頭を使えば引っ張りだこ!バンドマンのためのベースマスター

  • ¥0

    無料

ベース奏者に必要な音楽歴史、必殺技、マナー、常識、一般教養などなどを提供致します。ベースプレイだけでなくあらゆるシチュエーションに役立ちます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
頭を使えば引っ張りだこ!バンドマンのためのベースマスター
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年10月12日
 
発行部数
202部
メルマガID
0001642277
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

マインドの同窓会

某芸能人による「あなたの歌を聞きに来ているのではない」発言について、
以前も書きましたが、今日はその続きを書きます。

コンサートというものは『勉強会』ではないのです!
コンサートへ来る目的は、
自分たちがすでに心の奥底で知っている『何か』に新たに気づかせてもらうためなのです。
単に音楽を学びたいのなら、静かで落ち着いた環境でレコードを聞いた方がいいんです。
コンサートやライブショーは、音楽を教えるためにあるものではありません。
マインドの同窓会なのです。
コンサートは、共感できる人たちのコミュニティーなんです。
大声で客が歌ってしまうのは、共感の現れの一つです。

観客が一緒に歌ってしまうには、他にも理由があります:

1、楽しいからです!
オーディエンスとバンドが一つになる。
コンサートは大きなパーティーです。
誰かが一人で隅っこにいる、というような状態ではありません。
一人になりたいなら、コンサートへ行く必要はありません。
部屋の中でヘッドホンでレコードを聴けばいいでしょう。

2、人間、歌い出すと自然と体が動き出し、心も動きます。
そこから感動が生まれ、コンサートをアクティブに楽しめます。

3、歌っていると、ハッピーホルモンが分泌されます。

4、山下達郎さんは例外ですが、一般的にミュージシャンは、
オーディエンスが口を動かして歌っているのを見ると鳥肌が立って
感動泣するものです。知らない街へ行って、そこで初めて出会った人たちが
自分の曲を歌っている!

こんなに嬉しいことは、ありませんよね?
5、人が歌っているのを見ると、自分がウケていることがわかります。
フィードバックが解りやすい。

6、歌うことは、セラピーです。セラピストにとって人の心を開かせるのは難しいことです。
同じく、ミュージシャンにとって、赤の他人を歌わせることがどれだけ難しいことかを私は痛感してきました。
オーディエンスを歌わせるのは、日本人に英語を教えることよりも難しいことです。
歌ってもらえたら、しめしめ!です。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ