ミニカーショップカーナ 一丁前通信

  • ¥0

    無料

ミニカーショップカーナでは、世界中の車達を手のひらサイズでリアルに再現したミニチュアカーを、多数取り揃えてお待ちしております!! コレクションにはもちろん、インテリアにも最適!! さらに、いろいろな情報や豆知識も満載配信中!! ミニカーショップカーナはブルックリンモデルス社日本地区正規販売店です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ミニカーショップカーナ 一丁前通信
発行周期
商品ご案内情報が発生した日に発行します
最終発行日
2017年09月09日
 
発行部数
146部
メルマガID
0001666757
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
クルマ・バイク > クルマ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

――+――――――――――――――――――――――――+―
 ミニカーショップカーナ 一丁前通信 [ VOL.619/2017年9月8日]
――+――――――――――――――――――――――――+―
「ミニカーショップカーナ 一丁前通信」をご愛読いただき、誠にありがとう
ございます。
当店では、世界中の車達を手のひらサイズでリアルに再現したミニチュア
カーを、多数取り揃えてお待ちしております!! コレクションにはもちろん、イン
テリアにも最適!! さらに、いろいろな情報や豆知識も満載配信中!!
□■□――――――――――――――――――――――――□■□
 目次▼
――+――――――――――――――――――――――――+―
■カーナのつぶやき(GULFカラーについて)
■弥七のネットこばなし(箇条書きについて)
■メルマガ読者様限定お買い得商品
■ブルックリン社製品情報 (今回&近日発売新製品、発売予定新製品)
■おススメ商品 (9月8日付・内容更新)
■よもやま話by香港熊猫 (香港/上海街・続編)
▼ミニカーをご紹介(カーナウェブサイト)⇒下記アドレスをクリック
http://www.cana-web.jp/
----------------------------------------------------------
■カーナのつぶやき(GULFカラーについて)
 フォードGT40やポルシェ917などのレーシングカーのスポンサードカラーとして、ライトブルーとオレンジ
のカラーリングでお馴染みのGULFカラーは、当時GULF社の副社長であったグラディ・デイビス氏がスピードレ
ースの熱狂的なファンであり、自身がフォードGT40を購入したことがきっかけで、GULF社の宣伝効果を見越し
てレーシングチームのスポーサーとなりました。また、当初「ダークブルーとオレンジのカラーリングであっ
た」GULFカラーは、吸収合併したウィルシャー石油のカンパニーカラーのパウダーブルー(→ライトブルー)と
オレンジに変更となりました。この組み合わせカラーがお馴染みのGULFカラーです。     
     ★ Text by 香港飛馬
▼カーナお取り扱いミニカーのご案内は⇒下記アドレスをクリック
   http://www.cana-web.jp/

■弥七のネットこばなし(箇条書きについて)
HPで箇条書き部分を設ける場合、HTMLに変換した後「正しく表示」されるかどうかを確かめてからアップロ
ードする必要があります。空白部分の多い場合は改行部分の表示が正しくされないことがあります。
     ★ Text by 弥七
▼ミニカー商品のご案内は⇒下記アドレスをクリック
   http://www.cana-web.jp/
■メルマガ読者様限定お買い得商品(特別価格にての販売品です)
▼お買い得商品ご購入は⇒下記アドレスをクリック
http://www.cana-web.jp/myweb471_027.htm
ランズダン生産終了品/1965年フォードコルセア4ドア/白/5,000円税別
ブルム中古商品/1949年フィアット500C/ダークブルー/1,500円税別
ブルックリン生産終了品/1965年フォードコルセア・パトカー/黒/5,000円税別
ブルックリン生産終了品/1947年シボレーデリバリ・パトカー/黒/5,000円税別
ブルックリン生産終了品/1961年フォ-ドカプリロッドカ-/イエロ/5,000円税別
ソリド復刻版中古商品/マセラティ250F/レッド/1,300円税別
ランズダン生産終了品/1965年フォードコルセア4ドア/白/5,000円税別
ランズダン生産終了品/1970年ヒルマンアベンジャー/レッド/5,000円税別
ランズダン生産終了品/1957年ハンバーエステート/グリ-ン2トン/5,000円税別
ランズダン生産終了品/1972年ボグゾールVX4/ブル-M/5,000円税別
ブルックリン生産終了品/1939年ラサールクーペ/マルーン/5,000円税別
ブルックリン生産終了品/1951年カイザーJ・ロッドカー/ブルーM/5,000円税別
ランズダン生産終了品/1950年リ-フランシスエステ-ト/ブロンズ/5,000円税別
ブルックリン生産終了品/1934年ビュイツク96Sクーペ/ブルー/5,000円税別
※その他にもご用意しておりますので、上記ご紹介ページを是非ご覧下さい!!
――+―――――――――――――――――――――――――――+―
■ブルックリン社製品情報(1:43スケール・ホワイトメタル製完成品)
英国のホワイトメタル製完成品メーカーである「ブルックリンモデルス社」の
製品情報をお届けいたします。
※当店は、同社---[日本地区正規販売店]---です。
▼ブルックリンモデルス社について⇒下記アドレスをクリック
http://www.cana-web.jp/myweb471_007.htm

☆ブルックリン社製品情報(2017年9月8日時点)
(再入荷待ち)
*ブルックリン/BRK207/1960年キャデラック62/ローズM/15,900円税別
*ブルックリン/BRK208/1967年ビュイック4ドア/シャンパンM/14,800円税別
*ブルックリン/BRK209/'38年キャデラックV16/ブル-/15,900円税別
*ブルックリン/サイドウォ-ク/ジオラマセット/2,500円各セット税別
*ランズダン/LDM100a/1969年オ-スチンA90/ブルー/14,800円税別
▼上記製品のご注文は下記アドレスをクリック⇒お問い合わせ⇒商品名をご記入の上
ご送信下さい⇒折り返しメールでご案内致します。
http://www.cana-web.jp/

★ブルックリン社製品入荷経過までの「一例ご案内」/日付&時間は現地ベース
* 8月20日午後/英国メーカー(ブルックリンモデルス社)工場出荷
* 8月21日22:52/英国ロンドンヒースロー空港発(DHL貨物航空便)
* 8月22日02:11/ドイツ・ライプツィヒ着
* 8月22日07:44/ドイツ・ライプツィヒ空港発(DHL貨物航空便)
* 8月22日15:47/East China Area DHLデポ着
* 8月23日02:00/East China Area 空港発(DHL貨物航空コードシェア便含)
* 8月23日07:37/関西国際空港着、大阪税関・関空支署にて通関許可受
* 8月24日08:28/DHL貨物デポからの配送準備完了
* 8月24日12:35/当店着納品受け完了、その後各ご予約のお客様宛て出荷済み

⇒ブルックリン社製品について⇒下記アドレスをクリック
http://www.cana-web.jp/
――+―――――――――――――――――――――――――――+―
■おススメ商品(9月8日一部更新)
京商/(1:43)ランチアストラトスGr.5シルエット/白&赤2トン/3,000円税別
京商/(1:43)日産GT-R/ホワイトパール/3,800円税別
オートアート/(1:43)1994年ランドローバー/ダークグリーンM/3,000円税別
ハイスピード/(1:43)ランボルギーニムルシェラーゴ/カーボン黒/1,200円税別
エクスプレッソ/(1:43)1989年ポルシェ911フラットノ-ズ/イエロ/1,200円税別
ブルム/(1:43)フィアット600D/ホワイト/2,800円税別
ミニチャンプス/(1:43)2002年メルセデスCLK/マットブラック/3,000円税別
ブルム/(1:43)フィアット600D/ホワイト/2,800円税別
イクソ/(1:43)2000年フェラーリ360モデナ/レッド/3,000円税別
ランズダンbyブルックリン/(1:43)1936年ベントレーPKW/マルーン/15,600税別
バン/1:43)1958年フェラーリ250TR/レッド(タルガフロリオ#106)/3,000円税別
ビテス/(1:43)ミツビシiMiEV香港仕様/ホワイト&レッド/3,000円税別
ミニチャンプス/1:43)1962年フォ-ドコルチナMK1/オレンジ赤/3,000円税別
エブロ/(1:43)1973年ポルシェ911カレラRS/オレンジ/3,000円税別
ディティールカー/ジャガーXJ220/ダークグリーンM/3,000円税別
ミニチャンプス/(1:43)1955年メルセデスベンツ190SL/シルバーM/3,000円税別
ブルックリン/(1:43)スチュードベイカーコネストガ/グリーン/14,800円税別
オートアート(1:43)2000年メルセデスCLK/DTMオリギナルタイレ)/3,000円税別
ブルックリン/1:43)1955年プリムスベルベデアコンバチブル/赤/14,800円税別
オートアート/(1:43)メルセデスベンツGバーゲン/ワインレッドM/3,000円税別
ミニチャンプス/(1:43)2003年ミニ・エアロパック/ブルーM2トン/3,000円税別
ミニチャンプス/(1:43)2000年アウディクアトロ/シルバーM/3,000円税別
ミニチャンプス/(1:43)1972年メルセデス350SLオープン/ゴルドM/3,000円税別
マテル/(1:43)1982年フェラーリ126C2/サンマリノGP(ピローニ)/3,000円税別
上海VW特注/(1:43)VWティグアン/ワインレッドM/3,000税別/
ブルックリン/(1:43)1939年/ビュイックM61Cオープン/ベージュ/14,800円税別
カーベン/(1:43)トヨタハイエースバン・香港仕様/ダークブルーM/900円税別
オートアート/(1:43)ブガッティベイロン/ホワイト2トン/3,000円税別
ラグジュアリー/(1:43)キャデラックEscaladeハイブリッド黒/2,600円税別
ベストモデル/(1:43)1968年ローラT70/ダークブルー(スパ#31)/3,000円税別
ブルム/(1:43)1980年フェラーリ512BB-LM/ブルーM(ルマン#77)/3,000円税別
アトラス/(1:24)BSAゴールドスターDBD34VW/ブラック/1,600円税別
ベストモデル/(1:43)フェラーリ275GTB4/グレーM/3,000円税別
ジェミニジェット/(1:400)ボーイング737-500(サウスウエスト)/2,800円税別
イクソ/(1:43)1938年タルボラーゴT150SS/ブルー2トン/3,000円税別
マテル/(1:43)2009年フェラーリF430レーシング/マット黒2トン/3,000円税別
コーギー/(1:72)パナビアトルネード/英国王立航空研究所/4,800円税別
ブルックリン/(1:43)サイドウォーク/ジオラマシリーズ/2,500円各セット税別
⇒上記製品ご注文は⇒下記アドレスをクリック(他にも多数ご紹介商品掲載中)
http://www.cana-web.jp/
――+―――――――――――――――――――――――――――+―
――+―――――――――――――――――――――――――――+―
■よもやま話by香港熊猫 (香港/上海街・続編)
上海街は、九龍(カオルーン)地区を南北に通り、彌敦道(ネイザンロード)の二本西を並行し、北は太子(プリンスエド
ワード)から南は佐敦(ジョーダン)まで続いています。昔懐かしい香港らしさが残り、別名を道具屋街と言われていま
す。(東京の河童橋や、大阪の道具屋筋のような所です)近くには家具や仏具、婚礼用品などを扱うお店が並び、下町風情
あふれる通りです。
この通り(上海街)は1887年に完成し、香港の趣のある店が集まった上海街には、伝統的工業や手工業の「職人技」を持った
40年以上営業をしている古くからの店が30店以上あり、その中には一世紀を超えて営まれている店もあります。その中の
何軒かをご紹介したいと思います。
まず、上海街と窩打老道の少し北側にある銅・真鍮製品製造販売の「Bing Kee Coppe Wear」です。この店は1940年代香港へ
移住し、Mr.Luk Bingさんによって設立された70年以上の歴史をもつ店です。当時の工場兼店舗は小さな鉄板を組んだだけ
のやや粗末な建物でしたが、1970年代に現在の場所に仕事場を移し、今では二人の息子さん(Mr.Luk Shu Choi(兄)Mr.Luk
Keung Choi(弟))が切り盛りしています。この店は、銅や真鍮(銅と亜鉛の合金)でシチューやスープストック用の鍋や洗
面器、ひょうたん型のティーポットなど、さらに香炉など銅製品の工芸品を製造販売しています。現オーナーのルーク兄
弟は小学校を上がる頃から、父親から銅を打つ技術を学びました。耐久性のある銅製品を作るために、数千回ハンマー打
ちをします。その為沢山の時間と労力が必要とし、彼等の仕事はとてもハードです。彼等の仕事場には手元を照らすスポ
ットライトも無く、エアコンも使われていない環境ですが、天井のファンだけが何十年もの間にぎやかな音を立てて回り
続けています。工場の床面には沢山の種類のハンマーが転がっています(中にはルーク兄弟より年上の工具もあります!?
)そして、その傍には沢山の茶色の銅器が磨かれるのを待っています。ショーウインドーには、ピカピカに磨かれたティー
ポットや香炉、鐘などが並べられています。銅を打つ音や天井のファンが騒がしい音を発する中、彼等は作業着の薄いシ
ャツを汗で濡らしながらも、打撃銅作業に集中しながら伝統的な銅製品を常に生産することで、生活を維持するための技
能・技術を習得し工場・店舗を運営し続けるすることが出来ていました。1960年から70年代にかけて、香港の輸出産業が
活況を呈したことから、Bing Keeは銅製品の大量生産に取り掛かりました。その後、原材料を生産する機械を採用しまし
た。しかしながら、銅ならび真鍮製品は主力製品として残りました。そのこと(銅ならび真鍮製品が主力製品として残っ
ている事)が、長らくの年月を超えて続いているBing Kee の職人技を守っていくことが、私たちの責任でもあると言えま
す。悲しいことに、今や人々は耐久性の良い物より、見栄えの良い物を選ぶようになり、銅製品も生活の中から消え去っ
ており、時代遅れになった銅の鍋やヤカンは必要とされなくなってしまいました。Bing Kee の代表作に沙田競馬場のため
に作られた自慢の「競技鐘」があります。比較的初期の作品で、18Kg以上あり製造に1ヶ月を費やしました。それは資産
としての価値は大きくありませんが、レースシーズンが始まってゴングを打たれると誇りを感じます。また、昔はレスト
ランからの注文が主でしたが、今では漢方茶(涼茶)舗が主要な顧客となっているのが、Bing Kee の看板商品とも言える大
きな茶色のティーポットです。街中の涼茶屋さんや亀ゼリー屋さんにある大きなティーポットに「Mede by Luk Bing Kee」
と刻まれているのを発見してみて下さい。そんな街歩きはいかがでしょうか?
■Bing Keeの住所:G/F No.1 Hamilton Street Yau Ma Tei Kowloon Hong Kong
MTR(地下鉄)油麻地駅A1出口を出て北進一本目の細い通り(Hamilton Street)を左折し西進(上記の駅出口から徒歩にて約7
分)

次に、「祥盛檀香扇荘(Cheung Shin Fans Factory)」。このお店は、1950年代にLo兄弟によって設立されました。白檀(ビ
ャクダン/英語名サンダルウッド)で作った扇子や仏像、数珠、線香等を製造販売しています。Lo兄弟は勤勉で白檀扇子を香
港に紹介するパイオニアでした。白檀は生のままで独特の芳香がするという特徴から、扇子や彫刻物に使われています。扇
子の中央には細かな手作業で綺麗な絵や文字が彫られており、この手工芸は絶品!!耐久性もある質の良いその扇子は香港
だけでなく、日本、シンガポール、マレーシアに輸出されたそうです。(その昔日本では、白檀扇子を冠婚葬祭に使われた
ことから大量に輸入していたそうです)後に、良質の白檀扇子を製造する際の端材を粉砕、それを練り込んだ香りの良い「線
香」を作り販売しています。「祥盛檀香扇荘(Cheung Shin Fans Factory)」では何十年間に亘り質の高い「香」を提供していま
すが、一級品の自然素材が少なくなったことに加え、白檀に施す手工芸の伝承が難しくなっているようです。
 さらにもう一軒は「馮満記(Fong Moon Kee Embroidery)」です。この店はシンガポールに一世紀以上の歴史を持つ薬用油を
取り扱っている店の香港支店として1930年代に開店しました。香港店では、中国の伝統的ウェディングドレス(クワンワ)を
販売、レンタルしていました。他に寝具類(籐製の枕は年配のお客様には愛されていました)や本店で販売されている薬用油
も取り扱っていました。中国のウェディングドレスは上質の布地を中国から輸入し、その布地に香港で龍や鳳凰、花など縁
起の良い伝統的な柄を刺繍されます。この手工芸技術はたいへん素晴しいものですが、今ではこの衣装は殆どがレンタルで、
高齢者の人々はこれを身につけ記念写真を撮って満足されているようでした。もう一つの主力商品の薬用油も、Blacb Goast
Oil・Red Flower Oil・White Tree Oilなどがあり、循環器系の症状改善や炎症や痛みの緩和に効果が見られ、地元の常連
様や中国本土のお客様には人気がありました。「馮満記」は現在閉店していますが、高度な刺繍技術はNGOにより伝承されてい
るようです。
英国によって九龍地区が統治される以前(1860代頃)、油麻地は浅瀬の湾であり多くの船や漁師達が多く集まり、彼等が漁に
使う麻のロープを乾燥させたりしていました。その後、油(燃料や食用)・麻(縄や網用)・船の修理の為に他の商品を販売す
る店が多く現れ、1875年には油と麻と国を意味する「油麻地(ヤウマテイ)」に改名され、他の地区から来た住人や船員が多く
住み着き、鍛冶屋・木材卸売等の造船関係や生活用品関連の店(食料品・理容・棺等)が軒を並べました。そして、貿易が急
成長したことにより人口が増え(歓楽街も出現!!)大変繁栄していました。この地区は香港の各島と結ぶ海と陸との輸送ネッ
トワークが充実し、1933年にはダブルデッガーフェリー(上下デッキに乗客と乗り物を載せ)登場したり、「ワラワラ」と呼ば
れる電動ボートで深夜から明け方まで運行していました。陸ではバスの到始着点であり、海と陸との交差点と言える上海街
は商業の中心となっていました。しかし、1960年代には活気ある大きな彌敦道(ネイザンロード)が上海街の東側に並走する
形で出来、さらに1970年代になり交通網の発展(香港島と九龍地区がハーバートンネルで繋がったことなど)により、フェリ
ーの利用が減り1988年には油麻地からのフェリーは停止、上海街を通っていたバス路線も彌敦道経由に変わり、上海街への
人と車の流れが急激に減りました。現在の油麻地地区は、住人の高齢化や水道などのインフラの老朽化による機能低下、経
済成長の鈍化など深刻な問題を抱えています。ここで商売を営んでいる古い商店は、礼儀正しく誠実で勤勉な人達によって
支えられていますが、手工芸の伝承者がいない事が悩みの種でもあります。その状況下でも楽観的に続けていましたが、職
人技が伝承されない事などによりその後店の閉鎖を余儀なくされています。観光客にとっては、老朽化した古い建物も歴史
を感じ魅力的ではあります。上海街に行って何かを「見」て、何かを「感じ」てはいかがでしょうか!!! 香港の古き良き時代
の名残が見て取れるかもしれません。
■九龍地区の上海街へはMTR(地下鉄)の「旺角または油麻地」から徒歩で行くことが出来ます。

●⇒香港バスなどの模型は⇒下記アドレスをクリック
  http://www.cana-web.jp/myweb471_006.htm
  ――+――――――――――――――――――――――――――――+―
■□□■
☆ミニカーショップカーナ(通信販売専門店)
兵庫県公安委員会許可 第631369100013号
ウェブサイト http://www.cana-web.jp/
〒661-0002 兵庫県尼崎市塚口町2-45-2-209
メールアドレス pndnet@cana-web.jp
お問い合わせは上記メールで承ります。
★当メールマガジン(無料)のご購読登録・解除・メールアドレスご変更は
http://www.cana-web.jp/
当店メールマガジンはポータルサイト[まぐまぐ]を使用しています。
http://www.mag2.com/
――+――――――――――――――――――――――――+―

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ