店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業

  • ¥0

    無料

著者サイト

東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント・佐藤昌司が発行するメルマガです。店舗経営や商売、ビジネスなどに役立つ情報を配信しています。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

▼無料ブックレットをご紹介ください▼
⇒http://creationconsulting.co.jp/booklet

『顧客像を絞るためのペルソナ作成シート』
『店舗開業フローチャート』
『使える! 集客・売上拡大実現 販促集』
『店舗経営のためのインターネット攻略ガイド』
『爆発的に自己成長を遂げる3つの方法』
『店舗売上倍増マニュアル Part2』
『店舗売上倍増マニュアル Part1』

━━━━━━━━━━━━━━━━

屋内レジャー施設を運営するラウンドワンの業績が回復しています。2017年3月期の連結決算は、売上高が前年比5.1%増の877億円、本業のもうけを示す営業利益が4.9%増の66億円です。

売上高は2012年3月期に895億円にまで成長するも、翌2013年3月期は859億円に落ち込み、2016年3月期には835億円にまで低下しました。しかしここにきてV字を描く形で回復しています。営業利益は下げ止まりした形です。

ところで、ラウンドワンの業績で面白い現象が起きています。アルバイト・パートの時給上昇で人件費が上昇し経営を圧迫しているものの、一方で時給上昇が売上高を押し上げている面もあるからです。

ラウンドワンの施設運営における人件費の売上高に占める割合は上昇傾向を示しています。2008年3月期は16.5%でしたが、その後は上昇傾向を示し、2016年3月期には22.1%にまで上昇しています。17年3月期はまだ判明していませんが、おそらく高い数値になると予想されます。

人件費の上昇が同社の経営を圧迫し、営業利益率低下の要因になっていました。人件費上昇の要因の一つは、アルバイト・パートの時給の上昇にあります。特に2014年あたりから募集時の平均時給が急上昇し、人件費を押し上げる要因となっていました。

人材採用に関する総合サービスを提供するリクルートジョブズの「アルバイト・パート募集時平均時給調査(三大都市圏・全体)」によると、2009年8月から2014年頃までの募集時時給は概ね940円台で推移し落ち着いていましたが、その後は急激に上昇しています。2014年1月は948円でしたが、2015年1月は959円、2016年1月は978円、2017年1月は993円となっています。現在も上昇局面の途上にあることがわかります。

アルバイト・パートの時給上昇は企業にとって一般的に好ましいことではありません。ただ、ラウンドワンにとってはプラスに働いている面もあります。

ラウンドワンの主要ターゲット層は若者です。しかし、少子高齢化の影響でターゲット層の若者は徐々に減っています。このことはラウンドワンにとって喜ばしくない現象といえるでしょう。近年の同社の業績悪化は少子高齢化の影響も少なからずあったといえます。

一方、若者はアルバイトやパートとして働くことが少ないという側面があります。学生がアルバイトとして働いたり、若年層の主婦がパートとして働いていたりします。このように、正規社員ではなくアルバイトやパートとして働いている若者は少なくありません。

このことから、時給上昇による恩恵があることがわかります。というのも、時給上昇により主要ターゲット層の若者の所得が上がるからです。高い時給で働き、得た給与で消費を行います。少子高齢化でターゲット層は徐々に減っていますが、そのスピード以上にターゲット層の労働時時給が上昇していることで、若者全体としての所得は拡大しているのです。

ラウンドワンのサービス別の売上高の伸びからも、このことを推測することができます。2015年3月期以降は、大人の利用も少なくないボウリングやカラオケなどの売上高は横ばいか減少傾向を示しています。一方、若者の割合が大きいゲームセンターの売上高は大きく上昇していて、2017年3月期は前年比39.4%にもなっています。若者の所得増加が業績に貢献しているのです。

アルバイト・パートの時給上昇はラウンドワンにとって追い風になりそうです。しかし、アミューズメント業界の市場規模は縮小傾向にあり、中長期的には厳しい経営環境が続きそうです。

日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、「ゲームセンター」の市場規模は、2006年から2015年までの10年間では大きく縮小しています。2006年には6580億円ありましたが、その後は縮小傾向を示し、2015年には4050億円にまで落ち込んでいます。

また、「ボウリング」も同様で、2006年には1020億円ありましたが、2015年には660億円にまで減少しています。

カラオケ市場も縮小傾向にあります。2006年は4363億円で、その後は若干の起伏があり、2015年は3994億円となっています。

アミューズメント業界の市場規模は、今後大きな拡大を見込めそうもありません。時給上昇による若者の所得増加もいつまで続くかはわかりません。おそらく2020年の東京オリンピック以降は落ち着くと考えられます。ラウンドワンは中長期的な成長戦略が求められるといえそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼無料ブックレットをご紹介ください▼
⇒http://creationconsulting.co.jp/booklet

『顧客像を絞るためのペルソナ作成シート』
『店舗開業フローチャート』
『使える! 集客・売上拡大実現 販促集』
『店舗経営のためのインターネット攻略ガイド』
『爆発的に自己成長を遂げる3つの方法』
『店舗売上倍増マニュアル Part2』
『店舗売上倍増マニュアル Part1』

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼店舗をより良くしたい人へ▼
⇒https://www.facebook.com/groups/186120958528947/

Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。
『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。
店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
時給上昇の恩恵は一時的なものと考えるべきです。
競合から顧客を奪い、シェアを高める必要があります。
成長分野での事業育成も必要でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼電子書籍好評発売中▼
⇒http://creationconsulting.co.jp/book

『企業経営戦略史 飛躍の軌跡』
『女子大生のハンバーガー店経営物語』
『使える! 集客・売上拡大実現 販促集 Part4』
『使える! 集客・売上拡大実現 販促集 Part3』
『使える! 集客・売上拡大実現 販促集 Part2』
『使える! 集客・売上拡大実現 販促集 Part1』
『繁盛店の法則がわかる教科書』
アマゾンで独占販売中です。
おかげさまで販売好調です。ありがとうございます。
Kindleアプリで読むことができます。
Kindleアプリはパソコンやスマホで無料でダウンロードできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼講演・執筆・取材依頼についてはこちら▼
⇒http://creationconsulting.co.jp/lecture-writing

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼個別コンサルティング▼
⇒http://creationconsulting.co.jp/individual-consulting

100,000円(税別)/60分

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼メルマガ広告の広告主様を募集しています▼
⇒http://creationconsulting.co.jp/email-newsletter-advertisement

配信:まぐまぐ!
発行部数:約2,900

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今回のメルマガはいかがでしたか?▼
⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvqUoylTg

ご感想をいただけると大変嬉しく励みになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼株式会社クリエイションコンサルティングのホームページ▼
⇒http://creationconsulting.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━
















メルマガ全文を読む
 
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2017年05月22日
 
発行部数
2,935部
メルマガID
0001642797
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ