発声は面白くて深い!Let's 声の筋トレ

  • ¥0

    無料

言語聴覚士が発声という現象の面白さ・深さを分かりやすく愉快にお伝えします。2016年6月にリニューアルした科学的発声トレーニング法「発声運動エクセサイズ」のやり方も解説。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
発声は面白くて深い!Let's 声の筋トレ
発行周期
隔週刊(毎月第一・第三月曜日発行)
最終発行日
2017年11月13日
 
発行部数
154部
メルマガID
0001647835
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


◇◇◇Physical exercise Voice Magazine Revised◇◇◇
◆◆◆発声は面白くて深い!Let's声の筋トレ/R◆◆◆

☆このメールマガジンは「発声運動エクセサイズ」普及を目的に、
ボランティアで編集・不定期発行されています

◆vol.053 もくじ◆
01. 声関連の話題 2017年10月
02. 最新声文献 J of Voice「言語聴覚士学校の女子学生のVHI」
03. 声本時評 アプリ『のどスキャン』
04. 声のコラム「ブルガリアン・ヴォイス」


☆メルマガ過去記事はこちら→ http://physiexvoice.side-story.net/

◆01. 声関連の話題

2017/10/19
『電気式人工喉頭を改良:より人の声に近く』
http://www.sankeibiz.jp/business/news/171019/bsl1710190500001-n1.htm

電気式人工喉頭「ユアトーン」、
喉頭を手術で摘出した人が、
なんとか声で喋れるようにしよう、
って補助器具です。
外見は電気シェーバーみたい。
ブ〜ンって音が出ます。
これを喉に当てて口を動かす。
するとまあ言葉を喋ってるように聞こえます。
特に練習も要らないので簡単です。
ただ、イントネーションやアクセントが一様で、
機械的で不自然に聴こえるのが欠点です。
今回の改良は3回目、
声の柔らかさ、聞き取りやすさを向上させた、とのこと。
どれほどでしょうか。
ぜひリンクで聴いてみてください。
http://yourtone.jp
今後はサ行の発声や濁音、高い女性の声、
喜怒哀楽を表現できるようにしたい、とのことです。
さらなる進歩向上を期待したいですね。



◆ 02. 最新声文献
【053】言語聴覚士学校と健康関連分野の女子学生のVHIの比較
「Comparison of Voice Handicap Index Scores Between Female Students of Speech Therapy and Other Health Professions」
Dionysios Tafiadis, Spyridon K. Chronopoulos, Vassiliki Siafaka ほか
Department of Speech & Language Therapy, Technological Educational Institute of Epirus, Ioannina, Greece ほか
Journal of Voice September Vol 31 Issue 5, 2017, p583-588
http://www.jvoice.org/article/S0892-1997(17)30030-9/absutract

18歳から31歳のギリシャの言語聴覚士学校の女子学生100名と、
健康関連分野の女子学生100名のVHIを比較した研究。
喉頭・呼吸器系疾患等の既往歴がないことが条件です。
結果、言語聴覚士学校の学生は有意にVHIの点数が高かった、
おそらく言語聴覚士学校の学生は声を使う機会が多く、
それで点が高くなったのかなあ、ってのが著者らの結論。
VHIは自分の声をどう思うか、というアンケート。
VHIの点が高いってのは、
将来、音声疾患になる確率が高いってこと。
言語聴覚士学校の女子学生は、声の衛生プログラムを遵守しなさいよ、
って著者らは言ってます。
そうですねえ。
個人的な経験ですが、割と言語聴覚士学校には、
コミュニケーションにコンプレックスを持っている学生が集まりやすい、
そんな気がしています。
コンプレックスがあるから、声やコミュニケーションに興味を持つ。
それはそれでいいと思うんですけど、
そんな学生だとVHIは、高くなりますよねえ。
実はそんな要因があるのかも。
あと講義で声に注目しろって言われるから、
必要以上に声に敏感になっっちゃった、ってのもありえます。
声を使う機会が多いってのはどうかなあ。
この辺、音響データも欲しいですよねえ。



◆ 03. 声本時評
iOSアプリ『のどスキャン』 ¥240(税込) アプリ内課金あり
https://www.animo.co.jp/for_biz/vc



今回はスマホアプリです。
アプリ『のどスキャン』は、声の状態を自動チェックするツール。
方法は、表示された文章を音読・録音。
で、自動チェック。
チェックは、「即時チェック」と「専門医チェック」の2種類。
日々の手軽なチェックは「即時チェック」。
気になって詳細にチェックしたい時は「専門医チェック」。
専門医に実際に音声を聴いてもらえる、というもの。
「即時チェック」は何度でも無料。
「専門医チェック」は1回240円(税込)。
「声帯の炎症」「声帯ポリープ」「声帯結節」など診断できます。
さらに受診可能な専門医と病院リストも出てきます。
これは便利ですねえ。
耳鼻科はだいたいどこも混んでますし、
受診ってなかなかハードル高いです。
「専門医チェック」で受診の必要ありってなれば、
間違いなく背中を押してくれる効果はあるでしょう。
放っておいて悪化、は最悪パターンですからね。
監修は、慶應大学耳鼻咽喉科 小川郁教授、
共同開発は東京ボイスクリニック。
こちらもバッチリ、手放しでおススメです。
できたら無料体験版、欲しいですけどね。




◆ 04. 声のコラム「ブルガリアン・ヴォイス」

ブルガリアン・ヴォイス、
これ、どっかで耳にしたこと、ないですかねえ。
東ヨーロッパのブルガリア共和国、
そこの伝統的な歌唱法です。
まずは、聴いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=Mrv4yPTJSjU
https://www.youtube.com/watch?v=l-IGtSlRy7U

どうですか?
素敵じゃないですか?
でも普通の合唱と、なにが違うんでしょう?
ブルガリアン・ヴォイス。

実は発声方法が違います。
ブルガリアン・ヴォイスは、
声道は開けながら、声帯は締める発声。
これにより、喉から絞り出すようでありつつ響くわけ。
近いのは、日本の民謡の発声法ですね。
こぶしのようなテクニックも含まれてます。
ので、ビブラートはありません。
日本の民謡と似てるなんて不思議ですね。
この独特の響きは、ブルガリアの自然と大地を表現しているのだとか。
どことなく哀愁がある感じ。
ここも日本の民謡と似てる気がしますね。

ところで、ブルガリアン・ヴォイスには超音波が含まれている、
という話があります。
それでアルファ波が出てるから癒されるのだ、とか。
はて〜、それはどうでしょう。
コウモリじゃないので、人間は超音波を出せません。
倍音をうまくあやつれば、共鳴して出るのかもしれませんが、
それをできるようにするトレーニング法なんてないでしょう。
当人たちも、そのつもりはないと思います。
結局その辺、結果論な気がします。
そもそも1/fの揺らぎとか、ひと頃流行りましたが、
あれウソですからねえ。
夢はありますけどね。



■発行人・編集人:
 発声運動エクセサイズ研究会
代表 渡邉佳弘(言語聴覚士・学術博士)
 → http://physiexvoice.client.jp/

■発声運動エクセサイズ研究会は、新しい発声トレーニング法
「発声運動エクセサイズ」の普及・発展を目的とした活動をしています。
トレーニング法の詳細は→ http://physiexvoice.client.jp/

■メールマガジン購読手続きをされた方は、発声運動エクセサイズ研究会の
会員扱いとなり、実技講習を受けたり、メルマガで質疑応答ができます。
ご質問は→ http://physiexvoice.client.jp/mail.html

■内容に関するご質問・お問い合わせ先:
 → physi.ex.voice@gmail.com
 または下記メールフォームから
 → http://physiexvoice.client.jp/mail.html

■QAコーナーへのご質問をお待ちしております。


ご注意
 本メールのアドレスは送信専用のため、メールアプリの
 返信機能で返信いただいてもメールは届きません。
 上記アドレス宛にお願いいたします。

メールが届かない場合は迷惑メール等に分類されている場合がありますので
メールソフトのドラフトフォルダなどをお確かめください。

■メルマガ過去記事:→ http://physiexvoice.side-story.net/
■twitter:→ https://mobile.twitter.com/physiexvoice

■発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
■購読解除はこちら: → http://www.mag2.com/m/0001647835.html

(C) 発声運動エクセサイズ研究会. All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ