英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~

  • ¥0

    無料

幸せなお金持ちになりたい!そのためには???世界に目を向けなきゃ!でも、英語に対するバリア、苦手感ってどうしてもぬぐえない。 そんなことを言っている場合ではありません!必要な情報は自分で取る!そのために必要な単語やフレーズなどを、世界の最新経済ニュースを読みながら解説・お届けしていきます。 日本だけじゃ生きていけない時代は始まっています。ビジネス英語は転職・就職に有利なTOEICでも必須。生きるための英語を学びながらニュースを読んでいきましょう。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月21日
 
発行部数
519部
メルマガID
0001665015
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > ビジネス英語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

==========================
英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~
      ■第298号■
==========================

おはようございます。しゅうこです。

ずっっとスッキリしない天気が続いている今日このごろ。雷に打たれるかと思いました…。


◎メルマガを初めて読まれる方へ◎

本メルマガの簡単な説明を、文末に載せています。
ぜひご確認ください。

■タイトル(内容を想像してみてください)

The Anti-Sugar Fad Is Now a Trend


■本日のニュース

「アンチ砂糖熱」が今、流行

引用:2017.08.18 Bloomberg


■トピックセンテンスをまずは読んでみましょう!

The change can be attributed to several factors, according to a new report from Rabobank, including warnings about rising obesity rates, government initiatives like soda taxes, and manufacturers’ commitments to reformulating processed foods to lower their sugar content.

U.S. cities from Oakland to Philadelphia have started taxing sugar-sweetened beverages, as have countries around the world, including Mexico, where two-thirds of the adult population is obese, and Mauritius, which has a major sugar-producing industry.


■解説

<まずは単語とフレーズ>

●obesity:肥満

少し前にここで取り上げたので、覚えている人も多いはずです…。

世界的に問題となっている肥満。日本では男性の28%、女性の18%が肥満だそうです。

本文中に出てくるメキシコの肥満割合はパーセンテージにするとどれくらいだったでしょうか?

それに比べると全然な気がしますが…

とにかく覚えましょう、obesity。

例)I suffer from obesity.
 私は肥満で困っています。


●industry:産業、工業

この単語はニュースでもTOEICでも頻出。

忘れていた人は思い出してくださいね。

例)the health care industry
 ヘルスケア産業


<スラッシュリーディング>

U.S. cities / from Oakland to Philadelphia / have started taxing sugar- sweetened beverages, /
as have countries / around the world, / including Mexico, /
where two-thirds of the adult population / is obese, /
and Mauritius, / which has a major sugar-producing industry.

アメリカの都市は/ オークランドからフィラデルフィアまで/ 砂糖で甘くした飲み物に税金をかけた/
各国も同様/ 世界中の/ メキシコを含む/
そこは成人人口の3分の2が/ 肥満で/
そしてモーリシャスも/ 巨大な砂糖製造産業を有している。


■記事全文

https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-08-18/sugar-consumption-is-slowing-amid-obesity-and-diabetes


■まとめて復習!

The change can be attributed to several factors, according to a new report from Rabobank, including warnings about rising obesity rates, government initiatives like soda taxes, and manufacturers’ commitments to reformulating processed foods to lower their sugar content.

ラボバンクからのレポートによると、変化はいくつかの事実として表れている、肥満率の上昇に対する警告やソーダ税等の政府の主導、そして生産者らが加工食品の砂糖含有量を減らすと宣言しているという事実を含む。

U.S. cities from Oakland to Philadelphia have started taxing sugar-sweetened beverages, as have countries around the world, including Mexico, where two-thirds of the adult population is obese, and Mauritius, which has a major sugar-producing industry.

オークランドからフォラデルフィアまでのアメリカの都市では砂糖で甘味を付けた飲み物には税金がかけられていて、それはメキシコも含む世界中で同様だ。メキシコでは成人人口の3分の2が肥満である。またモーリシャスでも(課税は行われていて)、同国では巨大な砂糖製造産業を有している。


■記事概要

砂糖を減らす動きは世界中で起こっている。

その変化は、肥満率の上昇に対する危機感であったり、ソーダ税のような政府主導の動きで合ったり、また生産者が加工食品の砂糖含有量を減らそうとしているいくつかの事実にも見られる。

砂糖に代わる良いものが見つかっているわけではない。

この動きは一時的な流行から、時代の動きになろうとしているという。これはマーケットを震撼させるものだ。

アメリカでも、成人の3分の2が肥満のメキシコでも、また巨大な砂糖産業を有するモーリシャスでも、砂糖が入ったドリンクに税金をかける動きが起きている。


砂糖消費量が増えていた国は、人々の収入も増えていた国で、徐々に消費の傾向が変わってきている、という内容です。

日本ではどちらかというと砂糖のとりすぎというよりは、欧米型の脂っこいものをたくさん食べるようになり肥満が増えた、と言われますが、世界的には砂糖なんでしょうか…。

確かにカナダで飲んだコーラは超巨大でした。

砂糖は悪だなんてまったく思わない(甘いもの大好き)ですが、obesityには気を付けたいですね。

==================

前回の編集後記の最後に、モヤッとした状態から脱却して自分を鼓舞することについて、次回(要するに今回)書くとしていましたが、

内容的に今回書いといたほうが良い内容があるので、すみませんが次回にします。

待っててくださった方、申し訳ありません。次回ちゃんと書きます!

■編集後記

◆自分アンテナはどこにある?◆

そんなに難しい内容ではありません。

どうしても英語ネタ集めがめんどくさい、進まない、という方に読んでもらいたい内容です。


さて、英語を勉強するにはまず触れる頻度を増やすことが重要ですが、

これ、できていますか?

今はググればすぐに英語の記事も読めるし、

ニュースアプリもあるし、

情報へのアクセスは超簡単ですよね。


なのに、英語に触れる頻度が増えない、めんどくさいと言う方。

そもそもそれは読みたい内容でしょうか?


まずは自分が「読みたい、聞きたい」と思える内容にすることが重要です。


運転免許を取る前ままったくクルマに興味が無かったのに、

運転するようになったら急に車種のことが気になりだした、、、というのはよくある例えです。


興味を持つと、勝手に自分アンテナが立ってしまうんですね。

今日のニュースも、私が筋トレを始めた関係で栄養にも興味を持ち始めたので目についたのです…。

まずはこの自分アンテナを活用しましょう。


自分が英語でも読みたい内容ってなんでしょうか?


ファッションや海外旅行とかでも良いと思いますし、もちろんビジネスでも、世界情勢でも良いですし、

何なら日本の旅行情報とかでも良いです。かわいい動物のサイトを見るでも良いですね。(文字少ないですが)


自分がある程度知っていて、知りたいな~読みたい・聞きたい・見たいもの。

まずはそれから手始めにやってみましょう。

自分アンテナが立っちゃうものは何でしょうか?


夜、ちょっと帰りが遅くなっちゃったなというときでも、

『いや、ちょっとだけ…』と見てしまうテレビくらいには自分の興味があるものが良いですよ。

その、ちょっとだけ…と手を付けようとしたもの。

それを英語でチェックするだけです。



≪このメールマガジンの友人へのご紹介大歓迎です≫
http://www.mag2.com/m/0001665015.html

≪バックナンバーはこちら≫
http://archive.mag2.com/000166515/index.html


■ご意見・ご要望募集します!

こんなテーマやニュースを扱ってほしい、というものがあ
ればお寄せください!!
英語に関するご相談も募集しています。
(下記お問い合わせより)


■本メルマガについて

当メールマガジンでは、最新の英語ニュースの中の1~2文を引用し、英文の読解と単語やフレーズの解説を行うとともに、世界のビジネスニュースについて知ることができるようになっています。

話題のネタにするも良し、ガッツリ読解するもよし、ぜひ楽しみながら世界のビジネスニュースに触れてみてください。

編集後記では、英語学習に関する話題を中心に、しゅうこの考えや手法をお伝えしています。


なお、メルマガの構成は以下のようになっています。

■タイトル(ニュースの英語タイトル)
■本日のニュース(タイトル和訳・出展記載)
■トピックセンテンス(ニュース原文1~2文)
■解説(トピックセンテンスについて、以下を解説)
 単語とフレーズ
 文法
 スラッシュリーディング
■記事全文(記事URL)
■まとめて復習(トピックセンテンス和訳例)
■記事概要
■編集後記


読者の皆様が、宇宙一幸せになることを心よりお祈りいた
します。ありがとうございました。

===========================
英語で読む経済ニュース!~世界で生きるための英語力~
発行システム:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/
お問い合わせ:readtheworld.2015@gmail.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ