かみさまとのやくそく

  • ¥0

    無料

映画「かみさまとのやくそく」の自主上映会情報を中心としたメールマガジンです。 全国各地で自主上映会が開催されていますので、直近約1週間の上映情報を掲載。また監督の上映会レポート、参加者のご感想などを載せていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
かみさまとのやくそく
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月06日
 
発行部数
1,502部
メルマガID
0001641065
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > 映画館・上映情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
    2017.8.30発刊   Vol.0150

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

いつも大変お世話になっております。
]7月のメルマガでご紹介させていただきました、ヒーラーの武藤多絵さんが
「田辺鶴瑛の『介護講談』」にご感想をお寄せくださいました。

拝読させていただき、固い紐の結び目がほどけていくような歓喜を感じました。
私自身、最近になってようやく腑に落ちた、
「なぜ、『介護講談』を制作させていただいたのか?」の答えが読み解かれていたのです。
「かみさま との やくそく」をご覧くださった方にぜひ、
お読みいただきたくて、武藤さんにお願いして、以下にシェアさせていただきます。

####

先日、「介護講談」という映画を観ました。
監督は、映画「かみさまとのやくそく」で有名な、荻久保則男さんです。
実は昨年、「介護講談」ができたというご案内を、監督からいただいたのですが、
当時は見ることが、できませんでした。
父を亡くした直後だったからです。
一周忌が終わり、今なら大丈夫と思えたので、拝見させていただきました。

この映画は一見、ご家族を介護なさっている方、介護のお仕事をされている方向けのように
感じられるかもしれません。
でも、実は人生に関する、様々なテーマが隠された、本当に興味深い作品でした。

テーマその1「人は、自分で設計した冒険物語を、生きている」

主人公の講談師・田辺鶴瑛先生は、認知症の、義理のお父様の介護を6年、なさった方。
認知症のお義父さまに「バカー!」と言われ、むかっ腹を立てていたそうです。
でもだんだんお義父さまと心が通じ合い、最後は「あんたは天使だよ」と呼ばれるまでになります。

映像を観ていると、このお二人は、過去世で何度も親と子、夫婦、きょうだいなど、
近しい関係を繰り返してきた、魂の家族だということが、わかりました。
そして、鶴瑛先生も、お義父さまも、生命力エネルギーが、とても高い方。
なので、一筋縄の、カンタンな人生は、設定しません。
紆余曲折、人生の荒波があり、最後までどんでん返しがあり、
でも、最後の最後は、ハッピーエンド。
そんな人生を、おふたりとも設定していらっしゃいました。

お義父さまは、認知症になって、寝たきりになられたからこそ、
鶴瑛先生と濃い時間を共有なさることができた。
介護は本当に、大変だったと思います。
でも、魂の絆の深さがあったから、乗り越えることができて、
「天使」と呼ばれるまでに、なられたのですね。

お義父さまは、生まれかわるたび、鶴瑛先生を「僕の天使」とホメていらっしゃるように見えました。
そして今回の人生でも、まさにココ!というタイミングで
「天使」という言葉を、使ったのではないかなあ、と想像しました。


テーマその2「人は人生の最期に、課題を、成し遂げる」

気になったのです。「鶴瑛先生って、実のお父様との関係は、どうだったのかしら」と。
といいますのも、義理のお父様との絆がとても強く、
実のお父様は、かなわないなあ、と感じたのです。
調べてみると、やはり、実のお父様とのご縁は、薄かったとのことでした。

その分、魂の家族である、お義父さまからの、たくさんの愛情を受け取られたのですね。
そしてお義父さまは、他の誰でもなく鶴瑛先生に、ご自身の愛をぜんぶ預けて亡くなられました。
鶴瑛先生の愛の器を、ひたすら満たすという大仕事を、成し遂げられたのです。

以前、人は人生の最期に、やり残した課題を成し遂げて、
スッキリとお空に帰っていくと、伺ったことがあります。
お義父さまは、魂の家族に、大きな愛を残すという大仕事を、
6年かけてじっくり、達成なさったのだなあ、と感じました。

テーマその3「あなたを愛する人は、かならず、いる」

鶴瑛先生は18歳で、実のお母様が植物状態に。
そこから3年、誰にも言えずに、看護を続けたそうです。
実のお父様も、お金は振り込んでくれるけれど、やってこない。
高校を出たばかりの、18歳の女の子が、たった一人で、意識がなく、
会話もできなくなってしまったお母さんに、3年もただ、ただ付き添う。
どれだけ心細かったことでしょう。

でもその後、素敵な旦那さまとご結婚なさって、
さらに旦那さまのお義父さまに「僕の天使」と言われるほどの、大きな愛を授かられたのです。

おふたりのストーリーが教えてくれること。
それは、「あなたは、ひとりぼっちでは、ない。
あなたと同じ時代に産まれた、魂の約束をした人が必ずいる。
そしてあなたに、大きな愛を、届けてくれる」ということ。
そしてその人は、一見わかりにくい姿で、やってくることもある、ということ。

むかし話にも、あります。
神さまが一見、神さまとは分かりにくい姿で、顕れたというエピソード。
お義父様は、男尊女卑でいばってばっかり。
孫に、お年玉もあげたことがない人だった。
そう聞くと、たくさんの愛情を持っている人とは、一見わかりにくかったのではないかしらと、思います。
けれど、お義父様の魂の本質は、チャーミングで、愛にあふれる人だった。
その本質を、鶴瑛先生が、引き出した。
まさにおふたりが、魂の家族だったからこそ、
本当の姿をお互いに、見せっこし合うことが、できたのでしょう。

つまり「介護講談」は、何度転生を繰り返しても、
ますます太い愛の絆でつながっていく、魂同士のミラクルストーリーなのです。
この角度からこの作品を観ると、気づくことが、本当にたくさんあると思います。

ちなみに、わたしはおじいちゃんの後輩です。
おじいちゃんの若い頃のお写真を拝見して、バンカラってこういう学生のことをいうのかな、と思いました。
そして、90歳を過ぎて、都の西北を、スラスラと歌う姿に、感動しました。 ----

####

びっくりしたのは、女性である武藤さんが男性の気持ちを痛みとしてご理解されておられるということ。
だから、武藤さんはヒーラーとして、多くの女性(時には男性も)を癒し、
希望を与え続けておられるのだなと、感動したのです。

「介護講談」は、鶴瑛先生と じいちゃんはじめ ご家族がソウルメイトとして
やくそくしてきた大仕事を語る、唯一無二の人生ドラマ。
私は「かみさま との やくそく」が語られた実話として、
見えない世界を大切にしてくださる方々に、「介護講談」をご覧いただきたくて、
鶴瑛先生の高座を映画化したのだと、改めて感じるのです。
見えない世界にまで視点を広げれば、私たちは すぐにでも幸せになれる、と。

武藤さんに 丁寧に解説していただき、改めて私自身の想いが明確になりました。
本当にありがたいです。

「かみさま との やくそく」と、
「どいしゅうさんの『ひかりの国のおはなし』」と
「田辺鶴瑛の『介護講談』」は繋がっているのです。
笑顔で幸せに生きるために、私たちは何を大切にすれば良いのか?を
自分自身と向き合い、感じて考える映画。

「田辺鶴瑛の『介護講談』」(ダイジェスト版タイトル「爆笑!野生のかいご」)
ぜひ、ご覧くださいませ。
http://kaigo-kodan-movie.net/

いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。

「かみさまとのやくそく」監督:荻久保 則男


★-- 映画の感想 

◇この映画を人に薦めたいと思いますか
1.そう思う
理由[懐かしい記憶に触れられると思うので]

◇映画のご感想、イベントのご感想を自由に
私は子どものころ、やりたいことは何でもさせてもらえました。
両親から反対されたことは一度もなく、やめたくなった時も何も言わずに
やめさせてくれました。今思えば、私の母はそんな記憶があって
子どもの私に何でもさせてくれたのかなぁ、と思いました。
母が生きていたら聞いてみたかったです。(40代女性)

◇この映画を人に薦めたいと思いますか
1.そう思う
理由[知っていた方がいいと思うから]

◇映画のご感想、イベントのご感想を自由に
父親、もしくは、父親になる人にもっと見に来てほしい!!
自分ではもう覚えていないところが多かったが、なんとなく共感できることはあった。
自分で覚えているのは、今世に来る前に空がオーロラのような色の場所に
いた事は覚えているが、今日の映画でテレビに映しだされていたというのを見て
自分もそのように選んだ気がした。
又自分では「人の役に立つために生まれる」というのは昔からそう考えていたので
最初からプログラミングされていると思う。
とても興味深かったので、もっと詳しく知りたいと思った。(10代男性)

◇この映画を人に薦めたいと思いますか
1.そう思う
理由[みんなにこのえい画を見せてあげたいから]

◇映画のご感想、イベントのご感想を自由に
このえい画をみて、自分がおなかにいるときのことや、おなかに入る前のことを
思い出しました。(10歳以下女性)

◇この映画を人に薦めたいと思いますか
1.そう思う
理由[自分の人生を考えるきっかけになるから]

◇映画のご感想、イベントのご感想を自由に
何のために生きているんだろうと、この4~5年ずっと考えていました。
映画の中の、お母さんを喜ばせるため、人の役に立つため、という
シンプルで大切な答えがあったことを再認識しました。
自分の一人息子が、どうしてこの子はこんなにいい子なんだろう、と
思う事がいつもあり、あー私のために生まれてきてくれたからなんだ、
と、すーっと腑に落ちました。
今後の生き方に活かしたいと思います。
何回もみたい、忘れたくない映画になりました。(40代女性)


★-- オーダーメイドのリクエスト上映会受付中!!

<皆様のご都合のよい日時にて上映会を行います。>
 場所は ◆世田谷区 千歳烏山(千歳船橋からも行けます)
     ◆奈良県・大阪府の一部 (ご相談ください)
     ◆福島県内(認定NPO法人 元気の素カンパニー以和貴(いわき)
          プロジェクター・スクリーン等を貸出ししての上映会可能)

 対象作品:世田谷区/奈良県・大阪府の一部
     「かみさまとのやくそく」
     「ひかりの国のおはなし」
     「田辺鶴瑛の介護講談」 の3作品全部です。

     福島県内は「かみさまとのやくそく」(残り2作品は応相談)

 ご質問やお申込みは以下URLへお願いします。

 世田谷区 … http://norio-ogikubo.info/?p=10032
 奈良県・大阪府 … http://norio-ogikubo.info/?p=10220
 福島県内 … http://norio-ogikubo.info/?p=10791 


★-- 「かみさまとのやくそく」上映情報

☆彡劇場公開

【大阪・十三】シアターセブン
「かみさまとのやくそく」と「ひかりの国のおはなし」上映します。

・9/12(火) 14:00~『かみさまとのやくそく』 
      16:00~『ひかりの国のおはなし』

・9/16(土) 12:40~『かみさまとのやくそく』 
      14:50~『爆笑!野生のかいご』

・9/17(日) 12:40~『かみさまとのやくそく』 
      14:50~『ひかりの国のおはなし』

・9/26(火) 14:00~『かみさまとのやくそく』 
      16:00~『爆笑!野生のかいご』

http://www.theater-seven.com/2016/movie_kami-oya.html


・:,。゚・:,。定期上映情報…名古屋・大須「多幸屋(たこや)」・:,。゚・:,。

手相鑑定や易、タロット、はたまた整体まで、気持ちも体もほぐされる
大須の癒し処です。
夜のお時間の設定もありますので、お仕事帰りにも寄っていただけます。

※定員8名。ゆったりとご覧いただきたい、というご配慮から
少人数とさせていただいております。連日満席が続いていますので、
ご希望の日にちはお早目にご予約をお願いいたします。

≪9月≫
『ラジオ見学ツアー付き上映会』
12(火)、19(火)、26(火)

12:00~ 上映。その後ラジオ見学可能。

◆多幸屋さんpresents「かみさまとのやくそく」@ラヂオ 始まりました!!◆

毎週火曜18:30~19:00までの30分放送ラジオ番組です。
《な、なんと、9月からは放送枠1時間に拡大!!》
パーソナリティーは大須・多幸屋にて絶大なる人気を誇る
フォーチュンテラーの南部好昭先生。
週替わりで「かみさまとのやくそく」に関係する皆様が出演しています。

【内容】
・全国で行われる上映会のご紹介
・「かみさまとのやくそく」出演者や関係者へのインタビュー
 (今までに大門先生やすみれちゃん、荻久保監督の出演あり)
・胎内記憶や中間生記憶の話
・その他、不思議なお話 等々

【全国各地での上映会主催者様へ】
上映会のご案内をラジオ内で行っていただく事が可能です!
ふるってご連絡くださいませ。

また、9月から1時間枠拡大につき、ゲスト大募集中~(^^♪
かみさまとのやくそくのお話はもちろん
みなさんのスピリチュアル体験など
スタジオで、又はお電話でお話をしてみませんか?

老若男女問わず、全員参加型「かみさまとのやくそく」@ラヂオ
みんなで参加して、盛り上げていきましょう~。

https://ameblo.jp/kamisamatonoyakusoku/entry-12302237348.html?frm_src=favoritemail


『通常上映会☆W上映会☆』
9月7日(木)、29日(金)
13:00~ かみさまとのやくそく
16:00~ ひかりの国のおはなし
19:00~ かみさまとのやくそく


『通常上映会』
9月16日(土)、9月24日(日) 
13:00~ かみさまとのやくそく


★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報

  http://bit.ly/1qTzpiq


●9月7日(木)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋

☆W上映会☆

●9月8日(金)9日(土)鹿児島県・鹿児島市/ままのおうち

●9月8日(金)9日(土)千葉県・千葉市/cafeどんぐりの木

●9月9日(土)神奈川県・川崎市/Atelier101

●9月10日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェ ふしぎねこんち

  ☆W上映会☆

●9月10日(日)宮城県・名取市/ペンギンインターナショナルスクール

●9月12日(火)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋

  ☆ラジオ見学ツアー付き上映会☆

●9月13日(水)奈良県・北葛城郡/こころの玉手箱

●9月13日(水)長野県・長野市/権堂イーストプラザ

●9月14日(木)岐阜県・岐阜市/ハートフルスクエアG

●9月15日(金)東京都・葛飾区/虹のへや【エデュケーショナル版】

●9月15日(金)兵庫県・神戸市/spaceわに

●9月15日(金)静岡県・裾野市/いわなみキッチン

●9月16日(土)東京都・葛飾区/虹のへや【エデュケーショナル版】

●9月16日(土)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋

●9月16日(土)17日(日)京都府・上京区/酵素カフェ85

●9月17日(日)東京都・八王子市/八王子市学園都市センター

●9月17日(日)東京都・足立区/ファスティング・サロン HALe

●9月18日(月)岐阜県・岐阜市/エクスザラス

●9月18日(月)熊本県・熊本市/熊本市男女共同参画センターはあもにい

  ☆池川先生トークショー☆

●9月18日(月)東京都・品川区/キネカ大森

  ☆すみれちゃんお話し会☆

●9月18日(月・祝)愛媛県・今治市/しまなみ映画祭

  ☆荻久保監督トークショー☆


★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報

  http://bit.ly/2du1pfs


●9月7日(木)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋 ☆W上映会☆

●9月9日(土)石川県・金沢市/カフェビート(ミロクカフェ)
 
  ☆どいしゅうさんおはなし会☆

●9月23日(土)愛知県・名古屋市/名古屋市中小企業振興会館

●9月24日(日)愛知県・豊川市/桜ヶ丘ミュージアム

  ☆どいしゅうさんのおはなし会☆

●9月29日(金)愛知県・名古屋市中区/大須多幸屋

  ☆W上映会☆

●9月30日(土)東京都・府中市/ルミエール府中

  ☆どいしゅうさん&荻久保監督トーク☆


★-- 「介護講談」自主上映会情報

  http://bit.ly/2dtZVlb

●9月21日(木)USA・NY/NY日系人会 ☆NY初上映☆

●9月23日(土)奈良県・北葛城郡/こころの玉手箱

●10月5日(木)神奈川県・川崎市/ミューザ川崎

  ☆鶴瑛先生トークショー☆


※9/13.9/20のメルマガはお休みさせていただきます。
次号は9/27発刊となります。

━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ