予約の取れないカウンセラーが送るカウンセラー読本。

  • ¥0

    無料

提案型カウンセラーとして2000年よりプロ活動する著者が送るカウンセラー向けの読み物。 カウンセラーとしての在り方、カウンセリングの進め方や方法、モチベーションの維持の仕方、ケーススタディ、失敗談、カウンセリングの裏話など、カウンセラーにとって役立つ情報を配信。 ※根本のクライアントさんは読まないでください!ネタバレします!(懇願)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
予約の取れないカウンセラーが送るカウンセラー読本。
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月08日
 
発行部数
926部
メルマガID
0001661091
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*予約の取れないカウンセラーが送る『カウンセラー読本』

『スランプのときにできることって?』

有難いことにメッセージを頂きました。ありがとうございます。
読んで下さる方がいることに感動をしています(笑)

***
「自分のできることをすればいい」
そう思うのですが、クライアントさんがクライアントさん自身が思うように変わっていけてないとどうしても申し訳ない気持ちになります。

(今めっちゃスランプです(_ _))

そういう気持ちになると、「私が変えるんじゃない、クライアントさん自身が自分で変わるんだ。」と自分に言い聞かせるのですが、、

私が変えてあげなくちゃいけないと思う=クライアントさんを信じていない=依存関係になってしまう。

そして自分が疲弊して続けられなくなる。そんなスパイラルにはまってしまいます。

自分はいちばん大切ですが、お金を頂く以上はやっぱりちゃんとクライアントさんが人生を変えていけるサービスを提供しなくてはいけないと思ってしまいます。どこまで自分主体でいいのかまだまだ混乱してしまいます。

スランプなりにがんばります^ ^
***

スランプのときこそ、「自分ができることだけをすればいい」が大事だと思います。

スランプのときって、気分も凹むし、お客さんの反応も悪いし、自分の腕も落ちたような気がするし、ライバルが気になるし、人気が落ちたようにも思えるし、まあ、そういうのをスランプって言うんだよね?という状態になります。

>「私が変えるんじゃない、クライアントさん自身が自分で変わるんだ。」

ということも分かってらっしゃいますからね。大丈夫です。

私は基本、こういう考えをしてます。

>http://cocoronooffice.jp/43/

クライアントさんは自分で変わる力を持っています。
でも、なかなかそのきっかけや勇気は持てません。
それでネットでいろんな検索をして「この人だ!」という人を見つけます。
そして、セッションを受けて、人生を変えて行こうとするのです。

が、もう本人はセッションを受ける段階で変わる気があるので、勝手に変わっていきます。
別にそのカウンセラーに会わなくても、全然本人変われるんです。

だけど、そのカウンセラーに会った方が、変わりやすい、変わる口実を得やすい、だけなのです。

だから、カウンセラーと言うのは「触媒」みたいなもんだと思ってます。
その人の変化の「口実」を与える存在だと思っています。

でも、カウンセリングを受けに来てるのに変わらない人もいるでしょう?

「変わらないよー、変わらないんだよー」と言いたいのかもしれません。
駄々こねたいのかもしれません。子ども時代それが出来なかったから。あるいは、それ以外のコミュニケーションの方法を知らないから。



ま、そういうわけで、変わるかどうかの決定権はクライアントさん自身が持ってますよね。
私たちカウンセラーにはその権限ないんです。

どれだけ素晴らしいことを言ったとしても、やったとしても、それをどう受け取るか?はクライアントさん自身にあります。

だから、私たちはただその変化の時を信じて待つことしかできないのかもしれないですね。

気長な作業です。



>クライアントさんがクライアントさん自身が思うように変わっていけてないとどうしても申し訳ない気持ちになります。

こう思えるというのは、クライアントさん思いの優しいカウンセラー/セラピストだということです。
その思いはとても大事です。

が、それを知ったこっちゃねーぜ!と突き放せる勇気も時には必要かもしれません。

こういう見方もあるんです。

「思い通りに変われないことでカウンセラーさんの熱意をそこで確かめようとしてる」みたいなね。

「愛してほしくて病気になる」という心理がありますが、その延長上みたいなもんです。



スランプの時、どうしてますか?

今まで通りのペースで仕事をするのもアリだと思いますし、今までよりも本数を増やすのもアリだと思います。

私がお勧めしてるのはそういう方法もアリだけど、人に会う、ということね。

「スランプなんだわ~」って言いながら、いろんな人のセミナーに行くんです。まあ、言わなくてもいいけど(笑)

相談できる相手がいるなら、「スランプなんだわ~」って言ってみたらいいと思います。

人に会うことでエネルギーをちょっとずつもらって気が付けば前向きになってる、ってことよくあります。


私もよくスランプになるんですけど、そういう時は仲間に会ったり、温泉行ったり、飲み屋に出かけたりしています。もちろん、セミナーにも行きます。
それで飲み屋で知り合った酔っ払いのおっちゃんが奢ってくれたり、店のおばちゃんが優しくしてくれて癒されたりして、気分がよくなっていきます。

スランプの時って「落ち込みたい私」がいるときでもあります。だから、放っておくと気分は沈みます。「とことん落ち込む」と言うのも手ですが、「人に会って気分を変える」というのもアリですね。



====================
「10年愛されるカウンセラーになる秘密」DVD発売中です!
====================
2016/2/27に八馬ゆみさんの主催で、東京で開催させていただいたカウンセラー向けのセミナー「10年愛されるカウンセラーになる秘密」がDVDになりました。

詳細・購入はこちらから→ http://nemotohiroyuki.jp/dvd/14316



心理カウンセラー/セミナー講師/ベストセラー作家 
ココロノオフィス代表 根本裕幸(Nemoto Hiroyuki)
info@cocoronooffice.jp
http://cocoronooffice.jp/
http://nemotohiroyuki.jp/
https://www.facebook.com/nemotohiroyuki

※頂いたメッセージにはすべて目を通させて頂きますが、返信の保証はありませんのでご了承ください。また、勝手にメルマガやブログのネタとして採用させて頂くこともありますので、その点もご了承ください。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ