かみさまとのやくそく

  • ¥0

    無料

映画「かみさまとのやくそく」の自主上映会情報を中心としたメールマガジンです。 全国各地で自主上映会が開催されていますので、直近約1週間の上映情報を掲載。また監督の上映会レポート、参加者のご感想などを載せていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
かみさまとのやくそく
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年11月15日
 
発行部数
1,496部
メルマガID
0001641065
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > 映画館・上映情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
    2017.11.15発刊   Vol.0159

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

いつも大変お世話になっております。

11日(土)、東京・御茶ノ水で開催されました
劇団東京ノーヴイ・レパートリーシアターの
レオニード・アニシモフ芸術監督と作家の田口ランディ先生の対談があり
お伺いさせていただきました。
東大病院・循環器内科医師であり助教の稲葉俊郎先生が司会進行という贅沢な企画です。

東京ノーヴイの一般向けの演劇研究機関であり
養成所的な意味合いもあります「アカデミー」。
私は、映像クラス講師を務めさせていただいております。
一昨年のアカデミーをランディ先生が年間を通して受講され、
素晴らしい女優さんとして開花されました。

対談は、イメージを自分で作ることの重要性について、ランディ先生が語ってくださり、
アニシモフ先生がその具体的な方法と効果、社会に及ぼす影響について語ってくださいました。

現代社会には情報はとてもたくさんあるけれど、
自分自身でイメージを作る作業は意識して行わないとできない。
引き寄せの法則などというけれど、理想の自分を引き寄せようとする前に
私たちはそもそも理想の自分をイメージすること自体、なかなかできていない。

対談が進むにつれて、現代社会における精神的ストレスに、
私たちはどう対応していくべきか?という課題が明確になってきました。

情報を知るだけでは、生きることにならない。
自分自身を大切にして、生きていくために必要なものは何か?

潜在意識と顕在意識についてのお話につながったところで、
稲葉先生が人生を畑になぞらえて説明してくださいました。

情報など表面的なことにだけ意識を向けていては、人間の心は満たされない。
畑の土も、ただ表面に水や肥料を与えるだけでは、生産能力は満たされない。
土の下を流れる水脈と土がつながらなければ、豊かで生命力にあふれた土はできない。

人間の心の地下水脈を豊かにし、地表、すなわち日々の心を
活性化するのに効果的なものが芸術であり、
自然界のエネルギーに触れることだと。

私のことをふりかえってみますと、芸術といえば、
例えば小説を読むことで、心の耐久性といいいますか、
自分で自分を追い込みすぎない心のバランスをとっている部分があります。

小説には、いろんな登場人物が出てきます。
だから感情移入できるのでしょうけれど、だらしない主人公もたくさんいます。
でも、彼らの内面も言葉で語られ、そのだらしなさを彼の立場で納得できるので
私たち読者は知らずしらずに彼らを応援しています。
その中で私たちは感じます。

人生はなんでもありなんだ、みんな頑張っているんだ。
だから、どうやら私も頑張って生きているんだ。
主人公の人生を応援することで、
自分自身の生き方も選択肢の一つなのだと理解できる。
今までのこと、過ぎ去ったことにたいして、「
「あれはあれでよかったのだ」と一瞬でも思える瞬間が訪れる。

自分を大切にし、自分を応援するための地下水脈が、日々の生活という地表とつながる。
たとえ一瞬でも。

日々のイメージトレーニングが作家にも俳優にも
とても重要なことだとお二人は語っておられました。
たとえ一瞬でも闇に光が灯れば、そこはもう闇ではない。
一瞬の光を恒常的に光らせるための努力を、私たちは継続していくことができる。
未来へのイメージを自分自身で描くことを続けるだけで。

そして、イメージが明確になればなるほど、それは力を持ち、現実化していく。
それがクリエイティブに、超意識とつながっていくための方法。

東京ノーヴイの新作舞台「どん底」が
11/29(水)東京・渋谷で一夜限りで公演されます。
私もスタッフとして参加させていただきます。
http://www.tokyo-novyi.com/japanese/pg612.html

ランディ先生の新作小説「逆さに吊るされた男」
http://amzn.to/2ywlBpS

心の地下水脈を解放してくれる力を持つ、芸術にふれてみてください。

アニシモフ先生はじめ、東京ノーヴイのみなさま、
ランディ先生、稲葉先生、お会いしたみなさま、本当にありがとうございました。

いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。

「かみさま との やくそく」 監督:荻久保 則男


★-- 映画の感想 

この映画を人に勧めたいとおもいますか?
1.そう思う
理由:自分の子供に感謝できる、感動する映画だから。

映画の感想:
私の娘(4歳)は、結婚して9年経ってやっと授かった子供です。
「やっと生きて逢えた子」という意味で「逢生(あお)」と名付けました。
今でも毎晩、一緒に寝るときに「ママ、逢生(あお)ちゃんと一緒で幸せ。大好き。」と言っています。
「産まれてきてくれてありがとう。」と伝えています。

でも、結婚前に中絶を経験しています。
私を選んできてくれたのに、産まれる道を断たれる…なんという罪を犯してしまったのか。
今の幸せは、その子の犠牲に上に成り立っているのだと、
感謝しなければならないと思い出させてくれました。
ありがとうございました。

この世には、望まれないで産まれた子や、育児放棄する母親がいるけれど、
この映画をみて産まれてきてくれた子どもに感謝できる人が増えるといいです。

神秘的で貴重な子どもたちのお話が聞けて良かったです。
男の子が「大仏みたいな」人がいたと言っていましたが、外国の子どもに聞いたら、
大仏をどう答えるのか、大仏ではなく他のものになるのかとても気になりました。
海外でも、同じような研究がされているのではないかと思います。大変興味深いです。
ありがとうございました。(40代女性)


この映画を人に薦めたいと思うか:1そう思う
理由:これでおだやかな気持ちになれる人がきっといると思う

感想:胎内記憶に興味はあって面白いと思いながら、
映画を見た人からの「感動した」という感想しか伝え聞いていなかった。
水を差すのは嫌だけれど、自分的には記憶というものの解釈や可能性が気になっていて
そのあたりはどう書かれているのかが知りたいと
知り合いの上映会に出かけました。
 
一番印象的で頷けたのは、先生の「これが真実かどうかはどうでもよく、
親子が幸せになれるんだからいい」という言葉でした。
ボタン嫌いの子の家族も、とてもいい家族関係を築いていらっしゃるなと感じられて
優しいつながりに感動しました。
人の言葉を、つながりを信じて受け入れるという、
大切な視点を再認識させてもらえた映画でした。
また、受精の瞬間から赤ちゃんとして人格があるというのも本当に納得できると思いました。

映画の帰り、子供がいない知り合いが、
「自分は赤ちゃんに選ばれなかったのかと思ったら悲しくなった」と言うので、
私は全く思いも寄らずびっくりし、またちょっともったいなく思いました。

私も子供はいませんが、人は、目の前にいる人を幸せにしたい、
という思いを生まれる前から持っている存在で、
生まれ出た瞬間に目の前にいるのが、お母さんである、
ということなのではないかと、そんな考えに至ることができました。

胎内記憶の真実が実証されることに、興味はありません。
しかしこの映画を見て、幸せになれる人がきっとたくさんいるだろうと思います。
親子関係に悩む人がいたらおすすめしたいし、
機会があれば上映会もやってみたいと思います。
以上です。(50代女性)


★-- オーダーメイドのリクエスト上映会受付中!!

<皆様のご都合のよい日時にて上映会を行います。>
 場所は ◆世田谷区 千歳烏山(千歳船橋からも行けます)
     ◆奈良県・大阪府の一部 (ご相談ください)
    
 対象作品:世田谷区/奈良県・大阪府の一部
     「かみさまとのやくそく」
     「ひかりの国のおはなし」
     「田辺鶴瑛の介護講談」 の3作品全部です。

  
 ご質問やお申込みは以下URLへお願いします。

 世田谷区 … http://norio-ogikubo.info/?p=10032
 奈良県・大阪府 … http://norio-ogikubo.info/?p=10220


★-- 「かみさまとのやくそく」上映情報

☆彡劇場公開

【大阪・十三】シアターセブン
11月は「かみさまとのやくそく」を上映します。    

・11/20(月)、11/27(月) 13:30~『かみさまとのやくそく』 

http://www.theater-seven.com/2016/movie_kami-oya.html


・:,。゚・:,。定期上映情報…名古屋・大須「多幸屋(たこや)」・:,。゚・:,。

手相鑑定や易、タロット、はたまた整体まで、気持ちも体もほぐされる
大須の癒し処です。
夜のお時間の設定もありますので、お仕事帰りにも寄っていただけます。

※定員8名。ゆったりとご覧いただきたい、というご配慮から
少人数とさせていただいております。
ラジオ見学ツアーは、生のスタジオを感じることができて大人気です。
ご希望の日にちはお早目にご予約をお願いいたします。

『ラジオ見学ツアー付き上映会』
11月21日、28日(すべて火曜日)
12月5日、12日、19日、26日(すべて火曜日)

10:00~「介護講談」

12:00~「かみさまとのやくそく」上映。その後ラジオ見学可能。

◆多幸屋さんpresents「かみさまとのやくそく」@ラヂオ 始まりました!◆

毎週火曜19:00~20:00までの1時間放送ラジオ番組です。

●バックナンバーは「You Tube」で「かみさまとのやくそく@ラヂオ」と
検していただくと出てきます。
 10/24放送分(♯13)…https://www.youtube.com/watch?v=if-BTXwE0lE
 10/31放送分(♯14)…https://www.youtube.com/watch?v=I6RoaJHx5do

 それ以前の収録もアップされています。

【全国各地での上映会主催者様へ】
上映会のご案内をラジオ内で行っていただく事が可能です!
ふるってご連絡くださいませ。

かみさまとのやくそくのお話はもちろん
みなさんのスピリチュアル体験など
スタジオで、又はお電話でお話をしてみませんか?

https://ameblo.jp/kamisamatonoyakusoku/entry-12302237348.html?frm_src=favoritemail


・:,。゚・:,。定期上映情報…東京・杉並区「保護猫カフェ」・:,。゚・:,。

https://www.facebook.com/neco.chitei/

通常「かみさまとのやくそく」+「ひかりの国のおはなし」又は「介護講談」
の二本立て上映となります。
又は3作品上映する日もございます。

映画1本だけでも鑑賞できますが、続けてご覧になりますと
かなり優遇料金となりますので、お時間許せば2本・3本立てで
ご覧いただければお得です。


★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報

http://bit.ly/1qTzpiq

●11月17日(金)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋 ☆W上映会☆

●11月17日(金)18日(土)19日(日)岐阜県・多治見市/smiley salon にっこにこサロン

●11月18日(土)青森県・青森市/青森公立大学

●11月18日(土)東京都・千代田区/グリーンアースビル2A

●11月18日(土)東京都・世田谷区/シングルマザーシェアハウス・MANA HOUSE上用賀

●11月18日(土)富山県・富山市/大久保ふれあいセンター

  ☆羽生すみれさん・ゆきさん親子講演会☆

●11月18日(土)宮城県・岩沼市/玉浦コミュニティーセンター

●11月19日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち ☆W上映会☆

●11月19日(日)兵庫県・姫路市/兵庫県立こどもの館【エデュケーショナル版】

  ☆池川先生講演会☆

●11月19日(日)東京都・新宿区/新宿西口インド料理レストラン

  ☆荻久保監督トーク☆

●11月20日(月)青森県・八戸市/普賢院

●11月20日(月)奈良県・北葛城郡/こころの玉手箱

●11月20日(月)大阪市・淀川区/シアターセブン(十三)

●11月21日(火)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋 ☆W上映会☆

●11月22日(水)東京都・世田谷区/世田谷文化生活情報センター【エデュケーショナル版】

●11月23日(木・祝)東京都・中央区/わなびばKITCHEN333

  ☆すみれちゃんトークショー☆

●11月23日(木・祝)埼玉県・さいたま市浦和区/北浦和カルタスホール【エデュケーショナル版】

●11月23日(木・祝)富山県・富山市/フューチャーシティーファボーレ 和室・研修室

●11月23日(木・祝)愛知県・豊橋市/Cafe Enbeach

●11月23日(木・祝)愛知県・名古屋市/オルバースビルディング名古屋

●11月23日(木・祝)24日(金)静岡県・浜松市/アクトシティ浜松

●11月24日(金)東京都・渋谷区/桜ヶ丘某所

●11月24日(金)神奈川県・横浜市鶴見区/加瀬の会議室 鶴見駅前【エデュケーショナル版】


★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報

  http://bit.ly/2du1pfs

●11月17日(金)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋☆W上映会☆

●11月17日(金)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE ☆3作品上映会☆

●11月23日(祝・木)24日(金)神奈川県・横浜市金沢区/心花茶

  ☆どいしゅうさんのおはなし会☆

●11月26日(日)北海道・札幌市手稲区/ココロとカラダのはぐるーむEarth Hug

  ☆どいしゅうさんのおはし会☆

●11月26日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●11月29日(水)北海道・札幌市/札幌白石区民センター☆上映会☆

●11月30日(木)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋☆W上映会☆


★-- 「介護講談」自主上映会情報

  http://bit.ly/2dtZVlb

●11月17日(金)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE ☆3作品上映会☆

●11月19日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●11月21日(火)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋☆W上映会☆

●11月28日(火)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋☆W上映会☆


★-- 熊猫堂ニュース

「ひかりの国のおはなし」英語字幕、来年1月に完成予定!!

「ひかりの国のおはなし」は、上映会だけではなく、
動画配信サイト”Vimeo"からもご覧いただく事が可能で、
今まで約25か国の地域から視聴していただいています。
(48時間レンタルで700円です
 ペイパル、又はクレジットカード支払いとなります)

「英語字幕版があったら、より多くの国の方に自由にアクセスしてもらい、見てもらえる。」

来年の1月には英語字幕版が完成する予定です。
もし、皆様のまわりで、日本語はわからないけれど、英語字幕があれば見てもらえる、
という方がいらっしゃったら、以下のページをご案内ください。
(現在は日本語のみ対応しています。英語字幕はもう少しお待ちくださいね。)

ご自宅のパソコンで、スマートフォンで、いつでも好きな時間にご覧いただけます。

《予告編・視聴ページはこちら》
https://vimeo.com/ondemand/hikarinokuninoohanasi

《Vimeoでの視聴方法はこちら》
http://kumanekodo.co.jp/vimeo%E8%A6%96%E8%81%B4%E6%96%B9%E6%B3%95/

━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ