頭を使えば引っ張りだこ!バンドマンのためのベースマスター

  • ¥0

    無料

著者サイト

日本初の、バンドマン向けのベースマスター術! 『BadBass』というモットー: B-ASS ベースの弾き方 A-DLIB 即興の弾き方 D-ISCS 必聴曲の紹介 B-ASIC 3つの和音 A-RTS 人を惹きつけるコツ S-TYLE 3つのリズム S-ECRET 必殺ワザ ドイツシュタイナー卒、ヨーロッパ、ニューヨーク、ナッシュヴィル等で活動、音楽と語学の教室「ブックエンドスタジオ」代表の子安文が、バンド活動やスタジオワークに役立つ様々な情報をお伝え致します。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

こんばんは、ブックエンドスタジオの子安フミです。

すでにプロやセミプロのベースプレイヤーたちへのメールですが、
アマチュアの方でも、これからプロを目指す方も参考にしてください。

ベース、ヴォーカル、ギター、どのような楽器であっても
練習がすべての基本ですが、

残念なことに、続けられる人がほとんどいないですね。

楽器と教材を取得して、終了とか、
先生を見つけて2、3ヶ月習ってやめるとか、
意気込んで短期集中セミナーだけ受けてやめるとか、
メルマガ登録するが、まったく読むことなく解除

みたいなパターンが多いんですよね。

なんで続けられないかというと:

経済的な理由や、家族の協力が得られない。
といった理由も考えられますが、
それよりも大きな原因は、自分自身の『考え方』なんですね。

ズバリ、言いますが、

『売れっ子になることだけ』を気にしている人は続かないですね。


もちろん、受けるためにやるんです。
できればそのときに儲かりたいし、売れっ子になればなおベター。
それを否定するつもりはありませんが、
だからといって売れることに重点を置き過ぎる、
もしくは受けることしか考えていない人はダメですね。

まあ、見ていて続かないです。

絶対にこれだけは聴いてほしい!
誰かに伝えたいものがある!!
そのためにはもっといろんなことを知りたい!!

という人だけが、レッスンを続けることができ、
さらに、結果的にそれがキャリアにつながるんです。

だって、考えてみればそうですよね!?

例えば、

絵描きが稼ぎたいから絵を描くのか?
力士が稼ぎたいから相撲をとるのか?
調理人が稼ぎたいから食事を作るのか?
サーファーが稼ぎたいから波乗りを目指すのか?


確かに、プロは食べていかなければならないので、
稼ぐため、という部分はもちろんありますよ。
ですが、それだけではないってことです。


もっと知りたいからやる!!

それが、音楽をする理由じゃないでしょうか?



音楽も料理も芸術もスポーツもまったく一緒で、

伝えたいことや与えたいものがあるからやるんです、
そしてそこをスキルアップしたいから練習する!

つまり私たちの原動力は『好奇心』なんですね。
『好奇心をもつ!』
というスタンスでなければ
ファンの心なんて動かせるはずがありません。


目立ちたい、好かれたい、受けたい、売れたい、有名になりたいという気持ちを
否定するつもりはまったくありません。
だって音楽の一環で人前で演奏をするわけですからね。


が、売れたいという気持ちが出過ぎてしまうと、
音楽のことが二の次、三の次になってしまって、

気づいたらクソみたいな音楽を演奏していた!

なんてことになってしまうので要注意!


『売れたいから安易にコネクション作り』は、かなり危険だということです。
ましてや、バンド活動したり有名な人のセッションへ通ってたくさん人脈作ればいいんだろ!?
みたいな態度は最悪です。
そういう態度で顔を広くしている人、
まあ、自分の練習不足なんて誰にもバレないと思っているかもしれませんが、
とっくにバレバレなので気を付けてくださいね。

何をために、音楽をしているのか。
何のために、楽器を習っているのか。
ということを常に意識するようにしてください。

毎日、楽器を触っているのに、
思ったような進歩がないというのであれば、
もしかしたら原点を忘れているかもしれませんね。

最後に、私が見てきたプロベーシストから感じた7つの共通点です:

1、売れる人ほど成功を威張らない
2、自分だけの『武器』 を持っている
3、見栄を張らず、「自分にできること」と「自分にできないこと」を知っている
4、音楽が、本人のエゴを超えている
5、お金の使い方が普通の人と違う(「自分の理想的な音楽的環境」を探るため、お金の出し惜しみは一切していない)
6、バンド仲間や業界人や素人の意見や助言に左右されない
7、知的好奇心を失わない
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
頭を使えば引っ張りだこ!バンドマンのためのベースマスター
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年04月29日
 
発行部数
205部
メルマガID
0001642277
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ