内田誠
ID: 0001652387

uttiiの電子版ウォッチ

内田誠
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2016
¥324(税込)/月 初月無料!
毎週 月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001652387

uttiiの電子版ウォッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞には見えない文脈が潜んでいる……朝日、読売、毎日、東京の各紙朝刊(電子版)を比較し、一面を中心に隠されたラインを読み解きます。月曜から金曜まで毎朝9時頃までに【ショートバージョン】、その後、夕方までには【フルバージョン】をお届けします。堅く言えば「情報リテラシー指向の紙面批評」、柔らかく言えば「新聞誉めたり貶したり」。読み手は「吉田照美ソコダイジナトコ」(文化放送)や「スーパーニュース・アンカー」(関西テレビ)でコメンテーターを務め、現在はネット上のテレビ局、『デモクラTV』の内田誠です。

著者プロフィール

内田誠

ニュースステーションを皮切りにテレビの世界に入って30年。サンデープロジェクト(テレビ朝日)で数々の取材とリポートに携わり、スーパーニュース・アンカー(関西テレビ)や吉田照美ソコダイジナトコ(文化放送)でコメンテーター、J-WAVEのジャム・ザ・ワールドではナビゲーターを務めた。ネット上のメディア、『デモクラTV』の創立メンバーにして「編成局長」。自身が司会を務める「デモくらジオ」(金曜夜8時から10時。「ヴィンテージ・ジャズをアナログ・プレーヤーで聴きながら、リラックスして一週間を振り返る名物プログラム」)は番組開始以来、放送200回を超えた。

サンプル号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ uttiiの電子版ウォッチ【フルバージョン】(サンプル号)
■■                       2017/03/24 Vol.0518
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【はじめに~証人喚問の破壊力】

こんにちは。

昨日の証人喚問は衝撃的でした。

内容については今朝の新聞を比較するなかで様々言及することにな
るはずですので、ここでは特に申し述べませんが、とにかく破壊力
十分。自民党などは、あらゆる“屁理屈”を動員して防戦に努めるし
かなくなっているようです。往生際が悪いですね。

破壊力の源はどこにあるのか。

観ずるところ、籠池氏のある種の“真面目さ”、「少なくとも、この人
はウソを言っていない」という感覚を、視聴者にもたらしたことで
はないかと思いました。さらなるその淵源は何かといえば、これは
もう、明らかに「愛」以外のものではあり得ません。

籠池氏の発言は、要するに、私たちはこんなに仲が良かった、愛し
合っていたのだ、だから色々無理もしてくれたのだ、掛け合ってく
れたのだ、本当に有り難かった、名誉に思っていたのだ…なのに「し
つこい」だなんて…それはないでしょう…という、非常に分かりや
すいメロドラマになっている。逃げる安倍夫妻、追いすがる籠池氏。

安倍氏サイドがファックスで“ラブレター”まで残してしまっていた
のは拙かったですね。不倫や道ならぬ恋ならば、そうした「証拠」
は丁寧に除いておくべきです。つまり、これは不倫ではなかった。
安倍夫妻は、幼稚園児に教育勅語の素読までさせる籠池氏に、心か
ら感服していたからこそ、堂々と各省庁に掛け合い、小学校開設で
困っている籠池氏を助けるべく、動いた。自分の持てる政治力をフ
ルに発揮しようとしたわけでしょう。

自分が正しいと思って行った過去の選択に対して、いつでも殉ずる
覚悟がないのでは、いったいどこが政治家か。

ということで、さて、各紙朝刊はどんなことになっているのか、3
月24日金曜日の<uttiiの電子版ウォッチ>と参りましょう。



【セブンNEWS】

     衆参で籠池泰典理事長、証人喚問

「森友学園」理事長の証言。小学校用地の借地契約延長を首相夫人
に依頼、首相夫人付きの秘書からファックスで回答をもらう。夫人
は「安部晋三からです」と現金100万円を手渡したとも。

     野党、昭恵氏の喚問要求

籠池理事長の証人喚問を受け、野党は「昭恵氏による口利き、あっせ
んととれる」として安倍昭恵氏の証人喚問などを要求。自民は拒否の
構え。昭恵氏はフェイスブックで反論。100万円渡してないと。

     50年分の公文書収容を提言

新しい国立公文書館のあり方を検討する有識者会議の報告書。書庫
面積を3.5倍に広げ50年分の公文書を保管できるように。建設
費800億円、工期9年半見込む。

     もんじゅ廃炉に海外専門家招請か

文科省。高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を指導・監督させるた
め、フランスと米国の原子力専門家による助言組織設置を検討。官
邸には監視チームも置く方針。政府一体の取り組み強化へ。

     プーチン批判のロシアの元議員、射殺される

ロシア共産党の元下院議員で、ウクライナ国籍を得て移住していた
ウォロネンコフ氏、首都キエフ市の路上で射殺される。プーチン政
権批判で知られていた。ウクライナは「国家テロ」と批判。

     ロンドンテロで8人拘束

ロンドン警視庁は国内各地を捜索、8人を拘束したと発表。テロ組
織に感化されたイスラム教徒の単独犯との見方。死者3名で重体7
名。「イスラム国」が事実上の犯行声明。

     福島第一原発、デブリは撮影できず

東京電力は福島第一原発1号機の格納容器底部の水中を撮影。最大
毎時9.4シーベルトの高い線量を観測。5日間で10カ所を調査
したが、溶け落ちた核燃料は撮影できず。



【ラインナップ】

◆1面トップの見出しから……。

《朝日》…「昭恵夫人付職員が関与」
《読売》…「籠池氏「首相夫人に相談」」
《毎日》…「首相夫人付き職員が照会」
《東京》…「昭恵氏側、財務省に照会」

◆解説面の見出しから……。

《朝日》…「昭恵氏 渦中に」
《読売》…「昭恵氏に「依頼」波紋」
《毎日》…「昭恵氏と「蜜月」強調」
《東京》…「昭恵氏側関与で食い違い」



【ハドル】

選択の余地はありません。

籠池氏に対する証人尋問関係で、膨大な記事の量になっていますが、
できるだけ比較のための要点を摘まんでお届けしたいと思います。

◆今日のテーマは…

「森友学園」籠池理事長の国会証言に、各紙は何を見たか、です。



【基本的な報道内容】

衆参両院の予算委員会は、大阪市の学校法人「森友学園」の理事長、
籠池泰典氏への証人尋問を行った。

籠池氏は2015年5月、財務省近畿財務局との間で結んであった
10年間の定期借地契約を50年間に延長してくれるよう希望し、
その旨を昭恵氏に電話、その後、11月15日に首相夫人付きの谷
査恵子氏から「国側の事情もあり、現状ではご希望に添うことは出
来ない。本件は昭恵夫人にも既に報告している」との回答をファッ
クスでもらったと証言。この証言を受け、政府はファックスの写し
を公開した。

さらに籠池氏は、同年9月5日に講演のため学園の塚本幼稚園を訪
れた昭恵氏から、園長室で「安部晋三からです」として封筒入りの
現金100万円を手渡されたと証言。その際、昭恵氏は事前に秘書
らを外に出るように言い、人払いをしたので自分と一対一だったと
いう。籠池氏は昭恵氏に対して、講演料10万円を「感謝」と記し
た封筒に入れ、土産の菓子の袋に入れて昭恵氏に渡したという。

昭恵氏は自らのフェイスブックで反論し、園長室で2人きりになっ
ていないとし、100万円を渡したことも、10万円の講演料をも
らったことも否定した。

きょう参院予算委員会は国有地売却当時に理財局長だった迫田国税
庁長官と、やはり当時近畿財務局長だった武内財務省国際局長を参
考人招致する。安倍首相も出席する。



■◇◆ここから先は、【フルバージョン】独自の内容です。■◇◆



【目次】

     ■「金子」に「お人払い」■《朝日》
    
     ■「信憑性」を慎重に判断…■《読売》
    
     ■日本人の閉塞感の根源…ですか?■《毎日》
    
     ■昭恵氏側とは…■《東京》



■「金子」に「お人払い」■

【朝日】は1面トップに2面「時時刻刻」、4面、16面社説、37
面~39面。見出しから。

(1面)
昭恵夫人付職員が関与
森友土地問題 財務省に照会
籠池氏、喚問で証言
昭恵氏 100万円寄付否定
減額交渉 詳細語らず
野党、昭恵氏の招致要求
(2面)
昭恵氏 渦中に
ファクスに「夫人へ報告」
「100万円匿名 電話で承った」
焦る政権、一斉火消し
財務省は何を守る(視点)
(4面)
深まる疑念 野党攻勢へ
「追及不足」「慎重すぎ」苦言も
(16面)
昭恵氏の招致が必要だ(社説)
(37面~39面)
籠池氏「昭恵夫人から、口止めともとれるメール」
「お人払いをされ、100万円を頂き金庫に」
「夫人から財務省に、動きをかけて頂いた」
「協力頼んだ」実名次々
「口利きない」「寄付ことわった」 籠池証言に政治家ら
国有地問題 「稲田氏夫 交え協議」
籠池節 どよめく国会
「事実は小説よりも奇なり
喚問4時間 冗舌に答弁」

(uttiiの眼)

見出しを見るだけで、だいたいのことは分かるのではないかと思わ
れるくらい、膨大で、しかし意味が明らかだ。論点は【基本的な報
道内容】と上記見出しに尽きているので、違う観点を拾い出すこと
にする。

まず、「天声人語」が珍しく面白い。かつて、岸信介、福田赳夫、中
曽根康弘、松野頼三の各氏が次期主力戦闘機売り込みに関わる不正
資金に関わって追及されたダグラス・グラマン事件(現金授受を認
めたのは松野氏1人。起訴されたのは日商岩井側3名のみ)で、国
会に証人喚問された日商岩井の海部八郎副社長が緊張のあまり手が
震えて宣誓書にサインできなくなってしまったことがあった。今朝
の「天声人語」は、今では語り草になっているこの出来事から書き
起こし、対照的に、昨日の籠池氏が堂々とサインし、自信ありげに
証言したことを「堂に入ったものである」と評する。そして、10
0万円を昭恵夫人から受け取ったとするシーンでは「お人払い」「金
子(きんす)」と、まるで時代劇のような話しぶりだったことなどを
指摘。確かにそうだった。

この証言ぶりについては、社会面に載っている識者の感想コメント
にも見えている。39面には、元東京地検検事で弁護士の落合洋司
氏と、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏のコメント。落
合氏は「籠池氏が率直に語っていると感じた」、スペクター氏は「裏
表のない正直者で憎めなかった」と似通った印象を持ったようだ。
また、落合氏の眼には「与党側の質問は非常に稚拙」で、「籠池氏の
言動の変遷や矛盾を丹念についてほころびを引き出さなければなら
ないのに、「うそをついているだろう」と議論をふっかけても水掛け
論になるだけ」と厳しい。そして、政府職員が籠池氏に送ったファ
クスについては、「昭恵氏が関与していないと言い切るのは厳しくな
ったのではないか」とする。

今朝の記事の中で1点、解せないことがある。

1面記事の中で「野党は昭恵氏の証人喚問を求めるなど攻勢を強め
ている」と書いているのに、最後のブロックの見出しが「野党、昭恵
氏の招致要求」となっている。野党ははっきりと、籠池氏と同等に
昭恵氏を扱い、証言にウソがあれば偽証罪に問われることがある証
人として喚問することを求めているのであって、参考人で呼べと言
っているわけではない。確かに、証人として呼ぶことも、参考人と
して呼ぶことも、同じく「招致」だと言うこともできるかもしれな
いが、見出しが与える影響を考えれば、ここは「証人喚問」と書く
べきだったのではないか。まさか、《朝日》が何かを忖度して、より
緩い表現に差し替えたのでなければ良いのだが。



■「信憑性」を慎重に判断…■

【読売】は1面トップに2面記事、3面「スキャナー」と社説、4
面、12面に詳報、38面39面の社会面にも記事。見出しを拾う。

(1面)
籠池氏「首相夫人に相談」
「寄付100万円」も主張
ファクス公表 首相側 関与否定
昭恵氏「謝礼頂いた記憶ない」
問題発覚後 籠池氏妻とメール
(2面)
「背景に政治力」主張
認可「元府議に期待」■国有地「稲田氏夫に相談」
「首相の名」使用時期に疑問
(3面)
昭恵氏に「依頼」波紋
政府職員が応対 野党「忖度働く」
与党「寄付」の信憑性追及
信憑性を慎重に見極めたい(社説)
(4面)
籠池発言 与野党を翻弄
与党 幕引き目算狂う
野党 真偽見極め慎重
名指し議員ら働きかけ否定
昭恵氏のFBコメント
籠池氏妻とのメール要旨
(38面39面)
関係者は次々否定
「10日間隠れて」発言 財務省「ない」
持論4時間 証言拒否も
「刑事訴追の恐れ」連発
食い違い「神のみぞ知る」

(uttiiの眼)

一言で言えば、今朝の《読売》は「キメラ」のようだ。証人喚問の
実際から得られる印象と帰結をストレートに言葉に表したものと、
この重大なピンチの状態をなんとか切り抜けようという政府・与党
そして《読売》にも共通する意図を背景にしたものとがない交ぜに
なっているかのようだ。

後者に分類されるものの代表格を1つ揚げてみよう。1面トップ記
事。見出しを見れば、籠池氏が安倍昭恵氏に相談したこと、また寄
付金100万円についても「主張」したことはわかるが、「ファクス
公表 首相側 関与否定」と書かれた見出しを見ても、それだけでは
何のことか分からない。記事の中を見て、夫人付きの政府職員が関
与したらしきことが書かれているのだが、この重大な事実が見出し
にきちんと見えていないのは異様だ。そして、その結論に、「昭恵氏
の関与はなく、問題ない」と菅官房長官が強調した旨書かれている。
因みに、《朝日》は1面トップで「昭恵夫人付職員が関与」と大書し
ている。

《読売》の記事がこんなふうに歪んでいく理由ははっきりしている。

実は、1面記事と2面の記事に、その内容が共通する文章が含まれ
ている。それは、安倍氏が「私や妻が小学校の認可や土地の払い下
げに関わっていたとしたら、首相も国会議員も辞める」と断言して
いるということだ。昭恵氏の関与だけは絶対に認めてはならない、
認めてしまえば総理は議員を辞職せざるを得なくなる。「森友学園」
にまつわる問題で《読売》が一番心配しているのがこの点だという
ことが明らか。まあ、当然だけれど。

もう一つ。3面には「スキャナー」と社説が隣り合っておかれてい
るのだが、「スキャナー」の最後のブロックのすぐ左隣が社説という
位置関係。で、この最後のブロックと社説の見出しが実はシンクロ
している。一方が「与党「寄付」の信憑性追及」、もう一方は「信憑
性を慎重に見極めたい」。いずれも、「信憑性」という言葉を使い、
籠池氏の証言が真実ではない、ウソだという観点からの見出しにな
っている。「信憑性」とは、人の言動が信じられ、依拠できる度合い
ということで、高い低い、あるいは薄い厚いもあるのだが、この言
葉をわざわざ使うケースでは、「信憑性が低い」という側で用いられ
ることが多いように思われる。自民党はこの「信憑性」を問うこと
を作戦とし、実際にそのような質問を繰り返した。《読売》もまたそ
のことを感じ取り、見出しのなかに同じ言葉を叩き込むことで、安
倍政権を守ろうとする姿勢を明らかにしているように見える。



■日本人の閉塞感の根源…ですか?■

【毎日】は1面トップに2面と3面にわたる解説記事「クローズア
ップ」、5面には記事と社説、9面に詳報、30面と31面の社会面
に関連記事。見出しを抜き出す。

(1面)
首相夫人付き職員が照会
国有地巡り財務省に
野党、夫人の喚問要求へ
官房長官「関与ない」
(2面)
証言 政権に不安感
思惑外れ遠のく収束
(3面)
昭恵氏と「蜜月」強調
「100万円 2人の場で」
国有地取得「骨折りに感謝」
売買経緯 真相なお不明
「悪者扱い」政権に不信感
(5面)
野党、首相夫人に狙い
「幕引きではない」
森友問題 政権揺さぶり
維新、飛び火を懸念
関係者の説明が必要だ(社説)
(30面31面)
「昭恵リスク」鮮明に
奔放な言動「直感の人」
「家庭内野党」を自任
強い自然志向 神道・伝統礼賛
「小さい子には本当のこと教える」
「籠池ショー」ウソは誰
「訳分からんことが起こっているなあ」
私人喚問に不満
名指し 否定と困惑

(uttiiの眼)

《毎日》は、証人喚問後に行われた外国人特派員協会での記者会見
の模様を大きく取り上げているのが特徴。「日本語で言うと「訳が分
からんことが起こっているなあ」ということです」という籠池氏の
発言についてもそうだが、「忖度」などを英語に翻訳するのは骨の折
れる仕事だっただろうと思われる。気の毒に。証人喚問の際の発言
と異なり、記者会見では、「今、日本人の大多数が感じている閉塞感
の根源がここにある」といった“独自の見解”を含め、自分の思う
ところを語れたからだろう、籠池氏の表情はすっかりリラックスし
ていたようだ。

持論の延長として、籠池氏は首相の関与について「安倍首相は、口
利きはしていないでしょう。忖度をしたんでしょう」とし、「安倍昭
恵さんという名前でものごとが動いたんだろう、と推察される」と
述べたという。

31面には識者4人のコメントが付いている。岩井奉信、大谷昭宏、
あさのあつこ、小林良彰の各氏。作家のあさの氏は、「(籠池氏は)
ごまかしたり誰かをかばったりしている感じではなく、腹をくくっ
たような印象を受けた」としていて、先に引用した《朝日》に寄せ
られたコメント(落合洋司弁護士とデーブ・スペクター氏)のもの
と通じるものがあった。



■昭恵氏側とは…■

【東京】は1面トップに2面解説記事「核心」、3面には回答ファッ
クスの全文、5面社説、6面詳報、28面29面は国会ドキュメン
ト、30面31面にも関連記事。見出しから。

(1面)
昭恵氏側、財務省に照会
籠池氏に回答FAX
国有地契約変更 「希望に沿えない」
「寄付 公にしないでと電話受けた」
昭恵氏「土地契約関与していない」
(2面)
昭恵氏側関与で食い違い
籠池氏「神風が吹いた」
首相側「夫人対応せず」
(3面)
夫人にもすでに報告
証人喚問 三者三様の論戦
昭恵氏の喚問を要求 野党「口利きともとれる」
(5面)
昭恵氏は真相を語れ(社説)
(28面29面)
ドキュメント「籠池劇場」国会編
主役 話しぶり堂々
「私が言うことが真実」
市民団体「もっと悪い人いる」
傍聴者「議員より役者が上」
(30面31面)
「真実はっきりしない」
「100万円寄付」「事実は小説より奇なり」
「工事契約書3通」「刑事訴追の恐れ」逃げ腰
攻勢 劣勢 籠池節4時間半

(uttiiの眼)

【ラインナップ】で示した各紙の1面トップ見出しを、もう一度並
べてみてみよう。

《朝日》…「昭恵夫人付職員が関与」
《読売》…「籠池氏「首相夫人に相談」」
《毎日》…「首相夫人付き職員が照会」
《東京》…「昭恵氏側、財務省に照会」

《読売》を除く3紙は、主語が昭恵氏側もしくは首相夫人付きの官
僚となっている。《読売》だけは籠池氏。昭恵氏サイドは飽くまで受
け身であり、何かの主体ではなく客体の側に置かれているのが《読
売》の書き方。他紙は総て、小学校用地の問題で籠池氏の依頼を受
け、昭恵氏に付いていた官僚が、財務省に対して紹介を行った局面
を問題にしている。《読売》と他の3紙とでは、単に主語が違うだけ
でなく、シーンが違うことに注意しておきたいと思う。

はっきりしているのは、昭恵氏の電話の留守電に吹き込まれた籠池
氏の依頼を受けて、昭恵氏に付いていた官僚が財務省の担当者に照
会行為を行い、回答を得てから昭恵氏に報告し、FAXで籠池側に
回答したという事実。

《東京》ももちろん、主語は「昭恵氏側」であり、その昭恵氏側が、
財務省に照会をしたと書き切っている。4紙の中で最も踏み込んだ
書き方だということが分かる。「財務省」と見出し1行目に書いたの
は《東京》だけ。《朝日》と《毎日》は2行目に「財務省」を出して
いる。

こうなると、あとは「昭恵氏側」の内実が何なのか。

安倍氏も昭恵氏も、菅官房長官も、昭恵氏自身の関与は一切なかっ
たと抗弁しているようだ。これが虚偽であれば、安倍氏は総理と議
員を辞職しなければならない。

野党は早々に、谷査恵子氏の証人喚問を要求すべきではないのか。
谷氏はどのような手順で財務省に連絡を取ったのか、その際に、何
と名乗ったのか、電話なのか面会なのか書面によるものだったのか、
その間に政治家は関与しているのかいないのか。聞きたいことはい
くらでもある。「財務省への照会」がどのような態様でなされたのか
によって、昭恵氏がこの件に関与したのかしなかったのか、結論が
出るだろう。



【あとがき】

以上、いかがでしたでしょうか。

膨大な量なので、ちょっと四苦八苦しました。《毎日》が安倍総理夫
人について「昭恵リスク」という言葉を出して記事にしていたのも
ご紹介したかったですが、時間がなくなりました。

今週はここまでです。

今夜はいつもの「デモくらジオ」なのですが、ゲストにアーサー・
ビナードさんをお迎えしてお届けします特別バージョン。是非お楽
しみに!「デモくらジオ」は『デモクラTV』のトップページから
登録なしで観られます。

  『デモクラTV』 dmcr.tv


【編集後記】

いかがでしたでしょうか。繰り返しになりますが、このようなメル
マガを、基本的には月曜日から金曜日までの毎日、できるだけ早い
時間帯に、まずは【ショートバージョン】を、続いてその日のうち
に【フルバージョン】をお届けしています。

ご意見、ご感想などもお寄せいただければ幸いです。


メールマガジン「uttiiの電子版ウォッチ」

☆発行責任者:内田誠
☆公式サイト:http://uttii-sokotokoanchor.blog.so-net.ne.jp/
☆問い合わせ:uttii27502145@gmail.com
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001652387.html
…………………………………………………………………………………………………………


ID: 0001652387

uttiiの電子版ウォッチ

内田誠
¥324(税込)/月 初月無料!
毎週 月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く) 今月16/22回(最終 2017/06/23)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2017/05/31 <uttiiの電子版ウォッチ>【フルバージョン】Vol.0561
2017/05/31 <uttiiの電子版ウォッチ>【ショートバージョン】Vol.0561
2017/05/30 <uttiiの電子版ウォッチ>【フルバージョン】Vol.0560
2017/05/30 <uttiiの電子版ウォッチ>【ショートバージョン】Vol.0560
2017/05/29 <uttiiの電子版ウォッチ>【フルバージョン】Vol.0559
さらに以前のバックナンバー一覧