活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!

  • ¥0

    無料

著者サイト

あの活断層は、動いていますか?・・・そんな、素朴な疑問に答えます。   活断層周辺の動き(2点間の横ズレ・上下動)を国土地理院のGPS電子基準点データを使って解析計算。その全計算結果をメルマガ配信!【購読無料】   38観測エリアの計測ライン(1140本)は、今後30年の地震発生確率が5%を超える活断層を中心に設定。神縄・国府津-松田断層/富士川河口断層帯/糸魚川-静岡構造線活断層/中央構造線断層帯など。 観測状況によっては、高精度な計算結果にならない場合があります。あらかじめご承知の上、ご購読をお願い致します。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

----------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
<第34回 活断層調査> 富士山エリア 2017/06/04
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------
  <次号、メルマガ配信予定日>
----------------------
活断層の異常な動きを察知するメールマガジン!
   2017/07/01 隆起沈降調査
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
   2017/07/02 東日本エリア
   2017/07/03 西日本エリア
   2017/07/04 富士山エリア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 目 次

1.観測日(基準日・比較日)
2.地盤変動量の個別観測データ

D01 富士山外環

3.計測ライン(富士山)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.観測日(基準日・比較日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

基準日 : 2017年05月20日 と
比較日 : 2017年04月20日 の差を計算

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.地盤変動量の個別観測データ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------
D01 富士山外環
----------------------

水平方向 / 上下方向 計測ライン

+ 00 mm / + 05 mm 山北-裾野2
- 00 mm / - 00 mm 裾野2-静岡清水町
- 00 mm / + 01 mm 静岡清水町-蒲原
- 00 mm / - 16 mm 蒲原-南部
+ 00 mm / + 13 mm 南部-中富
+ 00 mm / - 01 mm 中富-中道
- 00 mm / + 05 mm 中道-山梨一宮
- 02 mm / - 06 mm 山梨一宮-山北
XX XX XX / XX XX XX 山北-富士山
XX XX XX / XX XX XX 裾野2-富士山

XX XX XX / XX XX XX 静岡清水町-富士山
XX XX XX / XX XX XX 蒲原-富士山
XX XX XX / XX XX XX 南部-富士山
XX XX XX / XX XX XX 中富-富士山
XX XX XX / XX XX XX 中道-富士山
XX XX XX / XX XX XX 山梨一宮-富士山
- 00 mm / + 02 mm 山北-裾野1
- 02 mm / - 03 mm 裾野2-裾野1
- 01 mm / - 02 mm 静岡清水町-裾野1
- 01 mm / - 03 mm 蒲原-裾野1

- 00 mm / + 12 mm 南部-裾野1
+ 00 mm / - 00 mm 中富-裾野1
- 00 mm / + 01 mm 中道-裾野1
+ 00 mm / - 03 mm 山梨一宮-裾野1
- 01 mm / + 03 mm 中道-静岡清水町
- 00 mm / + 00 mm 山梨一宮-蒲原
- 01 mm / - 10 mm 山北-南部
- 01 mm / - 02 mm 裾野2-中富
- 01 mm / + 06 mm 山北-蒲原
XX XX XX / XX XX XX 裾野1-富士山


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.計測ライン(富士山)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    -
C17  G51 - 富士山外環エリア (中部)
   http://survey-life.com/?mode=f61
                    -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:有限会社 サーベイライフ
http://survey-life.com/

お問い合わせは、測量用品ドットコムのお問い合
わせ欄をご利用ください。
測量用品ドットコム http://survey-life.com/
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信停止・購読解除:
http://www.mag2.com/m/0001641391.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


======================
※計測ラインは、国土地理院地図、及び、地震調
査研究推進本部の活断層情報を参考にして、設定
しています。/GNSSデータは中央標準時(U
TC)のため、日本標準時(JTC)と+9時間
の差があります。/計算の基礎データとして、国
土地理院から提供されるGPS電子基準点の位置
データ「日々の座標値(R3)」(速報解)を使
っています。/測位衛星からの超微弱な電波を使
用している関係で、常に高精度な計算結果になる
とは限りません。また、計算過程が複雑なため、
気づかずに計算を間違えてしまう可能性がありま
す。/下記に国土地理院が示す注意点のリンクを
示しておきますので、データを評価する際には、
一読していただいて、細心の注意をお願いします
。また、観測方法・計算方法・掲載の仕方など、
メルマガの内容は予告なく変更する場合がありま
すので、ご了承くださるよう、よろしくお願いい
たします。

主要活断層の長期評価(地震調査研究推進本部)
http://www.jishin.go.jp/main/p_hyoka02L.htm
「日々の座標値(R3)」(速報解)の利用上の注意
http://terras.gsi.go.jp/geo_info/information/information_R3.html
「日々の座標値」を地殻変動の研究等に利用される方へ
http://terras.gsi.go.jp/geo_info/information/information_20141001.html
======================
======================

二次利用および転載の禁止:【メールマガジン:
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
(下記、本メルマガ)】は、著作権で保護されて
おり、権利者の許諾のない再生・複製・複写・販
売・再販売の二次利用および転載を禁止していま
す。

免責事項:本メルマガにより、発生あるいは誘発
されたいかなる損害についても、本メルマガの発
行元及び全ての関係者は一切その責任を負いませ
ん。

 Copyright (c)
 SURVEY-LIFE. All rights reserved.

----------------------
<第34回 活断層調査> 富士山エリア 2017/06/04
----------------------
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
発行周期
毎月、2日・3日・4日に配信(合計3本/1カ月)
最終発行日
2017年06月04日
 
発行部数
167部
メルマガID
0001641391
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ