あなたもきっと貰える助成金!

  • ¥0

    無料

愛知・名古屋の助成金情報ならお任せ下さい! 起業・創業・独立開業の時、従業員を雇う時など国(厚生労働省)から助成金を貰うことが出来ます。 本メルマガでは、それらの助成金について噛み砕いて説明をする他、助成金を貰うために必要となる労務管理(従業員が最大の力を発揮して企業のために働いてくれるための経営管理の事)などの情報を、毎月1回初旬に発行致します。 助成金特化型の名古屋熱田社会保険労務士事務所が発行元です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
あなたもきっと貰える助成金!
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2015年08月04日
 
発行部数
94部
メルマガID
0001649102
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

助成金あなたもきっと貰えます!
2015年8月号

~若者雇用の助成金~
(キャリアアップ助成金編4)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




皆様こんにちは!名古屋熱田社会保険労務士事務所です。

助成金が得意な社労士事務所の代表として、今月も皆様のお役に立つような助成金情報を発信致します。

誰でも分かるように噛み砕いて分かり易くお伝えしたいと思います。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今月のオススメ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




無料助成金セミナー開催!
少人数制なのでお早目にお申込みを!




若者雇入れ・社員教育で100万円!キャリアアップ助成金をフル活用しよう!
詳しくはこちら

http://www.nagoya-jyoseikincenter.com/seminer-20160120.html




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今月のメルマガ内容

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




1、連載トピックス

若者雇用の助成金(キャリアアップ助成金編4)

詳しくはこの後に掲載




2、助成金情報

特になし




3、労務管理情報

愛知県の最低賃金819円に引き上げ予定

詳しくはこちら
http://www.nagoya-jyoseikincenter.com/jyouhou-roumu-jouhouiciran-20150801.htmll




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1、連載トピックス

~若者雇用の助成金~
(キャリアアップ助成金編4)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




前月号までで、キャリアアップ助成金(正規雇用等転換コース)についてご説明致しました。

就業規則を整え、雇用して6ヶ月以上の契約社員・パート・派遣労働者等の有期契約者や無期契約者を、無期契約者や正社員に転換した時の助成金です。

今月号ではキャリアアップ助成金(人材育成コース)のOJTについて見ていきたいと思います。




それでは、この助成金の概要について見ていきましょう。

この助成金は、契約社員・パート等の有期契約者に、勤務時間中(OJT)と勤務時間外(Off-JT)に社内で社員研修(社員教育)を3~6ヶ月行う時に貰える助成金となります。

この勤務時間中(OJT)や勤務時間外(Off-JT)の社員研修を行っている時間、1時間あたり800円が助成されるのです。




つまりは、契約社員やパート等の非正規労働者がスキルアップする為に勤務時間中や勤務時間外に社員研修を行った場合に助成金をあげるよというものなのです。

そして、勤務時間中の社員研修の事をOJTと言い、勤務時間外の社員研修の事をOff-JTと言うのです。




更に詳しくOJTについて見ていきましょう。

勤務時間中の社員研修とは何かと言いますと、ズバリ単なる通常の業務の事です。

事務の人間であれば、通常通り事務作業をしていればそれが社員研修と見なされますし、製造ラインの人間であれば、通常通りライン作業をしていればそれが社員研修と見なされます。

つまりは、普通通り働いているだけで、その時間に応じて1時間あたり800円の助成金が貰えるのです!




ここだけ見ると、考えられない都合の良い助成金ではないでしょうか?

契約社員やパートに普通通り働いて貰っているだけで、1時間あたり800円の助成金が出るのです。

しかし、本当に助成金は貰えるのです。その為にいくつかやるべき面倒な事がありますが、弊事務所にご依頼頂いた時にはその面倒な事のほとんどを弊事務所がやりますので、愛知・名古屋の経営者は何も心配する事はないのです。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

まとめ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




今月の連載トピックスをまとめると次のようになります。




キャリアアップ助成金(人材育成コース)の概要とOJTについて




支給要件:

契約社員・パート等の有期契約者に、勤務時間中(OJT)と勤務時間外(Off-JT)に社内で社員研修(社員教育)を3~6ヶ月行う時




対象者:

1.契約社員・パート等の有期契約者




受給金額:

OJT、Off-JT1時間あたり800円

計算すると社員研修1ヶ月あたり約10万円の為、例えば6ヶ月行った時には対象者1人あたり60万円




受給予定日:

社員研修終了から約2~4ヶ月後




OJTとは

勤務時間中の通常の労働時間。特別な研修を行う事は必要がなく、対象者に普通通りに働いて貰っているだけで助成金対象となる。




名古屋熱田社会保険労務士事務所のオススメポイント:

社員研修や社員教育と聞くと難しそうに聞こえるかもしれませんが、実際にはその様な事はなく、この助成金は愛知・名古屋の中小企業にかなりお勧め出来る種類となります。

1週40時間働いている契約社員等の有期契約者の場合には、社員研修時間が1ヶ月約130時間となりますが、その内の117時間は普段通り働いておいて貰えば大丈夫です。

実際に社員研修を行うのは1ヶ月あたり13時間となりますが、その13時間もそれ程難しい事をする必要はなく、働く上で必要な一般的な内容、例えばコミュニケーション研修や接客対応研修等で大丈夫ですので、愛知・名古屋の中小企業にそれ程の負担はかからなくてすみます。

入社したての社員はまだまだ仕事が出来るとは言えず、人件費だけが出て行ってしまう様な状態となってしまいますので、そういった時期の人件費の一部を援助してくれるありがたい助成金と言えます。

又、この助成金を活用し契約社員・パート等に社員研修を行った後に、キャリアアップ助成金(有期⇒正社員)を活用し正社員にする事によって、助成金額を更に上乗せする事も出来ます。




ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。来月号では、キャリアアップ助成金(人材育成コース)のOff-JTについて見ていきたいと思います。

名古屋熱田社会保険労務士事務所は助成金情報をはじめ、これからも愛知・名古屋の皆様に喜んで頂けるような情報を発信し続けていきたいと思います。




助成金のご相談・ご診断は無料です。あなた様
からのお電話を心よりお待ちしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

名古屋熱田社会保険労務士事務所
〒456-0034 名古屋市熱田区伝馬2-29-30
TEL:050-355-7581 FAX:052-684-5058
mail:nagoya.atuta@gmail.com

助成金専用HP
http://www.nagoya-jyoseikincenter.com/




このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しております
登録・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001649102.html




免責事項
この記事は愛知・名古屋の中小企業に分かり易いよう、実際の法律を噛み砕いて記載しております。又、出来る限り厳密に間違いがない様に記載しておりますが、万が一、その内容に間違い等があった場合においても弊事務所は一切の責任を負わないものとします。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ