います。>
 場所は ◆世田谷区 千歳烏山・千歳船橋
     ◆奈良県 北葛城郡
 対象作品「かみさまとのやくそく」
     「ひかりの国のおはなし」
     「田辺鶴瑛の介護講談」 の3作品全部です。

 ご質問やお申込みは以下URLへお願いします。

 世田谷区 … http://norio-ogikubo.info/?p=10032
 奈良県 … http://norio-ogikubo.info/?p=10220


★-- 「かみさまとのやくそく」上映情報

☆彡劇場公開

【渋谷・アップリンク】
ドキュメンタリー映画「いのちの はじまり」の公開に合わせて、
急遽、渋谷アップリンクで「かみさまとのやくそく」がアンコール上映されることとなりました

◆7月21日(金)15:55~17:43【予告なし】【上映後舞台挨拶】
        登壇者:社団法人 Love T.P 代表SAKIE、荻久保則男監督

◆7月23日(日)14:45~16:28

◆7月24日(月)15:25~17:03【予告なし】

◆7月26日(水)15:25~17:03【サービスデイ】【予告なし】

◆7月27日(木)13:30~15:08【予告なし】

◆7月28日(金)15:25~17:03【予告なし】


【大阪・十三】シアターセブン
「かみさまとのやくそく」と「ひかりの国のおはなし」上映します。

8/6(日)・8/26(土)
『かみさまとのやくそく』 12:30(~14:13終)
『ひかりの国のおはなし ~あの世の学校からのメッセージ~』14:50(~16:04終)

http://www.theater-seven.com/2016/movie_kami-oya.html


・:,。゚・:,。定期上映情報…名古屋・大須「多幸屋(たこや)」・:,。゚・:,。

手相鑑定や易、タロット、はたまた整体まで、気持ちも体もほぐされる
大須の癒し処です。
夜のお時間の設定もありますので、お仕事帰りにも寄っていただけます。

※定員8名。ゆったりとご覧いただきたい、というご配慮から
少人数とさせていただいております。連日満席が続いていますので、
ご希望の日にちはお早目にご予約をお願いいたします。

≪7月≫
21(金)、24(月)【かみさまとのやくそく】11時~、17時~(1日2回上映)
       【ひかりの国のおはなし】14時~(1日1回上映)

≪8月≫
1(火)、4(月)、8(火)、14(月)、18(金)、21(月)、28(月)

「上映時間」
11:00~かみさまのやくそく
14:00~ひかりの国のおはなし
17:00~かみさまのやくそく


★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報(7/20~7/30) 

  http://bit.ly/1qTzpiq

●7月21日(金)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋

  ☆「ひかりの国のおはなし」とのW上映会☆

●7月21日(金)東京都・渋谷区/桜ヶ丘某所

●7月21日(金)22日(土)愛知県・名古屋市中区/TOLAND

●7月22日(土)大阪府・大阪市中央区/ドーンセンター

●7月22日(土)神奈川県・中郡二宮町/cafeひみつきち

●7月23日(日)東京都・港区/桂由美ブライダルハウス

  ☆荻久保監督・かがみ知加子先生・すみれちゃんトーク☆


●7月24日(月)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋

  ☆「ひかりの国のおはなし」とのW上映会☆

●7月28日(金)29日(土)30(日)山梨県・中央市/中央市立玉穂総合会館

●7月28日(金)29日(土)東京都・世田谷区/ディージャン

●7月29日(土)東京都・北区/RUNE WITCH’S GROTTO 【満席御礼】

  ☆W上映会☆

●7月30日(日)兵庫県・三木市/三木市文化会館

  ☆池川先生講演会☆

●7月30日(日)静岡県・浜松市/入野協働センター



★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報

  http://bit.ly/2du1pfs


●7月21日(金)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋 ☆W上映会☆

●7月24日(月)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋 ☆W上映会☆

●7月29日(土)栃木県・真岡市/真岡市情報センター

●7月30日(日)神奈川県・川崎市川崎区/THE GRILL MARKET

   ☆どいしゅうさん長南華香さん対談☆


★-- 「介護講談」自主上映会情報

  http://bit.ly/2dtZVlb

●7月29日(土)東京都・北区/RUNE WITCH’S GROTTO【満員御礼】

  ☆「かみさまとのやくそく」とW上映会☆

●8月6日(日)東京都・練馬区/Yume Mirai Cafe

  ☆荻久保監お話会☆3作品上映会☆

●8月19日(土)東京都・大田区/大森医師会館


━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ