予約の取れないカウンセラーが送るカウンセラー読本。

  • ¥0

    無料

提案型カウンセラーとして2000年よりプロ活動する著者が送るカウンセラー向けの読み物。 カウンセラーとしての在り方、カウンセリングの進め方や方法、モチベーションの維持の仕方、ケーススタディ、失敗談、カウンセリングの裏話など、カウンセラーにとって役立つ情報を配信。 ※根本のクライアントさんは読まないでください!ネタバレします!(懇願)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
予約の取れないカウンセラーが送るカウンセラー読本。
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年11月22日
 
発行部数
948部
メルマガID
0001661091
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*予約の取れないカウンセラーが送る『カウンセラー読本』

『本末転倒』

あなたはどうしてカウンセラーをしているのでしょう?

誰かの役に立ちたいから。
目の前の人を幸せにしたいから。
苦しい状況を何とか抜け出すお手伝いをしたいから。
自分の経験を生かしたいから。
お金になるから。
カウンセリングや心理学好きだから。

何でもいいです。
きれいごとでも腹黒でも何でもいいです。

カウンセラーという仕事を始めて数年経つと、何でもそうですけど、その初心を忘れてしまうことがあるんです。

ある恋愛コーチをされてる方をコンサルしてた時のことです。
彼女はデビュー以来、びっくりするくらい順調に売り上げを伸ばし、そして、今後はスクール展開したり、本を書いたり、さらに活動を広げていきたいと思っていらっしゃいます。

けれど、どうもモチベーションが上がらないというか、なんか、本当に何がしたいのかが見えなくなっちゃったんですね。
それで「根本さーん!!!!時間作って~~~!!!!」ということになったのですが、そこで、冒頭の質問を改めてしてみたわけです。

彼女、恋愛コーチになったきっかけは自分が辛い恋ばかりをしてきたので、何とかしたいとセミナーを受けまくり、本を読みまくり、それを実践して幸せな恋ができるようになり、そのノウハウを多くの迷える女子たちに提供したい!と思って、この仕事に就いたんですね。

で、それがあまりに順調だったために、いつしか、「身を粉にして働く」とか「お金を稼ぐために働く」という動機に変わってしまったんです。

もちろん、それが悪いわけじゃありません。
けれど、お金を稼いで好きな服を着て、美味しいものを食べることだけが目的だけじゃなかったはず。

だから、彼女の計画はいつしか、スケジュール帳いっぱいの予定で埋め尽くされるようになっていたのです。

案外、能力がある人ほど、この罠に引っかかりやすくなります。

成功することによって「ほんとうにしたいこと」が見えなくなっちゃう現象です。

恋愛スクールも彼女がメインでお世話になっているコンサルさんからの提案だそうです。それだけのスキルがあるのだから、それを系統だてて教えてあげた方がきっと幸せな女子が増えるだろう、という思いもあります。

けれど、彼女はそもそも「先生」という仕事が苦手だったんです。
(皮肉なことに、彼女は教員免許を持っています(苦笑))

また、そうして成功してきたがゆえに、より大きな成功を自分も、そして、自分の周りの人(パートナーなど)も求め始めます。
そうすると、知らないうちに自分を見失ってしまうのです。

ぜいたくな悩みと言えばそうかもしれません。

例の如く、彼女に今後のスケジュールを見せてもらいました。
最近はスマホやネット画面にスケジュールが表示されるのでとても便利ですね。

そのびっちり詰まったスケジュールを見ながら、「この中で、○○さんがほんとにワクワクする仕事ってどれなの?」って聞いてみました。
もっと言うと「この中で、好きでやってる時間と、お金のためにやってる時間と分けてみて」って考えてもらったんです。

すると、まあ、びっくり・・・。

「好きでやってる時間」というのがほとんど見つからなかったのです。
これには彼女自身が唖然としてました。

数か月先まで詰まったスケジュールのほとんどが「好きでやってる」と断言できなくなっていたのです。

ところが、それは翻って私自身にも衝撃が走りました。
自分の場合はどうだろう??って。

それで、彼女にスケジュールの見直しと、ほんとにしたいことを見つけるための時間を強制的に作ることを提案し、同時に私も自分の在り方について考えてみたのです。

私はこう見えていい人なので、頼まれごとは引き受けてしまう癖があります。
最新刊が売れているので、本の執筆依頼もどどどーっと増えました。先日は2年後に出る本の打ち合わせをこの間品川でしてきたところです。
それは嬉しいことで、幸せなことなのですが、それ以外にも、生活のため、とか、東京でやったから大阪でも、とか、このセミナーをやるためにはこれをしなきゃ、とか、頭で考えてる仕事がたくさん増えていることに気付いてしまったのです。

それって本末転倒ではないか?と彼女との話し合いの中で気付いてしまったのです。

それで12月はいつもルーティンでやっている仕事を辞めて空白の時間を作りました。
このセミナーはワクワクするか?
この企画は好きなのか?
という視点で改めて見つめ直してみました。

自分が本当にしたいことってなんだ?
今、自分がワクワクすることってなんだ?

そんな視点で自分の仕事を見つめ直してみることにしたのです。

その作業は実は今も継続中です。

本を書くことは好きです。
セミナーをすることは大好きです。
カウンセリングも続けていきたい。

そこに揺らぎはありません。
けれど、その中身について、もっと「感情的に」精査する必要があるな、と思ったんです。

いつしか、調子に乗ってる自分がいることに気付いてしまったのです。

仕事をすることを、
お金を稼ぐことを、
好きなことだけにする!!!という思いでやってきたのに、いつしか、それを見失っていました。

そんなことに彼女とのコンサルは教えてくれました。

もっともっと自分に素直になる必要があるなあ、と当たり前のことに気付かされたのです。

そして、今書いている本についても、これからのセミナーについても、もう少し気持ちを入れ替えて、「自分が楽しいし、好きだ!」という思いでやっていこうと思いました。

まだまだ「いい人でいたい」という観念が邪魔してるようです(笑)

そんなことに気付かさせてもらいました。

ということで、また改めて自分と向き合う時間を作りたいと思っています。
本当にしたいことは何?
好きなことって何?

そこをもっともっと表現できるようになっていきたいと思ったのです。



====================
「10年愛されるカウンセラーになる秘密」DVD発売中です!
====================
2016/2/27に八馬ゆみさんの主催で、東京で開催させていただいたカウンセラー向けのセミナー「10年愛されるカウンセラーになる秘密」がDVDになりました。

詳細・購入はこちらから→ http://nemotohiroyuki.jp/dvd/14316



心理カウンセラー/セミナー講師/ベストセラー作家 
ココロノオフィス代表 根本裕幸(Nemoto Hiroyuki)
info@cocoronooffice.jp
http://cocoronooffice.jp/
http://nemotohiroyuki.jp/
https://www.facebook.com/nemotohiroyuki

※頂いたメッセージにはすべて目を通させて頂きますが、返信の保証はありませんのでご了承ください。また、勝手にメルマガやブログのネタとして採用させて頂くこともありますので、その点もご了承ください。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ